2005年03月06日

これぞ携行糧食のカガミ!?

ea3b32f2.jpg

ラスクとペーストが典型的なヨーロッパのアウトドア携行糧食なら、
日本版といえばこのあたりでしょうか。
いつも楽しませてもらってるTHE戦闘糧食では、ホンモノの兵隊さんが食べている糧食がメインですが、わたくしは米軍のMREを何種類か試食した程度で(はっきりいって、それ以上は高くて手がでましぇん困った)このサイトではホンモノは紹介できません。ただ、野外で食べる事やジャンクフード、簡単なレトルトや麺類は大好きなので、これからも自分勝手な糧食をアップしていくつもりです。
さて、ごはんであります。やはり、熱々のごはんはアウトドアでは贅沢品でしょう。
レトルトにしても十数分加熱しなければなりませんし、アルファ米やフリーズドライ米は、加熱は短時間だけど食感はイマイチだし・・・
このキットだと、ごはんと缶詰を時間差を考えて温め、そのお湯にチキンラーメンをぶち込むということになりますが、どうしても時間がかかってしまいます。
でも、わたくしはこのセットで、一食分200円以下で買ってますし、保存がきくというのは、
やはり魅力です。麺類や缶詰なしで、ごはん2パックとレトルトの大盛りカレーか牛丼というのも定番ですね。

ふだん、日帰りの山歩きなどに携行するのは、主食としてはこんなもんです。
IMG_0043

もちろんこれに、夏は大量の缶ビールと乾きモノのつまみ、冬はバーボンか熱燗に刺身などの生モノつまみが付きます、っていうか、量的にもこっちがメインか・・・乾杯



at 20:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック 糧食、飲料 

冷陰極蛍光管付き2ウェイライト


IMG_0053

OHMの冷陰極蛍光管付き2ウェイライト、CF-181であります。
単三電池6本、6AAのハロゲン球懐中電灯に、20cm近い冷陰極蛍光管(CCFL)が付いています。
手前のパトリオプロGT-10AAと較べてみて下さい。ううっ・・・でかい困った
こうなるとフラッシュライトとかハンドトーチとかかっこよくいうより、
懐中電灯というのがふさわしいですね。ま、懐中には絶対入りませんが。

このCCFL、いままで暗いというイメージがあったのですが、これだけ長くなるとけっこう明るいです。
ただランタイムは、スペックでも2.5時間となっており(ハロゲン球なら3時間)キャンプではちょっと使えそうもありませんが、AC/DCアダプター付きですので、室内ではわりと使えます。
蛍光灯より寿命が長く、CCFL部分がカチカチと回転しますので、本体を立ててみますと・・・

なんということでしょう。懐中電灯型蛍光灯スタンドの完成ですびっくり


IMG_0049


at 18:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0) mixiチェック フラッシュライト、ランタン 

3AAなライトたち

28de414d.jpg

単三を三本直列で使う、3AAなライトたちであります。
左から、3W LuxeonのGERBER LX3.0、1W LuxeonのOHM スタミナライト、5mmLED6灯のアルミライトです。
同じ3AA仕様ですが、お値段は、それぞれ3倍といったところでしょうか。明るさも、キャンドルランタン、蛍光灯ランタン、ガソリンランタンほどの違いがあります。
一番明るいLX3.0は、ご覧のように自転車用のクランプを着けて、通勤に使っています。
(寒くなって12月で中断したけど、そろそろ再開しないと発泡酒腹が・・・)

マニアの中には、LX1.0を買って、最近LX3.0も買った人もいるようですが、わたくしにとってはこのLX3.0がコレクションの中では、超高級品であります。
ちなみにこの人は、SUREなんとかという、わたくしが見たこともない高級品をたくさんお持ちのようです。詳しくはリンク集にあるG3's HPをご参照下さい。(リンクがうまく貼れませんでした。)

ちなみに右側のアルミライト、質感があんまりだったのでスプレー吹いたんですが、剥げてきて一層みじめな状態になってしまってます。


ps.OHMのスタミナライト、製品の台紙には「スーパーLED サイバーフラッシュ」と書いてありますが、ごらんのとおり、ボディにはOHM STAMINA LIGHTとなっています。ですから、スタミナライトの1W Luxeonタイプとして表記しています。

at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) mixiチェック フラッシュライト、ランタン 
2015年10月、当サイトの「沙漠緑化・熱帯雨林再生」カテゴリを中心に「N.GKS(エヌジクス)のblog」http://ngks.blog.jp/を立ち上げました。 海外植林ボランティア関係の記事はこちらもご覧ください。