2014年11月24日

新100均容器!!!

某SNSのコミュニティでも紹介されてたモノ・・・かどーかは不明ですが・・・

で、いつぞやwingさんも、いそいそと購入されてたモノ・・・かどーかも記憶が曖昧ですが・・・





じゃーん

DSCN3515

100均の、説明的に言えば「丸型・スクリュー式・ポリプロピレン製・ほぼ密閉容器」であります。

ちなみに容量は、右が900ml、左が650mlとなってました。









DSCN3516

パッキンは付いてませんがスクリュー式で、完全密閉ではありませんが、ま、それなりに・・・








DSCN3517

耐熱は100℃、耐冷は-20℃、こちらにはMADE IN JAPANの表示がありました。

某SNSへのコメントによると、このタイプをキャンプ用のコメ容器に使ってる方も多いようです。
ちっちゃいほうなら3.6合、おっきいほうなら5合のコメが収まる計算ですね・・・

すでに何度か書いてますが、フリーズドライ米は調理は簡単だけど食感がイマイチでかなりお高く、
レトルト米は水不要だけど持ち運びが重いので、水補給と調理時間と燃料補給に余裕があれば、
担いで行くキャンプでも無洗米が最も安くておいしいので、最良の選択だと思ってます。

袋モノと異なり中味を使っても小さくならないのがコメ容器としては難点ですが、安心感がありますし、
1合ごとに目盛を入れておけば計量不要で、まあ、この程度の容量なら許容範囲かと・・・



コメなどの食品以外でも、アウトドアで濡らしたくないモノ、壊したくないものなどを入れておくには、
軽いプラ製の密閉容器が便利なんですが、昔は高かったタッパーウェア、袋モノではジップロックといった、
ブランド品しか使えるモノがなく、ずっとブリキの菓子箱や二重にしたレジ袋で代用してたものでした。

今では100均商品でも、探せばけっこう使えそうなモノもあるのですが、わたくし、ここ十数年の遊び方が、
クルマで行くキャンプ宴会がメインになって、ホムセンのプラ製ツールボックスや収納ケースといった、
大きめのモノばかりになり、食品なんぞはレジ袋や段ボールのままクルマの荷台へ放り込むだけ・・・
なにせキャンプ宴会中は、クルマは完全防水の巨大収納ボックスですから・・・
それにたまに行く日帰りの山歩きやポタリングでは、わざわざ専用プラ容器を持つほどでもないし・・・

でもまあ、これからは担いでいくキャンプの再開や、自転車やバイクでのキャンプも視野に入れてですね、
とりあえず道具から揃えようかと・・・あははは
なにせ今は、100均にも使えそうなモノがいっぱいあるし・・・






とゆー次第で、こちらもついでに・・・

DSCN3518



DSCN3522

同趣旨で買った・・・こちらがwingさんが購入されてたモノだったかな・・・はてさて・・・






そう・・・

DSCN3523

やはり100均の、やはり説明的にいえば「箱型・パッキン付き・四面固定式・ほぼ密閉容器」であります・・・

こちらも完全密閉ではありませんが、シリコンのパッキンが入って四面固定式なので、ま、それなりに・・・

100均とはいえ大きなのは200円でしたが、ちっちゃいのは2個100円でしたので、ま、それなりに・・・



DSCN3520

こちらも耐熱は100℃、耐冷-20℃、ちなみにこちらにはMADE IN KOREAの表示がありました。


箱型のプラ容器もアウトドアでは定番で、やはり完全密閉式はお高いのですが、川下り用とかは別として、
中のものを保護する(ぺしゃんこにしない)程度ならふつーのプラ容器で充分、これにパッキンが付いてると、
少々の水濡れや湿気も防げますし、四面固定式なら外れにくくてさらに安心です。

こちらもソロキャンプ用の食品や調味料を入れたり救急箱にしたり、壊れやすい小物をまとめたり、
あるいは(不必要に明るい)フラッシュライトを(不必要に多数)入れたりと、3種類のサイズがあれば、
様々に使えますし、キャンプ用だけではなく、旅行の際の小分け用などにも重宝しそうです。

わたくし、100均のプラ容器はすでにいくつも持ってますが、リュックやバッグの中でフタが外れないよう、
どれもストラップでしっかり固定する必要がありましたが、四面固定式ならある程度は安心できますし、
万一、内容物の液体がこぼれた場合でも、パッキンがあれば被害は最小限で済みそうです。


しっかし、こんなのが100均で入手できるとゆーのは、じつにうれしい時代になったものですねえ・・・

って、こうやってモノとゆーのは、限りなく増殖していくんですねえ・・・あははは




m98k at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 | その他アウトドア

2014年11月19日

ソロキャンプ装備メモ2014

この季節になると、どーゆーわけかリュックを担いだキャンプに行きたくなり、一昨年から2年続けて、
ソロキャンプ用の装備に関するメモをアップしてました。

ええ、残念ながらその間に担いで行くキャンプには行けてませんが、ま、今年もメモだけは・・・


一昨年は基本装備品とその重量をメモしており、
昨年はその後の追加や変更をメモしましたので、

今回はそれ以降に追加したものを中心に・・・って、モノが増えてるだけやないかっ!!!


まず、この一年間で記事にアップしたソロキャンプ用のモノとしては、

プリムス・イージークックソロセットS

風除板

マイ箸

ヘリノックス・タクティカルチェア

フォールディング・スプーン

米軍のビビィ・カバー

フォールディング・テーブル二段式

などを追加しており、この他にもソロ用としては、ケシュアテント・フレッシュなども追加してますが、
まあ、担いで行くキャンプ装備としてはこんなもんでしょうか・・・

なので、昨年のメモと比較すると・・・(重量は収納袋など付属品込み・・・だったはず・・・)

テント・タープセット
TNFマイカ1インナーのみ+ケシュアタープ本体+ライン8ペグ8、は昨年と変わらず1715g

シュラフ・マットセット
ハイアライトエアマット+ナンガシュラフ+プロモンテマクラ、も昨年と変わらず1320g

イス・テーブルセット
ヘリノックスチェアが「タクティカル」になりましたが重さはほぼ同じで960g
ロゴスのトレックテーブルが760g、
ロゴスのトレックチェアが400g、
プロックスの新テーブルが940g
ドッペルチェア+ダイソートレーの自作テーブルが725g・・・
実際には、この中から状況に応じて選択することになりますが、最も快適でテーブル面積の大きいのは、
ヘリノックスチェア+ロゴステーブルの組み合わせで、この場合は昨年と殆ど変わらず1720g

あとのバーナー・クッカーセット、小物類、衣類、リュック、その他も変わらずで計5670g

ここまでで合計10.4kg、これに新風除板や新プリムス・クッカーを足せば、やはり約11kgとなります。



あとは飲料と食糧をどれだけ持つか・・・なんですが・・・まあ、現実的に一泊二日を想定して・・・

前回は最低限で水が3ℓに食糧が2kg、合計5kgとしていますが、これは状況で大きく変化しますね。

キャンプサイトとかで水補給が可能な場合は、行動中の飲み水だけでいいのですが、逆にその分、
食事内容を豪華にしたくなるので、やはり一泊二日分でも最低5kg以上は欲しいところ・・・

まあ、イス・テーブルセットを軽量にしたり我慢したりする程度は可能ですが、やはり最低でも10kg、
水と食料で5kgになりますから一泊二日分で合計15kg前後、これに日数が増えれば×1kgほどの食糧と、
×120gほどの燃料が追加されることになります。




せっかくなので・・・今回は担いで行くキャンプの水と食料と燃料についてもメモしておきます。


燃料はガス230g缶(370g)を3日で1缶の計算ですが、フリーズドライやレトルトだけならこれでも余裕、
季節によっては4日で1缶の計算でも大丈夫でしょう。

最大火力では1缶60分程度の燃焼時間ですから、3日なら朝5分・昼5分・夜10分しか使えない・・・
とゆー計算になりますが、少量のお湯を沸かしたりレトルトを温めるのに、最大火力は使わないので、
効率よく調理すれば、この2~3倍の時間は使うことができます。

ただし、やれ鍋料理じゃ焼き肉じゃ、やれ焼酎のお湯割りじゃホットウィスキーじゃ、などと、
本格宴会をするなら、1日1缶でもとても足りませんので注意が必要です・・・じゅるじゅる

なおフリーズドライ・レトルト中心の一泊二日でも、余裕をみて110g缶ではなく230g缶で計算してますが、
110g缶だと160g軽くなりますし、アルコールバーナーやメタクッカーだとさらに軽量化できますね。
さらに、いわゆるネイチャーストーブだと基本燃料不要ですが、薪集めが確実にできるとは限りません。
ま、わたくしは、効率よく調理して早く食べたいので、火力調整を優先してガスにしてますが・・・



で、一番重くて嵩張る水の追加は、たとえ日程が伸びたとしても、これ以上はほぼ不可能ですし、
国内で日数分の水を全て担いで歩くことなど、まずありません。

むしろ季節とルートによって、担ぐ水の量は大きく変わりますので注意が必要です。
大量に汗をかく季節や激しく体力を消耗するルートなら、行動中も休憩中も大量の水が必要で、
その逆なら少なくて済みますが、必要な水の量については個人差もあり、経験を積むのがベスト。

わたくしは飲用と調理用に使って、人里に下りてきたときに500mlは残ってるように心がけてます。

あとは行程中のどこで水が補充できるか、特に一泊以上になるとこれは重要です。
わたくし予定の水場が見つからず、知らない沢へ下りて汲んだことも何度かありました。

日本のアウトドアでは水は比較的容易に確保できますが、知られている安全な「水場」以外では、
食用や飲用に使う際には、たとえきれいな湧水でも浄水器がなければ煮沸するのが原則・・・
浄水器があれば便利ですが、通常の小型浄水器では重金属や農薬や肥料、塩分などのミネラル分、
微小なウィルスなどは除去できないので、近くに鉱山や温泉、田畑や集落などがないか注意すべき・・・

といわれてますが、これも個人差が大きいようで・・・
わたくしは湧水(らしき水)ならそのままかぱかぱ、川下りで沈したときなんか、川の水も(意図せず)
がばがば飲んでましたが、今回はヤバそうと思った時に正露丸を飲むぐらいで大丈夫でした。

まあ、昔は北海道のキタキツネのみだった、野生動物の糞から感染する危険なエキノコックス菌が、
最近は本州の野犬などからも見つかってるようなので、非常用に小型浄水器だけは持つようにしてます。



で、最重要課題の食料について・・・は、このサイトの「糧食・飲料」カテゴリでさんざん書いてますので、
今回は唯一エネルギー源となる炭水化物・脂質・タンパク質についてのウンチクを少々・・・

まず、冬などに身体を温めるには肉(タンパク質)を食べるのが一番、とよくいわれてますが、
これは肉を消化する際の発熱量、DIT(食事誘発性熱生産)が最も大きいからだそうです。

脂質はカロリーの0%~4%、炭水化物は5%~10%、タンパク質は20%~40%がDITになるそうで、
身体の中から温まってくるとゆーのは、胃や肝臓など消化器系への負担が非常に大きいために、
大量に熱が発生している、つまり内臓をフル稼働させているので熱くなる、とゆーことなんですね。
さらにタンパク質の消化吸収には大量の水を必要としますので、行動中や寝る前などに摂取するには、
あまり適していない、とゆーことになります。

で、吸収されるエネルギー量は1gにつき脂質が9キロカロリー、炭水化物とタンパク質は4キロカロリーで、
長時間持続させるには脂質が一番、とゆーことですが、これも脂質の吸収には時間がかかるうえ、
エネルギーとして使う際も同様、しかも体内の酵素などを使って一番複雑な工程を要しますので、
脂質はゆっくり燃焼、とゆーことになるのですが、寒い時期には脂肪としての蓄積も重要ですね。

このような仕組みなので消化吸収の速さでは、炭水化物→タンパク質→脂質の順になってきます。

炭水化物は口に入れた瞬間から唾液による消化がはじまり、内臓への負担も最も少ないので、
行動中のいわゆる「シャリバテ」対策だけでなく、冬のテントで暖かく眠るためには、温かく消化の良い麺類、
あるいは甘いホットチョコレートなどの糖分が一番と考えてますがいかかでしょう。
(残念ながら、わたくしの大好きな(過度の)アルコール摂取は熟睡を妨げるそうですし、酔いが醒めると、
喉の渇きやそれまでの大量の水分摂取で、夜中に何度も起きて用足しにテントを出ないといけないし、
酔い醒めの寒さはひとしお・・・たしかにあまり推奨できる温まり方ではないかも・・・ううっ)


で、これらのバランスを考えてキャンプで暖かく過ごすためには、フリーズドライ食品だけでなく・・・
やはり、たっぷりの焼き肉と鍋物と麺類が必需品なのでありますね・・・





って、結局そっちに行くんかいっ!!!






とゆーことでわたくし、最終的には・・・

RIMG14605

左の50ℓサイズより右の35ℓサイズでキャンプに行って焼肉と鍋で宴会したいのであります・・・

でもこの容量では、やはりフリーズドライ中心で、飲み物も蒸留酒少々ぐらいか・・・ううっ

ちなみに「グレート・トラバース」の田中陽希氏も、テント泊ではTNFの51ℓサイズでしたね・・・中味は違うけど・・・

さらにちなみに氏は、10月に最後の利尻岳に無事登頂、第5集の放映は11/22、21:00から・・・
おっと、当日も飲み会で遅くなりそうなので録画予約しておかねば・・・


陽希くん、日本百名山一筆書き踏破・無事成功おめでとう!!!




って、こちらのリュックは、どっちもまだ新品のままですね・・・うぐぐぐ





m98k at 22:22|PermalinkComments(6)TrackBack(0) mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 | 糧食、飲料

2014年11月15日

リアライト装着!!!

自転車ネタが続きましたが、今回はいちおーライトネタであります・・・

ええ、わたくしの愛車ダホン・エスプレッソ2014に、リアライトを装着してみました・・・

秋になると日暮れが早くなり、夜間は走らないつもりが、寄り道してるうちに暗くなることもあって、
フロント用の明るいライトと小さなフラッシャーは持参してるのですが、リアは赤色反射板のみでした。



で、red-bicycle(赤チャリ)さんからのコメントで教えていただいたので、さっそく・・・



じゃーん
DSCN3755

ちなみに右にあるのは大きさ比較用のFENIX MC-10で、長さは約10cmであります。






DSCN3757


DSCN3759

そう、100均の赤色5LEDリアライト、本体とワンタッチ取り外し式ブラケットのセットで、ほんと100円でした!!!

赤チャリさんからのコメントにもありましたが、大きいっちゃあ、大きいですが、単四電池2本2AAA仕様なので、
ま、こんなもんっちゃあ、こんなもんでしょう。





で、湾曲して横一列に配置された5LEDが・・・

DSCN3760





DSCN3761

スイッチを押す度に常時点灯からストロボの短長や、右へ行ったり左へ行ったり往復したりと七変化します。

けっこう明るいとゆーか、フラッシャーとしてリアに使うなら、これでもよさそうですね。



で、装着位置の検討であります。

赤チャリさんからは、リアボックス後部にライト本体を両面テープで貼る方法を教えていただきましたが、
わたくしの技術で振動でも落ちないようにしっかりと貼り付ける、などとゆーことは至難の業ですので・・・



まずは、

DSCN3767

リアボックスのハンドル上部にブラケットで装着・・・

これだと装着位置が高くて視認性もよく、本体もワンタッチで外すことができる・・・のですが・・・

走行中にハンドルが倒れるとライトも一緒に倒れてしまいますね・・・あははは





で、今度はハンドルの最下部へ・・・

DSCN3762




DSCN3763

これだとライト本体が邪魔してハンドルが倒れることはありませんが、走るとガタガタするでしょうし、
ライト本体を外しても、ブラケットが邪魔してハンドルを倒すことができません。あははは






そこで・・・

DSCN3764

って、これはキャリアとボックスの間に挟んだだけ、ま、この状態で固定することも可能ですが、
これではボックス自体が安定せずにガタついてしまいますね・・・あははは






で、妥協案として・・・

DSCN3770





DSCN3769

リアボックスのハンドルの、この位置に装着してみました。

ガタつきもなさそうで安定してますし、視認性もまあまあ良好ですが、ライト本体を取り外しても、
ブラケットは装着したままですから、ボックス上部がフラットにならないのが気になります。






ならばいっそ・・・と・・・

DSCN3772



DSCN3773

リアキャリアのボルト穴にブラケットのアーム部分を直付けしました・・・

位置がボックス上部より低くなり、ライトもやや下向きになるので、視認性はやや劣りそうですが、
ライト自体が湾曲してますし、リアキャリアより横に出ますから、ま、それなりに気づいてくれるでしょう。




何といっても・・・

DSCN3777



DSCN3776

ライトを外した際のブラケットのアーム部分がまったく邪魔になりません。



なので、とりあえずはこの位置で固定することにしました。



ま、せっかくなので・・・

DSCN3780



DSCN3781

右側にも追加しました・・・ええ、なにせ100円ですし・・・でへへへ・・・




DSCN3786

後方からの視認性もそれなりに・・・



ま、あとはですね・・・

面白いので周囲にも次々とフラッシャーを付けようか・・・どーせ自宅にいっぱい安物ライトあるし・・・

いやっ、いかんいかん、これ以上フラッシャー付けたら、まるでお子様向けキャラクター自転車ではないか・・・

でもカッコよかったな、昔のフラッシャーいっぱいの自転車・・・昔は全部豆球だったんですが・・・



m98k at 19:14|PermalinkComments(7)TrackBack(0) mixiチェック フラッシュライト、ランタン | 自転車ふらふら
2015年10月、当サイトの「沙漠緑化・熱帯雨林再生」カテゴリを中心に「N.GKS(エヌジクス)のblog」http://ngks.blog.jp/を立ち上げました。 海外植林ボランティア関係の記事はこちらもご覧ください。