2005年04月10日

キャンドルなランタンたち 

ランタンにもいろんな種類がありますね。
フィラメント、LED、蛍光灯、CCFLなどの電池式から、ガスやガソリンの熱でマントルを光らせるもの、
サイリュームなどの化学反応を利用したものやトリチウム管などの放射線を使ったものまで、
さまざまな「ランタン」があって楽しいです。


なかでも、もっとも雰囲気があるのは、灯油、アルコール、蝋などを芯に浸して、直接燃焼させるタイプですね。
これらはじかに炎を見つめることができ、その揺らめきがたまりません。炎
また、燃料がゆっくり燃えるため、ランタイムやランニングコストはピカイチです。

これらはいずれも古くからのランタンですが、とりわけ蝋燭を使ったランタンは、燃料が固形で持ち運び易く、
アウトドア用としても、昔から使われてきたようです。




で、ひとつめは、高校時代から使ってる、HOPEの「チロルライト」です。


IMG_0127


専用ケースなんかはなく、最初に入ってた箱をガムテープで補強して、ずっとキャンプに使ってました。
ちっちゃくて、専用のキャンドルが溶けてカップの中で液体になるので、狭いテントの中で
ぶつかったりして、そこらじゅうに蝋をぶちまけてしまうことがよくありました。
でも冬のテント生活では、これひとつでずいぶんと暖かくなったものです。
単一電池よりひと回り大きい程度のボディで、燃焼時間は3~4時間ありました。





                                 IMG_0136
  
こちらは昨年末に買った、コーナンの「キャンドルランタンH425」であります。

こちらも大きさ比較できるものを置いてませんが、中型のガスランタンなみの大きさです。

このキャンドルで、10時間以上のランタイムとなっています。

ちなみにこのキャンドル、六個入り百円で、ランニングコストはいいですねえ。

画像の上が切れていますが、天頂部にも星型の切抜きがいくつかあり、天井やタープなどに、
ほのかな星明りが映し出されるという、心憎いギミックであります。キラキラ


at 00:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック フラッシュライト、ランタン 

2005年04月07日

ブログ日誌 2005年3月分

個人的な日記です。一ヶ月分、翌月のてきとーな時期にアップする予定です。
お暇な方はご笑覧ください。笑顔


(2月26日)
本生ゴールド買ったついでに、生まれて初めてのデジカメを買う。
前から気になってた生活防水のオリンパスミュー40にするつもりが、店員から「エンジンがちがう、レンズがちがう」との勧誘を受け、その気になって、キャノンのIXY50を買う。
あとで知人から聞いたら、新製品がでるので処分したかっただけではと・・・確かにかなり値切れた。
(この後、7メガの新製品が発売される。ううっ)
パソコンにつないだりしてるうちに、よく行くサイトに最近ブログが増えてきたことを思い出し、ブログの情報をあたってみる。

3月2日
日本フラッシュライトチャンネルのブログ「ただ点」で、iigyogyoさんに教えてもらい、ヤフーブログを開設してみるが、ベータ版でヘルプがまだないので、ズブの素人には無理。すぐに閉鎖。

いろいろ廻ってみて、会社紹介とヘルプ機能と桂川のスキンに惹かれ、ドリコムブログでページを作成。
タイトルはカトキチさんのパクリ、スキンのイメージはiigyogyoさんのパクリ、文体は・・・ウインク

3月3日
ひな祭りを記念して、はじめての記事、MGCのM-16をアップ。

3月5日
総アクセス数(ブログ、プロフィール、バイオグラフィの合計)が500を超える。
ブログと、プロフィールと、バイオグラフィのアクセス比率は、20:2:1ぐらい。
つまり、ブログを見てくれた人のうち、10人に1人がプロフィールを、
さらにその半数がバイオグラフィを見てくれたことになる。

3月7日
総アクセス数が1,000を超えた。
ドリコムやマイブログなどの新着サイト紹介は、一切OFFにしてるので、いくつかのBBSへの書き込みに入れたURLからとか、このサイトを紹介してくれたサイトから、リンクしてくれるのだろう。
感謝感謝、ありがたしありがたし。

3月10日
順調にアップしていたが、はじめてサーバにアクセスできなくなる。

3月11日
この日もアップして編集しようとしたら、途中でアクセスできなくなる。三時間待つ。

3月14日
総アクセス数が2,000を超えた。
この日も、サーバにつながらなくなってアップできなかった。とほほ。

3月21日
総アクセス数が3,000を超えた。
元URLを見てみると、Google検索の結果で来てくれた人も多い。
紹介ページなどには一切公開していないので、不思議に思っていたのだが、
フラッシュライト関係、ミリタリー関係、アウトドア関係の順で、
キーワード検索結果で見に来てくれたようだ。
特に、このみっつのジャンルのうち、二つ以上のジャンルのキーワードで検索した人は、
記事が新しいからか、はたまた、そんな言葉が一緒に載ってる記事なんて他にないのか、
たいてい検索結果の上位に、このサイトの記事がヒットしてるようだ。

「カトキチ工房」とか「マカロフ」とか「P-230」とかで検索して来てくれた人、
役に立たない記事ですみませんねえ。

3月24日
誰でもやるらしいが、いろんなサーチエンジンで「趣味の物置小屋」だけで検索してみた。
どうも、四つぐらいのサイトがあるようだ。どれもなかなかユニーク、というか何というか・・・
ちなみに98kをつけてやってみたら、エキサイトはトップにここのメインページがでてきた。
グーグルはこのサイトやら、よく行くサイトやら、入り混じってずらずらと・・・
他もそこそこ上位でヒットしたが、ヤフーが7件だけと総件数も一番少なかった。

3月27日
総アクセス数が4,000を超えた。
キャンプに行ってないので、大型アウトドアグッズがなかなかアップできないよう。
今日はコメントをまちがったまま送信してしまった。
宛名をまちがうなんて、本当にごめんなさい、リオさん、G3さん。
すぐに気づいたのだが、コメント訂正(編集)はできないのね、ドリコムさん。



at 21:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ブログ日誌 

2005年04月03日

カセットなランタンたち

0d50a397.jpg

あたたかいです。桜があちこちで咲きはじめています。
新年度で転勤になり、四年間過ごしたオフィスへ、クルマで私物を取りに行きました。
なんとダンボール二箱になりましたねえ、とても後任には見せられないものが・・・18禁
いちばん重かったのは、非常用飲料水のペットボトルでしたが。笑い

ひさしぶりにクルマをガレージから出したので、(キャンプ以外でクルマを使うことはまずありません。
昨年も何回か、バッテリーがあがってました・・・)
ガレージにある「キャンプ宴会キット」の中から、いくつかひっぱり出してきました。

上の画像は、UNIFLAMEのFOLDING GAS LANTERN UL-1100であります。
FOLDINGとなってますが、本体のカセットボンベを外して、グローブを下にスライドして収納します。
確かに高さは半分ぐらいになりますが、それでもでかいですね。

7466a000.jpg


こちらの方は、イワタニのジュニアランタン、CB-JRLであります。
ご覧のとおりの形状ですので、テーブルランタン専用ですが、
これ、カセットボンベの部分を持って、フラッシュライトというか、ハンドトーチとして使えます。
まさに「手燭」の雰囲気ですね。

これを若い腰元に持たせて、真っ暗な通り廊下をしずしずと・・・
「ささ、殿、こちらが今夜お目見えの娘の閨(ねや)でございます。」
「ふむ、そちも一緒に入らぬか。」
「あれ、なにをなさいます、ご無体な・・・」

むひゃひゃひゃひゃ炎

いっ、いかん、急な転勤辞令でブレが生じてきている・・・
いそいで本題にもどします。

真冬でない限り、カセットボンベのランタンはいちばん便利ですね。
ランニングコストが安いし明るいし、
それに「火子ちゃん」なんかのカセットバーナーで、火力が弱ってきたボンベを使い切るのに、
これらのランタンは必需品といえるでしょう。
ブタンガスのほぼ最後の一滴まで、無駄なく使うことができますね。

「ふふふ、手燭の灯りもそろそろ消えようとしておるぞ、ささ、もっとちこうに・・・」

むひ、むひ、むひひひひひ・・・病院


at 22:50|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック フラッシュライト、ランタン 

2005年04月02日

ELPA DOP-09SL 0.5W


IMG_0118

いつも家庭を大事にするわたくしは、電気温水器のお湯のにごりをとるために
蛇口用フィルターを100円ショップで買ったのですが、たまたま口径が合わず、あらためてホームセンターへ行くことにしました。
ホームセンターに入ると、ついつい懐中電灯売り場に立ち寄るのですが、その日はなんと、

あのDOP-09SLが特価980円!

になってるじゃありませんか。
これを揃えることにより、わたくしのLEDライトコレクションは、

0.25W・・・YAZAWA LH-04
0.5W・・・ELPA DOP-09SL
1W・・・GENTOSはじめ、SUREなんとか以外の安物高級モデルがずらり
3W・・・GERBER LX3.0、TM-303X、SF-301、そして壱式!

5W・・・はまだ持ってないけど

とほぼコンプリートになり、

世界的なコレクターの仲間入り

となったわけであります。ふぉっ、ふぉっ、ふぉっ

MODランタンベースにならないかと期待していたのですが、比較的ひっかかりのない本体には、
画像の前に並べてある、九八スペシャルのランタン専用パーツ(似てますがおもちゃのボールや蛇口フィルターではありませんよ、念のため)には合いませんでした。

ま、このライト、リオさんも書いておられたように、ヘッドを外すだけでも、きれいに散光するし、
幸か不幸か、ヘッド外しても、そんなに眩しくないんですよね。困った


at 00:01|PermalinkComments(7)TrackBack(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック フラッシュライト、ランタン 

2005年03月29日

コルトガバメント M1911A1



IMG_0077

た、タニオ・コバがなんだ、VP70で、1,2,3、ピカッ?はあっ?(マイクを床に叩きつける)
ファストドロウといえば、国本圭一さんでピースメーカーでしょうがあ!と、
さっそく古いCMCのピーメ引っぱり出してきて、すり減ったガンベルトに入れ、久しぶりに発火させて、
「これぞファストドロウ!」という連写画像を見せてやろうじゃないか、とベルトを腰へ・・・


は、はいらねえ・・・ベルトの先っちょさえ、バックルにとどかねえ・・・


ピーメのファストドロウ画像はいずれ(ダイエット成功後に走る)、アップしますので・・・とほほほ・・・

というわけで、ご存知、ウェスタンアームズ、マグナブローバックのガバであります。
ミリタリータイプの発売を雑誌で知ると同時に、「お、おっちゃん、こ、これ。」と興奮気味で買った記憶があります。
前評判どおりの、今までになかった凄いブローバックの反動と速さ!
リアルなディティールや刻印と重量感!
ほんとよくできたトイガンでした・・・

ガス漏れしない限りは・・・

そうなんです、これのガス漏れには・・・泣かされましたあ悲しい
特に、最初に付いてたマガズィンはよくガス漏れし、「工作」には全く疎いわたくしでさえ、
なんとかガス漏れを防ごうと、オイル吹いたり、微調整したり・・・
しばらくして、改良型のマガズィンがでて、これも買ったのですが、わたくしのは、最初のとあまり変わりませんでした。

もう長い間、ガスガンや電動ガンを買って遊んだことはありませんが、
(最近のキャンプ宴会には、このホルスターに、東京マルイのコッキングタイプを入れて持参しております。せめてカッコだけはつけないとね!って、どんな格好で宴会やってんだ!)
今のはどうなってるんでしょう?タニオ・コバのVP70とか・・・
「工作」できない人間でも、楽しく遊べるようになってるんでしょうか?

そういえば、ガバの実銃のほうは、米軍に正式採用されて94年目になるんですね。
それまでの38口径では、槍や斧をもって突っ込んでくる蛮族を止められないということで開発された、
.45ACPらしいですが、この頃からすでに世界中に展開する前提があったんでしょうか。

左バーのリンク集にある、THE戦闘糧食によると、二十世紀初頭に、米軍が本格的なコンバットレーションの開発をはじめたようですから、ガバの開発時期と似かよってますね。

第一次世界大戦までの大規模な戦争といえば南北戦争ですが、これが鉄道を使った食料や弾薬の大量輸送、
鋼鉄製の戦艦や潜水艦など、近代戦のはしりで、この南北戦争研究調査団の一員として、ドイツから派遣されたのが、若き青年将校、エルウィン・ロンメルとか。
彼は北軍の、騎兵隊を使った高速移動、奇襲、一撃離脱戦術に大変興味を持ったといわれていますが、
同時に、近代戦における遠隔地補給の重要性も認識したようです。

現在の米軍レーションは、世界中どんな地域ででも食えるシステムになってるらしいですが、あの味付けはどうしても好きになれませんね。
やはり、ごはんと麺類がいちばんで、ちなみに自衛隊では・・・
あっ、カテゴリーの違う話題になってきました。
続きはいずれ「糧食、飲料」のカテゴリーで・・・ごはんラーメン




(追記です)
2007年6月に東京マルイのM1911A1ミリタリーガバメントを購入、さすがにこちらはガス漏れはありませんでした。


at 22:05|PermalinkComments(14)TrackBack(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ミリタリーグッズ 
2015年10月、当サイトの「沙漠緑化・熱帯雨林再生」カテゴリを中心に「N.GKS(エヌジクス)のblog」http://ngks.blog.jp/を立ち上げました。 海外植林ボランティア関係の記事はこちらもご覧ください。