2017年09月09日

バルセロナ紀行4 バルめぐり!!!

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。

モンジュイック城から下りてきたらお昼を過ぎてたので、135年間ずっと建築中の教会は後回しにして、
念願の「バル(BAR)めぐり!!!」に連れて行ってもらうことにしました。

じつは旧市街を歩いているときにも、あちこちにバルがあり、ティエリーさんに訊いてたのですが、
バルとして飲食営業するのは早くても1時からで、2時からのところも多いとのことでした。
(このあたりはイタリアのバールとは異なるところで後述します。)

さらに旧市街周辺のバルは観光客向けが多いので、もっと地元らしいバルに行きましょう、
と、案内してくれたのは、ティエリーさんが以前住んでいたという市内北西側の住宅街。

で、地下鉄の路線を乗り換えて市内北西部へ・・・

DSCF6825

最寄り駅で下ります。



地上に出ると・・・

DSCF6829



DSCF6830

一階は店舗か事務所で二階以上は住宅になったビルが整然と並んでいる街区で、
いかにも都心の住宅街という感じ、確かにこのあたりには観光客も来ないでしょう。






DSCN4785

なかなか素敵な駐輪スペース・・・




と、まずはティエリーさんオススメ一軒目のバルへ・・・

DSCN4797






DSCF6832

わーい、しあわせじゃあ!!!







DSCF6833

時刻はご覧のとおり午後2時過ぎ、近所から軽く飲食する人たちが集まってきています。

ちなみにイタリアではバール、スペインではバルで語源は同じ英語のBARからきているそうですが、
入ってみると、かなり感じが異なりました。
イタリアのバールは基本的に喫茶店という感じで、トスカーナでは何度も朝食などに利用しました。
スペインのバルは基本的に居酒屋という感じで、朝はカフェテリア営業している店もあるようですが、
バルとしての営業は1時か2時からで、そのまま深夜までやってる店もあるし、夜からの営業まで
いったん閉める店もあるようです。

ティエリーさんによると、バルセロナの事業所の窓口業務は昼までが多く、デスクワークとかなら、
1時か2時ぐらいからバルで飲んで食べて私用を済ませたりして、夕方にいったん職場に戻り、
7時か8時ぐらいまで管理業務などの仕事をして帰宅するか、バルで軽く飲んで食べてから、
9時か10時ぐらいから本格的なレストランに行ったり、バルをはしごしたり、映画や観劇やスポーツなど
遊びに出かける、というパターンだそうで、バルは生活に不可欠な存在なんですね。

まあ、バールでもバルでもお酒もコーヒーも飲めるしレストランやカフェを兼ねている店も多いですが、
バルセロナでは別にカフェテリアも多かったので、やはりバルは居酒屋がメインなんでしょうね。
また、注文や支払いの方法も、バールとバルでは異なってました。
バルの店内はカウンター席と簡単なテーブル席が一般的で、表にテラス席のある店も多いようです。


閑話休題


テーブル席に座り「とりあえずビール」とティエリーさんに伝えたのですが「はいはい」というだけで、
いっこうにオーダーに行く様子がありません。
やはりイタリアのリストランテと同じで、ウェイターを呼ばずに来るのを待ってるんですね。

「この時間帯にバルに入るということは、それなりの飲食を楽しむ時間があるということ。
決して急いではいけません。あまり時間がない場合はカウンター席を利用します。
それより余裕があるならテーブル席へ、さらにゆっくりするならテラス席へ、が基本です。
それぞれの担当が確認してますので、タイミングをみてウェイターが来ます。とはいいつつ・・・
あんたはせっかちといわれる日本人の中でも、特にせっかちといわれる大阪人やったな・・・

「わははは、そのとおり。全国調査で大阪の平均歩行速度は東京を抜いて日本一じゃ!!! いらいら・・・」


と、例外的にオーダーに行ってもらって・・・

DSCN4787

まずはビールで乾杯!!!




で、カウンターの手前にあるのが冷菜のタパスで、向うの爪楊枝に刺してあるのが、
さらにお手軽なピンチョス、どちらもバルのはしごには欠かせないつまみ・・・

DSCN4788




と、ティエリーさんオススメのピンチョスをまたまたオーダーしてきてもらい・・・

DSCN4792

テーブルに届いた頃には、すでに一杯目のビールが空いてました。
さすが日本一「いらち(せっかち)」の大阪人!!! ぱちぱちぱち って、よろこんでる場合かっ!!!





と、さらにオーダーしてもらってたティアリーさんオススメの温菜のタパスも出てきたのですが・・・

DSCN4793

二杯目のビールがなかなか出て来ません。いらいらいら・・・

「こんなにゆっくり出てくるなら、タパスもピンチョスもおいしいし、種類もいっぱいありそうなので、
ここでまったりと腰を据えて、片っ端から食べ続けて飲み続けましょう!!!」

「いや、バルでは軽く食べて飲んで、次々と別のバルに移るのが地元の楽しみ方ですよ。」

「うーむ・・・どうしようかな・・・といいつつ、2杯目が来ましたね。ぐびぐび・・・」

と、おいしいピンチョス各種とタパス各種でかぱかぱ飲みつつ、ティエリーさんに伺います。

「バルセロナはトスカーナよりかなり西なのに標準時間は同じ、ということもあるのでしょうが、
昼食や夕食の開始時間がトスカーナより、さらに1時間は遅い感じですがいかがでしょう?
日本となら2~3時間ぐらいズレている気がします。ステイ先の夕食は9時からだそうですし。」

「9時ならかなり早いですね。もっと遅くから外へ飲食に出たり遊びに行ったりするのが普通です。」

「わたしが入院してた時の夕食なんか4時半からでしたよ。」と、うちの奥様。

「あははは、4時半というと、バルセロナでは昼食を食べ終える時間ですね。」

「まあ、わたくしが2年前に立ちゴケ骨折で入院した時は、さすがに6時からになってましたが・・・
ティエリーさんもご存知のとおり、日本なら仕事帰りに飲む時でも遊ぶ時でも、まあ6時か7時から、
で、いくら遅くとも平日なら12時か1時には帰宅して寝ますよね・・・
こちらも仕事や学校は朝9時からでしょ? 毎晩遅くから飲んだり遊んだりして、いつ寝るのか・・・
そうか、そのために長い昼休みのシエスタ(お昼寝)があるんですねっ!!!」

「いやいや、長い昼休みにお昼寝するのは農家など一部だけで、都市ではみんな起きてます。」

「えーと、夜は遅くまで飲んで遊ぶし、長い昼休みも寝ないとなると、いったい、いつ寝てるの???」

「だから・・・仕事中とか、授業中とか・・・あははは


DSCN4796

と、少し落ち着いたところで・・・




次の店に向かいます。

DSCN4799

こちらはたっぷりと時間がある人たちですね・・・





ティエリーさんオススメ2軒目のバルへ・・・

DSCN4803






DSCF6834



DSCN4804


DSCN4805





DSCN4806




DSCN4809

同じバルといっても、つまみはまったく別種類で、こちらは肉類やチーズがウリのようです。



まあ、一軒目でけっこう食べたので・・・

DSCN4807

こちらでは軽く乾き物のタパスと赤ワインを一杯だけ・・・




で、最初はバルを延々とはしごするつもりだったのですが、前夜の睡眠不足と歩き疲れからか、
2軒はしごしてビール2杯とワイン1杯だけで、けっこう廻ってきました。ひっく

DSCF6835

「さて、次のオススメのバルは交差点を渡ったところに・・・」

「いや、もうけっこう廻ってきました・・・建築中の教会にも行かないといけないし・・・げふっ」



と、次に案内してもらったのは、ま、サンドイッチなどがメインのカフェテリアですね・・・

DSCF6836





こちらは日本と同じセルフサービス式で、やはりティエリーさんオススメの・・・

DSCF6837



DSCF6839

新鮮なミルクを使って専用のマシーンで淹れる名物のドリンク・・・




と、その左に見えている、やはり専用マシーンを使った・・・

DSCN4811

地元(といっても隣の州ですが)名物バレンシア・オレンジの搾りたてジュース!!!

ちなみに一杯分で、小ぶりでしたが6個のバレンシア・オレンジを投入してました。
見てると皮むきも全自動で、まさに果汁だけを抽出する専用マシーンなんですね・・・


と、こちらも地元名物のデザート(出来上がってて名前忘れたけど・・・)

DSCN4814



DSCN4815

いやあ、どれもおいしかったです。


ティエリーさんのカタルーニャへの愛情あふれるお話が続きます。

「うちではテレビも新聞もインターネットもカタルーニャ語なので、カタルーニャ独自の文化に浸ってますね。」

「ロードバイクはいかがです? ブエルタ・ア・エスパーニャとか・・・」

「あれはあくまでスペインのレースです。カタルーニャには独自のロードレースの大会があり、みんなそちらで
大いに盛り上がってますね。自転車もサッカーも大人気で盛んですが、こちらでは何といっても・・・」

と、見せていただいた資料がこちら・・・

DSCN4816

そう、スペインの闘牛に対してカタルーニャでは「人間の塔」で、やはり一時期、弾圧されていたのが、
今では最大のイベントとして一番盛り上がっているとか・・・



ちなみにこちらのお店・・・

DSCN4812


DSCN4810

ゲーム機やタバコの自販機もあり、飲み物や食べ物のテイクアウトもできて、日本でいえば、
喫茶店とコンビニの機能もあるようで、これはイタリアのバールに近いですね・・・

と、我々にとっては遅めの昼食となりましたが、この後はいよいよ・・・
135年間ずっと建築中のサグラダ・ファミリア教会へ・・・

(次号に続きます。)




m98k at 02:02|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック トスカーナの休日 

2017年09月08日

バルセロナ紀行3 モンジュイック城

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。


7月26日は旧市街から(8月17日にテロ事件のあった)ランブラス通りを歩いた後・・・

DSCF6745

通り沿いにある有名なオペラ劇場「リセウ大劇場」前から・・・




ふたたび地下鉄へ・・・

DSCF6746

ティエリーさんの案内でモンジュイックの丘にあるモンジュイック城へ向かいます。



2駅で地下ケーブルカー(Funicular Montjuic)に乗り換え・・・

DSCN4715






ま、一部地表にも出ましたが・・・

DSCN4716

けっこう急角度のケーブルカーでした。



丘の中腹にあるモンジュイック公園駅から山頂へは・・・

DSCN4719

バスもあるようでしたが・・・




やはりここは・・・

DSCN4720

けっこう待ち行列のあった・・・




DSCF6760

ゴンドラ・リフト(Teleferic Montjuic)にて・・・




ま、せっかくなので・・・

DSCN4723

ティエリーさんに記念写真を撮ってもらいました。




ゴンドラからは・・・

DSCN4724

バルセロナの街が一望できました。




中央には135年間ずっと建築中の・・・

DSCN4726

あの有名な教会も・・・さすがにデカいですね・・・ま、この教会についてはのちほど・・・




で、真ん中あたりで90度ターンすると・・・

DSCN4729




DSCN4730

今度は海側が一望できます。まさに城塞にふさわしい地形ですね。



山頂駅に到着・・・

DSCF6779





すぐ前が・・・

DSCN4737




DSCN4734



DSCN4736



DSCN4742

モンジュイック城であります。



近代まで要塞や刑務所として使われていたため・・・

DSCF6785




DSCN4750

比較的新しい砲もありました。





こちらは旧式の榴弾砲ですが・・・

DSCN4744



DSCN4732





確かにここからなら・・・

DSCN4747

港や地中海も・・・





DSCF6798

バルセロナの市街地も射程内に収まりますね。



ま、せっかくなので記念写真・・・

DSCN4745

ちなみに海側も市街地側も狙えるよう、360度の旋回式になってますね。




城の側面に廻ります。

DSCN4753




DSCN4754




DSCN4761

この辺り、独裁政権時代には多くの政治家などが銃殺されたところだそうです。
今はスポーツやライブのイベント会場になってるようです。



ちなみに現在、城にはためいているのは・・・

DSCN4735

カタルーニャの州旗であります。



こちら側からは市内がよく見えます。

DSCN4764

先ほどもゴンドラから見た、135年間ずっと建築中のサグラダ・ファミリア教会・・・
ローリスさん宅のお隣さんもずっと建築中とはいえ、こちらに較べればまだまだですね・・・




DSCN4766

こちらもアントニオ・ガウディ作のグエル公園・・・
木が茂っててよく見えませんが、市街地から山の中腹の白い建物までが公園です。

もともと、この一帯を芸術的な住宅地に開発して60戸の分譲をする予定でしたが、結局買ったのは、
スポンサーのグエルとガウディ本人の二人だけで、のちに芸術的な公園として寄付されたそうです。





DSCN4771

闘牛場でしょうか・・・
ちなみに闘牛はスペインの文化でカタルーニャの文化ではないとか・・・

そういえば、あちこちの表示もスペイン語とカタルーニャ語の併記ですし、ティエリーさんによると、
カタルーニャ語はフランス語やイタリア語に近く、バルセロナではスペイン語を話さない人も多い、
テレビもラジオも新聞もインターネットも、今はすべてカタルーニャ語版があり、自分もすでに長く
カタルーニャ語で暮らしているが、スペインとはまったく異なる文化圏ですよ、とのことでした。

またアラゴン・カタルーニャ連合王国時代には地中海の大部分を支配していたが、その後は負け続きで、
結局はスペインに(北部の一部はフランスに)支配されてしまい、自治権を与えられたり奪われたり、
独自の文化や言語も禁止されていたけど、'90年代以降、ようやく認められるようになったとも・・・

ちなみに城の内部(有料)には、今は見るべきものがない、ということでしたのでパスしました。
(後日調べると、以前は充実した軍事博物館があったようですが、今は縮小されているとか・・・)


などと、お話を聞きつつ再びゴンドラ・リフトに乗って下界へ下ります。

DSCF6804




「ほら、ゴンドラの真下の公園に見える、あの彫像・・・」

DSCF6811

「あれはサルダーナというカタルーニャの伝統舞踊で、フラメンコとは対照的な静かな踊りです。
この踊りもスペイン政府によって長年禁止されてたので、今ではカタルーニャの象徴とされてます。」



と、ゴンドラを下りて・・・

DSCN4775




ケーブルカーに乗り換えたのですが・・・

DSCF6819

「さて、次は135年間ずっと建築中の教会へ行きましょうか。」

「いや、その前に喉も乾いたし、お腹もすいてきたので、そろそろ・・・」

と、ついに念願のバルめぐりに連れて行ってもらうことに・・・じゅるじゅる・・・

(次号に続きます。)



m98k at 02:22|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック トスカーナの休日 

2017年09月07日

バルセロナ紀行2 旧市街散策

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。


7月26日は朝からバルセロナの旧市街を散策しました。

スペイン・カタルーニャ州の州都バルセロナ・・・
今や世界でも有数の観光都市で、うちの奥様がイタリア・トスカーナでのホームステイからの帰りに
ぜひ寄ってみたいと4泊5日(実際には予期せぬ欠航で3泊4日に)の日程を追加してたのであります。



まずはステイ先から歩いてすぐの地下鉄最寄駅へ・・・

DSCF6615



DSCF6619

券売機の使い方を説明してくれてるのは、今回うちの奥様がネットで一日ガイドをお願いしていた、
なんとフランス人!!!・・・のティエリーさん。

バルセロナでは数少ない政府公認ガイドでスペイン語やカタルーニャ語はもちろん英語、日本語など、
多くの言語を自由に操れ、しかも大阪の高槻市寝屋川市で7年間、語学教師をされてたので大阪語も堪能!!!
(ご本人から連絡があり修正しました。ご本人は「書き直さなくてもええで!!!」とのことでしたが・・・)

もちろん、フランス人としてはただ一人の政府公認ガイドであります。

で、さっそく大阪語で尋ねてみました・・・

「ところであんた、フランス語は話せるんかいな?」

「いやフランス語はあきまへん・・・って、ちゃうちゃう、フランス人って言うてるやないかっ!!!」

と、大阪語の高度な活用法「一人ボケ・ツッコミ」もできるという、まさに語学の達人!!! 

世界中を旅するのが好きで、若い頃はあちこちで語学教師をしながら暮らしたけど中年になってからは
大好きなバルセロナに定住して、その素晴らしさを伝える個人ガイドの仕事をしているとのことでした。

また、カタルーニャへの思いが充分に伝わらないので団体客や大手旅行社の仕事はすべて断ってるし、
観光シーズンで最もガイド依頼の多い8月は、自分自身が旅に出たいので毎年自主休業にしてるし、
まあ、あんまり儲かりまへんわ・・・ともおっしゃってました。

カタルーニャの素晴らしさを伝えたいという思いは(おそらく原住のガイド以上に)充分に伝わってきて、
事前のやり取りでも、早めの予約が必要な施設もあるのでと、何度も希望を訊いてくれてたのですが、
わたくしは有名な美術館などの内部見学よりも、むしろ市街を散策して街の歴史と雰囲気を感じたいと
お願いしてて、それなら地下鉄で移動してバルセロナの歴史をメインに案内しましょう、となった次第。

ま、バルセロナもフィレンツェと同じく世界的に有名な観光都市ですから、ネット上には画像や情報が
いっぱいありますので、こちらの記事では、わたくしが面白いと思った部分だけを紹介します。



バルセロナ地下鉄の改札。

DSCF6618

日本の自動改札に似てますが、市街なら同一料金なので改札前に切符や回数券を入れてゲートを通過、
出るときには開いてるゲートをそのまま通過するだけです。
一枚の回数券で一度に何人でも使えるので便利ですが、日本の自動改札に慣れてたら間違いなく、
投入口に還ってくる回数券を回収せずにゲートを通過してしまいますね。

ちなみに東京や大阪と同様、市街地を網の目のように走る地下鉄ですが、駅構内にトイレは一切なく、
ティエリーさんに訊いたところ、以前に市議会で駅にトイレを設置すべきとの質問があったのに対し、
当時の市長が「地下鉄の平均乗車時間は短いので我慢できる。だから要らない。」と答えたとか・・・

たしかにフィレンツェなどでも公衆トイレは少なく、街中あちこちにあるバルやカフェテリアを利用する、
という習慣がここでも定着しているんでしょうね・・・
自治体や鉄道事業者の予算が厳しい中、清潔に保つために有料トイレを設置するよりは合理的ですね。
そういえばフィレンツェSMN駅の有料トイレの料金は、バールのコーヒー代とあまり変わりませんでした。
まあ、「トイレだけでコーヒーを飲んでる時間なんかない。」という忙しい日本人には不向きか・・・



さらにちなみに・・・

DSCF6625

イタリアでもそうでしたがドアを開けるのは押しボタン式、いくら待ってても開きません。
ラッシュ時とかは車掌さんが開閉するそうですが、秒単位の時刻表で運行していて、
駅の停車秒数でも調整している日本の地下鉄には、やはり不向きかも・・・



と、いったん一駅分だけ地下鉄に乗って、地上へ出ました・・・

DSCF6638

レンタル・セグウェイとか・・・





DSCF6644

乗り捨て自由のシティ・サイクルとか・・・






DSCF6650

自転車とか歩行者とか・・・






DSCF6649

歩行者の素敵なおねいさんとか・・・




ま、こんなのもありましたが・・・

DSCF6651




そう・・・

DSCN4606


DSCN4607

ご覧のとおり、車道を狭め歩道を拡幅して専用レーンを設置、クルマ以外の交通手段を優先する街への
転換が進んでいて、道幅の狭い旧市街などはクルマの進入そのものが制限されてるようでした。




大通りでは・・・

DSCN4615

バスと・・・





DSCF6654

タクシーが多かったです。




ま・・・古い街には・・・

DSCN4616




DSCN4618



DSCN4619

やはりクラッシック・バイクが絵になりますねえ・・・




と、海側から旧市街へ向かいます。

DSCN4620

やや上り坂になっているのにお気づきでしょうか・・・




突き当りに見えてきたのが・・・

DSCN4621






DSCN4630



DSCN4627

旧市街へ入る城壁跡・・・はるか昔は城壁の外がすぐに海岸だったとか・・・




そう、ティエリーさんの資料によると・・・

DSCN4626

まさに左奥⑨の城門あたりの外側に立っています。(画像をクリックすると拡大します)

ティエリーさんは政府公認ガイドだけあって「一人ボケ・ツッコミ」だけでなく街の歴史にも詳しく、
古代ローマ帝国によって造られた遺構から年代順に、旧市街を案内してくれました。






DSCN4631





DSCN4635




DSCN4633

古代ローマの遺構は大部分が地下に埋まってて、その一部が基礎や壁面として利用されてます。




で、先ほどの資料でローマ神殿のあった中央広場まで緩やかに上っていくと・・・

DSCN4628





当時の中央広場のあったところが・・・

DSCN4643

左にある市役所前の広場になっています。
市庁舎など広場を囲む建物も歴史があり、まさに歴史の積み重ねですね・・・

玄関前ではデモ隊が気勢を上げてましたが、ティエリーさんによると、いつものことだとか。





DSCN4644

デモ隊を眺める通行人とサイクリスト・・・




で、ここの地下には・・・

DSCN4648






中央広場にあったローマ神殿の円柱部分が・・・

DSCN4651






なんと、

DSCN4650

一部そのまま残っているのであります。



たまたま建物の柱の一部として中世以降も奇跡的に残ってたそうで・・・

DSCN4653





DSCN4654




DSCN4655

古い碑文とともに地下まで発掘して保存・公開されています。まさに歴史の積み重ね・・・





で、こちらも地下に保存されていた・・・

DSCN4656

古代ローマのロードバイク・・・なのかっ???




こちらは中世の有名な教会・・・

DSCN4667


DSCN4666



DSCN4663



DSCN4662


DSCN4664

そう、おなじみ「怪獣たちのすむところ」・・・




で、さらに時代が下って・・・

DSCN4671


DSCN4678

コロンブスがアメリカ大陸から帰国後にイサベル女王に謁見した宮殿の中庭「王の広場」・・・



で・・・

DSCN4679








DSCN4683

有名な門と手形と碑文・・・だったはずですが、説明を聞き逃してしまいました。



DSCN4680

有名な航海日誌の重要な部分の写し・・・だったはずですが・・・




こちらも有名な教会と広場・・・

DSCN4685





DSCN4686

こちらは1888年開催のバルセロナ万国博にあわせて改築されたそうで・・・





その前は・・・

DSCN4687

もっとシンプルだったそうです。よく見れば窓や入口の位置はそのままですね・・・





と、ようやく旧市街を抜けてきました。

DSCN4697






DSCN4691





DSCN4692

ローマ時代の城壁と水道橋の一部を利用しています。



そう、冒頭で紹介した資料の・・・

DSCN4626

ちょうど右端③の城壁・水道橋部分で、これでローマ時代の旧市街を横断したことになります。
その間に古代ローマからロマネスク、ゴシック、ルネサンス、バロックと各時代の遺構や建物がありました。

バルセロナも、今回の旅で歩いたカターニャやシラクーサ、フィレンツェやルッカ、ピサなどと同じく、
旧市街を歩くと、古くからの都市の歴史を感じさせてくれます。
今回は極めて短時間でしたが、ティエリーさんの効率的な案内で、その概要を知ることができました。



と、新市街へ出たところがメインストリートの「ランブラス通り」で、この通りを・・・

DSCN4702





DSCN4703






DSCN4706





DSCN4705





DSCN4704

有名なミロのモザイク・タイルのあるところまで歩きました。

そう・・・

この3週間後の8月17日に暴走車によるテロ事件があり、多くの方々が亡くなられたルートです。

フィレンツェやピサでは完全武装した警備の兵士もいましたが、クルマだけなら爆弾や銃と異なり、
簡単に入手できますし、人通りの多い歩道への暴走を防ぐなど、どの街でも不可能でしょう。

日本にいるとテロを意識することはまずありませんが、暴走事件や暴走事故は発生してますから、
ヨーロッパに限らず人通りの多い歩道では、クルマの暴走にも注意するしかないですね。

あらためて、ここのテロで亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

(次号に続きます。)



m98k at 02:02|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック トスカーナの休日 

2017年09月06日

バルセロナ紀行1 やっとバルセロナへ!!!

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。

「トスカーナの休日」カテゴリのタイトルも、今回から一応「バルセロナ紀行」になります・・・

フィレンツェからスペイン・バルセロナへの搭乗予定便が大幅に出発遅延の末、ついに欠航となり、
フィレンツェで丸一日の足止め、さらに翌日も空港では、雷雨の影響からか臨時便の出発時刻が
きても搭乗案内もなく、しかも何の表示も出ませんでした。

後の便が次々と離陸していく中、前日のキャンセル便に搭乗予定だった人たちだけが取り残され、
ずっと同一行動でしたから顔見知りもでき、わざわざ遅延情報を提供してくれる人もいました。
航空会社からの説明がないうえ、空港のフリーWiFiも繋がりにくく電話とSMSのみ、しかもバルセロナとの
連絡だけで、そちらにも情報は入ってなかったので、この情報提供はありがたかったです。

で、出発時刻をかなり過ぎてから、やっと搭乗案内のアナウンスがあり、この時はキャンセル仲間から、
一斉に歓声が上がってました。そりゃあ一日遅れのうえ今日も飛ぶのか不安でしたからねえ・・・




ようやく雷雨が止み青空も見え始めた頃、やっと臨時便の機内へ・・・

DSCN4553






ところが、雷雨待機の影響で滑走路が混みあってたのでしょうか・・・

DSCN4555

すっかり日が傾いても、いっこうに離陸しません。






結局、この日も予定より2時間以上遅れ、遅い日没とともにようやく離陸・・・

DSCN4560

今度こそ本当にトスカーナとお別れであります。





ま、雲海のうえは・・・

DSCN4581

ずっと夕焼けが続いてました・・・そりゃあ、ずっと真西に飛び続けてますから・・・



イタリア・トスカーナ州・フィレンツェからスペイン・カタルーニャ州・バルセロナへは、
ほんのちょっと地中海をかするだけ・・・ではなく、地中海をほぼ横断するんですね・・・
わたくし、なにせヨーロッパははじめてで、まったく地理的な感覚がありませんでした。



で、夜遅くになり、丸一日以上の遅れでバルセロナ空港に到着・・・

DSCN4593

機長から無事着陸のアナウンスがあった時にも、機内からは歓声と拍手が沸いてました。


搭乗予定便の欠航でご迷惑をおかけしていた旅行社の現地スタッフに空港から案内していただき、
バルセロナで四日間(本来なら五日間の予定でしたが)お世話になるお宅へ・・・

そう、バルセロナではうちの奥様が、ネットで短期ステイできるお宅をお願いしていたのであります。

お宅は港に近いバルセロナ・オリンピック(1992年開催)の選手村として建築された集合住宅の一画で、
オリンピックではバレーボール選手の宿泊に使われていたという、中庭付きの広い一階部分でした。

で、ご家族が少なくなってからは2部屋を留学生向けの下宿にされてて、夏休みの長期帰省とかで、
一時的に空き部屋が出た場合に、短期ステイも受け入れておられるようです。

そういえばバルセロナのあちこちに「今年はオリンピック開催25周年!」のポスターが貼ってありました。

ちなみに、この時のバルセロナ・オリンピックと、わたくしとの関係なんですが・・・
わたくしのカヤックのうち一艇は、この時のスラローム競技の優勝艇だったかを、その年に市販化した、
「パーセプション・リフレックス」モデルで、もう25年前になるんですねえ・・・
ま、今では腹回りがきつくて乗れませんが・・・


閑話休題


到着が一日遅れの深夜になり、しかも旅行社を通じての要請などしていなかったにもかかわらず、
「夕方からずっと待機でお腹が空いてるでしょう。」と、軽食を用意して待ってくれてました。

DSCN4594

いやあ、これはありがたかったですね。




と、結局・・・

DSCN4595

ホテルや空港での待機と移動だけで深夜になってしまった(一日遅れの)バルセロナ初日でしたが、
最後に歓待を受けたので、ま、「終わりよければすべてよし」ということで・・・

(次号に続きます。)



m98k at 03:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック トスカーナの休日 

2017年09月04日

トスカーナ紀行17 バルセロナへ???

(期間限定のお知らせ)
①2017秋の熊野キャンプへのお誘い記事は
こちらです。
②日程が重なりますが
2017年10月7日に「世界水フォーラムの展望と課題」講演会があります。

7月24日はトスカーナからスペイン・バルセロナへの移動日で、この日がトスカーナ最後の日・・・
・・・のはずだったのですが・・・まあ、詳細はのちほど・・・


フィレンツェの空港へは夕方に着けばいい、ということで、朝からアレくんのお姉さんの嫁ぎ先へ・・・
昨夜シチリアでのサマーバカンスから戻られ、ご自宅に招待いただいてたのであります。

アレくんのお母さんの運転で、わたくしたち夫婦とクリくんがまず連れて行ってもらったのは・・・

DSCN4464

おいしいケーキ屋さん!!!




DSCN4463

そう、まずは朝食であります。いやあ、じつにおいしかったです。



で・・・

DSCN4466



DSCN4467



DSCN4470

サイクリストに導かれるように・・・



アレくんのお姉さんの嫁ぎ先へ・・・

DSCN4477





DSCN4476

広大な敷地の中に何棟も建物があって、大家族がそれぞれ各棟で暮らしておられるそうで、
これはローリスさん宅もある意味同じ、トスカーナでは一般的なんでしょうか・・・



せっかくなので・・・

DSCN4473

ご主人やそのお母さん、ご主人の姉妹の子どもたちと記念撮影・・・


ご自宅の内部も案内いただきましたが、個人宅ですので詳細は省略させていただきます。


こちらの大きな風景画は結婚記念にもらったというモンテカルロの油絵・・・

DSCN4480




で、こちらは帰り道からの風景・・・

DSCN4486

まさに、この家から見た風景だったんですね・・・





と、帰り道には古い教会にも寄っていただき・・・

DSCN4482

アレくんのお姉さんご夫婦が結婚式を挙げられた教会だそうです。



ま、帰り道でも・・・

DSCN4487

サイクリストはけっこう走ってました。



と、ローリスさん宅に戻り、最後の昼食であります。

DSCN4488

マルタさん手作りのおいしいパスタもこれが最後・・・





DSCN4493

ローリスさんの採れたてトマトやトスカーナの生ハムやチーズやサラミもこれが最後・・・




アレくんのお母さんがケーキ屋さんで買ってくれてた食後のドルチェも、食後酒も・・・

DSCN4495

って、食べる前に撮ればいいものを・・・




毎朝、窓から眺めていた・・・

DSCN4497

何年も前から建築中のお隣さんとも・・・



その奥に見える・・・

DSCN4499

モンテカルロの旧市街ともお別れであります。




マルタさんとはご自宅前でお別れ・・・

DSCN4509





アレくんともここでお別れであります。

DSCN4511



本当にお世話になりました。ありがとう!!!



と、心からの感謝を込めて・・・

DSCF6611






DSCF6606





フィレンツェの空港まではローリスさんとクリくんに送っていただきました。

DSCN4516

アルトパーショの旧市街ともお別れし・・・




DSCN4517



DSCN4520





DSCN4522

フィレンツェの空港へ・・・


ローリスさん、クリくんとも、空港の駐車場でお別れしました。
最後の最後まで本当にありがとうございました。 グラーチェ・タント!!!



と、2階の出発カウンターへ・・・って、この時はじめて気づいたのですが・・・

DSCN4521

1階・2階・3階はマレーシアなど英国式ではG・1・2だったんですが、ここでは0・1・2なんですね・・・



と、無事にスペイン・バルセロナ行きの搭乗手続きをして、まったりしてると・・・

DSCN4531

「ありゃま、バルセロナ空港行きの出発予定が4時間以上も遅れてるぞ!!!」

「まだよかったじゃない、その前のパリ・ド・ゴール空港行きなんかキャンセルだもん。」

「って、そういう問題ではなく・・・こんな時に重要なのは・・・」



そう、夕食であります。

DSCN4534

次々と焼きたてのピザが出てくるので、一人でLサイズ1枚分は食べたな・・・げふっ





DSCN4533

さすがに、この後どうなるのかわからないので、ビールやワインは我慢しましたが・・・
って、夕食にビールやワインを飲まなかったのは出発以来はじめてでした。


ちなみに、こちらのミネラルウォーターのボトル・・・

DSCN4528

750cc入りで飲み口が2段階になっていて自転車用ボトルと同じ仕組み、片手で絞って飲めるので、
ついつい空きボトルを持ち帰りました。



で、時間をかけた遅い夕食後も、出発予定がさらに1時間以上遅れ、やがて・・・

DSCN4535

「あははは、とうとうキャンセルになっちゃった!!!」

「って、深夜というか、もうとっくに日付変わってるし・・・」

と、バルセロナでの手配をしてくれている方々に連絡をとったりして、あたふたしてると、
航空会社から、指定するホテルに各自タクシーで行くように、との指示がありました。

タクシーが相乗りだったので、いったんフィレンツェの市街地まで戻り、再びプラトーに近い郊外へ、
ホテルのチェックインを済ませたのは、まさに夜明け前でした。


と、結局、7月25日の朝も、めでたくトスカーナで迎え・・・

DSCN4538




せっかくなので、遅めの朝食・・・

DSCN4541

デルタ航空系列のホテルでしょうか、朝食ビュッフェにはいろんなものがありました。



ただまあ・・・

DSCN4542

イタリア式のシンプルな朝食に慣れたので、比較的シンプルに済ませましたが・・・げふっ




で、バルセロナへの臨時便はこの日の夕方に飛ぶようなので、さらにまったりと昼食も・・・

ええ、せっかくなので・・・

DSCN4547




DSCN4548

同じ「キャンセル仲間」のスペイン・バルセロナ?のご夫婦と一緒に・・・




当然、パスタの後はメインディッシュとかも出てきたのですが・・・

DSCN4549

朝食が遅かったので、さすがに途中でお腹が苦しくなりました・・・げふっ


で、夕方前には空港に戻ったのですが、この日の夕方からフィレンツェはひどい雷雨になり、
予定時刻になってもバルセロナ行き臨時便の案内は一切なく、各便の発着も大幅に遅れてました。


ま、うちの奥様は・・・

DSCN4552




DSCN4551

空港内でまったりとお買い物を楽しまれてたようですが・・・

丸一日フィレンツェに足止めされ翌日も臨時便の案内がなく、果たしてバルセロナへ行けるのか・・・

と、気を持たせておいて、次号に続きます。



m98k at 12:05|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック トスカーナの休日 
2015年10月、当サイトの「沙漠緑化・熱帯雨林再生」カテゴリを中心に「N.GKS(エヌジクス)のblog」http://ngks.blog.jp/を立ち上げました。 海外植林ボランティア関係の記事はこちらもご覧ください。