2005年03月08日

G'zなバーナーたち

IMG_0061

新富士バーナーのG'zシリーズであります。
中央がG-TORCHで防水仕様、右がG-FLAMEです。
恥ずかしながら、わたくしいまだに喫煙者、しかもヘビースモーカーであります。
(ちなみに好きな銘柄は「おまけつきのタバコ」で、本日もTシャツつきのラーク買ってきました。)
ということで、山歩き、キャンプ、サイクリングから川下りまで、アウトドアにタバコ着火用具と携帯灰皿は必需品となります。
どちらもアウトドアショップの展示品処分で見つけたのですが、最初は防水仕様ということでG-TORCHを購入。
ところが使ってみると、いちいちキャップをはずさなければならないのが、ヘビースモーカーにとってはつらい。
ということで翌週、ワンタッチ着火できるG-FRAMEを買った次第です。
どちらも炎温度は1,300度、細い炎は工作にも使えそうですが、わたくしには縁がありません。悲しい
炎の調節範囲が広く、箱にも「経済的なカセットガスも使えます。」とあります。
ただ、ライターとしてはやはり大きくてゴロゴロするので、結局、使い捨てのおまけターボライターを持ち歩いています。困った

ちなみに関西では、阪神淡路大震災の直後、カセットガスとブルーシートが極端に品薄になり、その後、生産過剰からか価格が大暴落、今でも震災前に較べたら随分安くなってるんですが、これは全国的な現象なんでしょうか?


at 21:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック その他アウトドア 

2005年03月06日

これぞ携行糧食のカガミ!?

ea3b32f2.jpg

ラスクとペーストが典型的なヨーロッパのアウトドア携行糧食なら、
日本版といえばこのあたりでしょうか。
いつも楽しませてもらってるTHE戦闘糧食では、ホンモノの兵隊さんが食べている糧食がメインですが、わたくしは米軍のMREを何種類か試食した程度で(はっきりいって、それ以上は高くて手がでましぇん困った)このサイトではホンモノは紹介できません。ただ、野外で食べる事やジャンクフード、簡単なレトルトや麺類は大好きなので、これからも自分勝手な糧食をアップしていくつもりです。
さて、ごはんであります。やはり、熱々のごはんはアウトドアでは贅沢品でしょう。
レトルトにしても十数分加熱しなければなりませんし、アルファ米やフリーズドライ米は、加熱は短時間だけど食感はイマイチだし・・・
このキットだと、ごはんと缶詰を時間差を考えて温め、そのお湯にチキンラーメンをぶち込むということになりますが、どうしても時間がかかってしまいます。
でも、わたくしはこのセットで、一食分200円以下で買ってますし、保存がきくというのは、
やはり魅力です。麺類や缶詰なしで、ごはん2パックとレトルトの大盛りカレーか牛丼というのも定番ですね。

ふだん、日帰りの山歩きなどに携行するのは、主食としてはこんなもんです。
IMG_0043

もちろんこれに、夏は大量の缶ビールと乾きモノのつまみ、冬はバーボンか熱燗に刺身などの生モノつまみが付きます、っていうか、量的にもこっちがメインか・・・乾杯



at 20:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 糧食、飲料 

冷陰極蛍光管付き2ウェイライト


IMG_0053

OHMの冷陰極蛍光管付き2ウェイライト、CF-181であります。
単三電池6本、6AAのハロゲン球懐中電灯に、20cm近い冷陰極蛍光管(CCFL)が付いています。
手前のパトリオプロGT-10AAと較べてみて下さい。ううっ・・・でかい困った
こうなるとフラッシュライトとかハンドトーチとかかっこよくいうより、
懐中電灯というのがふさわしいですね。ま、懐中には絶対入りませんが。

このCCFL、いままで暗いというイメージがあったのですが、これだけ長くなるとけっこう明るいです。
ただランタイムは、スペックでも2.5時間となっており(ハロゲン球なら3時間)キャンプではちょっと使えそうもありませんが、AC/DCアダプター付きですので、室内ではわりと使えます。
蛍光灯より寿命が長く、CCFL部分がカチカチと回転しますので、本体を立ててみますと・・・

なんということでしょう。懐中電灯型蛍光灯スタンドの完成ですびっくり


IMG_0049


at 18:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック フラッシュライト、ランタン 

3AAなライトたち

28de414d.jpg

単三を三本直列で使う、3AAなライトたちであります。
左から、3W LuxeonのGERBER LX3.0、1W LuxeonのOHM スタミナライト、5mmLED6灯のアルミライトです。
同じ3AA仕様ですが、お値段は、それぞれ3倍といったところでしょうか。明るさも、キャンドルランタン、蛍光灯ランタン、ガソリンランタンほどの違いがあります。
一番明るいLX3.0は、ご覧のように自転車用のクランプを着けて、通勤に使っています。
(寒くなって12月で中断したけど、そろそろ再開しないと発泡酒腹が・・・)

マニアの中には、LX1.0を買って、最近LX3.0も買った人もいるようですが、わたくしにとってはこのLX3.0がコレクションの中では、超高級品であります。
ちなみにこの人は、SUREなんとかという、わたくしが見たこともない高級品をたくさんお持ちのようです。詳しくはリンク集にあるG3's HPをご参照下さい。(リンクがうまく貼れませんでした。)

ちなみに右側のアルミライト、質感があんまりだったのでスプレー吹いたんですが、剥げてきて一層みじめな状態になってしまってます。


ps.OHMのスタミナライト、製品の台紙には「スーパーLED サイバーフラッシュ」と書いてありますが、ごらんのとおり、ボディにはOHM STAMINA LIGHTとなっています。ですから、スタミナライトの1W Luxeonタイプとして表記しています。

at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック フラッシュライト、ランタン 

プリムス P-153とメタクッカー


IMG_0039

なんか古いモノばかり続けてアップしたので、このカテゴリの一発目は、
最近買ったばかりのイワタニプリムス P-153のご紹介であります。
手前のパトリオプロGT-10AAとくらべてみてくださいびっくり
右側の収納袋、タバコの箱ほどの大きさと厚みで、これに入るんですよう。ううっ
いろんなバーナー使ってきましたが、こんなに薄くなって、軽くなって・・・ううっ
これで火力が3,600Kcalびっくりううっ
なにせ20年ちかく使ってた、でかいEPIが、たしか1,800kcalでしたから、ううっ

大きさもパワーも、ミニマグからいきなり壱式になったようなもんで、
やはり何度でも感動してしまいます。
でも、小さなクッカーでカップラーメンやコーヒーのお湯を沸かす時には、火力調整を
半分以下にしないと、とても恐いぐらいの状態になります。

ちなみに隣のクッカー、30年以上前の製品で、
固形燃料「スイスメタ」を使う東京トップの「メタクッカー」です。
スイスメタを使って沸かすのとP-153で沸かすのでは
ビリケン球とLuxeonほどの差が・・・でもメタにはメタの味があるし・・・
あ、また古いモノの話になってしまった。


2008年2月追記です。
最近は、こちらのクッカーも併用しております。でへへへにっこり








at 03:58|PermalinkComments(3)TrackBack(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック その他アウトドア | 川下り、キャンプ宴会

LSなプラモたち


IMG_0034

LSが正しいんでしょうか、それともエルエスでしょうか?
この画像撮るのに、久しぶりにあちこち引っ掻きまわしたら、あるわあるわ・・・
これでもシリーズのごく一部なんでしょうね。
探せばまだまだ出てきそうですが・・・・・・やめました。ウインク
このシリーズ、最初の頃はひどい出来でしたが、だんだん凝ってきて、部品ひとつひとつまでリアルに再現するようになったと記憶しています。
リアルになって、可動部分にはABSも使ってましたが、なんせプラで、火薬の衝撃に耐えられる実銃と同じ設計になってるんですから・・・ギミックは何度か遊んでるうちに、全てぶっ壊れました。ドクロ

さて、ここで問題です。
この画像のプラモには二種類の表面塗装を施してありますが、模型好きのキミに、どれがどーだか、わかるかなはてな右のワルサーは無加工だよ笑い


はじめてフラッシュ使ったんですが、画質調整してフォルダに入れたら、どうやって出すのやら・・・やむなくそのままの見づらい画像をアップしてます。縮小方法もわからんままだし、こりゃデジカメとパソコン、理解するのに時間かかりそうだわ。



at 00:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ミリタリーグッズ 

2005年03月05日

ドイツラスクとポルトガル産ペースト

0902e3e5.jpg

冬の山頂宴会では、どうしても鍋やラーメンが中心になってしまいますが、それ以外の季節用に常備してるのがこれです。
どちらも保存期間が六ヶ月とか一年以上ありますので、非常食としても最適です。
キャンプなんかでも、ほんとは焼きたてのトーストにハムエッグなどをのせて、というのがいいんでしょうが、呑みすぎた朝にわざわざ作るのはめんどうだし、日持ちはしないし、というわけで、キャンプ宴会キットの中にも必ずはいっております。
画像のペーストはわたくし好みのオニオンツナですがサーディンもあります。
これで主食なら一人分、つまみにするなら二人分は充分あります。
ラスクは100円ショップ、ペーストはディスカウントショップで50円、全部で200円の豪華な糧食であります。もっと高級品になるとガーリックトーストのラスクとか、チューブ入りのいろんなペーストとかがあるようですが、わ、わたくし、とても手がだせません。

あとは、フルボディの安物チリワインでもあれば・・・まる


at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 糧食、飲料 

シーバス12年、携帯用宴会キット


IMG_0029

シーバスリーガル12年の500mlPETボトルです。半分しか残ってましぇん困った

スコッチではシーバスが好みなんですが、中味がなくなったら安物バーボン入れたりします。
このボトル、空港の免税ショップでしか見ないのですが、お茶などのペットよりはるかに丈夫で、
錫などのヒップフラスコ(スキットル)よりはるかに軽くて、しかも中味が見えるので便利です。
これと、アクリルのショットグラス、養命酒のおまけグラスと柿ピーを、うしろに見えるスポンジケースに収めると・・・
なんということでしょう・・・携帯用宴会キットの完成です。

IMG_0031


ちなみに、グラスカバーにしてるのは、イスの脚カバーで、養命酒のおまけグラス以外、すべて100円ショップで買ったものです。
柿ピーは4袋100円でしたが・・・笑顔

たいてい、どこへ行くのにも持ってますので、いつでも、どこでも、だれとでも、アウトドア宴会ができるというスグレモノですびっくり
ま、これ以外に、水を入れたスクイーズボトルも必需品ですが・・・


at 17:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 糧食、飲料 

ミニマグAAと、もどきライトたち

4ac5d6e0.jpg

むかし、正直者のライトファンが湖にミニマグを落としてしまいました。
すると、湖の中から、眼鏡をかけてジャージを着た美しい女神が現れ、「てめぇの落としたミニマグはよう、金のミニマグか、黒のミニマグか、どっちなんだよう」と舌足らずな声で、問いかけました。
「わたくしの落としたのは使い古しの黒いミニマグでございます。」と正直ファンは答え、ご褒美に純金のミニマグをもらい、「てめぇ、必ず卒業させてやっからな」といって女神は湖に消えました。

この話を聞いた極悪マニアは、バッタ屋で280円で買ったミニマグもどきライトをわざと湖に投げ込みました。
すると女神が現れ、「てめぇの落としたのは、金のミニマグか、黒のミニマグか、どっちなんだよう」と問いかけてきたので、
「落としたのは純金のミニマグ、しかも良binの3Wを入れたカトキチスペシャルでございます。」と答えました。
すると女神は眼鏡をはずし、「てめぇのようなマニアがいるから、コレクターが肩身の狭い思いをしてるんじゃねぇか!」といって、極悪マニアをぼこぼこにしましたとさ。めでたし、めでたしと。


ちなみに奥の2本は、10年ほど前にバッタ屋で280円で買ったもの。同じ箱に入ってたのに、よく見ると別のライトでしょ。
いちばん手前のは、中国、甘粛省の田舎の高級スーパーで2元(約27円)で買ったもの。
TIGER-HEADのロゴがあるんですが、ミニマグより軽くて小さくてかっこいいでしょ。

at 00:30|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック フラッシュライト、ランタン 

2005年03月04日

ナショナルヘッドランプ BF-182

IMG_0023_2

このカテゴリーのはじめてのご紹介は、お約束の!
BF-182であります。

フィラメント球が黒く煤けているのがおわかりでしょうか?
最後の予備球を使い果たしてから、すでに幾星霜・・・悲しい

こちらも十ん年前に、「小さくて軽くてかっこいい」ヘッドランプが欲しくて、大枚をはたいて
買ったものです。

そういえば、以前NHKのプロジェクトXで、日野レンジャーのパリダカ制覇を放映してましたが、
ドライバーもメカニックも確か全員、このタイプを装着してたような気がします。
一回目一台の挑戦で完走、四年後に二回目三台でエントリーしてワンツースリーフィニッシュだったんですね。
いやあ知りませんでした。すごいぞ日野レンジャー国旗祝

最近は球切れのないLEDのヘッドランプが主流で、日本フラッシュライトチャンネルでも最新の機種が話題になってますが、・・・って今コピーしにいったら、もうこのブログを紹介していただいてるじゃないですか!

こりゃ急いでアップしないと・・・まだリンクの仕方もわからないし・・・トラックバック?なんじゃこりゃ?ひ、日野レンジャーか!

BF-182の続きは、そのうち追記とゆーことで・・・


at 02:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック フラッシュライト、ランタン 
2015年10月、当サイトの「沙漠緑化・熱帯雨林再生」カテゴリを中心に「N.GKS(エヌジクス)のblog」http://ngks.blog.jp/を立ち上げました。 海外植林ボランティア関係の記事はこちらもご覧ください。