2006年11月

2006年11月29日

紅葉狩り 観心寺編

えーっ、前回記事のとおり、週末に千早赤阪村の「山燈花」へ行ったわたくし、
たっぷりと昼食を食べて紅葉を見て、そこからクルマで10分ほどの、紅葉の名勝、
河内長野の「観心寺」へ行きました。

観心寺といえば、わたくし世代の大阪人には、小学校低学年の遠足先として、なじみのあるお寺であります。

河内長野駅から徒歩30分程度でしょうか、小学校低学年でも1時間はかからないでしょう。
広い広場があり、お弁当を食べたり集合したりするのに便利だったんでしょうね。

広場ぐらいしか記憶になかったのですが、じつは、国宝や重要文化財のいっぱいある、
後村上天皇ゆかりの、真言宗の名刹だったんですねえ。
昔に比べて、かなり整備もされているようでした。

さて今回は、左バーにあるニャん丸さんのブログ「ラティコン」をきっぱりとパクって、
サラサラサラと紅葉の画像を載せていきましょう。
(こちらは、あるふぁシリーズとかの高級一眼レフではなく、
IXY-50のオート撮影ばかりでありますが・・・ううっ悲しい)

50a0595d.jpg
山門を入ったところから、正面の金堂(国宝)であります。

dab9b2af.jpg
同じく山門横の手洗、注連縄が張ってあるんですね。

0ac945a9.jpg
金堂横の・・・ううっ、覚えてないぞ・・・ま、あとはてきとーに・・・

0b97fa7f.jpg
紅葉であります。

df9e2f5e.jpg
お堂と紅葉であります。

a601309b.jpg
あっ、これはたしか阿弥陀堂前の・・・何だったかな・・・

cdfd513e.jpg
さすがに退屈してきたので、強制ストロボにしてみたり、

f1ee27b2.jpg
ストロボをオフにしてみたり・・・(ISO感度設定方法を忘れたので、完全に手ブレ泣く)

810480d1.jpg
真下から撮ったりしたんですが、この木の紅葉がいちばんいい発色でした。

ac9ccf3f.jpg
でも、奥に見える女子トイレに向かって、カメラ構えてるおじさんというのは、
それはそれで怪しい雰囲気だったんでしょうねえ。でへへへ



P.S
さすがに紅葉の名勝、曇天で閉門直前の夕方だというのに、でかい三脚を持ったカメラマンがまだけっこう残ってましたね。
でもやはり、高く晴れた秋空がないと、紅葉は直射光に映えませんね。
桜花もそうですが、観賞用の紅葉もそれはそれで美しくていいのですが・・・
今年も大台ケ原の紅葉には行けなかったけど、理想からいえば・・・
名もない渓流で、自然の綾錦の下、はらはらと散る落葉に自分の人生を重ねて思索に浸り・・・

んでもって、テント張ってライト照らして、焼き肉と鍋やって、大宴会じゃあ!
って、結局そこに落ち着くんかいっ!にっこり

at 23:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

2006年11月27日

紅葉狩り 山燈花編

えーっ、週末に親孝行を兼ねて、紅葉狩りに行ってきました。

大阪府下では唯一の村となってしまった千早赤阪村の、金剛山の麓にある、

「山燈花」という不思議なところなんですが、

けっこうお気に入りになりましたので、お店のリンクを貼ってあります。

どうも山林の持ち主が代々、趣味で石楠花を中心に草木を植えていったようであります。

59648f34.jpg
中腹に白く見えるのが、オーナーのお屋敷の門であります。


で、門前には、こんな感じで滝なんぞの造作が施してあります。
d1de2830.jpg


そこから下に見えるのが、レストラン「山燈花」とギャラリーその1、
この辺りの山全体が私有地で、入場者は自由に散策できるようになってます。
f3c05deb.jpg


で、古材を組み直したらしきレストラン棟であります。
7392b724.jpg


それにしても、すごい梁材であります。
8cdc7db4.jpg

c19fa966.jpg


で、入り口の格子戸が、おそろしくでかくて重い!
23de77c7.jpg


食事は、会席風の昼食とお弁当風の軽食の二種類のみ。もちろん昼食を予約しました。
最初にお抹茶とお菓子、以後、すべての料理に花が添えられてきました。
5863529e.jpg


お抹茶の後には・・・へっへっへっ
6f831418.jpg

画像以外にも、本格的な鍋や、ほかほかのおこわなんぞもあり、
わたくしでも、けっこうお腹がいっぱいになりました。
(母親の分もけっこう食べましたが・・・クルマなので飲めなかったのが残念・・・)

あまごも虹鱒もかりん酒も胡麻豆腐も山菜も野菜も果物も、すべて自家製だそうであります。
そりゃあ、敷地の中を渓流が流れてるんだものなあ・・・ううっ

敷地内にギャラリーその2や池などもあり、四季の草花が楽しめる散策コースになっているのですが、
なにせでかい山林ですので、ちょっとしたハイキングコースぐらいあり、
高齢の母親にはちときつかったようで、途中で引き返しました。


あっ、もちろん、敷地内の紅葉も、いちおうは見ましたよ・・・げふっにっこり
2a29376e.jpg



P.S
寺社仏閣や料亭の庭ほどの造作はなく、自然を巧みに活かして長い年月をかけて育てたようで、
すべてが借景とでもいうのでしょうか、自然に溶け込んで好感が持てました。
食事や、ギャラリーで売ってる焼き物なども良心的なお値段でしたし、
わたくしの大好きな山頭火をさりげなくテーマにした雰囲気もよかったです。
12月7日までで冬期はお休み、全て予約のみで人数制限してるのもいいですね。

ちなみに今回はじめて、カーナビなるものを使ったんですが、
おねいさんが丁寧に案内してくれるんですね。
「あと700mで右方向です、右の車線にお寄りください。」
「あっ、はいはい。」
「3km先で100m以上の混雑が発生しています。」
「あっ、そうですか。」
しかも、自宅に着いたら、
「これで音声案内を終了します。お疲れ様でした。」
思わず、「いや、どーもどーも。」と答えてしまいました。
もし、こんな音声案内つきフラッシュライトがあったら・・・ラブ

at 23:50|PermalinkComments(4)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

2006年11月26日

ヌーヴォー2006 その3

わははは
このシリーズも三回目にして、やっとホンモノをいただくことができました。ううっ

じゃーん
d1d34265.jpg


寂しく「こどもののみものぶどう」を啜るわたくしを、憐れに思われた奥様が、
お情けで買ってきてくれたものであります。ありがたやありがたや・・・

でっ、では、いただきまぁーす。へっへっへっ
d29609a9.jpg

手前のチーズも奥様がもらってきたもので、にんにくがたっぷり入ってます。

あは、あはは

しっ、幸せじゃあ・・・

んっ?
74c12239.jpg

もっ、もうからっぽ?


わっ、わたくし、一杯飲んだだけなのに・・・

「のどごし生とかで、お寿司とパンとチーズを流し込んでたでしょ。
その後で、パソコンなんかやってる間に全部飲んだけど、何か?
ちなみに残り一本は明日だかんな、きっぱりと。」

ううっ、わたくし一杯だけなのに、一杯だけなのにぃぃぃぃ!泣く



P.S
すべては昨晩の、悪夢のような出来事でございました。
今夜こそは、最後の一本をなんとしても死守せねば・・・びくびく
ああっ、もうすぐ奥様が帰宅されるぅ・・・ど、どうしよう・・・おどおど

at 17:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 糧食、飲料 

2006年11月23日

ヌーヴォー2006 承前

えーっ、リヤカーでのアマゾン徒歩縦断(テレビ大阪)を見ながらの、
前回記事の続きなんですが・・・

b61ebd3a.jpg


よく見ると・・・

da9a67de.jpg


63ecfffe.jpg


ヌーヴォーの男の子、小指を立てておられます・・・チュー

いつのまにか、ネクタイしてるし・・・

at 22:15|PermalinkComments(4)TrackBack(0)mixiチェック 糧食、飲料 

2006年11月21日

ヌーヴォー2006?

えーっ、左バーのリンク集にある、
「日本フラッシュライトチャンネル」と「ただいまライト点灯中」の管理人さん、
BS-2の番組「熱中時間」で、公共放送初出演を見事な演技でこなされ、放映当日、
ボジョレーヌーヴォーなんぞを優雅に飲んでおられる様子が、ブログに紹介されてました。

ちなみに、わたくしのこのサイト、最近は一日200~300のアクセスをいただいているのですが、
「熱中時間」が放映された日は、一挙に倍近いアクセスになりました。
やはりライト界のアイドルと、桜塚ヤッくんのコラボの御威光はすごいですね。

わたくし、管理人さんのTV出演には、何の関係もないのですが、
自宅に奥様がお買い求めになられたボジョレーヌーヴォーがあるので、
今回あらためて、彼の出演大成功を祝って、一人で乾杯したいと思います。




じゃーん
ce1eb3d4.jpg



へっへっへっ


ん?

dcb7aa64.jpg

かっ、からっぽ!!!ショック




「がるるるるぅ」

「ありゃ、飲んでなかったの。」

「わたくし、まだ一滴も飲んでましぇんが・・・」

「あ、そう。ちなみに今年はそれ一本だかんね、きっぱりと。」


きっぱりと、って、あーた・・・



なんというむごい仕打ち!泣く


でも、いいもん、

わたくし、ちゃんと自分用のヌーヴォーを・・・


じゃーん
3b3b7853.jpg

1cea0239.jpg


ううっ、こんなことでいいのかっ、ニッポンの核家族!



P.S
サンガリアの、こどもののみものシリーズは、ビール風、黒ビール風につづき、
この赤ワイン風のほかに、シャンパン風がでてました。
ま、バーボンやスコッチ、日本酒や焼酎を出しても、
色彩的にはたぶん売れないんでしょうねぇ・・・落ち込み

at 00:02|PermalinkComments(9)TrackBack(0)mixiチェック 糧食、飲料 

2006年11月19日

ファミリーキャンプ入門6 クーラーボックス

このカテゴリの六回目は、季節外れのクーラーボックスであります。

文字色も、冷たく水色になっております。拍手


二回目のテント編で、ファミリーキャンプ入門に必要な七つ道具として、

1テント、マット
2タープ
3イスとテーブル
4バーナー
5クーラーボックス
6水タンク
7そして、ランタンと懐中電灯ぅぅぅ!

以上の七つ道具をあげておきました。

もちろんこれ以外にも、調理具や寝具、救急用品など、最低必要なものはありますが、
ファミリーキャンプ専用に揃えるのは、とりあえずこの七つ道具だけで、
あとはわざわざ専用に購入する必要はないというのが、わたくしの思いであります。

季節はかなり寒くなってきましたが、クルマを使ってキャンプするなら、
寒い季節でもクーラーボックスは必要であります。

クーラーボックスは最初から思い切って、大きいものを用意しましょう。
四人家族で二泊三日なら、最低でも40リッター以上が必要です。

クーラーボックスにはソフトタイプとハードタイプがあります。
ま、一日目に使う飲み物や肉などを別のソフトタイプに入れておくと、
折りたためるので、帰りの荷物が少なくなりますが、やはりメインは、
ソフトよりハード、ちっちゃいのより大きい方が保冷力は高いです。

容量さえあれば、釣り用でも、発泡スチロールのトロ箱でもいいのですが・・・

baa4c8ad.jpg

こちらは、わたくしが長年愛用している、コールマンのスチールベルト54であります。
容量は54クォートですから、51リッターぐらいで、容量のわりにちっちゃい、
つまりポリライトシリーズなんかにくらべて薄い、ということですが、
これだけ容量があると、よく冷やしたものと保冷剤を入れる限り、二泊三日程度なら、
なんとか最終日の朝までは保ってくれます。
さすがに真夏の炎天下では、氷の補充も必要になりますが・・・
かなり傷だらけになってますが、ともかく丈夫で信頼できる逸品であります。
最近は、これのステンレスぴかぴか版がでているようですね。


で、
6c31c2cb.jpg

上に積んでるのが、同じくコールマンの、ポリライト28であります。
外形はごらんのとおり、ひと回りちっちゃくなるだけなのですが、
容量は半分程度になります。
ファミリーキャンプでも、三泊ぐらいになると、
このふたつに、さらにソフトタイプをいくつか持って行ってました。

ま、お父さんのビールが大部分でしたが・・・

ちなみに帰りは、こんなふうにぴったりスタッキングできます。
f0b04f8d.jpg


さらにポリライト28の中にも、
8e8028a8.jpg

こちらはタッパーウェアの密閉ボックスで、保冷機能はありませんが、
川下りのランチボックスなんかに使ってました。
これも中身を断熱シートで包み、保冷剤を入れて、濡れタオルをかけておけば、
クーラーボックスとして使えました。やはり密閉性が大事なんですね。

帰りに、このようにきれいにスタッキングするためには、

食べ尽くし、飲み尽くすこと!

が、わたくしのキャンプの基本となるのであります。きっぱりとショック


クーラーボックスの保冷剤は、懐中電灯の電池と同じく、必要不可欠と考えましょう。
保冷剤は、容量の1/4から半分程度は必要、といわれてますが、それは氷と水を入れた場合で、
冷凍するタイプの保冷剤で、あらかじめよく冷やした飲料食糧を入れる場合は、
そんなにたくさん入れる必要はありません。
わたくしスチールベルト54には、コールマンの1リッターサイズの保冷剤をふたつ入れるだけであります。
保冷剤は何日も前からカチカチに凍らせておいて、二日目の飲料などもできるだけ凍らせて、
保冷剤がわりにすることがポイントですね。

ま、それでもケースごと持って行った予備のビールを、急いで冷やすこともありますが、
その時は大量の氷を仕入れてきて、水を入れて一気に冷やすしかありません。
そんな使い方をする場合は、底部にドレンプラグが付いてないと、凄い重さで傾けて排水することもできず、
一人で持ち運ぶことも困難になりますのでご注意を!

イワタニのモビールクールなど、カセットガスで冷やすクーラーボックスもあり、
製氷までできるという保冷力はたしかに魅力なんですが・・・
三泊以上の長期滞在とか、氷の入手も不可能、という状況でもない限り、
あえてファミリーキャンプ用に購入する必要もないでしょう。

(ほんとは、欲しいと思っているのですが、お値段と大きさが・・・ううっ)


at 01:01|PermalinkComments(4)TrackBack(0)mixiチェック ファミリーキャンプ入門 

2006年11月17日

うそつきっ!はぁとまぁく

ええ・・・本日11月17日夜8時からのNHK、BS-2「熱中時間」という番組に、
左バーのリンク集にある、「ただ点」のiigyogyoさんが懐中電灯マニアとして出演されます。
必見、要録画であります!

でまあ、それを記念して、TV番組がらみのタイトルにしたのでありますが・・・

似たようなタイトルが、同じく左バーのリンク集にある浜三さんのブログにありましたね・・・


タイトルパクリであります、きっぱりと にっこり


トリビアの泉が終わってしまったのが残念で、いつかこのタイトルで記事をアップしようと考えていたのですが、浜ちゃんに先を越されてしまいました。

でも平気でパクるところはさすがでしょ!あかんべー

ちなみにトリビアの中で、一番感動したのは「日本刀VS拳銃」でした。

標準的な日本刀と、代表的な拳銃ということでコルトガバメントの対決。
超高速度撮影で、.45ACP弾がまっぷたつになる映像には、思わず身震いしました。

第二弾の番組で、次々と強力な弾頭をも切り裂き、最後は50口径機関銃連射でも初弾から数発は切り裂いて、そこで力尽きて粉々になっていくシーンでは、不覚にも目頭が熱くなってしまいました。ううっ



悲しい



悲しい



悲しい



悲しい




ぐしゅん・・・閑話休題・・・いつものくだらないネタであります。
「熱中時間」とも「トリビアの泉」とも、全く関係ないんですが・・・すいません


わたくし、さるミリタリーショップで、かなり以前に、こんなものを購入しました。

じゃーん
270e3da0.jpg

そう、何の変哲もない、みんなが持ってる・・・

オーストラリア軍のマグカップであります。



最初は、メラミン製かとおもったのですが・・・


じゃーん
46ac512c.jpg

電子レンジ使用可能と、わざわざ糸きりの奥底に説明書きが・・・

おおっ、さすがオーストラリア軍、最前線にまで、電子レンジを持ち込んでるのかっ!

と感動し、さっそく日本酒やコーヒーを温めるのに使用してみました。



ラブ


ラブ


ラブ


ラブ




で、その結果・・・
7532e632.jpg


まるで萩焼のような、無数のひび割れが発生!



落ち込み




困った




悲しい




うっ、う・そ・つ・き・ハート割れ





P.S
このマグカップ、ひび割れた破片がポロポロと剥がれ、飲み物に混じってかなり飲んでしまってます。
不良品なのか、粗悪なコピー品なのか、ホンモノだとしても、オーストラリア陸軍の少佐にはいろいろといただいたことがあるので、軍当局に抗議するわけにもいかないし・・・

ということで、あまり気にせず、引き続きキャンプで愛用しております。わはははチュー

それにしても、iigyogyoさんの公共放送初出演、楽しみであります。わくわくドキドキ大

at 01:50|PermalinkComments(7)TrackBack(0)mixiチェック ミリタリーグッズ 

2006年11月15日

懐かしのステッカー!

クルマの入れ替えに伴い、15年乗ったテラノから、貼ってあったステッカーをいくつか剥がしました。

ま、東京マルイや横浜ボンバーなど、ショップやメーカーのステッカーと、
何枚も貼ってあった某キャンプクラブのステッカーはそのままなので、


今頃は、わたくしが15年間愛したテラノ、

シベリアとかモンゴルとかの大地で、

これらのステッカーをつけて走ってることでしょう。
ううっ



悲しい



悲しい



悲しい




で、テラノから剥がしたステッカーを、記念にいくつかご紹介・・・にっこり



78fa5359.jpg

フジタさんの日本カヌー普及協会、ちゃんと会費を払ってる頃は会員だったなあ・・・






08146ba4.jpg

ミズノさんの大阪オートキャンプ協会、ちゃんと会費を払ってる頃は会員だったなあ・・・






b298e2f1.jpg

イギリス海軍潜水艦アライアンス、ちゃんと会費を払ってる頃は乗組員だった、かな???






065131a0.jpg

アメリカ、メイン州名物のカニ、ちゃんと会費を払ってる頃は・・・



たっ、大西洋にいたのかっ???ショック










予測される悲しいP.S
まだ、新しいフォレスターエアブレイクにはステッカーを貼ってませんが、
テラノ同様、キズついたところから順次貼ることに・・・ううっ



at 00:40|PermalinkComments(4)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

2006年11月11日

ファミリーキャンプ入門5 バーナー

うぐぐぐ・・・
一週間以上、記事の更新ができませんでした・・・
別にモンゴルに植林に行ってた訳ではありまっしぇん。
お風邪で寝込んでいた訳でもなく、

おっ、お仕事がぁ・・・ううっ みんなビンボが悪いんや・・・ぶつぶつ・・・

この一週間、皆様のサイトへもお邪魔できず、世界がどうなったのかも分かりませんでした。
しばらく見ないうちに、いろんな新製品情報が・・・なんと、白色LEDが発明されてるう!

って・・・閑話休題にっこり

さて、ファミリーキャンプ入門の五回目は、バーナーであります。
文字も炎になって、いつもより赤くしております。にっこり

キャンプ用のバーナー(ストーブとか、ヒーターとか、コンロとか焜炉とか、名称は色々ですが、要するに加熱調理器具であります。)には、大きく分けて使い捨てのブタンガスボンベを使うものとガソリンを使うものがあります。

ま、これ以外にも、プロパンの充填式ボンベを使うものやアルコールバーナー、
メタやエスビットなどの固形燃料や、ゲル状燃料を使うもの、
あるいは北関東の某高校ワンゲル部や、亡くなられた植村直己さんのように、
燃料の安全性から灯油バーナーを使う場合もありますが、
ファミリーキャンプでは、イワタニプリムスやEPIなどのガスボンベを使うものか、カセットガスを使うもの、そしてコールマンに代表されるガソリンバーナーが一般的であります。

きっぱりと断言しますが、

はじめてのファミリーキャンプでは、カセットガスを使うバーナーにしましょう。
しかも、普通のカセットコンロでもホントは充分なのであります。
ショック

大人数や、手の込んだ料理をするならツーバーナー(2口コンロ)も便利ですが、
わたくしオススメの、お手軽ファミリーキャンプなら、ワンバーナーで充分です。

さすがに家庭用でも、熱量が2000キロカロリー以下のものはちと不安ですし、
(わたくし、最近のキロワット表示がわかりましぇん。クルマも馬力でしか・・・)
家庭用カセットコンロには、「天ぷらガード」のような風除けは必需品となりますが、
余程寒い時期でない限り、普通のカセットコンロがファミリーキャンプではオススメです。

あらたに購入されるなら、2800キロカロリー以上のアウトドア用をオススメしますが、
それでもカセットガス式の方が、どこでも手に入りますし、お安いのでオススメであります。

ちなみにわたくし現在は、SOTOの折畳式カセットガスバーナーST-300を愛用しています。
ee34945c.jpg

これは熱量3000キロカロリーで、握りこぶし程になって、大きな鍋も載せることができますが、
家庭用の固定式でもクルマなら不自由はありませんし、
一家族分なら大きな鍋や鉄板を使うこともありませんよね。

ファミリーキャンプの頃は、わたくしも家庭用のカセットコンロを使ってました。
最初は自宅にあった1800キロカロリー程度のものでしたが、
防風の工夫さえすれば結構使えました。
最近は家庭用でも熱量の大きなのがありますね。

その後、イワタニのツインバーナー、CB-6000sを購入しました。
この記事に画像をアップするために、久しぶりに引っぱり出したのですが・・・
d02e2771.jpg


わっ、錆だらけやないかっ・・・ううっ

ちなみに中央にあるL字アングル四枚は、
巨大鉄板や巨大鍋を載せるためのアタッチメントにしてました。
アングルはあらゆるサイズがあるので、この裏ワザ、どんなバーナーにも使えます。

ま、ツーバーナーは、大人数にはいいけど、ファミリーにはどうかな、という印象でした。
CBシリーズはこのモデルの後、たしか8000とかがでてから、
フラットツインというカセット横置きタイプになったはずで、
わたくしのように、テーブルにカセットボンベ用の穴を開けなくても、
テーブル上で使えるようになりました。ううっ

さて、バーナーの大事なポイントですが、ファミリーキャンプでは、

必ず、予備のバーナーを用意しましょう。

七つ道具の中でも、バーナーとランタンだけは・・・

ガムテープでは修理できまっしぇん!

逆にいえば、バーナーとランタン以外は、ガムテープさえあれば、
何とかなるものであります。これもきっぱりとチュー


予備のバーナーもST-300のようなカセットガスタイプにするのも方法ですが、
ここはひとつ、カセットガスの弱みである寒冷地使用のできるバーナーを予備にしましょう。

イワタニプリムスの「黄ガス」やEPIの「みどガス」も寒冷地用のボンベが使えますが、
やはり、ひとつぐらい、ガソリンバーナーの着火儀式を楽しむという・・・
なにせ、ガソリンバーナーは、本当に寒い時には信頼できますので、

こんなバーナーで、こんな楽しみ方も・・・げひげひチュー


at 22:50|PermalinkComments(11)TrackBack(0)mixiチェック ファミリーキャンプ入門 

2006年11月03日

分け入っても・・・

97904012.jpg

cc06b5a6.jpg


分け入っても、分け入っても深い山  山頭火


本日、じつに久しぶりに山歩きをしてきました。

ま、お手軽な大阪南部の山なのですが・・・

大阪南部の山といえば、岩湧山(標高897m)が、ちょうどススキの見ごろ、
また、大阪の最高峰、金剛山(標高1125m)も定番で、
このふたつの山へ登る登山者が、南海高野線にも大勢乗っていました。

わたくしが歩いたのは、ちょうどその中間地点にある、

府庁山というマイナーな山であります。ううっ

標高は僅か610m、歩く人も殆どなく、トップシーズンの絶好の山日和である本日でも、
出会ったのは、三人だけでありました。
ま、岩湧山や金剛山なら、本日はバスの積み残しや増発もあったんでしょうが・・・

で、登山口である、島の谷の集落であります。
4f4be799.jpg

1d0cb612.jpg

うーむ、典型的なニッポンの秋・・・

ま、この集落の裏山に取り付くのですが、
登山者も少なく、コースもせいぜい踏み跡程度のため、道標も・・・
efeb77b4.jpg

この程度なのであります。ショック

今回は、恒例の山頂宴会はしないつもりでしたが、
プリムスP-153とメタクッカーで沸かすコーヒーが楽しみで、
ひいひいいいながら山頂を目指しました。
いやあ、久しぶりに歩くと、けっこうきついもんです。
ルートも何度か、迷いかけました。

7a52ca19.jpg

おおっ、山頂が見えてきたぞ!



で、こちらが山頂であります。
ac6ea481.jpg

東に金剛山、西に岩湧山が見えるのですが、ちょっと霞んでました。残念


で、府庁山の由来なのですが・・・


山頂にある、この石標・・・
46300203.jpg
41994aff.jpg

たった一文字、「府」、と刻まれております・・・

そう、このあたりは大阪府が管理してるので、府庁山と・・・

ほかに名付けようがなかったんかいっ!


ま、下りは反対側に抜けましたので、富田林のPLタワーなんかも見えてきました。
17c459ad.jpg


P.S
駅に到着して飲むビールは、さすがに我慢できず・・・ううっ、旨かったぁ!ジョッキ

at 21:04|PermalinkComments(12)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア