2006年09月

2006年09月27日

一日三食減量道???

(期間限定業務連絡)
きたる10月7日から9日まで、熊野でキャンプ宴会をやる予定です。
興味のある方は、前々日ぐらいまでに、こちらの記事のほうへコメントをお願いします。にっこり



えーっ、以前の記事に書いたとおり、生まれてはじめて、高血圧と診断されたわたくし、
ややきっぱりと減量を決意し・・・
こんな本を買いました。
ffbc5b2d.jpg
b1e5a373.jpg

著者は航空工学の権威で空手と減量の達人、名パイロットに取材した著書もあり、
「名パイロットは全員ハンサムでスマート、しかも坂井三郎氏を除き大酒のみだった。」
といったような記事もあって、一気に読んでしまいました。

裏表紙にあるように、わたくしのような「食べたくて飲みたい人」向けに、
一日一回、夕食を腹いっぱい食べる、という方法を勧めておられます。

朝と昼を抜いて、夜に腹いっぱい食べても、胃が縮んでるので、三食食べている時の半分程度の摂取カロリーになる、といった趣旨であります。
体に余分な脂肪のついてる人なら、健康上も問題はないとのことでした。


そうだったのかっ!

一食あたりのカロリーを考えて少なめに食べる、ということができない、
わたくしのような「ガツガツ食べる」人間にはぴったりであります。

ラブ

ラブ

ラブ


で、わたくしの平日の食事パターンが、



7時半ごろ、自宅で朝食

10時ごろ、職場でおやつ

正午ごろ、職場で昼食

3時ごろ、職場でおやつ

6時から8時ごろ、居酒屋とかで夕食

8時から10時ごろ、自宅で晩飯

12時から2時ごろ、自宅で夜食



という、一日七食でありますから、

一日三食にすれば・・・

体重はたちまち半分以下に!!!


で、わたくし、先週から、血のにじむような努力で、
昼食、夕食、晩飯の一日三食減量道を邁進しております。

過日の晩飯なんか、わずかこれだけ・・・
492ee55d.jpg


さすがに夜中にお腹が空いたので、ちびっとだけお夜食も・・・
f4001f1a.jpg
こちらのパーティコパン、賞味期限ぎりぎり特価で、72g入って50g入りのコパンと同価格!あなうれしや・・・



で、診察時に84.2kgだったわたくしの現在の体重はと・・・85.4kg・・・

な、なんで1.2kgも???


とほほなP.S
仕事のほうでジタバタしてて、しばらく記事の更新ができませんでした。
やりたいことはいっぱいあるのにぃ・・・ううっ
仕事のストレスが、そのまま食餌量に反映するタイプなんですね、わたくし・・・悲しい

at 23:37|PermalinkComments(12)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 糧食、飲料 | 書斎

2006年09月22日

ファミリーキャンプ入門2 テント・マット

(期間限定業務連絡)
きたる10月7日から9日まで、熊野でキャンプ宴会をやる予定です。
興味のある方は、前々日ぐらいまでに、こちらの記事のほうへコメントをお願いします。にっこり


えーっ、このカテゴリ、最初のグッズ紹介は、やはりテントにしたいと思います。

ファミリーキャンプ専用に最低必要な、七つ道具といえば、

1テント・マット
2タープ
3イス・テーブル
4バーナー
5クーラーボックス・保冷材
6水タンク・専用台
7そして明るいランタンと懐中電灯いっぱい!・・・ぐらいでしょうか。キラキラ電球キラキラ

あとの炊事道具や寝具なんかは、とりあえず家庭にあるものでも代用できると思いますが、
これらの七つ道具だけは、ファミリーキャンプ専用に、家族の人数にあったものを揃えたほうがいいでしょう。

ま、釣り好きのお父さんなら、クーラーボックスは持ってるでしょうし、
水道があっても必需品の水タンク(各サイトに専用のシャワーや水道がある場合は別ですが、特に子どもには、すぐに使える蛇口付きの大型水タンクが絶対必要です。)
なんかは安いもので充分、ほかのグッズも最初はお安いのでいいのですが・・・

テントだけはしっかりしたものを揃えましょう!ううっ

本格山岳用の大型ドームテントは値段がお高いわりに高さがないし、
ロッジ型のスチールフレームのテントは、やはりお高くて組み立てが面倒。

で、わたくしも最初は、特価9800円の大型ドームテントでファミリーキャンプをやってました。
フレームは重いグラスファイバー、本体は安物ナイロン、裾に隙間のできる防水性の悪いフライシート、ボトムはブルーシートと同じP.Eで、寝返りを打つたびにべリべリと音がしました。
安物はどうしても縫製が悪く、縫い目からの浸水があります。
大型ドームになると、目止め液を塗るのも大変ですし、やはりしっかりしたシームテープ処理をしたものが必要です。

何度かひどい目にあったわたくし、当時としては高級品だった、ダンロップのダルセパクトシリーズを思い切って購入しました。

ダンロップ独自の吊り下げ式で、内部の大きさは2m10×3m、大人が立てるだけの高さもあり、親子四人でゆったりと寝ることができました。
ロッジ型とドーム型の中間で、フレームはグラスファイバーとアルミの併用、出入り口に別売りのタープとサイドタープをファスナーで接続すれば、リビングも一体になるスグレモノでした。
一晩中の豪雨で、芝生のサイトが水たまりになったこともありましたが、内部への浸水はなく、台風の直撃にも耐えてくれました。

「このテントなら、少々の悪天候でも一晩過ごせる。」という安心感は、ファミリーキャンプではとても重要です。
タープの下ではどうしても雨風にさらされる、あるいはタープを畳まなければならないような時でも、大きなしっかりしたテントさえあれば、その中で、家族で楽しく過ごすことができますし、調理や食事だって工夫すればできます。

小川テントのロッジ型なんかは、居住性は抜群なのでしょうが、わたくしやはり、
シンプルなドーム型テントと、シンプルなスクエアタープの組み合わせをオススメします。

タープについては、別の記事で紹介したいと思いますが、さすがにダルセパクトの防水が怪しくなってからは、わたくし、コールマンのオアシススクリーンタープを、テントがわりに使ってました。

このオアシス型というのは、ヨーロッパ人のアフリカ探検なんかで使われてた歴史のあるテント形式で、なかなか風情のあるスタイルであります。

三本のポールを本体の張力で支えるという方式で、弾力性のない当時のポールでも、きれいに張れてたようで、風にも比較的強い形状であります。
この中にGIコットを四つ並べて、コンテナケースをサイドテーブルがわりにすると、土足で出入りできる、風通しのいいテントになります。
フルフラップ付ですので、寒い時や雨風のときにも対応できましたが、構造上、10本以上のぺグをしっかり打てる、平坦なサイトにしか張れませんでした。

暑い時期に、芝生などの整備されたサイトへ行く時には使いますが、最近は何もない河原でのキャンプが多いので、あまり出番はなくなってしまいました。ううっ

やはり自立式のドームテントだと、設営も簡単、ペグを打てないところでも、石などで固定できますね。

今なら、お値段的にも性能的にも、入門用にはコールマンのドームがベストではないでしょうか。
天窓のついたのや、スクリーンタープと接合できるやつ、補強ポールつきなど、
いろんなタイプがありますが、わたくし・・・

きっぱりと割り切って、270cm四方以上の、一番シンプルなコールマンをオススメしておきます。

ホームセンターや量販店でも、コールマンならたいてい扱ってますし、
秋になるとたいてい、処分大特価!になりますし・・・わくわくラブ

さて、しっかりしたテントにも、テントマットは必需品であります。

極貧ソロキャンプや決死の激流下りキャンプ、はたまたサバイバルゲームの夜戦キャンプなどでは、
柴や枯葉などをてきとーに敷いて、そのまま倒れ込めば眠れますが!わ、わしはオランウータンか!
ファミリーキャンプで、普段ふかふかのお布団で寝ている家族にとっては、
たとえ芝生のサイトでも、ゴツゴツした地面を感じますし、
地面から奪われる熱量は、暖かい季節でもかなりのものになります。

ですから、テントマットも必ずセットで持参しましょう。

エアマット、ウレタンマット、インフレータブルのスポンジマットなどなど、
いろんな種類のマットがあり、それぞれ試してみましたが、わたくし・・・

きっぱりと割り切って、一番お安い、「銀マット」をオススメしておきます。
1m×2m×1cmのやつなら、最近は量販店で、数百円から入手できますね。わくわくラブ

結局、テントの下にブルーシート、
(敷くことで、ボトムの防水性や耐久性に格段の差がでます。テント本体の底辺より5cmほど小さくして、サイトに敷いておきます。微調整はテントのペグを打ってから。)

テントの中には断熱、クッションのための銀マット、
(整備されたキャンプ場ならこれだけで充分ですが、岩や石のゴツゴツしたサイトなら、
厚みのあるスポンジ入りのエアマットが最適です。ただし、家族分ではお値段が困った)

銀マットの上に、毛布か、暑い時期にはタオルケット、
(寒い時期以外は、シュラフ(寝袋)は使いませんでした。シュラフにしても、封筒型でフルオープンにして掛け布団や敷布団として使うほうが、子どもたちがテントの中で遊べます。)

そして銀マットは滑るので、毛布やタオルケットとは、事務用クリップで固定しておく。

と、まあ、これが我が家の標準仕様でした。
さて、みなさんのぶるじょわファミリーキャンプはいかがでしょう・・・にっこり

bec80190.jpg
奥はコールマンのシンプルなドーム型、手前はモンベルのモノポールシェルターであります。
くれぐれも、こんなシェルターでファミリーキャンプに行くのは避けましょうね。ううっ


追記です
テントマットについてのより詳しい説明を、こちらの記事の後半にまとめてみました。

さらに追記です。
わたくしの使ってきた「テントの変遷」についてもまとめてみました。

 

at 23:00|PermalinkComments(8)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ファミリーキャンプ入門 

2006年09月17日

ファミリーキャンプ入門1 はじめに

(期間限定業務連絡)
きたる10月7日から9日まで、熊野でキャンプ宴会をやる予定です。
興味のある方は、前日ぐらいまでに、こちらの記事のほうへコメントをお願いします。にっこり


このブログサイトにお越しになる方は、懐中電灯好き!や、ミリタリーグッズ好き!
の方が多いのですが、キャンプグッズの検索で立ち寄られる方も結構おられます。

わたくし、中学生の頃からキャンプをはじめて、上の息子が幼稚園に入る頃からは、
ずっとファミリーキャンプを楽しんできました。

いろんな試行錯誤を繰り返し、いろんなグッズも揃えましたが、最低限必要なもの、
あれば便利なもの、邪魔になるだけのもの、など、そのうち整理したいと思いつつ、
ついつい月日が流れていきました。困った

先日、ある懐中電灯マニアのブログサイトで、これからファミリーキャンプをはじめます、
という記事があり、若いファミリーに少しでもお役に立てればと、
このカテゴリを作ってみました。
なので、このカテゴリは、ファミリーキャンプの入門記事にしたいと思っています。

ですから・・・

極悪宴会キャンプ乾杯拍手クラッカーショック、とか、
フラッシュライト照射キャンプ電球拍手ショック、とか、
決死の激流下りキャンプ泳ぐ大波ショック、とか、
みじめな極貧ソロキャンプラーメンダメショック、とか

については、別のカテゴリーをご覧くださいね。にっこり

また、コメント欄にも役に立つご意見をいただき、若いファミリーにも愛読されるような、
花「上品で、ためになるカテゴリー」花にしたいので、ぜひご協力をお願いします。
だっ、だれだ、絶対不可能なんていってるのは・・・怒る


で、はじめに前提なんですが、このカテゴリーでは、


幼稚園前ぐらいから小学6年生ぐらいまでの子どもとその両親で、

クルマを使って、はじめてファミリーキャンプに行く場合の、


必要なものや、その使い勝手などを記事にしたいと思います。

グッズの紹介編に入る前に、わたくしの経験から・・・

まず、両親どちらにもキャンプ経験がまったくない場合は、
ご近所のキャンプ慣れした家族に連れていってもらうか、
キャンプクラブなどの主催するイベントへの参加をオススメしますが、
両親どちらかでも一度でもキャンプ経験があり、自分たちだけで計画するとした場合、

1 二泊三日の日程で、
2 春か秋の暖かい季節に、
3 天気予報で晴れの確率が多いときを選んで、
4 水洗トイレや温水シャワーのあるオートキャンプ場、

をオススメします。

ちょっと慣れれば、二泊三日より、さらに三泊四日が理想的だと思っています。
ただそれ以上長いと、さすがに一家族だけのキャンプだけでは、ちとダレてきましたが。

二泊三日なら、
一日目は移動とキャンプサイト設営が中心、
二日目はハイキングや川下り、釣り、水遊びなど、家族ぐるみのイベントを中心に、
(キャンプ場によっては、レンタサイクルやカヌー教室、釣堀までありますね。)
三日目は撤収と移動が中心で、余裕があれば帰りに観光や温泉に・・・
という基本的なプランになりますし、最初はそうすべきでしょう。
一泊二日だと、近くのキャンプ場でも、移動設営日、移動撤収日だけになりますので、
楽しく過ごしたいならできるだけ避けるべき、と体験上感じています。

これが逆に三泊四日になると、丸一日、それぞれが好きなことをする日ができます。
子ども達も、三日目までに基本的な遊び方を教えておくと、自然の中で、
自分の好きなことを夢中になってやるようになります。
我が家の場合は長い間、昼は高飛び込みと河原の石積み、夜は焚火番でした・・・
その間、お父さんはタープの下でひたすらビール、
お母さんはスケッチや読書とワイン・・・
ほんとうは、これがファミリーキャンプを楽しむコツだと思っているのですが、
なかなか四日間もの日程は組めないのが実情でした。ううっ

二泊三日の日程でも、二日目には家族ぐるみのイベントを必ず入れましょう。
慣れてくれば、二日目も好きなことをするようになりますが、
やはり最初は、何をしていいのかわからず、炊事ばかりで飽きてしまい、
もうキャンプなんか行かない!ということになってしまいます。

こう考えると、最初のファミリーキャンプは、
三時間か、せいぜい四時間以内で行ける、
設備の整ったオートキャンプ場に、
季節のいい、天候のいい時に二泊三日、
ということになってきます。

ファミリーキャンプでの料理レシピや遊びの詳細は、
いずれ別の記事にしたいと思いますが、
我が家の場合の、典型的な二泊三日の食事パターンであります。

一日目の朝は、自宅か車中で簡単な朝食、
昼食は沿道の名物料理か高速のP.A、あるいは到着してから途中で買ったお弁当とビール、
夜は簡単バーベキューか、途中で買った地元のお刺身やお寿司とビール、
二日目の朝食は簡単サンドとコーヒーやジュースとビール、
昼は川下りなどのイベント中なので、カップ麺やそうめんとビール、
あるいは、朝一緒に作った簡単サンドのお弁当とジュースやビール、
そして二日目の夜だけは、時間をかけてみんなで料理を作ってました。
三日目の朝は、昨夜までの残り物か、前日と同じ簡単サンド、
昼過ぎまでキャンプ場に滞在する場合は、すぐに片付けられるようにカップ麺、
昼前に出発した場合は、やはり途中の食堂やレストランで昼食、更に遅くなる場合は、
夕食も外で済ませて帰ってました。

このパターンだと、本格的に野外料理を作るのはたった1回!
ですから二日目の夕食は、時間をかけてみんなで作りました。
この時に両親が教えるナイフや包丁、バーナーなどの調理器具の使い方、
材料の下ごしらえの仕方などは、自宅よりはるかにシンプルで、
本当に基本的なことだけを教えることができました。

料理に手間をかけるのは、この程度にしておかないと、
キャンプ中、炊事ばっかりしていた、もうキャンプなんか行かない!
ということになりかねません。にっこり

次回から、ファミリーキャンプに本当に役立つ、基本的なキャンプ用品を紹介する予定です。


9ce4d68f.jpg


P.S
慣れてくれば、なにもない自然の中でのキャンプや、雨のキャンプも楽しいものですが、
いくら両親がキャンプのベテランでも、最初の頃は敬遠しましょうね。
天気や家族の健康状態が少しでも悪いときは、思い切って延期する勇気も持ちましょう。
ま、家族全員風邪気味で雨の中を出発、結局三日間とも雨でしかも二日目は暴風雨、
それでも楽しんできた経験もあるのですが、こちらはいずれ「ファミリーキャンプの達人」カテゴリを作って・・・にっこり

at 01:32|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ファミリーキャンプ入門 

2006年09月14日

突然、重大決心を・・・!

えーっ、とーとつですが、過日、職場の定期健康診断通知書が配付されました。

で、その通知書にあった記載なんですが・・・
5f84b734.jpg


がーん

け、血圧が高い!

こ、これは・・・ショック


「やや肥満です。」については、ここ十数年、きっぱりと毎年記載されており、にっこり
別に気にも留めてませんでした。

「中性脂肪」値やコレステロール値は、ときどき境界値になることもありましたが、
これも正常値といったりきたりで、自分である程度コントロール可能、
それ以外の数値は、ずっと正常値の範囲でした。

「血圧が高い。」というのは、前回一回だけだったので、
前回の問診でも「低血圧傾向でしたから、たまたまでしょう。」といわれてたのに・・・

2回続けてというのはもちろんはじめてで、
「最寄の医療機関で更に詳しい検査を受けて下さい。」と記載されています。
こんな記載も、もちろんはじめてであります。ううっ

素敵なおねいさんに測ってもらって、血圧が上昇することはあっても、
その後、そうでない人に測ってもらうと、いつも正常値になっていたのですが・・・

植林ツアーから帰国後も、サンダース軍曹さんのおたんじょーびには、
9ピースパックの一気食いなどを楽しもうとしていたのに・・・

さすがに、ちと心配になり、近くのクリニックで診ていただきました。


「ふむふむ、測ってみると、明らかに高血圧の領域に来てますな。」

「今まで、血圧が高いなんてなかったし、どうして急に?まさか不治の病とか?
それともブログとかはじめたので、あやしい電磁波を浴びているとか?」

「他の数値からみて、まあ、加齢とストレス、それに肥満が原因でしょう。」

「そりゃあ、確かにカレーは大好きですが・・・横須賀海軍カレーとか・・・

「あのね、トシなんですよ、トシ!いつまでも若い頃の体重や食生活はだめですよ。
たしか、お酒も飲むんでしたね。」

「いや、日本酒はだめなんです。能古見なんてやつを味わってる人がうらやましいです。わたくしは、その他の雑種?を毎晩・・・」

「で、煙草はまだ吸ってる?」

「パイプは最近吸ってませんねえ。手入れしたブライヤーのやつを職場の自室で楽しんでる人がうらやましいです。わたくしは、オマケのついた紙巻を一日一箱ぐらい。」

「そのお腹では、内臓脂肪もたっぷりと貯まってますよ・・・」

「い、いや、こ、これは腹筋のかたまりでして・・・」

「やっと三拍子そろって、これで典型的なメタボリックシンドロームですな。わはは
とりあえず、高血圧のクスリをだしますが、大事なのは禁煙と減量ですよ。
このままだと、他にも重大な症状がでるかも知れません。
標準体重まで20キロですが、まずは10キロを目標に、脂ものはだめ、塩分は控えて・・・」

「わたくし、脂と塩分以外も大量に摂取してるんですが・・・
ぐ、具体的に、どうすればいいんです?」

「最近は医者が説明するより、テレビ番組でよく特集やってるでしょ。わはは
ま、このセットをお渡ししますので・・・」

じゃーん
4495b1ad.jpg

ううっ
444d1cf1.jpg

うぐぐぐ
c2bf9ea0.jpg
ちなみに手前にあるのは、大きさ比較用のFENIX L0P・・・って、比較してる場合かっ!

困った

困った

食パンごはんラーメンアイスダメ

困った

困った

ジョッキおでん乾杯拍手ダメ

困った

困った


で、とぼとぼと自宅へ帰る道すがら、古本屋さんでこんなのも買いました。
3ea75113.jpg

ふむふむ
29623ddf.jpg

うーむ、この方、航空工学の権威で空手の練士、減量道も極めたそうであります。

以前、ニコチンガムで禁煙中の6か月間で、きっちり6キロ太りましたので、とりあえず今回は、
減量からはじめる決心をいたしました。ややきっぱりと・・・


で、本日より記事をアップする際には、その時の体重をメモしますので・・・

只今の体重、84.2kg悲しい


at 00:12|PermalinkComments(11)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 糧食、飲料 | 書斎

2006年09月12日

内蒙古紀行 酒池肉林編

えーっ、7月下旬に行った植林ツアー、モンゴル国での食事は、
「モンゴル紀行 酒池肉林編」で紹介しましたが、今回は中国、内蒙古自治区に入ってからの、
ささやかな飲食を、いくつか紹介いたします。

わは
67b53304.jpg

深夜、横に走る雷の中を、内蒙古自治区の包頭空港からクブチ沙漠恩格貝にバスで到着して、
翌朝の朝食であります。
あと饅頭ほか数皿が出てきましたが、中華粥やゆで玉子、
正面向こう側のうどんなんかは、昔はなかったですねえ。
揚げパンと饅頭と羊がメインでした。

ちなみに、ピンクのちっちゃなティッシュが置かれているのがお分かりでしょうか。
これ、並べてある皿やコップに積もる、細かい砂を拭き取るためのもの・・・
ま、わたくしは使ったことはありませんが・・・にっこり


昼は、毎回植林現場に、無償提供の「大塚のボンカレー」を運んできてもらい、
育ったポプラの森で食べてたのですが、
今回は砂嵐、時々雷雨、という天候のため、
はじめて食堂での昼食となりました。
やはりレトルトカレーでしたが、何故か「ボンカレー」ではありませんでした。


で、夕食であります。


わはは
bc6fec1f.jpg
まずは前菜。来る度に、食材が豊かになってきています。


で、通常は到着した時にやってもらう蒙古族の歓迎の儀式が、この夕食時に行われました。
2ed8734c.jpg

まずは一人一人順番に、白酒(パイチュウ、コウリャンの蒸留酒で恐ろしく強い。二鍋頭酒というブランドが有名。)が注がれます。


aa81aa01.jpg

盃を受け取ると、モンゴル語で歓迎の歌を歌ってくれます。
この歌のあいだに、聖なる右手の薬指で、この地の天と地と人に白酒を捧げてから、
一気に飲み干します。

最近は、飲めない人には薦めなくなりましたが、
外国人未開放だった頃は、漢民族のガイドから
「飲み干さないと蒙古族にとっては侮辱された事になりますから、絶対に飲み干して下さい。」
と何度も注意されてました。
当時小学生だった息子も、大きな牛角の盃を一気に飲み干して・・・ショック

今回も現地では、
「どんな深夜の到着になっても、玄関で儀式をやります。」といってたらしいのですが、
高齢の隊員も多く、翌日の夕食に特別に延期してもらっていたのであります。

歌が続いている間は、何杯おかわりしてもいいのですが・・・さすがにきつい・・・ま、3杯はおかわりしましたが・・・

で、このパイチュウや大瓶5元の中国ビール、中瓶15元の牛乳ビールを飲みつつ、
189ce835.jpg

b9596d26.jpg

あと何皿もでてきましたが、皿に残さずに食べてしまうと、本当におかわりがでます。
食材が豊富になり、豪華な料理になりましたが、ちょっと前までは・・・
一皿目がヒツジとキャベツの炒め物、
二皿目がヒツジとタマネギの炒め物、
三皿目がヒツジとピーマンの炒め物、
四皿目が・・・と延々と続き、
粗悪な獣油の匂いで砂混じり、しかも味付けはみんな同じ、という状況でした。


で、今回は行きませんでしたが、すこし離れた日干し煉瓦の民家の庭先で、
シシケバブ(ヒツジの串焼き)のバーベキュー(石炭で直火焼き!)をやってくれます。
(じつは、ここへ歩いていくのに、懐中電灯が必需品なんですが・・・)

これがスパイスが効いてて、シンプルで安くて旨い!
確か1本0.5元で、ビールも2元か3元だったはず。
一人10元もあれば、いやというほど飲み食いできました。


部屋に戻っては、モンゴル土産の「黒チンギス」ヴォトカと・・・げふっ
ab800e8c.jpg
と、ところで、「健康びしすく」って・・・


翌朝になると、またしても・・・じゅるじゅる
f384e803.jpg


で、バスで半日かけてチンギスハーン稜へ行き、フフホトでの昼食であります。
c8c3c1eb.jpg


で、これがフフホトで食した内蒙古最後の夕食、
74ba296a.jpg

元祖「ヒツジのしゃぶしゃぶ」の二色鍋であります。
「しゃぶしゃぶ」って、モンゴル語で、このモンゴル料理のことだったんですねえ。
わたくし、お肉を何皿おかわりしたか、覚えておりません・・・うふっラブ


ここまでくると、どうでもいいようなP.S

一番最後の画像の二色鍋、中華料理で見かける火鍋なんですが、
ちっちゃいのは、大阪の道具屋筋にもあったんですが、
4~5人用の大きいやつが、なかなかありません。
わたくしのキャンプ宴会には最適!と探しております。
お心当たりの方は、コメントをお願いします。すいません

at 00:55|PermalinkComments(10)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 糧食、飲料 | 沙漠緑化・熱帯雨林再生