2008年01月

2008年01月14日

キャンプOFF会の収穫???

先々週の土日、懐中電灯好きのキャンプオフ会に参加させてもらったのですが、
その際、wingさんが「ultrapod」ウルトラポッドなる、めりけん製の卓上三脚を持参されてて、
それをスローシャッターで夜間撮影されてた川端さんに貸しておられました。

わたくし、ずっと以前からこれは気になっていたのでありますが、
横目でちらちら眺めて、実際触らせてもらって、とても気に入ったのでさっそく・・・


だっ、だれだ、こっそり持ち帰ったんだろう、

なんて思ってる人は怒る
・・・あっ、全員そう思われましたか・・・あははは・・・困った




めずらしく
自分で買ったのであります。きっぱりと

feb941a4.jpg
画像ではお値段が1.7kになっておりますが、会員カード提示で、1.5kほどで購入しております。
わたくしの最初の高級卓上三脚がコーナンの0.28k、
現在使ってる超高級品がHAKUBAの1.1kですから、
わたくしにとっては・・・


超ドレッドノート級高級卓上三脚びっくりということになります。わははは・・・



閑話休題


店頭には、もうワンサイズ大きい「ultrapod2」ウルトラポッド2なる姉妹品も並んでおり仕様はほぼ同じ、
ともかく便利な卓上三脚なのであります。
7cadf63f.jpg

ちなみに、上の箱絵や取り説には、ニコンFらしき一眼レフのイラストがありますが、
売り場に案内してくれた店員さんから、
「こんな絵になってますが、一眼レフは装着しないほうがいいですよ。
わたくし、何度か落としかけたことがありますから・・・ううっ悲しい
という、実体験によるありがたいアドバイスをいただいております。

まあたしかにこちらは、パワーショットG-7程度までにしておいた方が安心なようです。
一眼レフユーザーには、ウルトラポッド2のほうをオススメしておきます。



小型で、軽量(表示は2-oz、換算がわからないので落ち込み実際に計ってみたら50gでした。)、
もちろん卓上三脚としてもけっこう安定します。
dcb1d68d.jpg


で、取り説イラストにあるように、立ち木などにもベルクロで固定できるのですが、


わたくしの真の目的は・・・
ae1e334a.jpg

そう、ストックを利用した、一脚としての使用なのであります。


グリップ部分に、カメラ用のねじ山を切ったウォーキングストック(トレッキングポール)
もあるのですが、お高いし、自由雲台は付いてません。
これなら、大抵の角度で自由に固定することができますし、
ちっちゃくて軽いので負担にもなりません。

これでニャん丸さんやイルミナムさん、はたまた、ひまぱのぱさんにも負けない、
ちゃんとした風景写真や静物写真を・・・うはははははチュー

って、わたくしそういえば最近・・・
G7さえ使わせてもらえないし、山でも簡単スナップしか撮らなくなってるか・・・ううっ悲しい



感謝のP.S.と・・・

wingさん、見せていただいてついに購入を決意しました。ありがとうございました。

ところで川端さん、wingさんに貸してもらったやつ、ちゃんとお返ししたんでしょうね・・・
まさかあんた、これを奪うために・・・ショック






at 16:15|PermalinkComments(5)TrackBack(0) mixiチェック カメラ・映像・音楽 

2008年01月11日

厳冬キャンプOFF会その3

前々回記事、前回記事からの続きであります。
キャンプの時間軸では、川端さん家のブログサイトに先行されてますが、
こちらも今回、文字色はさらに冷たくなっております。わはははにっこり


先週の土日、懐中電灯好きのキャンプオフ会に参加したわたくし、
高級な日本酒をかぱかぱ飲み、四川風猫鍋をぱくぱく食べてたのですが、
夜が更けると気温がどんどん下がり、川面に水蒸気が上るようになりました。


みなさん深夜一時半ごろには、それぞれ自分のテントに入って就寝したのですが、
わたくし、深夜と夜明け前の二回ほど起きだして、
宴会用テントにあった残り物と高級酒を、がつがつごくごくしたのですが、
その時も、そんなに寒さは感じませんでした。
(いなばさん、すみません。新しい煙草をクルマまで取りに行くのが面倒で、
宴会用テントにあったパーラメントを何本か吸ったのはわたくしです。すいません)

で、翌朝、明るくなってみなさんの声がしたので起きだしてみると・・・
2252789c.jpg

c926b574.jpg
わたくしが今回使用したダンロップR-224スリーシーズンテントでありますが、
前夜にぐっしょりと付いた夜露が凍結し、テントがばりばりになっております。


で、引き続き川面からは川霧というのでしょうか、水蒸気が上がっております。ぶるぶる
c72e208e.jpg


ご承知のとおり、快晴の場合は日の出の直後が一番気温が低くなるのですが、
この河原の東側には山並があり、日が昇るのはかなり遅くなるのであります。

わたくし夜でも、タラスブルバのアンダーウェアの上にロゴス980円の薄手フリースシャツ、
その上にオーストラリアの陸軍少佐からもらった薄い軍用コットンベスト、
で、その上にNATO軍のフリースを引っ掛けただけで充分だったのですが、
朝になって明るくなってからは、ついにマクマードパーカを羽織ってしまいました。


いったい外気温は何度になってるのかっはてな
わたくしの高級なアルバツインセンサーを腕から外して、テントの外に放置しておくと・・・
b65dd1e9.jpg

まっ、マイナス16.6度ショック

まあ実際のところは、急激な温度変化でセンサーがおかしくなったようで、
一時的に気圧計、高度計も計測不能になっておりました・・・
なにせ骨董品なもんで、そろそろ最新のカシオプロトレックが欲しいぞ。ううっ

で、川端さんが外に吊るされてた、

「0度以上しか目盛りがない、軟弱な温度計」

の下がり具合と、テント内での計測を考え合わせると、
ま、最低気温はマイナス3度から4度といったところでしょうか。

わたくし、テント内でその程度の温度になったことが何度かありますが、そんな時は、
シュラフをすべて閉じて、鼻だけ出して呼吸してても、鼻が冷たくなってきます。
そんなときは、鼻にバンダナを被せるのですが、やはり苦しいですし水分が凍結して、
バンダナそのものが、やはりばりばりになってしまいました。

ま、今回は、テントの中は氷点下にはなってませんでしたので、

わたくし、シュラフのファスナーほぼ全開で寝てましたが。


へっへっへっ、こんなときのために、脂肪と炭水化物の蓄積を・・・
そういえばわたくしとやや似た体形のいなばさんも、
わたくしのファスナーなしの冬用シュラフで寝ていただいて、
「いやあ、汗をかいてしまいました。」とおっしゃってましたねえ。げひげひ

で、遅めの朝食を摂る頃にはおひさまがふりそそぎ、たちまちシャツ一枚でも暑いぐらいに。

みなさん、思い思いに撤収にかかられ、わたくしも撤収作業にかかったのですが、
ちょっと動くだけで汗まみれになってしまいました。ううっ


お昼過ぎに現地を出発、その後、川端さん主催キャンプオフ会の恒例となっている・・・


「あとは神頼みツアー」に向かったのであります。きっぱりと


昨年春の無人島キャンプオフ会では、帰りに加太の淡島神社であやしい人形を照射したりしましたが、今回は大阪府南部にある、犬鳴不動尊へ初詣・・・


不動明王にお参りする善人ファミリーと、どうしても結界内に入れない、あやしい三人ショック
62f7163e.jpg
こうしてみると、wingさんがいちばん離れてるな・・・困った



まあ、犬鳴山不動明王については、こちらのお酒を説明を・・・にっこり
426f4040.jpg



で、不動明王さまから、さらに急峻な山道を登っていくと・・・
1dc67da5.jpg



遥か彼方に、修行のための滝場が見えてきます。ひいひい
11d4610c.jpg



で、ついに修験道の道場となっている清滝堂に辿りついた三人・・・
33db13ec.jpg
右から、「滝壺に飛び込んで龍になろうか」と思案する川端さん、
中央は、「二度とこんな目に遭いませんように」と祈願するいなばさん、
左端が、「この角度から蹴っとばせば、まちがいなく滝壺の中心や」と目測するwingさん。



落ち込み




さて、この後、滝に打たれに行った三人がどのような末路をたどったのかは、
どこにも記録がありませんし、わたくしも知らぬことでございます。
ただ、あの日から、夜な夜な懐中電灯を頭にいっぱい巻きつけた三人の妖怪が現れ、
村人たちは「犬神さまの祟りぢゃ・・・」と恐れているそうでございます。

あびらうんけんそわかあびらうんけんそわかあびらうんけんそわか・・・



予告編のP.S.
ええ、いちおう、厳冬期キャンプオフ会レポートは今回でおしまいであります。
いずれまた、みなさんからのいただきものをご紹介させていただきたいと思います。
って・・・

今回も、またもらっとるんかいっびっくり

でへ、じつはそのとおりなのでございますよ・・・乞う、ご期待・・・げひげひ


使用上の注意P.S.
このレポート記事には、かなりの脚色があることを否定するものではありません。
また、このレポートの登場人物と、実在の川端さん、wingさん、いなばさんとは、
なんら関係は・・・ないこともない、こともない、か・・・にっこり








at 23:03|PermalinkComments(9)TrackBack(0) mixiチェック フラッシュライト、ランタン | 川下り、キャンプ宴会

2008年01月09日

厳冬キャンプOFF会その2

前回記事の続きであります。
文字色もビミョーに、前回記事より冷たくなっております。困った

さて、先週の土日に、懐中電灯好きの集まるキャンプオフ会に参加し、
昼間は、とても暖かいぽかぽか陽気だったのですが・・・

いよいよ暗くなってきたので、みなさんいろんなライトをだされ、
わたくしのL型3兄弟やノーススターガソリンランタンも登場。
b1c2957c.jpg
って、L型ライトはすべて、wingさん、森のプ~さんのMOD作品なんですが・・・


で、いよいよ本日のメインディッシュである・・・


四川風「猫鍋」の登場!


あは


あはは


わはははは



じゃーん

be122793.jpg
まあ、ただのカマボコなんですが、鍋の中に数十枚は入っております。
ちなみに翌日まで煮込むと、きてぃちゃんがどす黒く変身しておりました・・・



で、屋外宴会はずっと続いていたのですが、わたくし久しぶりの高級な日本酒で、
すっかり酔いが回り、しばらく自分のテントで仮眠してしまいました。


で、起きてみるとかなり寒くなってたので、みなさんを二次会会場である、

冬期宴会専用テント
に案内しました。
e0ea9368.jpg
まあ、ただの安物ドームテントなんですが、土足で入れるのが冬期用・・・にっこり

テントをよくご覧になると、ランタン以外の光源がいっぱいあるのがお分かりだと思います。

真っ暗な河原で、まるでテント自体が光源になってるようで、
まず日本中どこのキャンプ場でもお目にかかれない光景であります。困った


で、テントの中では・・・
c2ece588.jpg
うーむ、二人とも酸欠で死にかけてるな・・・


といいつつ、新しいライトがでてくると・・・
e361647a.jpg
たちまち元気になったりして・・・にっこり

まあ、ストロボ焚かなくても充分明るいんですが・・・困った
4330370f.jpg


反対側には、ひたすらイタ電する悪い牢名主がいたり・・・って、わたくしの携帯か・・・
1d976af8.jpg



ま、そんなこんなでにっこり、すっかり夜も更け・・・
だあれもいないはずの真っ暗なおそとに出てみると・・・


でたな、妖怪ぬらりひょんびっくり

5f395c5a.jpg
って、わたくしのマクマードパーカ、川端さんにはちと大きいようであります。

ちなみにうしろに写っているのが、wingさんのモンベル製シングルウォールテント、
左端にちょこっと見えてるのが、わたくしのダンロップ製フォーシーズンテントで、
こちらはいなばさんに使っていただきました。


で、このブログサイトにはめずらしく、照射画像なんかであります。にっこり
寒い中の酔っ払い撮影で、ブレブレではありますが・・・ううっ

いなばさんご持参の、FT-85というフィラメントタイプだそうで、
(追記です。ご本人からのコメントで、正しくはFM-85だそうです。ありがとうございました。)
今回の中では一番明るく、遠くまで飛びました。ううっ、いいなあ

d5af23a6.jpg

d107497e.jpg

ご覧のとおり、気温が急激に下がって川の水温との差が大きくなり、
川面からはもくもくと水蒸気が上がり、対岸まで水面を覆いつくしております。

空は快晴で、久しぶりに見事な冬の星座も見てたのですが、
この川面からの水蒸気が、テントやらクルマやらをぐっしょりと濡らし、やがて・・・

(以下次号)







at 21:55|PermalinkComments(6)TrackBack(0) mixiチェック フラッシュライト、ランタン | 川下り、キャンプ宴会

2008年01月07日

厳冬キャンプOFF会その1

えーっ、昨日、一昨日と、懐中電灯好きが集まるキャンプオフ会に参加してきました。

場所は和歌山県紀ノ川河川敷の、なーんもない吹きっさらしの河原であります。

主催者は、フラッシュライト界では「おねだいのおっちゃん」として知られる川端さん、
参加者は、関西が世界に誇るライトモダーのwingさん、
オリジナルライトの設計者であるいなばさん、
ついでに、電流と電圧のちがいさえわからない98kさん、
という、そうそうたる顔ぶれなのであります。ううっ悲しい

特にいなばさんについては、今回このオフ会参加のために、わざわざ
北海道から拉致されてきた、という方なのであります。ショック

そういえば同じく川端さん主催による、昨年春の無人島オフ会でも、わざわざ
九州から拉致されてきた、TOMOさんのお顔がありましたねえ。にっこり

いやあ、まさに日本列島をまたにかけた、すごいオフ会なのであります。

ではさっそく、当日集まったすごいライトの解説とご紹介を・・・
していただくのは川端さん家にまかせてと・・・すいません

こちらではキャンプ風景なんぞを、さくさくと紹介していきましょう。きっぱりと
f4fd3956.jpg
先に到着していたwingさんとわたくし、とりあえず宴会用の椅子とテーブルをセットして、
冬季宴会用テントを設営しようか、先に宴会をおっぱじめようか悩みながら、

「いなばさんを拉致してくるといってた川端さん、遅いですなあ。」

「やはり北海道からとなると、時間がかかるんでしょうかねえ。」

「それとも拉致の途中で官憲に捕まったか・・・」

などと会話していると、お二人が徒歩でキャンプサイトに・・・

北海道から歩いて来たのかっショック

まあ、集合地点の広場でずっと待ってたそうで、一刻も早く飲みたいわたくしとwingさんは、
そんなの無視して、着々と宴会準備をしていたのでありました。わははは

「とりあえず夜は冷えそうなので、宴会用テントだけでも設営しましょうか。」

「でも、椅子もテーブルもお酒も準備できてるし・・・」

「とりあえず乾杯しましょうか。きっぱりと」と、いなばさんのご提案で、にっこり
1287d66a.jpg

最初の乾杯は、wimgさんお気に入りのスパークリングワインで・・・
いやあ、いなばさん、なかなか手つきがいいじゃないか・・・こぽこぽこぽ・・・


「そうそう、わたくしはこんなのをお持ちしましたよ」と、いなばさんからは・・・

じゃーん
d473ef1d.jpg

「うおお、米の芯じゃないですかっ、じゅるじゅる」

「あっ、wingさん、ヨダレ、ヨダレ・・・」

で、あまり飲まない川端さんからも、高級なビールどっちゃりや金箔入り月桂冠の一升瓶が、
wingさんからはスパークリングワイン以外にも「おでんでん」や「風の森」が、
わたくしも森のプ~さんがモニターをされたという「富士山麓」を持って行ってたので、
5b92b16d.jpg


ちなみに「富士山麓」には只今おまけで原酒がついております。げひげひ
2565a52c.jpg


って、ここはライトオフなのか、ただの試飲会なのかっ、がるるる

と、あきれ果てて、クリスマスツリーづくりに精を出す川端さん・・・頼んだのはわたくし・・・
dd7c1a88.jpg



「まあまあ泣かないで、こんなのもお持ちしましたよ。」と、いなばさん
9da9baba.jpg
いなばさんデザインのオリジナルライトであります。
アダプターの脱着により、リチウム電池でも単三電池でも使えるようになっています。


「まあまあ、ライトのお話は暗くなってからでいいじゃないすか・・・
それよりこちらが本日のメインディッシュですよ・・・げひげひ」とわたくし・・・
849ac2c7.jpg


「あっ、メインの四川鍋をやる前に、焼き肉なんぞをいきましょう。げひげひ」
288719a3.jpg


「やっぱりキャンプは冬でも焼き肉がないとね・・・がははは」

「わははは、愉快愉快。さあどんどんいきましょう、こぽこぽこぽ」

「ありゃりゃ、いつのまにか暗くなってるぞ・・・」

767421fa.jpg


そう、焼き肉宴会のあいだに、あっという間に日は沈み、日没と同時に、
それまでシャツ一枚でも暖かだった気温が・・・
急激に下がりはじめたのであります。(以下次号)






at 22:00|PermalinkComments(12)TrackBack(0) mixiチェック フラッシュライト、ランタン | 川下り、キャンプ宴会

2008年01月04日

古いダウンウェアがでてきた!!!

えーっ、新年早々ではありますが・・・
明日からの一泊キャンプOFF会に襲いかかろうと参加しようとしているわたくし、
じつは年末年始に、冬物のダンボール箱を探し回っていたわけであります。

で、なんと、古いダウンウェアがふたつもでてきたのであります。まる

一昨年の2月に、ダウンジャケットシリーズと称して、
THE NORTH FACEのマクマードパーカ新品と古いヌプシジャケットを紹介して、
これでおしまい、とか書いていたのですが、すっかり忘れておりました。いやはや


でも、今回の発掘により、明日からのOFF会で、寒い思いをしないですむ・・・のかっはてな




ひとつめは、IBS石井スポーツ、オリジナルのダウンベストであります。
a10eec5e.jpg

5912bc71.jpg

こちら、30年以上前の製品であります。これはきっぱりと

当時、エディバウアーなど一流外国ブランドのダウンベストは高嶺の花、
ましてやダウンジャケットともなると、エベレストなどの海外遠征でもない限り、
アマチュアの登山者が入手できるお値段ではありませんでした。一部のぶるじょわを除いて・・・

で、わたくしがはじめて購入したダウンウェアがこれだったのであります。

まあ、フェザーの量が多いんでしょうね、なかなかしっかりした「芯」があります。にっこり

それでもかなりちっちゃくなりますので、寒い時期には重宝したものであります。
それにしても何年ぶりでお目にかかったんだろう・・・あな、懐かしや・・・




で、もうひとつでてきたのが、THE NORTH FACE、ザ・ノースフェイスのダウンシャツであります。
de33c67a.jpg

6b6e6a79.jpg

6b5d0be2.jpg
こちらはごく少量のダウンの入った高級シャツで、はるか昔に、職場の後輩からいただいたもの・・・
そういえば高級ブランド品はめったに自分では買わなかったもんな・・・ううっ

こちらもおそらく、30年以上前の製品であります。

わたくしの何かのお祝いで、彼が愛用してたものを奪ったいただいたのですが、
それからしばらくして、彼はがんに侵され、若くして亡くなってしまいました。
ですからこちらは、彼の形見ということになりますね。

そういえばわたくし、アウトドア仲間とずいぶん死別してるなあ・・・

彼とも職場の仲間で、よくキャンプしたものなあ・・・

わたくしとキャンプすると、みんな若死するのかなぁ・・・ううっ・・・悲しい


おっと、閑話休題であります。


どちらもしっかりとしたつくりで、まだまだ使えるのですが、致命的な欠陥を発見してしまいました。


古いIBSのダウンベストが日本のLサイズ、同じくノースフェイスのダウンシャツがアメリカのMサイズ、

つーことで・・・


そう、どちらも、今のわたくしには・・・・

はっ、入らねぇ・・・という、致命的な欠陥が・・・
ホックさえ止められましぇん・・・ドクロ


で、結局は・・・
キャンプOFF会への参加承認を得るための、
奥様へのプレゼントになったというお話・・・

あは落ち込み

あははは・・・はぁ落ち込み

えーん悲しい




わくわくのP.S.
ただ今から、明日からのキャンプOFF会の準備であります。わくわく
寒さ対策は、たっぷりの安物脂身とカプサイシンと安酒で決まりと。
バーナー、ランタン、は準備完了・・・あとは・・・
おっと、懐中電灯を忘れていたぞ・・・
まあ、だれかのやつを貸してもらって、そのまま持ち帰ればいいか・・・げひげひにっこり








at 21:03|PermalinkComments(10)TrackBack(0) mixiチェック その他アウトドア