2020年04月03日

銃・病原菌・鉄(承前メモ)

こんなご時世ですので、何かの参考になればと・・・

以前紹介したジャレド・ダイアモンド著「銃・病原菌・鉄」を読んだ際のわたくしのメモの中から、
とりあえず第11章「家畜がくれた死の贈り物」部分を記事にアップしておきます。
例によって、わたくしの読み違い等があればコメント等でご教示いただけるとありがたいです。

23年前に書かれた進化生物学者の著書(翻訳版)についての個人メモであることにご留意ください。

・第二次世界大戦までは負傷して死亡する兵士より戦場でかかった病気で死亡する兵士のほうが多かった。
・過去の戦争で勝利できたのは、たちの悪い病原菌に対して免疫を持っていて、免疫のない相手側に
その病気をうつすことができた側である。
・1492年のコロンブス以降、なぜヨーロッパ側の病原菌がアメリカ先住民を滅ぼし、その逆はなかったのか?
・いっぽうでアジアやアフリカの熱帯地方ではヨーロッパ人は大勢死んでいる。

・病原菌も人間と同様、自然淘汰の産物で自分の子孫を適正な生存環境にばらまくことによって生き残る。
・患者が感染源として生き延びられる長さと感染効率によって感染者数は決まる。
・もっとも何もしないタイプ→サルモネラ菌や寄生虫など→熱を通さずに食べてもらうのを待ってるだけ
・昆虫の唾液経由で感染するタイプ→マラリアの蚊、ペストのノミ、チフスのシラミ、睡眠病のツェツェバエなど
・感染を早めるため感染者を変化させるタイプ→梅毒、天然痘など
→アメリカでは意図的に天然痘患者の使った毛布を屈服しない先住民部族にプレゼントしていた。
・もっとも強力な感染手段のタイプ→インフルエンザ、風邪、百日咳などは咳やくしゃみ、コレラなどは下痢、
腎症候性出血熱ウィルスはネズミの尿、狂犬病ウィルスは犬を凶暴にして噛みつかせ唾液感染させる。
・病原菌自身が動き回るタイプ→鉤虫や住血吸虫の幼虫など→穴をあけて入り込む

・性器の炎症、下痢、咳などは人間から見れば病気の症状に過ぎないが、病原菌から見れば進化の過程で獲得した
より広い範囲に伝播するための方法。
・なぜ病原菌は自分の宿主を死に追いやって自分の住処を奪うのか?
→平均して一人以上の新しい犠牲者を出すことができれば目的の伝播を達成できるから・・・
・人間の側に立って考えると、まず遺伝子により発熱によって菌を焼き殺そうとする。
・もうひとつの反応は免疫システムの動員、白血球などの細胞が菌を探し出して殺そうとし、感染症にかかると
抗体が体内にできてかかりにくくなるが(ワクチンはこれを利用)一時的なものと終生免疫ができるものがある。
やっかいなのはインフルエンザやエイズウィルス、マラリア、睡眠病のような抗原を変化させるタイプ。
・さらに世代交代の際に遺伝子を変化させる自然選択があり、これがもっとも時間がかかるが、
→歴史上、同じ病原菌に繰り返しさらされてきた民族は、その菌への抵抗力を持った人の割合が高い。
→民族によりマラリア、結核、細菌性下痢など特定の病原菌に対する抵抗遺伝子を持つ割合が高い。
(NHK番組「食の起源」でやってた、稲作の伝播にあわせアセトアルデヒド分解酵素が少ない人=酒に弱い人
=体内に残ったアセトアルデヒドで殺菌できる人の割合が高くなっていったとゆー仮説もこれかも・・・)

・特定地域の感染症の種類と数が時系列的にどのように変化するか?
→病気の種類によって発生パターンがかなり異なる。
→突然大流行する感染症には共通する特徴がある。
①感染が早いため短期間で集団全体が感染する。
②感染者は短期間で死亡するか、完全に回復するかのどちらか。
③回復者は抗体を持つようになり同じ病気にかからなくなる。
④やがて感染者の数が減少し体内でしか生きられない病原菌が死滅して大流行が収束する。
⑤次の大流行は抗体を持たない新生児が感染年齢に達し集団外部から感染者が来るまで起こらない。
(つまり病原菌側からすれば、)
死滅前に抗体を持たない新生児が感染年齢に達する出生率を維持できる大集団でしか継続生存できない。
→なので集団感染症は狩猟採集民や焼畑農業の集落では、はびこりつづけることはできない。
→発生するのは病原菌が外部から持ち込まれた場合。→すぐに全滅するので特有の流行にはならない。
・集団感染症は(集団)農業が始まった1万年前に登場し、数千年前に都市生活が始まり加速度的に増えた。
→天然痘は紀元前1600年頃、おたふく風邪は紀元前400年頃、ハンセン病は紀元前200年頃、
ポリオは1840年、エイズは1959年に最初の患者が確認されてて、どれも比較的最近である。

・病原菌にとっての幸運は農業、森の開墾、都市の台頭、交易路の発展→一大繁殖地ができた。
→人種のるつぼは病原菌のつるぼである。

・群居性の動物が家畜化されてから9000年、病原菌が人間に感染できるよう属性を変化するには充分。
→はしか・結核・天然痘は牛、インフルエンザ・百日咳は豚・アヒル・犬、熱帯熱マラリアは家禽類から・・・
第一段階→動物や家畜からの直接感染
第二段階→動物のものだった病原菌が人間同士で感染する→治療か免疫か全員死亡で絶滅し収束する
第三段階→第二段階からまだ絶滅しておらず将来大量の犠牲者を出すか不明なもの
第四段階→人間だけがかかり、昔から大流行すると知られているもの→自然淘汰されなかった成功者

・チフスはシラミが合衆国で駆逐されたので北米ムササビから人間に感染する新ルートを開拓した
・オーストラリアでヨーロッパウサギ駆除のため導入したウィルスは1年目の致死率99.8%から数年後には
25%まで下がった。→すぐには死なせないように進化したため。
・梅毒菌は1495年には感染から数ヶ月で死亡してたが1546年には現在同様の症状に変化している。
→より長期間、菌を周辺にふりまき続けられるように進化した。

・北米ではコロンブス以降の200年で先住民2000万人が100万人に減少。→95%が死滅
→死因は天然痘、はしか、インフルエンザ、チフスなど10種類以上のヨーロッパからの病原菌
→逆に新大陸からヨーロッパに伝播した致死性の病原菌はひとつもない。(梅毒は不明)
・新大陸にそれまで集団感染症がなかったのは、前述の群居性の動物が家畜化されていなかったから。
・南北アメリカだけでなく世界各地でユーラシア大陸の病原菌により先住民の50~100%が死滅した。
・南北アメリカとオーストラリアではヨーロッパ人に伝播した致死性の病原菌はなかったが、熱帯アジア、
アフリカ、インドネシア、ニューギニアなどではコレラやマラリアや黄熱病があったため、ヨーロッパ人による
植民地支配の確立が南北アメリカより400年遅れた。
・非ヨーロッパ人を征服したヨーロッパ人は、より優れた武器、技術、政治機構を持っていたことも確かだが、
家畜との長い親交から免疫を持つようになった病原菌を先住民に渡すことによって征服できたのである。







m98k at 00:03|PermalinkComments(4) mixiチェック 書斎 | 災害避難とか

2020年03月31日

桜花下見ポタリング・・・


3月29日の日曜日、この日は大阪も寒くて曇り空でしたが・・・

午後からダッシュP18乗りの友人と近所の桜花を下見ポタリングしてきました。


まずは待ち合わせ場所の住吉大社へ・・・

DSCN5784


DSCN5779

おなじみの阪堺電車・・・この軌道上が旧紀州街道であります。



DSCN5780

大相撲の大阪場所も今回は無観客開催でしたね・・・



DSCN5778

前日までの大阪の満開予想日は4月1日でしたが、ほぼ満開の桜もありました。



DSCN5785

毎年このシーズンの休日は露店も人もいっぱいなんですが、さすがに今年は・・・





DSCN5788

ちなみに対岸の桜もほぼ満開でした。




で、ご近所の桜の名所を軽く下見することにして・・・かなり寒かったし・・・ぶるぶる

DSCN5789

いつもの公園は7分咲きといったところでしょうか、やはり花見宴会はやってなかったです。
例年なら焼肉セットやカラオケを装備したブルーシート集団でいっぱいなんですが・・・



と、少し紀州街道を北上して聖天さんへ・・・

DSCN5791

一昨年の台風の痕跡でしょうか、まだあちこちにブルーシートが残ってました。
山門はようやく修復されたようですが・・・




DSCN5793


DSCN5797


DSCN5795

桜花はほぼ満開でしたが、やはり一昨年の台風でかなりの被害に遭ったようで、横に伸びていた
太い枝があちこちで切断され、境内全体を覆いつくす感じは薄くなってました。



ま、せっかくなので・・・

DSCN5796

山頂制覇!!!




そう・・・

DSCN5799


DSCN5804

本堂は上町台地南部のピークに位置するのであります。



って、

DSCN5801

さりげに置いてあった巨大なアンモナイトの化石・・・
ここで出土したものなんでしょうか・・・???



と、謎を残して・・・

DSCN5805

松虫通を東進、旧熊野街道(このあたりでは阿倍野筋)を渡って我孫子筋を過ぎ・・・



桃ヶ池公園へ・・・

DSCN5808




DSCN5811

こちらは五分咲きから七分咲きといったところでしょうか・・・



ま、せっかくなので・・・


DSCN5815

記念写真を撮ってもらったりして・・・




DSCN5816


DSCN5817




DSCN5819

鴨鍋の具材がいっぱい・・・




DSCN5822

って、けっこう複雑な形をした広い池だったんですね。

友人が「まぼろしの猫間川」と関係があるかも・・・とかいってたので帰宅後にウィキを見ると、
やはり猫間川の源流のひとつで、かつては「百ヶ池」「脛ヶ池」「股ヶ池」とも表記されてたとのこと、
周辺には古代から集落があり弥生遺跡や古墳だけでなく旧石器時代の遺構も出てるようです。

また出雲地方と同様の「オロチ退治」伝説もあるようで、池の複雑な形状からすると暴れ川の氾濫や
湿地での弥生時代以前からの古代製鉄とも関係があったのかも・・・わくわく


ちなみにこの公園の桜も・・・

DSCN5821

多くが台風被害で切断されたり、倒れて抜かれたりしてました。


と、桃ヶ池公園から南下、長池公園(ここも猫間川の源流のひとつ?)から長居公園へ・・・

DSCN5823



DSCN5824

こちらはコブシも満開でしたが・・・





DSCN5827



DSCN5830

やはり花見宴会はなく散策する人が殆どでした。例年ならここも物凄い人出なんですが・・・



とまあ、下見といっても今年は本番の花見宴会はできそうにないし、せめて軽く一杯・・・

と、日曜日の午後だとゆーのに、客が2人しかいなかった「ぎょうざの満州」へ・・・

DSCN5831




ふむふむ、どれどれ・・・

DSCN5833

で、応募はQRコードを読み取ってLINEアカウントで・・・って・・・ガラホではちとつらいな



と、とりあえず・・・

DSCN5835

プレモルに水餃子と小松菜の炒め物を皮切りにハイボールから紹興酒、焼き餃子からホルキム
(ホルモン・キムチ)ラーメンやネギ塩ラーメンへ、我々だけになった店内でバカ話を続け・・・

結局すっかり出来上がってから、ふらふらと自転車を押しての帰宅となった次第。

今回は昼食後の集合で走行距離は僅か10kmちょい、走行時間は僅か1時間弱でしたから、
さすがに明るいうちからの食べ過ぎ・飲み過ぎは苦しかったですね・・・げふっ



m98k at 18:40|PermalinkComments(4) mixiチェック 自転車ふらふら 

2020年03月28日

欲望の時代の哲学2020メモ

NHK番組「欲望の時代の哲学2020」~マルクス ガブリエルNY思索ドキュメント~を見ての個人メモです。
(マルクス ガブリエルは新実在論を提唱するドイツの哲学者。1980年生まれ)
わたくしはまだ著作を読んでないので、勘違いなどコメントでご指摘いただければありがたいです。

第一夜 欲望の奴隷からの脱出
・世界史とは自由という意識の進歩に他ならない。ヘーゲル(1770-1831)
・「歴史の終わり」1989年フランシス・フクヤマ(知らなかったのでウィキより抜粋)
「歴史の終わり」とは、国際社会において民主主義と自由経済が最終的に勝利し、
それからは社会制度の発展が終結し、社会の平和と自由と安定を無期限に維持するという仮説である。
・グローバル資本主義→自由意志は絶えず自らを攻撃する。
・自由と民主主義を価値の体系として考えた第一人者がドイツ観念論のカント(1724-1804)
自由意志とは自然法則以外の物事が任されている状態
意志will→なすべきことを思い描いて行動する能力→意志と意志が調整されている
自由意志とは意志の調整の最適化→道徳と同じ→他者を手段としてはならない→理性から自由意志は生まれる
・すべてのSNSは必然的に自由意志や自由、民主主義を損なう。
・人間の社会性は社会ネットワークの構造次第で損なわれる。
・今何をしているのか自己イメージを表現できるプラットホームを提供しているが、データとは自分自身を見せたい
と思う方法、プラットホームは中立ではない。自由を損なうことなく利用している。
・法の哲学(ヘーゲル)→正義とは互いの意志の調整を確立させること。
・正義のない西部開拓地では意志の調整なく撃たれた。同様に何でもできるのがオンライン。
これがカリフォルニアのシリコンバレーで生まれたのは偶然ではない。
西部開拓時代のスタイルが民主主義の社会形式に大きく入れ替わった。
まるで意見が合わない人とは付き合わない→民主主義は弱体化。対抗する自己イメージを生み出してしまう。
・SNSは自由を破壊することなく自由の心臓部を攻撃する。知らないうちに振る舞いを操られている。
・自由に描いているはずの欲望が、誰かの欲望を映しているだけだとしたら・・・
・テクノロジーが作った無限の欲望の鎖から解き放たれるためには・・・

第二夜 自由が善と悪を取り違えるとき
・ショーペンハウアーの「自由意志のパラドックス」
人は欲求を満たすことができるが、欲求そのものを欲することはできない。
例→バニラアイスよりチョコケーキが食べたい→食べる→自由意志の余地はない→決定論
じつは決定論とともに常に自由意志はある
充足理由律→あらゆる事象は理由なしには生じえない
自然条件=必要条件→必要条件が全て集まって充分条件になる
ショーペンハウアーの誤りは主体と客体を分けたこと。
・無力感もわたしたちの認識が生んでいるにすぎないとしたら・・・
・今のアメリカは極端なプロテスタントがつくった。
自分が真実と思ったものが真実、神父に言われなくても(教会に行かなくても)自分は神を信じている。
・プロデュースとはプロ(前に)デュース(持ってくる)、つまりショーのこと、アメリカはショービジネス社会
・ニューヨークでは誰もがフィクションと幻想が織りなす現実に触れている。文化が可視化されている。
・ドイツ語のガイスト(精神)は英語ではカルチャー(文化)
・アメリカの主なイデオロギーは科学的唯物論→自然科学的な知のみで体系化された哲学
いっぽうでハイレベルな大衆文化がある。→興味深い矛盾
→この国は常に二極化、科学的唯物論とキリスト教への信仰→科学的な進歩と空想的で非現実的なものが共存
→最近はその境界が曖昧に→科学と信仰→アメリカで面白いフィクションはSF
・シリコンバレーの住人の少なくとも半数は間違いなくスタートレックやスターウォーズでSF的世界観を持ち、
実際に空想を現実に変えている。
・すべてのファンタジーには良い面と悪い面がある。コントロールされているうちは良かったが、
50年前から制御不能になりはじめ、インターネットの加速によって悪化した。
極端な話、学校やショッピングセンターで銃を撃ちまくる現実がある。
・自由を与えすぎ自由を取り違えたとき、人は現実に目を背け幻想に閉じこもるのか。あなたは自由ですか。
・FacebookやGoogleはひたすらあなたを利用する。なぜなら、あなたは自由だから。
・資本主義の果てしない破壊的消費でさえ、わたしたちの自由を奪うことはない。
なぜなら、わたしたちの欲望は人工的なものだから。
・社会状況やマーケティングがわたしたちを無限の消費へと駆り立てる。
・グローバル資本主義より、もっといい自由意志の使い方がある。善と悪、良い自由と悪い自由
・シェリング「自由とは善と悪の能力である」(人間的自由の本質より)
自由であるということは自由に間違いを犯すということ。なので市民社会への攻撃に対して責任がある。
不公正な社会は自由度が減少する。
・なぜ人類の破壊に向けてお金を使っているのか、自由な人が悪い自由を植え付けたから。
・人間の協調する空間を増やすというのが善という概念
・地球の破壊が悪であるのは未来の人類が自由を失うから→世代間の不正義
・チョコケーキは人工的文化的に造られたもので脂肪と糖質の塊・・・(それでも食べる)

第三夜 闘争の資本主義を越えて
・NYのウォールストリート→もとは先住民を隔てる壁→2008年以降は実際の取引と隔てる壁になった。
・平等だと猜疑心がつのる。猜疑心がつのると闘争が起きる。(リヴァイアサン)
・社会とは個人に他ならない。(マーガレット・サッチャー)
・各人は全ての人々と結びつき、かつ自分にしか服従せず自由であり続ける必要がある。
社会契約はこれを解決する。(ルソーの社会契約論)
・どちらの考えも社会と個人が両立しない結果をもたらす。
・学術的シンクタンクの提言を実行すれば社会は破壊される。
・人間の生活形式(ライフ・フォーム)と生存形式(サバイバル・フォーム)を区別して考える。
経済学も資本主義も最適を求める生存のための戦いで進化生物学(ダーウィニズム)を当てはめようとする。
社会ダーウィニズムは社会を完全に物理学や統計で捉えようとするが本来の性質ではない。
理想的な社会では生存レベルを保証するシステムは複雑な国家の福祉システムによって管理されている。
この社会には無条件のベーシックインカムが必要だが全ての生存形式を保証しようとは考えられていない。
・重要なのは生活形式も含めた経済学→生存<生活
例→アメリカの多くの食文化はエネルギーと代謝計算に置き換わっているが食事は生存形式ではなく生活形式。
・意味の場の存在論
数字と体験はイコールではない。→数字<体験 
「心の痛み」と「愛している」は二つのニューロン・パターンという哲学や、お金とレストランでのおいしい食事が
イコールというのと同じ間違い。
・世界を技術的な目で見る人には全てが最適可能な資源に見える。(ハイデガー)
森は神聖な場所ではなく木材供給場であり、親は子どもを(人間を人材と呼ぶ)就職市場に向け最適化しようとする。
生産性のみに狩り立てられると、すべての人間が消費財になる悲劇が待っている。
・社会の複雑性を消すことはできず、生きる意味を求める人間の探求は幻想ではない。

第四夜 私とあなたの間にある倫理
・利便性とともに生まれる閉塞感、都市はもはや独自の進化を遂げる生命体のようだ。
・ヘーゲルの客観的精神
・知能(インテリジェンス)=限られた時間で問題を解く能力と定義すると・・・
脳にAIを組み込まなくても現代人はスマートフォンで知能が高くなっている。
・脳を機械にアップロードすることを選びますか?
・デジタル脳で一生、仮想現実の世界で生きたいですか?
それは人々にとって生か死かの決断。そのとき哲学者は非常に重要になる。
意識のアップロードには経験に基づいた証拠がなく人間に試すには倫理的に極めて問題がある。
・デジタルなテクノロジーでは捉えきれないこの世界の複雑性、それこそが精神という名の豊かな可能性だとしたら
・もし人間の思考が感覚だったら?なぜ(目の前にある)これが本だと分かるのか?見渡しているから?
・ドイツ観念論の伝統→カントの観点「無関心な満足」人は道徳的に無関心になることはできない。
観念に先立つ体験、理性に先立つ道徳
・人々が小説を読み始めた頃、社会の暴力は減少した→他者の視点に立つことは常に道徳的行為そのもの
・私はあなただったかも知れない→これが倫理の基本的なポイント。私は反対側にいることもできる。

第五夜 哲学が国境を越えるとき
・近代国家ニッポンとは(張旭東)
翻訳の超大国→ひとつの言語に三つのシステム(漢字カタカナひらがな)がある。
→島国で完結しているが本質的にオープンで日本語の輪郭はあいまい。
→他者を本質的に保持するモデルで中国語とは真逆→来るものは拒まず、実は受け入れず?
・文化の多元性→普遍性→自分の言語を再改革する努力
・グローバル時代の社会における人間性とは?人類の理念とは?(斎藤幸平の質問)
道徳的な争いは続いているが道徳的な進歩の時代でもある。
精神は自然を呼び起こす→自然を人間化するのがヒューマニストの次のステップ
定言命法(無条件に「~せよ」と命じる絶対的命法)は人間の領域を越えて広がっている。
自然が(分かれた人類の)ある種の普遍性を獲得する基礎となる。
動物と非動物の線引きは解決されていない問題→境界線が分かれば倫理に取り組むことができる。
・今は相対主義・冷笑主義・ニヒリズムの時代でスカイウォーカーよりダースベイダーを選ぶ準備ができている。
それが現代のイデオロギーだが、それが何を意味するのかは彼らはまったく認識していない。
ダースベイダーがマスクを外せばただのうんざりするモンスターであるとわかること。
例えば気候危機は科学的な事実では解決できない。それはどうでもいいことでおしまい。
・一言で言えば、私たちには倫理的資本主義が必要→ドイツ企業の大きな倫理プログラム
→道徳的価値が経済的価値を生み出すのは真実。
いかに利己的に見えようと人間本性には他人の運命に関心を持ち他人の幸福をかけがえのないものにする力がある。(アダム・スミス)
・人間は責任を逃れるために自らの道徳を手放したくなる。
・日本人の会話やコミュニケーションには見えないファイアウォール(社会的規範)があり同質的になっている。
西洋的な人権の概念を持ち込めば、それを破壊するかも知れないので、この種の概念を持ち込む人を好まない。
このファイアウォールは無意識だが明文化されている。建前と本音→仮に日本版ネットワークと呼ぶ。
これには柔軟性もあり大戦中は中国への軍事的優位になったがアメリカの個人主義に敗れた。
戦後、表面はアメリカ化し消費者行動はアメリカ的だが、心の枠組みは全くアメリカ化されず安定している。
東京が今でも世界で最も大きな社会システムであるのは、このネットワークの一部であるサイバー独裁の要素があるから。
創造性もあるがみんな一緒、均質性と順応性を生み出しもすれば、うつ病や自殺も生み出す。
この社会でのゲームは非常に暴力的で逃げられないところまで追いつめられる。
日本版の読心術を抑圧に使わなければ、このシステムのバーチャルなものが普遍主義の新しい形になるはず。
(普遍性を目指すガラパゴス(日本)は、これからどこまで跳べるのだろう。)
・哲学は思考のための一つのツールで、その思考の先にそれぞれの自由が生まれる。
・運命は必然ではなく自由を意味する。自由になったとき初めて運命を見出せる。



m98k at 11:11|PermalinkComments(7) mixiチェック ブログ日誌 | 書斎
2015年10月、当サイトの「沙漠緑化・熱帯雨林再生」カテゴリを中心に「N.GKS(エヌジクス)のblog」http://ngks.blog.jp/を立ち上げました。 海外植林ボランティア関係の記事はこちらもご覧ください。