2014年04月11日

2014春・熊野キャンプへのお誘い!!!

(期間限定? 当サイトの過去記事を画像付きで一覧できます。)

(期間限定の追記です。)
参加予定情報等を記事末尾に適宜更新してますので、興味のある方はご確認下さい。


高齢もとい恒例春の熊野キャンプ(OFF会?)へのお誘い記事であります。

昨年は直前まで日程が決まらずお誘いできませんでしたが、今年はきちんと・・・
といいつつ、いつもどおり、てきとーに集合、てきとーに解散とゆー大まかな日程ですが・・・






2014春・熊野キャンプ(OFF会?)へのお誘い




日時
   2014年5月3日~6日(の内、てきとーな日の、てきとーな時間に集合・解散)
      ちなみにわたくし98kは、4日朝から6日昼ぐらいまでの滞在予定です。

場所   熊野川・中流域の何もない河原(近くに水洗トイレと水道はあります。)

持ち物  自分用のテント・シュラフ・イス・食料・飲み物・ライト・・・プラス天使の取り分・・・げひげひ

内容   朝から宴会、川下り宴会、照射宴会に加えて、4日にはバイクツーリング宴会も???

参加方法  この記事のコメント欄か、左バーのプロフィール欄にあるメッセージ機能をご利用のうえ、
        参加表明をお願いします。こちらから詳細をお知らせします。





それでは・・・



熊野キャンプでお会いしましょう!!!

RIMG14233

ま、こんなつつましい状況から・・・





RIMG13420

やがてタープやテントが次々と増殖・・・






RIMG13431

毎夜の阿鼻叫喚宴会となるのですが・・・






ひょっとして・・・

RIMG14254

こんなお宝ライトに出会える・・・かも知れませんよ・・・ふっふっふ


4/21現在の参加予定状況です。 
howa_saraさんは4日昼過ぎから5日昼まで、wingさんは3日か4日から5日までの参加予定、
川端さんとred-bicycleさんは今回は参加できないようです。
わたくし98kは4日昼過ぎから6日昼までですので、大照射宴会は4日の夜になりそうです。
他のキャンプ仲間10名程度は2日午後から6日午前までの間で、てきとーに集合・解散の予定です。


4/26現在の状況です。
2日は剣鉈コレクターさんのみ、
3日には、わたくしの友人夫婦、wingさん、剣鉈コレクターさんのバイク仲間5名がこれに合流、
4日には加えてワンテンファミリー、howa_saraさん(ファミリー?)、わたくし98kソロほか友人ソロが合流、
今回の最大人数になりますが、バイク仲間は朝からツーリングへ・・・
5日にwingさん、剣鉈コレクターさん、howa_saraさん(ファミリー?)、友人夫婦、友人ソロが解散し、
6日はわたくしとワンテンファミリーのみになりそうです。

さらに追記です。
剣鉈コレクターさんの仲間は、バイク仲間といっても今回は「トライアスロン・バイク」仲間だそうで、
4日の朝から往復170kmのツーリングだそうです。わたくしもダホン・エスプレッソで追いかけて・・・
行けるのかっ??? ま、わたくしはキャンプサイト周辺をふらふらすることになると思います・・・




 



m98k at 23:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0) mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 | フラッシュライト、ランタン

2014年04月07日

ヘリノックス・タクティカルチェアと桜!!!

(期間限定? 当サイトの過去記事を画像付きで一覧できます。)


わははは、ついに買ってしまいました・・・

ヘリノックスHelinoxのタクティカルチェアtactical chairであります。

わたくし2012年の6月に、さんざん悩んでヘリノックスのチェアワンを購入、その後、予想を超える人気となり、
いまだに上記リンク記事は、サイト内検索の中でも常に上位を占めています。

たしかに小型軽量で耐荷重もあって座り心地も良く、お気に入りなのですが、購入当時は一種類しかなく、
わたくしはポールと縁取りの鮮やかなブルーの色合いが、やや気になってました。

その後、昔一世を風靡したガタパウトチェアみたいに、いろんな色合いのを見かけるようになり、さらに今は、
元祖チェアワンからエリートシリーズ、ライフシリーズ、タクティカルシリーズとシリーズ展開されてます。

ま、生地やメッシュ部分などが異なったりする程度で、構造上の大きな違いはないのですが、
タクティカルシリーズ!!!といわれるだけでわたくし・・・じゅるじゅるとヨダレが・・・



じゃーん

DSCN2031

上が元祖チェアワン、下が今回のタクティカルチェアであります。

ご覧のとおり、色はフォリッジ・グリーンFoliage greenを選択しました。

明るいところでは明るいグレーに見えますが、暗いところでは緑がかったグレーにも見えます。





収納状況もチェアワンとほぼ同じ・・・

DSCN2032









前から見ると・・・

DSCN2033

チェアワンは背面と大きなサイドスリットがメッシュ、タクティカルは小さなサイドスリットだけになってます。

さらに、よく見ていただくと判るのですが、ポールの石突き部分が細長くなってます。
チェアワンには接地面積が大きく凹凸のあるハードな石突きが付いてますが、タクティカルではシンプルな、
ふつーのゴム状の細いものに簡素化?されてました。

柔らかい地面では、この方がめり込みやすいと思うのですが、そこはやはりタクティカルだから・・・
柔らかい地面など軟弱な状況での使用は想定していない!!!のか、それともタクティカルだからこそ、
ストックみたいに状況に応じた付け替えを前提にしたのか、はたまた単なるコストダウンか・・・
ええ、この変更理由はわかりません・・・




横から見ると・・・

DSCN2034

まず気付いたのはポールを支えるスリーブ部分がかなり浅くなっていたことでした。

チェアワンはけっこう深くて安心だったのですが、嵌めにくいといった苦情でもあったのでしょうか、
半分程度の深さになってました。わたくしは嵌めるのに苦労したことはなかったのですが、
ほかに何か理由でも・・・そうか、タクティカルだから素早く嵌めることを優先したのかっ!!!
って、浅くしたところで、そんなに組み立て撤収時間に影響もないはずだし・・・
やはりこちらの変更理由もわかりません・・・





あとはこちら・・・

DSCN2035

両サイドにポケットが付いた・・・のですが・・・

体重のかかる部分ですから、座ったままだと内容物が取り出せませんし、身体に内容物がモロに当たります。
また、柔らかい物を入れたらペシャンコになりますし、固い物だと生地は傷むし身体に当たって痛いし・・・
やはりタクティカルだから、何か別の用途が・・・ううっ、こちらも使い道が思いつきません・・・


つーことで、わけのわからないマイナーチェンジをいくつかして、お値段設定を変えただけ・・・
でなければよいのですが・・・うぐぐぐ



で、こちらは背面の後ろ側・・・

DSCN2037

新しく面ファスナーが縫いつけてありました。






ま、こちらは・・・なにせタクティカルですから・・・

DSCN2047



DSCN2048

このようなタクティカルなワッペンを貼れるのでありますね。あははは

ま、これだけ面積があると、面ファスナー式の軽いポーチなんぞも装着できそうです。






とまあ、いろいろとツッコミどころもあったのですが、届いた当日にさっそく実戦投入しました・・・

DSCN2040

ええ、なにせお花見シーズンですから、いつもの近くの公園へ・・・








ま、実際にお使いになられたのは・・・

DSCN2042

うちの奥様でしたが・・・

ちなみに左のチェアワンに座っているのは母親で、昨年の花見ではじめて座ったのですが、
「長年家族で花見に来てるけど、こんな座り心地のええ椅子ははじめてや・・・」と大好評で、
今年も引き続きの使用となりました。

ええ、わたくしは手前にある、ヘリノックスに改編前の旧式個人携行用宴会装備でしたが・・・

まあ、これだけの宴会装備が、奥様の後ろにちらっと見えているスナグパックのスリーカーフォース35に、
すべて収まるのですから、座り心地を考えると、やはりヘリノックスチェアの小型軽量性は秀逸ですね。

(2014年7月追記です。)
このチェア専用???のチェアーキャップを追加購入しました。

(2016年2月追記です。)
その後、サーマレストのトレオチェアも購入して比較しています。

(2018年1月追記です。)
さらに、タクティカルチェア・ミニ!!!も購入して比較しています。







色合いに関するどーでもいい?一考察P.S.

このフォリッジ・グリーンとゆー色合いなんですが・・・本文にも書いたとおり、やや緑がかった灰色です。

緑がかった灰色といえば、わたくしの愛車がセージ・グリーンで、こちらはやや青緑がかった灰色です。

(2015年2月追記です。その後、わたくしの愛車はデザート・カーキになりました。)

で、このフォリッジ・グリーン、基本的には太陽に照らされた(まとまった)木の葉の色合いだそうで、
米軍の正式塗装色にもなってますが、セージ・グリーン同様、ビミョーといえばビミョーな色合い・・・

ヘリノックスのタクティカルシリーズには、これ以外にブラック、コヨーテ・ブラウン、マルチカムがありますが、
特にフォリッジ・グリーンは最近のライフルやハンドガン、ジャケットやスナイパーベールなどにも、
数多く使われるようになり、米軍の最新型ヘルメットでは、これ一色のみの納入となっているようです。

やはりグリーン系の単色では、フォリッジ・グリーンのほうがオリーブドラブなどより目立ちにくい、
(ブラウン系の単色ではカーキよりコヨーテ・ブラウン?)とゆーことが、あらためて実証されたのでしょうか・・・
わたくし個人的には、古いオリーブドラブが好みだったんですが・・・

で、オリーブドラブが同価格で存在すれば躊躇なく選んでたのですが、今回についてはですね・・・

ブラックはわたくしのチェアワンとカブりますし、マルチカムはさらにお高いうえ裏が生地裏そのもの、
つーことでコヨーテ・ブラウンかこちらかの選択となり、発売以来ずっと悩んでたのですが・・・
(ま、ずっと悩むような問題ではありませんが、そこにはやはりモノへのこだわりが・・・)

で、ずっと悩んでいるうちにHiguさんがコヨーテブラウンを、wingさんがエリートのダークシアンを購入、
川端さんはわたくしが購入後すぐに発売されたチェアワンのディープグリーンを購入されてますから、
わたくしの今回の機種選定でいちおー、キャンプ宴会OFF会での棲み分けができたことになります。

ま、red-bicycle(赤チャリ)さんは、いずれカーマイン・レッドとかになるんでしょうかね・・・べひべひ

まあ、こちらのフォリッジ・グリーンとゆー色合い・・・

DSCN2052

ウッドランド系のテーブルクロスには、いまいち似合いませんねえ・・・

って、フォリッジ・グリーンのテーブルクロスに変えればいいのか・・・さっそく探してみよっと!!!

って・・・そんなのあるのかっ???

(さらにどーでもいい追記です。)
テーブルについては2015年9月にキャンパーズコレクションのアルミハードトップテーブルを購入
ようやく色合いがお揃いになりましたとさ。めでたし、めでたしと・・・





m98k at 22:22|PermalinkComments(4) mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 | ミリタリーグッズ

2014年04月04日

こっちもマルチツールじゃあ!!!

(当サイトの過去記事を画像付きで一覧できます。)
(左バーにタグクラウドを表示しました。関連記事の検索にご利用ください。)


つい最近、red-bicycle(赤チャリ)さんが、レザーマンの高級マルチツールを入手されました。

じつは上記リンク記事にもある物欲ハイキング新年会後に、わたくしにもwingさんから、

「なにせ安売りセール中なので、98kさんの分も一緒に注文しておきましょうか?」

とのお誘いがあり、自分で検索してみると、すでにもとのお値段になってました。

「あのう・・・一緒に注文って・・・すでにもとのお値段になってましゅが・・・」

「あっ、ほんとだ。じゃあ、わたしと赤チャリさんの分で安売り分は最後だったんですね。あははは」

「うぐぐぐ・・・」

とゆーよーな、哀しいやりとりがあったのであります。

で、それ以来、わたくしも今年こそは高級なプライヤー付きマルチツールを・・・
と、固く思い詰めてましてですね、今回やっと、レザーマンに負けない???高級な???
プライヤー付きマルチツールをですね・・・げひげひ







じゃーん

DSCN2024

ええ、右側のビクトリノックス・クラシックに較べても、左側のビクトリノックス・ソルジャーに較べても大きいですが・・・






じゃじゃーん

DSCN2023

そう、レザーマンでは決してあり得ない、ハンマーとアックスが付いてるのでありますね。げひげひ






こちらがアックス部分・・・

DSCN2025

別にノコ刃も付いてるので焚き火用の薪ぐらいは割れそうですが、バランスが悪いのでトマホークとして、
目標に命中させるのは至難、せいぜい焼き肉争奪の際に頭骨をカチ割るよーな至近戦ぐらいしか・・・(違)





いっぽう、こちらがハンマー部分・・・

DSCN2027

ハンマーが付いてるのが魅力的だったんですよねえ・・・

つーより、わたくしこれをプライヤー付き小型ハンマーとして購入したのでありますね。めひめひ

そう、個人用装備でキャンプする際の、ペグ打ち用ハンマーとペグ抜き用プライヤーに使おうと・・・



テントやタープを地面に固定するペグ用のハンマーについては、クルマで行くキャンプの場合には、
巨大なペグ袋の中にプラとスチールの各種ペグとともに、金槌、木槌、ゴムハンマーを入れてますが、
個人用装備の場合には小型軽量アルミペグを少量持参、柔らかい地面なら素手で突き刺すか、
あるいはポリカーボネート製のトロウェルの背面で叩き込むぐらいで済みますし、固い地面なら、
今までは落ちてる石ころか木の枝、あるいは人様のハンマーを借りたりして固定してました。

そう、ペグ固定だけのために重くてかさ張るハンマーを持ち歩くのは面倒ですし、あえて持つとしても、
せいぜいテントのおまけに付いてるようなアルミかプラの軽量のやつなんですが、これがじつに役立たずで、
プラハンマーはすぐに折れるわ、アルミハンマーはすぐに曲がるわ、特にペグ抜き部分は殆ど使えません。

まあwingさんのように軽い小型木槌を持ってる方もおられ、こちらはハンマーとしては実用的なんですが、
やはりかさ張りますし、ペグ抜きとして使うにはグリップにラインを通して引っ張るしかありません。

そこでハンマー付きのマルチツール!!!・・・へ行ってしまう発想がすごいでしょ!!! がははは

これ、プライヤーで掴んでぐりぐりとペグを引き抜くこともできそうですし、アックス部分をテコにして、
地面にめり込んだペグを掘り出すこともできそうなのであります。まだ試してませんが・・・



それになんといってもマルチツールですから・・・

DSCN2022



DSCN2028

レザーマンにも数ではけっして負けない???ナイフを含むツールが付いてるのであります。ま、切れ味とかは別として・・・





がははは、赤チャリさん、wingさん、まいったか!!!


といいつつ・・・


さりげに重さを量ってみると、ケース込みで415gほどありました。

赤チャリさん新レザーマンの10倍ほどあったのね・・・あははは




m98k at 00:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0) mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 | その他アウトドア
2015年10月、当サイトの「沙漠緑化・熱帯雨林再生」カテゴリを中心に「N.GKS(エヌジクス)のblog」http://ngks.blog.jp/を立ち上げました。 海外植林ボランティア関係の記事はこちらもご覧ください。