2018年11月13日

療養OFF会!!!

とーとつですが先週末、療養OFF会に参加してきました。

???

関西ライト仲間のred-bicycle(赤チャリ)さんが右足の骨折で療養中、98kさんも左足腰の坐骨神経痛で療養中・・・
つーことで、(過度の工作遊びによる慢性の肩こりに悩まされてる)wingさんに温泉に誘っていただき、
傷病を抱える三人で温泉療養OFF会となった次第・・・あははは


今回は98k号が昼前に神戸でwingさん、1時前に姫路で赤チャリさんをピックアップしました。
そう、左の足腰が痛くともAT車は運転できますしスバルのアイサイトなら右足も殆ど使わないので・・・

ま、それでもラクしようと以後はwingさんに運転を代わってもらい、まずは遅めの昼食へ・・・

DSCN0378



BlogPaint

赤チャリさんオススメのうどん屋さんで、さっそく療養談義であります。

「筋肉の最も薄い、足の甲部分の骨折なので癒着するのに時間がかかるとは聞いてたのですが、
先日の診断でも、まだ殆ど癒着していないとのことでした。ずっと自転車を漕げない状態なので、
あまり食べないようしています。」と赤チャリさん。

「おそらくは腰部脊柱管狭窄症か股関節の変形からの坐骨神経痛。腰に関係するインナーマッスルを
鍛えて減量せよといわれてますが、運動と筋力アップにはカロリーと蛋白質が必要なわけで・・・」
と、わけの分からない言い訳をする98kさん。

「仕事中に胸痛が続いたので診てもらったところ、ストレスなどによる狭心症の疑いもあるものの、
中性脂肪やコレステロール、最低血圧などの数値が高いと言われました。ううっ」とwingさん。

「それでも骨の回復やストレス解消には、温泉付き宴会は重要ですぞ!!!」と力説する98kさん。


と、まあ・・・

DSCN0380



DSCN0381



DSCN0382

三者三様のヘルシーな昼ご飯・・・なぜか一人だけ、分量がやや多いでしゅね・・・



ま、食後には飲み物ではなく・・・

DSCN0384

全員が甘いデザートをセレクトしてましたが・・・




で、遅めの昼食後は郊外にある「ヤマサ蒲鉾」の本社工場へ・・・

DSCN0385



DSCN0395





この日はちょうど・・・

DSCN0388



DSCN0392

こんなイベントがあって、物凄い人出だったのですが・・・




DSCN0397

「とりあえず足湯に浸かりましょうか。骨折やストレスによさそうだし・・・」

「では、わたくしは脚から腰まで痛いのでズボンもパンツも脱いで下半身全体を・・・

「やはり足湯はやめておくことにしましょう・・・

と・・・

DSCN0396

名物の「ちーかまドッグ」で我慢して・・・ばくばくばく


DSCN0400

怪しい駄菓子屋さんを過ぎれば・・・って、「大阪のおばちゃん20円」って???
「陸上自衛隊車両半額」つーのも魅力でしゅが・・・




DSCN0401

塩田温泉郷にある大きくて豪華な旅館「夢前川温泉・夢乃井」へ・・・




DSCN0403

琴の生演奏までありました・・・





DSCN0404

宿泊客とは明らかに風体の異なる三人を仲居さんが訝しげに見てましたが・・・



DSCN0405

日帰り入浴もできる大浴場へ・・・

広い露天風呂に低温の炭酸風呂やジャグジー、サウナなどもあって、宿泊客の到着前だったのか、
三人だけでほぼ貸し切り状態、まったりとおしゃべりしながら二時間以上浸かってました。

で、冷たいレモン水や黒豆茶の置いてある温泉ロビーでさらにまったりしてから姫路まで戻り、
wing別邸にクルマを置いて、歩いて行ける近くのお店で、まずは乾杯・・・

DSCN0408

って、ひとつはわたくしのですよっ、wingさん!!!




ま、呑まない赤チャリさんは熱いお茶でしたが・・・

DSCN0409


お揃いの小鉢料理の後は・・・


DSCN0412

赤チャリさんは夕食セット・・・



DSCN0414

わたくしとwingさんは握り盛り合わせでビールを追加したりして・・・ばくばくごくごく


とーぜん帰りには近くのコンビニで買い出しをして・・・

DSCN0418

って、中央の「金沢カレーコーラ」は赤チャリさんの差し入れですが・・・

赤チャリさん、最初はラベルを隠してて二人に試飲させたのですが、
「この香りは・・・ほれほれ・・・あれですよあれ・・・」とwingさん。
「いやいや、この香りは有名な香辛料の・・・ほれほれ、あれですよ・・・」と98kさん。
そう、彼はタバスコとガラムマサラ、わたくしはターメリックとカルダモンを言いたかったのですが、
二人とも香辛料の名前がとっさに出てこなかったのであります。
そう、トシをとると特に名詞や人名がとっさに出てこないんですよね・・・げほげほ
そーいやwingさんの診断数値は10年前の一番太ってた頃のわたくしの数値と同じだったし・・・


と、

DSCN0415

とーぜん甘いものから順番に・・・ばくばく





DSCN0421


DSCN0422

わたくしとwingさんはハイボールを下からライト照射して飲んでたのですが・・・


呑まない赤チャリさんは・・・

BlogPaint

二人が飲み残した金沢カレーコーラをぐびぐびと・・・「これ、けっこうクセになりそうです!!!」



さらに・・・

DSCN0431



DSCN0436

マナミちゃんオススメの生原酒なんぞで・・・




DSCN0433

柿の種の尾頭付き!!!  とかで遊んでたのですが・・・



やはり・・・

DSCN0439



DSCN0440

いつものライト談義になり・・・ええ、この夜の画像と記憶はこれ以降ぷっつりと・・・





で、翌朝は珍しく9時前に起きてwingさんの代行運転で郊外へ出て・・・

DSCN0446



DSCN0443

まったりとモーニングセット・・・アーモンド・トーストつーのがおいしかったです。




で・・・前日は工場内にある足湯に入れなかった・・・

DSCN0451

ヤマサ蒲鉾直営の雪彦(せっぴこ)温泉へ・・・





DSCN0457

紅葉が見事でした・・・




前日の「夢乃井」より小ぢんまりして素朴な感じで、日帰り専用でお安かったし・・・

DSCN0458

日曜日の午前中だったからか、たまたま昨日同様に我々三人だけの貸し切り状態、
やはり2時間以上、まったりと浸かっておしゃべりしてました。


で、やはりヤマサ蒲鉾の「夢そば」が温泉の軽食堂にあったので、三人揃ってざる蕎麦を注文・・・

DSCN0461

ええ、わたくしには大盛りがないのが残念でしたが美味しい蕎麦でした。


お二人は広大な芝生広場を散策・・・

DSCN0464

奥にもビオトープがあって、なかなか素晴らしかったそうです。
わたくしは足腰の痛みが気になり、ベンチでまったりしてましたが・・・


確かに素晴らしいロケーションでした・・・

DSCN0466

昔はキャンプ場もやってたそうですが、今はキャンプできないのが本当に残念です。




で、この日も帰り道にヤマサ蒲鉾の工場に立ち寄り・・・

DSCN0472



BlogPaint

季節限定の焼きりんごアイスに・・・


コーヒーやアイスティー・・・

DSCN0471





DSCN0469

名物のみたらし団子なんぞも・・・ばくばくごくごく・・・


で、わたくしは揚げたての「揚げかまぼこ」を家族のお土産に買ったのですが、お二人は、

BlogPaint

その場で熱々をばくばく食べてました。
ええ、わたくしはお土産用に買う際に全種類をたっぷり試食してましたので・・・げふっ


と、この日も健康的に温泉三昧と飲食三昧、姫路wing別邸に戻ってからは・・・

DSCN0476

豆乳飲料や残ってたアルコールゼロの甘酒なんぞで〆ましたとさ。

いやあ、今回はじつに健康的なOFF会で身も心もすっかり健康に・・・なったのだろうかっ??? げふっ

と、帰りは8時に姫路を出発、9時前には神戸でwingさんともお別れ、9時半には大阪に帰り着きました。

今回も現地コーディネートから怪しい差し入れから、お土産までいただいた赤チャリさん、
またまた代行運転や別邸提供をしていただいたwingさん、ありがとうございました。ティリマ・カシ!!!

赤チャリさん、骨が完全に癒着するまで過激な運動は厳禁ですよ!!!
wingさん、とりあえず糖質制限による減量からですよ!!! (と、人様には言っておこう・・・ばくばくばく・・・)




m98k at 02:01|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック フラッシュライト、ランタン | 糧食、飲料

2018年11月07日

ウータンの会・30周年!!!

先週末、「ウータン・森と生活を考える会」の30周年記念パーティに出席してきました!!!

わたくしが(宴会要員として)参加している植林ボランティア団体N.GKS(エヌ・ジクス)の澤井代表から、
自分の代わりに手土産を持って出席して欲しいと連絡があり、宴会付なら喜んでと・・・わははは


会場は阪神・武庫川駅の近くにある「マイ・チケット・CASA de UME」

DSCN0306




今回ご一緒したのは・・・

DSCN0308

昨年3月のボルネオ植林ツアーでN.GKS会員になったI本さん・・・





DSCN0312




DSCN0311





第一部はウータンの会・西岡代表による30年間の活動のまとめ報告から・・・

DSCN0317

はじめてお会いした西岡代表ですが、まさに「森の人」だったんですねえ・・・
あっ、それで「ウータンの会」だったのかっ???




と、30年の歴史についてはパネルにも・・・

DSCN0359


DSCN0357

じつにわかりやすくまとめてありました・・・どこかのブログサイトとはえらい違いですね・・・


現在はインドネシア・中央カリマンタン州タンジュン・プティン国立公園周辺を中心に活動しておられる
ウータンの会ですが、スタートはマレーシアボルネオ・サラワク州の熱帯雨林を守る活動だったんですね。
(ボルネオ島はインドネシアではカリマンタン島、マレーシアではボルネオ島と呼ばれています。)

ちなみにN.GKSは1998年の設立で今年で20周年、スタートは人類が近年沙漠化してしまった、
内モンゴル自治区・クブチ沙漠での植林活動でしたが、やがて中国北西部の同様に荒漠地化して
しまった地域や、草原や森林が乱開発により縮小しているモンゴル、熱帯雨林が乱開発により縮小
しているボルネオ島やアマゾン川流域でも「子どもたちに木を植え育てる心をはぐくむ」ことを目的に、
現地の子どもたちと一緒に植林・育林する活動を続けてきました。

最初の西岡代表の説明の中で、特にわたくしが目からウロコだったのは、ボルネオ島の2015年の
大規模森林火災のお話で、この時、焼失した熱帯雨林の面積は四国の1.4倍、火災で排出された
CO2量は推定16億トンで、これは日本が排出している年間総CO2量の1年分にあたる・・・
その原因としては、この年のエルニーニョ現象もあるが、ここまで大規模になったのは、
・違法伐採などで密かに森に入る人たちが増えたことによる人為的なもの、
・アブラヤシ(パームオイル)農園開発のための「火入れ」(重機で整地するより燃やした方が安い)
・熱帯雨林の多くを占める泥炭湿地にアブラヤシ農園開発のための排水路が張り巡らされたため、
泥炭層が乾燥し極めて燃えやすくなってきている。
といったことも挙げられてました。
人為的な要素も多い大規模火災で消火活動への支援も会としてされてたんですね。
いやあ、まったく知りませんでした。

わたくし2015年は秋にサラワク州へ植林ツアーに行ったのですがクチンの街が煙で覆われてて、
一緒に参加されてた樹木医のN井先生から「泥炭層は燃えにくいが発火して100㎡以上に拡がると、
消火活動は困難。」と聞いてましたし、大規模になった原因のひとつとしてクチンで噂されている中に、
インドネシアからアブラヤシ農園に出稼ぎに来ている人たちの労働条件の悪さへの不満が爆発して
あちこちに放火した、といった話もあるとも現地で聞きました。ええ、真偽はわかりませんが・・・
そーいや陸路で国境を越えると生活水準が一変してて、同じ島でも国の違いを実感したものです。

貧困が紛争を招く、豊かな環境を取り戻し住民の暮らしも豊かになれば紛争もなくなる、というのが
故・遠山正瑛先生の信念でしたが、貧困や経済格差による紛争で環境は大きく破壊されます。



閑話休題


西岡代表の次はTelapakに参加し違法伐採の監視を続けるヤヤットさんからの報告。

DSCN0319

違法伐採組織に殺されてしまった、同じ仲間のAbiさんについてのお話が特に衝撃的でしたが、
彼らにとっては、まさに命がけの保護活動なんですね。2002年にも仲間が2人殺されているとか・・・
サバ州ダナム・バレー保護区の監視員も完全武装でしたが彼らは兵士、ヤヤットさんらは民間人で、
しかもボランティア活動なので、まさに頭の下がる思いです。


こちらも、とてもわかりやすい説明でスライドも豊富でしたが、一枚だけご紹介・・・

DSCN0332

世界中の熱帯雨林で違法伐採された木材が中国などを経由してアメリカやヨーロッパ、日本などで
大量消費されているとのことでした。
ちなみに後の質疑での「軍や警察が取り締まれないのか?」との質問に対しては、
「インドネシアには未登録の港が多くあって、そこからの夜間積み出しを阻止するのは極めて困難、
アメリカやヨーロッパ、日本など豊かな国が違法伐採材を使わなければ問題はすぐに解決します。」
とのことで、やはり我々が「フェアトレード」材を使うことがポイントなんですね・・・

以下、最後のディスカッションも含め、わたくしの拙いメモ書きから抜粋・・・
・違法伐採した後にアブラヤシ農園を開発、最後は金などの鉱山として採り尽くし放置している、
こうなると、もはや森林として再生不可能な汚染された不毛の土地になってしまっている。
・村落の共有林制度もあるが、これまでは無知に付け込み企業に悪用されてきた。
・フェアトレード2005、ITTO国際熱帯材機関
・優れた法律はあるがかみ合っていない、違法伐採はアブラヤシ農園開発とつながっている。
・世界中に違法伐採木材の購入者が存在する。
(例・スラウェシ産の違法エボニー材が廻りまわって日本製の高級ギター・バイオリンに・・・)
・Telapakは地元、企業、住民への環境に配慮した法整備を政府に要望している。
・林業は再生するが農業は再生しない。肥料と農薬で汚染だけが残る。
etc・・・


ヤヤットさんの次はタンジュン・プティン国立公園に隣接するタンジュン・ハラパン村から来られた、
村の青年団リーダー、イラさんからの報告でした。

彼は今回まで一度も村を出たことがなく、パスポートを取得する際に初めて村を離れたそうで、
もちろん海外旅行も今回が初めてで、日本では驚くことばかりだったそうです。

DSCN0339

ええ、11月はじめの神戸でしたがダウンジャケットを着て寒そうにされてました・・・
そりゃあ、生まれてからずっと赤道直下で暮らしておられたんですからね。




(おそらくウータンの会協力による)日本語付きスライドでしたので、ほぼそのままご紹介・・・

DSCN0340





DSCN0341

小学校を出て違法伐採の仕事で木を伐りつくし、その後は鉱山で働いたものの採りつくして閉山、
以後はアブラヤシ農園で働いてたそうです。





DSCN0342

アブラヤシ農園で森がなくなり、鉱山周辺は金採取に使用した水銀で汚染され・・・





DSCN0343

左は泥炭層の下の砂地まで露出した鉱山跡、右は汚染されてしまった河川・・・




DSCN0344

経済的には、まだまだ大変だそうですが・・・




DSCN0345




DSCN0346

種の発芽時期には一本の木から何千何万もの芽が一斉に芽生えるので、その一部を採集・・・
(そのまま放置しても育つのは数本なので、こういった方法も熱帯雨林ではありですね。)




DSCN0347



DSCN0348



DSCN0349

植林した場合の活着率は70%以上だそうです。さすが地元の知恵・・・




DSCN0350



DSCN0351

村人たちが森を壊さないでも豊かに暮らして行けるように・・・




DSCN0352



DSCN0353

これまでに何度か書いてきた、熱帯雨林と住民がともに豊かになれる可能性のあるキーワード
・アグロフォレストリー
・エコツーリズム
・フェアトレード
を、まさに自分の村で実践しようとされてるんですねえ・・・素晴らしい!!!

で、それを支援しているウータンの会の活動も素晴らしい!!!の一言です。



DSCN0354

こちらこそ、素晴らしい報告をありがとう!!! ティリマ・カシ!!!


と、第二部は会員有志による本格インドネシア料理と持ち寄った酒や肴での記念パーティ!!!
我がN.GKSからも、澤井代表差し入れの大吟醸一升瓶を持ち寄りました。ぐびぐび

って、わたくしは恒例により飲み食いに夢中、とーぜん料理の紹介画像は一枚もなく・・・


せめて・・・

DSCN0377

使った箸袋だけでもご紹介・・・





食後はせっかくなので・・・つーか、とーぜん・・・

BlogPaint

イラさんと記念撮影している参加じょしだいせーたちに割り込みましたとさ・・・
もう一名、割り込んでるのはタスマニアの農業や畜産を研究されておられる方だそうで、
ウータンの会員以外にも様々な方が参加されてて、じつに楽しいパーティでした。

で、第三部は映像作家・中井信介さんの作品上映とヤヤットさんイラさん西岡代表を含めての対談。

17分の短い作品に熱帯雨林の現状と保護活動をじつに見事にまとめられてましたし、その後の対談も、
参加者も交えた素晴らしいディスカッションとなりました。

と、午後1時のスタートから全プログラムが終了したのは午後9時前、あっとゆー間の8時間で、
とても有意義な一日となりました。

で、一息つこうと裏庭に出てみると、イラさんが一人で一服されてて、わたくしにも勧めてくれました。
いやあ、インドネシアの煙草つーか本物の煙草なんて、じつにひさしぶりで美味でしたねえ。
お礼にグローやVAPEを勧めて、お互い同レベルのカタコト英語でしたがけっこう話が弾みました。
翌日には東京に連れて行ってもらう、とのことでしたが、ほんとに純粋で好奇心溢れる好青年で、
村での活動に村人たちが賛同しているのも、彼の性格に寄るところも大きいでしょう。



と、帰りはすっかり遅くなり、同じ最寄り駅のI本さんとは駅でお別れ・・・するはずもなく・・・

DSCN0368

ご近所のお好み焼き屋さんつーか鉄板焼き屋さんで、日付が変わるまで延々と・・・


ええ、I本さんお気に入りのお店で、特に肉の仕入れにこだわっているとのことで、この日は、

DSCN0369

さいぼし(馬肉の燻製)なんぞもあったもので・・・ひっく


ウータンの会30周年、あらためておめでとうございます!
じつに楽しかったです。40周年50周年も楽しみにしています。
ありがとうございました。ティリマ・カシ!!!




m98k at 18:33|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 沙漠緑化・熱帯雨林再生 | 糧食、飲料

2018年10月31日

小中同窓会ふらふら

先週、二日続けて小学校のクラス同窓会と中学校の学年同窓会があり参加してきました。


まずは金曜日に行った小学校6年4組のクラス同窓会・・・

BlogPaint





BlogPaint

担任の先生も含め今年は11名が参加して大いに盛り上がり・・・といっても・・・

おっちゃんとおばちゃんが飲んで騒いでる画像ばかり・・・ではつまらないので、
今回は幹事さんが持って来てくれてたアルバムの中から・・・

DSCN0284






DSCN0285



DSCN0287



DSCN0244

往年の美少女たちのご紹介であります!!! みなさん、かわゆかったのねえ・・・




こちらは二十歳の頃に集まったビアガーデンでのクラス同窓会・・・だったはず・・・

DSCN0248

もう40年以上も前になりますねえ・・・うるうる




わたくしも若かったなあ・・・げほげほ

DSCN0245

って、ビールの量と体重は当時よりはるかに増えてましゅが・・・

で、クラス同窓会は、これ以降なかったのですが、7年前に担任の先生と引き続き交流のあった
当時の学級委員長!!!がネット検索などで苦労してクラスメイトを探してくれ、それ以後は毎年1回、
幹事として声をかけてくれるようになり、参加者も芋づる式に徐々に増えてきた次第。

トシをとると、昔は意識しなかった子どもの頃の情景や記憶が懐かしくなり、昔話に花が咲くと、
次々と連鎖反応で思い出が蘇るので、同窓会つーのは脳トレにも最適ですねえ・・・げほげほ

もと学級委員長で永久幹事のN中さん、今年もありがとね!!! で、来年もよろしくね!!!




で、翌日は、なんと14年ぶりに開催された中学校の学年同窓会で、まずは母校に集合・・・

DSCN0249

校舎の配置などはすっかり変わってました・・・そりゃあ、約半世紀ぶりですからね・・・






DSCN0266





BlogPaint

クラブ活動に向かう女子中学生と、約半世紀前の女子中学生・・・





DSCN0252



DSCN0253

そーいや「自主協調」が母校の標語でしたねえ・・・思い出しました・・・



母校は大阪市内を南北に走る上町断層の真上にあるのですが・・・

DSCN0256

今は崖の下にも校舎が建ってました。もちろん耐震基準はクリアしてるんでしょうが・・・

ちなみに、校地の崖地部分は戦時中、高射砲陣地に使われており、わたくしが通学してた頃には、
まだ当時の兵舎の一部がクラブの部室などに使われてました。




DSCN0259

プールの場所は昔のままでした。懐かしいなあ、紺色厚手生地のスクール水着とか・・・




DSCN0261

体育館でクラブ活動する女子中学生・・・



DSCN0262

校内をふらふらする約半世紀前の女子中学生と男子中学生・・・

と、母校の見学を終えてから、ぞろぞろと住吉大社まで全員で歩きました。
大阪を離れて長い卒業生も多く、道すがらも懐かしんでましたねえ。

で、当日の住吉大社であります。

DSCN0270

ちょうど七五三参りで境内は賑わってました。




ふらふらと境内の宴会場へ・・・

DSCN0269



DSCN0273




DSCN0272

やはり結婚披露宴がメインなんでしょうね、それらしい雰囲気であります。



ま、会場内は・・・

DSCN0275

おっちゃんとおばちゃんばかり、約40名でしたが・・・

ちなみに今回同期の卒業者数は、なんと650名で15クラス!!!、ちょうど団塊世代が終わる時期で、
最盛期の卒業生は1学年1200名いたそうですから、それでも約半数になってたんですね。
さらにちなみに、今年の卒業生は124名で3クラスのみ、最盛期の1/10で、まさに少子化ですね・・・



ま、せっかくなので・・・

BlogPaint



BlogPaint

約半世紀前の美少女たち・・・今は美魔女?・・・を紹介したりして・・・



乾杯のあとは自己紹介などで延々と・・・

DSCN0294

呑み続けましたとさ・・・めでたし、めでたし・・・



・・・だけではつまらないと、幹事さんがテーブルに用意してくれてた古い写真の一部・・・

DSCN0290

とーぜん、南海本線の高架はまだ見えません。





こちらも今はなき「驛園公吉住」・・・

DSCN0299

「ポルノムードのホテル」つーのが時代ですねえ・・・ラブホ、当時は連れ込み旅館だっけ・・・


と、同じクラスの者同士などでラブホ喫茶店へ行ったりして、さらにまったりと昔話・・・


最後まで残った呑兵衛たちは・・・

BlogPaint

S井幹事さんの実家でさらに延々と飲みましたとさ・・・今度こそ、めでたし、めでたし・・・

中学同窓会の四人の幹事さん、ほんとにお疲れ様でした。ありがとうございました。
特に実家まで開放してくれたS井くん、片付けもせずに帰ってごめんね!!! ひっく



m98k at 01:51|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ブログ日誌 | その他アウトドア

2018年10月25日

これで助かる(かも知れない)シリーズ!!!

これで助かる(かも知れない)シリーズ・・・

そう、ライト仲間の川端さんが次々と購入・更新されておられるサバイバル用品の中から、
OFF会などでわたくしが巻き上げたいただいた、
「常に持ち歩いてたら(EDCしてたら)、万一の際に助かる・・・かも知れない・・・」
モノのシリーズであります。

様々な助かる(かも知れない)モノをいただいており、昨年末にはこんなのもいただいてました。

リンク記事にもあるとおり川端さんは最近ブログ記事をあまり更新されてないので、あの続きとゆーか、
まずは過日の「モンゴル・ゲル大宴会」でのいただきものからご紹介・・・

DSCN0219

煙避難具 SBKけむりフード・・・






DSCN0220

左は大きさ比較用のガラホで、フードは(公益財団法人)SBK市民防災研究所製であります。





DSCN0221





DSCN0222

耐熱温度は150℃、サイズは50×90cm・・・

わたくし、非常時の煙避難用と水筒用、そして買い物用として、レジ袋は何枚かEDCしてますが、
やはり専用品つーのは耐熱性や使い勝手、大きさが違うんですねえ・・・

ちなみにレジ袋でもこれでも、自分の呼気も呼吸することになるので、あまり長時間は持ちませんが、
煙に含まれる一酸化炭素などの有毒ガスを吸い込まないことが最重要で、こんな手持ちがなければ
濡れハンカチやタオルで口と鼻を覆い、有毒ガスを吸着させる方法もありますね。

さらにこのような袋は水筒用にも使えるし、ともかく小さくて軽いので(たとえレジ袋でも)EDCしておく
ことが重要です。ええ、日本のレジ袋は丈夫なので何度も買い物に使えてエコだし・・・
ただレジ袋だと、透明以外は全く見えないしサイズ的にも口と鼻だけを覆うことになります。




で、こちら・・・

DSCN0223

オイルマッチとか永久マッチとかパーマネント・マッチといわれるもので・・・



DSCN0224

左は大きさ比較用のガラホ・・・






DSCN0225

ファイアースターターにオイルタンクと灯芯がセットされたものです。






DSCN0226

オイルタンクのシールド(Oリング)がポイント、わたくしの安物は徐々に漏れて気化してしまうので、
今は小さな使い切りフリント・ライターをラップしてEDCしてますが、こちらはしっかりしてそうです。

ファイアースターターや使い切りライターと決定的に異なるのは、灯芯(可燃物)が一緒に付いている、
という点で、僅かな量ですがタンクのオイルとあわせて非常時には役立つ・・・かも知れません。




いっぽう、こちらは今年の春にいただいてて、まだ紹介してなかった・・・

DSCN8031


DSCN8034



DSCN8035




DSCN8036

キーホルダーに装着できる高品質の小型ピンセットであります。

ま、わたくしが現在キーホルダーに付けてるビクトリノックス・スーベニアには、いちおー低品質の
プラ製ピンセットが付いてるので、こちらはまだ装着してませんが、しっかりしたピンセットとゆーのも
やはり非常時には重要なアイテムになる・・・かも知れません。


と、これらの「川端シリーズ」を常に持ち歩いていたら助かる・・・かも知れないのであります。

そう、以前にも書いたことがありますが、
「軽装備で遭難すればニュースになるが(同条件で)重装備で無事下山してもニュースにはならない。」とか、
「災害時に、たまたまあったので助かった場合と、常備していて助かった場合では確率が全く違う。」
とかは、よくいわれることですが、小さなモノだけではどうにもならない場合もあることも事実・・・

ただ、モノとその使い方などの知識・経験があれば、助かる可能性が高くなることも事実です。

非常時に備え外出の際に何を持つべきか、あるいは手元に何を置いておくべきか、については、
個人の生活環境がそれぞれ異なりますし、最終的に決めるのは悩ましいハナシではありますが、
これら「川端シリーズ」のように、まず小型軽量で信頼性の高いものを厳選しておく、というのは
やはり基本中の基本ですね。


と、川端さん、今回もいろいろといただき誠にありがとうございました。
いよいよ当サイトでシリーズ化しましたので、これからもよろしくね!! げひげひ



m98k at 10:55|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 災害避難とか | その他アウトドア

2018年10月20日

クロスカブCC110を!!!

とーとつですが、熊本製の新車・・・


ホンダ・クロスカブCC110を買いました!!!


ええ・・・

DSCN0181

わたくしの古い友人が・・・

「買ったら見せてねっ!!!」とお願いしてたので、わざわざ見せびらかしに来てくれた次第。

ま、500km走行後のオイル交換までは慣らし運転で思いきり走れないので、少しでも距離を稼ぐため、
つーこともあったようですが・・・

DSCN0187

この日までで257kmですね・・・

ちなみにメーターパネル廻りは都市迷彩でボディカラーはカムフラージュ・グリーン・・・






DSCN0190

110ccのエンジン・・・彼いわく、やっと125ccになると思ってたのに残念、とのことでした。




DSCN0189

ヘッドライト周りのゴツさがたまりませんね・・・じゅるじゅる


オプションのタンデムシートとハードボックスのセット・・・

DSCN0188

まあ、オーソドックスな選択ですね。

ちなみに彼の奥様をリアに乗せたら、けっこう乗り心地がよかったと言ってたそうです。

わたくしもメインシートに跨らせてもらいましたが、原付カブよりクッションが厚くしっかりしてました。
さらにショックもストロークがあって旧車より乗り心地はかなり向上しているとのこと。



で、ハードボックスを外せば・・・

DSCN0193

やはりこちらのほうがすっきりして、ハンターカブっぽいですね。

タンデムシートとボックス受けを取り外せば(フラットではないけど)さらに大きな荷物が積めますね。


DSCN0191

荷台に大型のタクティカルバッグ、さらにサドルバッグなんぞをセットしてソロキャンプに・・・
もちろんバッグのカラーはボディとお揃いでオリーブドラブ・・・じゅるじゅる

ちなみに同色のレッグシールドは、まだ販売されてないのでオーダー塗装になって、お高くなるので
出るのを待っているとのことでした。わかりますねえ・・・


さらにちなみに彼は堺市民ですから、ナンバープレートは・・・

BlogPaint

世界最大墳墓「仁徳天皇陵」をベースに日本最古の木造洋式灯台「旧堺港灯台」が・・・




とーぜん、彼は住吉大社前から紀州街道を堺方面へ帰っていきました・・・

BlogPaint




BlogPaint


ま、後ろから見る限りは、ただのスーパーカブなんですが・・・



で、本日、せっかく彼が堺市民なので・・・

DSCN0198





DSCN0199

倒木撤去も少し進んできた堺浜に呼び出して・・・





BlogPaint





DSCN0204






DSCN0205

ノンアルコールで試乗宴会!!!




DSCN0206

走行距離はようやく300kmを超えてました・・・





DSCN0210

いやあ、欲しいなあ・・・気に入ったなあ、特に色合いが・・・じゅるじゅる

でもわたくし普通免許しか持ってないから、110なら小型自動二輪免許が要るなあ・・・
でも50だと速度制限30km/hだから、すぐスピード違反になるしなあ・・・
(ちなみにここは駐車場で試乗もできたのですが、カブには長年乗ってなかったので走りませんでした。)

はるか昔スズキ・ハスラー50に乗ってた頃は、友人の250にもツーリング中にこっそり乗ってたから、
実技はパスするかなあ・・・でも筆記もあるし最近は自転車に乗ってもふらふらしてるしなあ・・・
7月の道路交通法改正で教習は最短2日になったそうだけどAT限定にしてもお金かかるし・・・
さらにお目当てのソロキャンプなんて、長い間、クルマでも行ってないものなあ・・・

さてさて、どうするか・・・でも欲しいな・・・

と、あれこれ悩みつつ、とりあえず次のお目当てだった・・・

DSCN0214




DSCN0216

今年も登場!!! ガリバーバーグ400g!!!で〆ましたとさ・・・



DSCN0218

げふっ





m98k at 16:00|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック その他アウトドア | 糧食、飲料

2018年10月16日

モンゴル・ゲルで大宴会!!!

先週末、モンゴル・ゲルで大宴会してきました!!!

モンゴル・ゲル(テント・中国語ではパオ)・・・

モンゴル族の遊牧民が使ってきた移動式の住居で、わたくしモンゴル国で遊牧民のゲルを訪問したり
ツーリスト向けゲルに泊まったりしたことはあるのですが、内モンゴル自治区には何度も行ってるものの、
モンゴル国には数回しか行ってませんし、ゲルに泊ったのも毎回一泊ずつでした。
それでも、宴会しつつ星空を眺めるには最高!!!とゆー記憶は、きっぱりと残っておりました。

で、今回は植林ボランティア仲間に教えてもらった「オータニ・モンゴルの里」へ行ってみました。

今年5月に行った内モンゴル植林ボランティアツアーの報告会を兼ねて、つーことで当初は7月の
予約だったのですが、当日は記録的な豪雨で高速道路が閉鎖され、結局10月まで延期していた次第。

メンバーはわたくし98kと、植林ツアーでは宴会担当のY原さん、同じく酒類調達担当のH田さん、
昨年3月のボルネオ植林ボランティアツアーに初参加されたライト仲間のwingさん、
同じくライト仲間の川端さん、red-bicycle(赤チャリ)さん、そしてHiguさんの計7名・・・

で、土曜日の午後2時に丹波・篠山市内にある食品スーパー駐車場に計3台のクルマが集合・・・
ええ、わたくしは例によって川端さんにピックアップしてもらいました。いつもありがとね!!!


と、ゲル宴会用のつまみやお夜食、飲み物なんぞを全員で買い出しして篠山市内を抜け・・・

DSCN0114


峠を越えると・・・


DSCN0121

3時半には草山温泉にある「モンゴルの里」に到着しました。



ちなみに・・・

DSCN0123

山頂には巨大な観音様?が・・・




みなさん10人用の大型ゲルに案内してもらい、まずはまったり・・・

BlogPaint

エアコンも寝具もテーブルも電源も完備されてて、
「ここで宴会して酔いつぶれても、ばったりと後ろに倒れるだけで眠れますねえ。タープから出て
自分のテントまで行ってから倒れるとゆー、いつものキャンプ宴会より便利そうですね!」
とはwingさんの感想でしたが、実際、この夜のゲル宴会では、wingさん以下次々と、そのままばったり
後ろに倒れて、そのまま眠り込んでました。


ま、わたくしは、みなさんがまったりしている間に・・・

BlogPaint

「モンゴルの里」のちづかさんとツーショット・・・
内モンゴル・フフホト出身の旦那様スーチンドロンさんと、この「モンゴルの里」をやっておられます。



ちなみにこちらが、さらに大きなカフェ・レストラン棟のゲル・・・

DSCN0115

いろんなモンゴルの楽器や絵画・食料品・飲料などが置いてありました。懐かしいなあ・・・

さらにちなみに大型ゲル以外に小型ゲルも何棟かあって、すべて現地から取り寄せた実物だそうで、
大人数から家族・少人数のゲル宿泊だけでなく、様々なモンゴル体験もオプションで楽しめるようで、
とても温かい雰囲気でしたので、きっぱりとオススメしておきます。



と、そんなことは呑兵衛たちには関係なく、さっそく酒類調達担当が注文した・・・

BlogPaint

生ビールを中央広場のテラスでぐびぐびと・・・(wingさん提供画像)
・・・って、すでに赤い顔をしている98kさんも写ってるな・・・ひっく

呑まない赤チャリさんと川端さんは甘い飲み物やお茶でしたが、突き出しの新鮮な塩茹で落花生と
モンゴル式の牛肉燻製がとても美味しく・・・

DSCN0126

ついつい生ビールのおかわりを繰り返しましたとさ。ひっく




で、みなさん興が乗ってきて・・・

BlogPaint

呑まない赤チャリさんまで「グリコ」のポーズ(wingさん提供画像)・・・って???



そう・・・

DSCN0127

じつは赤チャリさん、前週に備中松山城をヒルクライム中???に骨折され右足をギプス固定中・・・
ま、wingさんにギプスを歩きやすいようMOD(改造)してもらったようだし、超人的な体力があるし、
すでに7回目の骨折で慣れてるようで、片足でぴょんぴょん飛び回っておられましたが・・・


と、松葉杖の赤チャリさんを含む全員で吊り橋を渡って温泉へ・・・

DSCN0130

かなり塩分の強い、いかにも効能のありそうな温泉でした。ひっく



と、温泉で少しだけ酔いを醒ましてから・・・

DSCN0132




DSCN0135

モンゴル料理とシシケバブなどのバーベキューで夕食宴会!!!

「モンゴルの里」以前は、大阪でモンゴル料理店をやっておられたとのことで、どれも本格的でした。




と、生ビールやワイン、モンゴル・ティーなんぞで盛り上がり、その勢いのままゲルに戻って・・・

DSCN0138

買い出したり持ち寄ったりした酒や肴でゲル大宴会であります!!! わははは

ええ、これ以後は画像も記憶もありませんが、星空観察に出たり、持ち寄ったライトで照射比較したり、
各ライトのルーメン測定したり、ライト談義に花を咲かせたり・・・してたようです。

って、今回は植林ツアー報告会のはずではなかったのか・・・
ま、報告者が植林ツアーの宴会担当と酒類調達担当ですから予定調和だったのですが・・・

ちなみに、まったく異なる業種・職種・環境の7人が集まり初対面の方も何人かおられたのですが、
みなさん知らない世界に興味がある常識人で、アウトドアや工作など共通する話題もあったりして、
じつに楽しい一夜となった・・・ようです。ええ、殆ど覚えてませんが・・・

ま、最終的には前述のとおり、宴会中に次々とばったりと後ろに倒れて、そのまま寝たようですが、
中には星空一人宴会に出たまま外でばったりと倒れてた人もいたようです。ええ、覚えてませんが・・・




で、とーとつに翌朝であります。

DSCN0140



DSCN0141





ま、ゲルの中では・・・

DSC_5173
                                                                                                (wingさん提供画像)

モーニングコーヒーでまったりする者、丹波ワインなんぞで「朝から宴会」する者、惰眠を貪る者、
コーヒーとワインで残り物をがつがつ食べる者など様々でしたが・・・



と、いちおー全員が(半覚醒を含み)起床して、8時にカフェ・レストラン棟で朝食・・・

DSCN0151


DSCN0149

おかずはシンプルでしたがモンゴル式の熱いお粥とパンがとてもおいしかったです。
ええ、画像はありませんが・・・



と、朝食後もまったりとゲル内でダベったり、近くを散策したりしてたのですが・・・

ライトマニアとはふだん接触のないY原さんとH田さん(そりゃあ周りにそんなのまずいないでしょう。)
「懐中電灯好きの集まりとゆーのは、夜はわかりますが昼は一体何をするんですか?」
「まあ名所旧跡に行ったりもしますが、夜が明けてからは殆ど抜け殻みたいなもんですね。
ただし坑道遺構や天然洞窟など暗い所へ行くと、昼でも活発に動き始めます。」
「あははは、やはり夜行生物の集まりだったんですね!!!」

と、わたくしは篠山城址を見学したかったのですが、この土日はお城を中心にイベントがあったようで、
お城付近は大混雑と予測、とりあえずお土産を買うことにして10時半過ぎに「モンゴルの里」を出発。


DSCN0160


DSCN0157

丹波名物を販売している「黒豆の館」へ・・・




お目当ての黒大豆枝豆は連続上陸した台風で近年にない不作とのことで売り切れてましたが、

DSCN0159

怪しいリカちゃんとかを見たり・・・





BlogPaint
                                                                                      (wingさん提供画像)

二日酔い連中はぐったりしたり、川端さんはお土産+黒豆ソフトを買ったりしてから出発・・・








DSCN0179




DSCN0178

柏原(かいばら)にある蕎麦屋さん「和さび」へ・・・


昼時で予約客でいっぱいでしたが、次の予約までの僅かな時間に何とか入れました。

DSCN0165

なかなか雰囲気のあるお店で・・・




DSCN0168

前菜9種盛りに胡麻豆腐に蕎麦茶・・・


DSCN0171

肉厚の鯖ずしに稲荷・・・ま、わたくしは稲荷だけに変更してもらいましたが・・・



メインの新そば・・・

DSCN0172

ま、わたくしは少食の川端さんのを半分いただき1.5人前になりましたが・・・




デザートの蕎麦ぼうろと蕎麦アイス・・・

DSCN0176

わたくしのはいつもどおり、食べてから気づいたので、お向かいのY原さんのでしゅが・・・

と、お値段の割にはボリュームがあり満足したのですが、特に最後に出てきた蕎麦湯が濃厚で、
とても味わいがありました。ちなみにこの日の蕎麦は富山産で、日によって変わるようでした。

とまあ、昼食後にはてきとーに解散、JR柏原駅から特急「はしだて」にハイボールを持ち込んで
車内宴会したり、途中の酒蔵で試飲してから新幹線で本格宴会したり、ともかく全員無事に帰宅、
わたくしは復路も川端さんに自宅まで送ってもらいました。

みなさん、お土産品や持ち寄り品、貴重なライトなんぞを持参されてて、わたくしもまたまた、
色々といただいてしまいました。ありがとうございました!!!

ちづかさん、スーチンドロンさん、今回は大変お世話になりました。バイルラー!!!

とても居心地がよかったので、また行きたいですね。いつかご一緒しましょう!!!


(10月17日追記です)

red-bicycle(赤チャリ)さんがブログサイトに記事をアップされました。
(酩酊して撮れなかった)ゲル宴会の様子など、こちらにはない画像がいっぱいです!!!




m98k at 14:36|PermalinkComments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 | フラッシュライト、ランタン

2018年10月10日

堺浜近況・・・

大阪府堺市にある堺浜の近況であります。

先月の下旬ぐらいから足腰のリハビリを兼ねて、軽く自転車を漕いだりしてるのですが、9月4日に
台風21号が通過してから約1ヶ月経った、10月8日の様子をメモしておきます。


まず、自宅から堺浜へ向かう道すがらの大和川右岸・・・

DSCN0084

このあたりの堤防や天端の遊歩道・自転車道は無事だったようですが・・・



DSCN0085

周辺には瓦が飛んだりして、シートで仮養生したままの屋根があちこちに見えます。
わたくしの実家も同じ状況なのですが、大阪では6月の地震以降、ずっと資材と業者が不足してて
需要に追いつかないようで、本補修はいつになるかわからないとのことでした。



堺浜にあるサッカーのナショナル・トレセン・・・

DSCN0087

フェンスがあちこちで倒れたままで・・・






DSCN0086

大きな木も倒れてました。







DSCN0089

こちらも相当に傾いてますね。





こちらの海水浄化テストプラントも・・・

DSCN0090

壊れたままのようです。




いつも通っていた遊歩道・・・

DSCN0091

倒木で完全に塞がれてたままです。






DSCN0093

幹が折れたり根こそぎ倒れたり・・・凄い風だったんですね・・・



こちらも、ほぼ倒木状態・・・

DSCN0096




海岸線・・・

DSCN0097

フェンスが倒れた部分に大量の流木やごみが集まってました。




突端へ・・・

DSCN0100





フェンスは無事でしたが・・・中に大きな流木がありました。

DSCN0101

大波が流木とともにフェンスを乗り越えたんですね・・・




南側はフェンスが大きく破損してました・・・

DSCN0103




DSCN0104





ま・・・

DSCN0105

ワールドトレードセンタービルは無事でしたが・・・



もちろん・・・

DSCN0109

わたくしの愛車も、ずいぶん増えた荷重に耐えて無事でした・・・




m98k at 00:10|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 自転車ふらふら | その他アウトドア

2018年10月05日

ワールド・スケールモデラー創刊!!!

とーとつですが・・・

モデルアート社から新雑誌が創刊されました!!!


(表紙)
DSCN0079






(裏表紙)
DSCN0080

ワールド・スケールモデラーWORLD SCALE Modeler 創刊号 
モデルアート社 平成30年10月20日発行・・・であります。
ちなみに一般書店ではなくAmazon通販などでの発売・・・ 

編集長は、わたくしの古い友人で有名なモデラー(モダーではありません)の楽八さん。



例によって目次のみ紹介させていただきます。

DSCN0083

内容は・・・素人から見ても超絶の一言に尽きますね・・・

世界のすぐれたモデラーの作品と技法を、オールカラーで一人十数ページにわたって詳しく紹介、
魚雷攻撃を受けて爆発した瞬間のUボートなど、撮影テクニックも超絶の一言でした。
それぞれが独自の技法を編み出し、作品やその撮影に活かしているというのも凄いですね。

次号は来春発売予定とのことなので、今後は季刊になるようです。

わたくし模型に限らずライトや自転車でも工作趣味は一切ありません、つーかできないのですが
工作の様子を見たりするのは大好きで、ジオラマをつぶさに観察するのも大好きです。

この本の冒頭にあったミグ・ヒメネス氏の「創刊に寄せて」と題する一文によると、日本は昔から
世界中のモデラーにとって、一度は訪れてみたい「約束の地」だった、しかし日本の模型趣味は
長い間「鎖国」状態だったのだが、20年来の楽八さんの努力で世界のモデラーと繋がるようになり、
世界中からすぐれた作品を集めた模型誌が日本で創刊されることになった、とのことでした。

日本のすぐれたライト・モダーは世界のライトマニアの憧れのようですが、さらにマイナーな世界なので、
日本でこんな雑誌が創刊されることは今後もないでしょうが、せめてすぐれたMOD作品を紹介する
サイトがあれば楽しいですね。ぜひ、どなたか・・・



m98k at 17:25|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 書斎 | ミリタリーグッズ

2018年10月01日

オクトーバーフェストでお月見!!!

またまた2週間のご無沙汰でした・・・

昨夜、和歌山県田辺市に上陸した台風24号は現在、列島縦断コースを進んでいます。
大阪では中心通過後の「吹き返し」が続いてますが、今回は21号ほどの暴風雨はありませんでした。
もちろん状況は地域で大きく異なりますので、予想進路にあたる方々は充分注意して下さいね。
また、被害に遭われた方々には、心よりお見舞いを申し上げます。

さて、1週間前はちょうど中秋の名月だったので、知人夫婦から「お月見宴会」に誘っていただき、
大阪・天王寺公園にできた「てんしば」で開催されてたオクトーバーフェストへ行ってました。

足腰の痛みはまだ残ってたのですが、何せ野外で月を愛でつつ本場のドイツビールが飲める!!!
となると、ついつい痛みも忘れてですね・・・じゅるじゅる


「てんしば」芝生広場が完成したので、今回はステージ正面の椅子席規模を小さくしたようで、

DSCN0012

午後6時半には、すでに椅子席は満席でした。



で、ステージを斜め後ろから眺めることができる・・・

DSCN9998

芝生広場の端っこへ・・・各ブルワリーの出店にも近いことだし・・・



ちなみに芝生広場にも大勢の人出があり、

DSCN0003

その向こうには(今のところ)日本一高い「あべのハルカス」ビル、さらにその向こうに中秋の名月・・・

いやあ、なかなかのロケーションでした。



とまあ、そんなことより・・・

DSCN0002

まずは最も近くにあったブルワリーのビールを買ってきてもらい、とりあえず四人でブロスト(乾杯)!!!




あとはソーセージやアイスバイン、異なるブルワリーのビールなんぞを次々と・・・

BlogPaint

ええ、この時点で、すでに全員3杯目であります・・・ひっく

ちなみに今回は椅子席が前提だったので、わたくしの「野外宴会セット」は持参しませんでしたが、
芝生に寝転がっての宴会もなかなかのもので、まさにピクニック気分でした。


さらにステージで正面の椅子席に向かって演奏していた人たちも・・・

DSCN0011




ステージが終わってから、

DSCN0009

芝生広場に向かってマイクなしで演奏してくれてました。

椅子席の通路では音楽に合わせてトレインができ、毎回ステージの最後は「乾杯の歌」で乾杯!!!




ま、せっかくなので、わたくしも記念写真を撮ってもらいました。

BlogPaint

おおっ、ちょうど月が「あべのハルカス」の真上に昇ってるぞ!!! すっかり忘れてたな・・・




と、まあ・・・

DSCN0020



DSCN0022

わははは、あべのハルカスに昇る、中秋の名月じゃあ!!! 

って、さすがに酔っぱらいの手持ち撮影では手ブレ補正も追いつきませんね・・・ひっく




と、最終ステージが終わってからも、しばらく居座り続け・・・

DSCN0030

ようやく重い腰を上げて、みんなで歩き出した途端、「ううっ、左脚がぁ・・・」


と、仕方なく知人夫婦には一足先に帰ってもらい、駅まで少し歩いては休憩を繰り返しました。
典型的な間欠跛行で、おそらくは腰部脊柱管狭窄症とかが原因の坐骨神経痛・・・うぐぐぐ


ま、いちおー休憩中にも・・・

DSCN0031



DSCN0034

無意識に画像は撮ってたようですが・・・ って、月はどっちに出ている???

と、この後も少し歩くと左脚に痛みが走り、ずっと間欠跛行を繰り返してました。
座って前かがみになると楽になるのですが、少しでも左脚に力が入るとすぐに痛くなってきて、
帰りのチンチン電車では優先座席を譲ってもらったりして、何とか無事に帰宅しました。

いやあ、これは(野外宴会でおいしく飲むためにも)早く何とかしないといけませんね。
腹筋・背筋・体幹(インナーマッスル)など腰に関する筋肉を鍛えて、内服薬とリハビリでも治癒しない場合、
最後は大がかりな手術になるようですが、まずは減量から・・・ですね・・・
って、それが最大の難関だったか・・・

で、ちと調べてみると、坐骨神経痛の改善には歩いたり走ったりするより自転車漕ぎがいいようです。
前傾姿勢で座ったままラクに全身運動ができるうえ、体幹も鍛えられるからだとか・・・
そーいや、この夏は全く漕いでなかったので、少しずつ再開したいとは思っているのですが、
万一、コース途中で痛みが出て漕げなくなったら大変だし・・・といった一抹の不安もあるし・・・

どなたか、(わたくしの介護を兼ねて)軽いポタリングにご一緒させて下さいよう!!!



m98k at 00:21|PermalinkComments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック その他アウトドア | 糧食、飲料

2018年09月17日

BE-PAL10月号と・・・

台風の後始末は一段落、両腕の発疹も完治したのですが、まだ左脚と左腰の痛みは続いており、
リハビリと投薬で、引き続きおとなしく療養中・・・
つーことでヒマなので、先月号に続いて今月号も買ってしまいました・・・


DSCN9960

BE-PALビーパルの10月号であります。雑誌タイトルが電球色になってましゅが・・・





例によって目次だけ・・・

DSCN9962



DSCN9963

大特集は「キャンプで夜遊び!」

世間では「夜行性アウトドアズマン、増殖中!」なんですね!!! はははは

ええ、影絵芝居とか鳴く虫とか月や星空や光るキノコの撮影とか、いろいろ紹介されてましたが・・・


世界中の誰もが「キャンプで夜遊び!」のメイン・イベントにしている、

「狂暴系ライト照射比較うう!!!」とかが抜けてるでしょうがぁ!!!



ま、三種の神器(ヘッドランプ・LEDライト・キャンドルランタン)の紹介は一応ありましたが・・・ぶつぶつ・・・



小特集は「モンベルが日本一になった理由」と「under150万円で建てた俺と私の秘密基地」とかで、
こんな別冊付録も付いてました・・・

DSCN9965

ソロ用の極厚鉄板×激悪飯(ステーキガーリックライスや激辛ホルモンうどん)なんぞも、
かなりそそられましたが・・・じゅるじゅる



何といっても今回のメインは、こちらの特別付録!!!

DSCN9966

そう、モンベル・ダウンハガー・シュラフ(型のマルチケース)であります。




じゃーん

DSCN9969

色はモンベルでいう「バルサム」に近いですから、#3がモデルなんでしょうね。

ちなみにわたくしが現在使っている古いモンベルのシュラフは高級なダウンハガーシリーズではなく、
お安いバロウバッグシリーズの#1なんですが、モンベルでは#(快適睡眠温度域の番号)が同じなら、
どのシリーズでも同じ色なのが特徴で、#1なら全てオレンジになってます。



DSCN9973

左は大きさ比較用のトルクのガラホで、このシュラフ?の全長は23.5cm・・・

ちゃんと現ダウンハガーシリーズの特徴であるスパイラル(斜め縫い)を再現してあります・・・
・・・が、このシュラフ?にはスーパーストレッチの伸縮性はありません。


文具入れ、サングラス入れ、カトラリーケース、ペグ入れに、と説明には書かれてましたが・・・
わたくし、文具入れなんか今は使わないし、リュックで持ち運ぶカトラリーは折りたたみ式だし、
キャンプ宴会用のカトラリーは食器ケースに入ってるし、ペグを入れると汚れて破れそうだし・・・


さらにわたくし、サングラス入れは用途に応じて・・・

DSCN9974

すでにいっぱい持ってるし・・・あははは

はてさて、どう使ったものか・・・



m98k at 00:17|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 書斎 | その他アウトドア
2015年10月、当サイトの「沙漠緑化・熱帯雨林再生」カテゴリを中心に「N.GKS(エヌジクス)のblog」http://ngks.blog.jp/を立ち上げました。 海外植林ボランティア関係の記事はこちらもご覧ください。