2008年04月

2008年04月30日

愛車、ということ



(期間限定 G.W.熊野キャンプ宴会のお知らせ記事はこちら)

(こちらも期間限定 6月モンゴル植林ツアーのご案内記事はこちら)



えーっ、大阪では4月25日夜に放映された「探偵ナイトスクープ」とゆー番組で、
20年以上、50万キロ以上乗った、愛車のランドクルーザーを廃車するご夫婦からの、
何か最後の思い出になることを、という依頼をやっておりました。

わたくし番組を見てて不覚にも、おいおいと泣いてしまいました。

たしか40代のご夫婦で、娘さんが今年16歳でしたから、結婚前からの愛車で、
古い記念写真も紹介してましたが、結婚前のデートにはじまり、
家族での旅行にもずっと使い続け、あちこちドライブされてたようであります。
修理も部品交換もできなくなって、廃車せざるを得なくなったとか・・・

わたくし、モノに対する愛着というのは、そんなにないほうなのですが、
家族の思い出の詰まったクルマを手放す、ということで、家族全員が泣いてる、
という気持ちが痛いほど伝わってきて、思わずホロリとなった次第であります。

じつはわたくしにも、結婚前から十数年、乗っていた愛車がありました。

こちらの記事の後半と追記に書いておりますが、、ワーゲンビートル1976年製1200LEであります。

結婚前の奥様とのドライブ、結婚後は長男の出産や実家への送迎、次男誕生時もまた・・・
そして、家族でのドライブ、キャンプ、川下り・・・
楽しかったこと、ひどい目に遭ったことが次々と走馬灯のように・・・

次男が生まれる以前に、はじめて家族三人で行った十津川温泉郷・・・
長男にとっては最初で最後のクルマ酔いが、その時の金剛山越えでした。

やがて次男が生まれ、まだおしめをしたまま、あちこちのキャンプや川下りに・・・
リンク記事の奈良でのキャンプが、家族四人とビートルのお別れキャンプともなり、
記事にある記念写真を撮ってもらったのですが・・・

フジタの二人艇やプリヨンのインベーダーをカートップして、家族四人、
ほんとに、このビートルにはお世話になりました。

で、じつはわたくし、結婚前にビートルを購入してから、子どもができるまで、
ちまちまとビートルのミニカーを買い集めておりました。
その後、長男や次男のおもちゃになり、大半は破壊されてしまったのですが、
今回は感傷に浸って、一部実家に残ってた、ビートルミニカーの画像であります。

f09e2f89.jpg
こうして傷つきながらも生き残ったのは、半分以下でしょうか・・・ううっ悲しい



たかがクルマ、しょせんクルマ、

でも愛車との思い出とゆーのは、

わたくしにとっては、家族との思い出とともに、

ずっと生き続けるのであります。
たぶんきっぱりと





さらに感傷的なP.S.にっこり

奥様から聞いた、長男が初めて話した「文章」が、わたくしのワーゲンビートルを指さしての、
「と、ぼぼぼ、げん」(お父さんの、ぼぼぼ(と音のする)、ワーゲン)だったとか・・・

さすがに次男には、ワーゲンビートルの記憶はあまりなく、四歳から十八歳まで共に過ごした、
ニッサンテラノの思い出がほとんどのようですが、長男は水色のワーゲンをはっきりと覚えているようです。

ま、ふだんの生活ではクルマはほとんど使わず、キャンプや家族での遠出の時だけ、
クルマでおでかけ、というパターンでしたので、
よりいっそう、家族の思い出と結びついているのでしょうか・・・

特に子どもたちが小さい頃の家族の思い出が詰まった愛車が、このワーゲンビートルでした。
一昨年から乗ってるスバルフォレスターでは、今後、老夫婦二人の思い出か・・・ううっ悲しい

そういえば独身時代も、このビートルであちこちいったはずなのに、
あまり鮮明な記憶は残ってませんねえ・・・
やはり、思い出したくない悲しい記憶ばかりだったのね、独身の頃は・・・ショック





at 21:38|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック その他アウトドア 

2008年04月26日

キャンプレシピ・・・

(期間限定 G.W.熊野キャンプ宴会のお知らせ記事はこちら)

(こちらも期間限定 6月モンゴル植林ツアーのご案内記事はこちら)




えーっ、またまたご無沙汰しておりました。すいませんお仕事疲れでずっと風邪気味・・・ううっ


で、またまたとーとつですが、こんどのG.W.熊野キャンプ宴会の・・・


レシピつーか、分担表であります。

じゃーん
3d195a10.jpg

578f35d5.jpg

97b4380a.jpg

2c18cd62.jpg


ただし、剣鉈コレクターさんチームのレシピ、

であります・・・これはきっぱりと
にっこり

この分担表は五人分のみだそうで、右半分にそれぞれの持参者名と注意書きがびっしりと・・・
ちなみに、個人のアルコールやおつまみ、残り五人の料理などはまた別だそうであります。



いっぽう、いつもこのチームと合流する、飲んだくれとライトマニア混合チーム、
こちらも約十名の予定なんですが、のチームリーダーである、
98kさんから、チーム全員への指令であります・・・





「こっちは、ま、てきとーに・・・以上。」









業務連絡P.S

今のところ、懐中電灯好きの参加予定者は、川端さん、wingさんの二組、
剣鉈コレクターさんチームは、この分担をした五名のほか、
ほぼ同数が参加して約10名、別の料理もされるようです。

こちらもほぼ同数になりそうですので、合計20名ぐらいになりそうです。
まあ単身なら、取り皿だけ持参でも、充分かも知れませんぞ。ひひひひ

あっ、わたくし、ワンパターンの歴史と伝統の、焼肉とキムチ鍋は用意しますので、
追加の肉や野菜はてきとーに・・・へっへっへにっこり

さてさて、この週末で風邪を治して、完璧な準備をしておかねば・・・
安物肉と第三のビールは直前でいいな・・・
あとは・・・ま、てきとーでいいか・・・

そうそう、川下りをされる方は、早めに連絡をお願いしますね。
水漏れカヌーや、浮かないP.F.D(ライフジャケット)の準備がありますので・・・ドクロ







at 14:55|PermalinkComments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 

2008年04月21日

哀しき三代目、IXY910IS

(期間限定 G.W.熊野キャンプ宴会のお知らせ記事はこちら)

(こちらも期間限定 6月モンゴル植林ツアーのご案内記事はこちら)



えーっ、すでに何度か書いておりますが・・・
わたくし、2005年春に、はじめてのデジカメ、キャノンIXY50を購入し、
それをきっかけに、このブログサイトを開設しました。

その後、2007年春には、二台目になるキャノンパワーショットG7を購入しました。

IXY50はちっちゃくてデジタルマクロが便利、G7はシャッター優先や絞り優先など、
ある程度本格的な撮影もできて、この二台はけっこうお気に入りでありました。

ところが現在は二台とも、その便利さに気づかれた・・・

奥様のほぼ独占的使用状態となってしまい、困った

まあ壊すわ汚すわ、カードはすぐいっぱいにするわ、バッテリーは失くすわ・・・悲しい

とゆー悲惨な状況となり、やむを得ずついに先週・・・
三台目となる、キャノン、IXY910ISを購入したのであります。哀しくもきっぱりと

じつはわたくし、二台目購入の際に、デジタル一眼レフもかなり検討したのですが、
わたくしのデジタルカメラの使い方、つまり、ほとんど480×640サイズでしか記録しないし、
めったにプリントもしない、それに撮影に本格的に凝りだすと、
ついつい夢中になって他のことがほったらかしになってしまう、という性格もあって、
デジタルはコンパクト、という結論に達したのであります。ややきっぱりと・・・
ま、大きなタマのレンズで、絞り込んだり、ボケ味を出したりとゆーのは、
じつは今でも、たまらなく魅力なんですが。

今回購入のIXY910ISは、大きさや画素数などは前の二台の中間あたりで、
中途半端な入門機種、ともいえますが、35mmフィルムカメラ換算で、
IXY50が35mm~105mm、G7が35~210mmのズームであるのに比し、
IXY910ISは、28mm~105mmのズームになっており、ま、広角側28mmとゆーのが、
今回の機種選定の大きな理由なのであります。

ま、詳細はキャノンのサイトでも見ていただくとして、
今回はこの三台による照射比較撮影比較をやってみました。

奥様のリュックとウェストポーチから、こっそりと二台を抜き取り・・・
そういえばこのリュックとウェストポーチだって、
わたくしのお気に入りだったやつじゃないか・・・がるるるる怒る

とっ、ともかく、三機種ともについてる室内パーティシーンで、マクロモードにセット、
最もワイド側、つまりスイッチを入れたときのままの画角でノンストロボ、
あとはカメラ任せの手持ち撮影とゆー、正確無比な撮影比較なのであります。にっこり


まずはパワーショットG7による撮影画像・・・
9fc76e3e.jpg
左が今回購入のIXY910IS、右がIXY50であります。

4fa13802.jpg
同じくG7による背面の様子。
液晶モニターは、2インチから3インチに大きくなっただけでなく、
クリアライブ液晶とかになり、とても見やすくきれいで、キズもつきにくいとか。
それにしても、貼り替えてあげたばかりの保護シールが、すでにキズだらけやないかっショック
いったい、どんな使い方しとんねん・・・ううっ
ちなみに910ISにも、100均の保護シールを貼ってあります。きっぱりと


で、こちらが、IXY50による撮影画像・・・
41182a7a.jpg
IXY50には、手振れ補正機能がないのですが、あまり違いがわかりませんね。
この画面サイズではわからないのか、それとも・・・
わたくしの高度な無呼吸静止テクニックのせいか・・・チュー

a69031d1.jpg
G7の液晶モニターは2.5インチ、最新のG9は左の910ISと同じ3インチだそうであります。
それにしてもG7の保護シールもキズだらけに・・・ったく・・・


で、以下が、910ISで撮った画像
9310f2ad.jpg
左がIXY50、右がG7であります。
やはりこの程度では、28mmと35mmの差はわかりませんね。
やや歪みが生じているような気もしますが・・・

080f1f7d.jpg
2インチ液晶のIXYに比べて、2.5インチのG7のモニターはでかい、と思ったのですが、
今回購入の910ISの3インチクリアライブ液晶は、正直かなりいい感じです。ラブ

ただ、ごらんのとおりこの二機種には付いてる、ファインダーが付いておりません。
まあG7では、フィルム一眼レフのような使い方もしてみましたが、
IXY50では、ほとんどファインダーは使わなかったのでいいのですが・・・
長期間バッテリー充電できない時などには、やはり欲しいところですね。
でもデジタル一眼にも、どんどんモニターが付いてるし、おなじみになれば、
モニターで確認して画像を撮る、というスタイルもいいものですね。

それにしても、こうして三台で撮影してみると、同じキャノンの同じモードなのに、
かなり色調などは異なりますね。ホワイトバランスも全部オートなんですが。
ちなみにシャッタースピードや絞り値、ISO感度設定も毎回ばらばらでした。

って、撮影比較はこれだけかいっにっこり



で、話は変わって、910ISにぴったりのケースをがらくたの中から探し出したのですが・・・
f12d8c23.jpg
左は100均の羊皮製、右は防水タバコケースであります。
特に右のケースは、奥様がIXY50を入れて熊野川下りでお使いになり、Oリングを失くしたもの。
以後がらくたとなっていたのですが今回、ゴム紐をOリングがわりに木工用ボンドで装着、
見事復活した次第であります。って、これで防水性はあるのかっはてな


まあこれで、専用ケースもできたし、あとは・・・


予備バッテリーの携帯をどうするかはてなはてなはてな

とゆー難問に、またまた行き詰っております。
IXY50は、ぴったりに調整した100均ケースに、たまたま内ポケットがついており、
G7には、みなさんからのコメントでご教示いただいた、
ぴったりのケースをストラップに装着することができました。

でも今回は、ネックストラップの必要もなく、一緒に羊皮ケースに入れておくと、
いずれは必ず落とすだろうし・・・
また、みなさんのお知恵をご教示ください。すいません




で、哀しい予測P.S.

今回購入した910ISだけは、「わたくし専用であんたには絶対使わせない。」と、
奥様にはきっぱりと宣言しており、いちおう納得してるのですが・・・

じつはまだ、広角28mmがついてることに気づいていないだけでありまして・・・
これに奥様が気づかれた時点で、たちまち使われてしまう可能性が・・・

とゆー次第で、記事のタイトルどおり、哀しき三代目としての運命も予測されるのであります。ううっ困った







at 22:22|PermalinkComments(8)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック カメラ・映像・音楽 

2008年04月18日

'08年モンゴル植林ツアーのお知らせ



しばらくご無沙汰しておりました・・・いっ、異動先の、職場がですね・・・ううっ悲しい

とっ、ともかく、6月の植林ツアー日程が確定しましたので、取り急ぎのご案内であります。


2008年6月

炎モンゴル植林ツアーのご案内炎


期間 2008年6月15日(日)から21日(土)までの七日間

ちなみに15日の出発は、関西空港14:00発、または成田空港15:00発の選択が可能、
21日の到着も、関西空港13:00着、または成田空港13:45着が選択可能です。

今回は、ウランバートル近郊での地元の学生たちとの合同植林活動や、
その後の学校訪問、交流も予定していますが、残りの日程はすべて観光であります。

ま、観光といっても、バスで数百キロ、ひたすら草原を走ったり、
ゲルでキャンプしたり、モンゴル帝国の旧都へ行ったりしますが・・・
で、帰りには、開幕直前の北京オリンピック施設の見学なんかも・・・にっこり

で・・・

費用 東京発247,000円、大阪発254,000円、で別途、

団費に会員4,000円非会員9,000円、査証に8,600円が必要であります。すいません

で・・・

申込締切 '08年5月7日となっておりますが、

すでに仮申し込みがかなりありますので、少しでも興味のある方はお早めに、
この記事へのコメントか、わたくしへのメールをお願いします。
コメント投稿の際に、コメントフォームのEmail欄にアドレスをご記入いただければ、
こちらから、詳細情報をメールさせていただきます。
ちなみに、メールアドレスはコメントには表示されません。

と、ここまで書きましたが・・・



今回もわたくし自身、参加できるかどーか、

まだわからないのであります。ううっ
  しっ、仕事がぁ・・・悲しい




ま、わたくしが参加した場合は、どこかの観光を一人だけカットして、

モンゴル陸軍公式射撃プログラムに参加して、

AK-47をフルオートで撃ちまくるびっくり


予定ですので、その節はぜひご一緒しましょーね。げひげひチュー





それではみなさん、

またモンゴル陸軍射撃場で逢いましょう
435c7f93.jpg





もっ、もとい・・・ショック




ゲル大宴会で逢いましょう
64f27a33.jpg





もっ、もっと、もとい・・・困った





モンゴル植林現場で逢いましょうにっこり
139872fd.jpg



4月27日追記です。
やはりわたくし、今回は仕事の都合で参加できなくなりました。悲しい
申込み締切は5月7日となっておりますので、興味のある方はご一報下さい。
次回の植林ツアーは、来年2月、アマゾンの熱帯雨林の予定です。









at 22:55|PermalinkComments(8)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 沙漠緑化・熱帯雨林再生 

2008年04月13日

本邦初公開!本棚!



期間限定 G.W.熊野キャンプ宴会のお知らせ記事はこちら



とーとつに、わたくしの書斎そのもののご紹介なのであります。にっこり

正確には、実家の二階の一室で、他の一室はアウトドアグッズなどの物置と化しております。

前回記事へのTOMOさんからのコメントの中に、
「本棚を見れば、その人がわかる・・・」といった内容の部分があり・・・

おおっ、そうだったのか、それならいっそのこと、このブログサイトで自己分析してみようと・・・へっへっへ



にっこり



にっこり



にっこり



にっこり




じゃーん
070272e0.jpg



って・・・

書斎とゆーより・・・

こっちも物置やないかいっ!
ううっ


ショック


ショック


ショック




で、本棚にズームアップしてみると・・・
5a9524ed.jpg
茶の湯にカメラメーカー社史にSFXにマンガ・・・





にっこり






32e86e80.jpg
戦史にミリタリー関係に大林宣彦ね・・・
上にのってるのはサリンジャーに、SFマガジンのインデックスか・・・




にっこり





5466a334.jpg






にっこり





44a987d8.jpg
筒井康隆氏の作品は殆ど初版で揃えたな・・・




にっこり





3914d199.jpg
広瀬正氏の初版は何冊か買ってるな・・・新版登山技術から左は山の関係か・・・




にっこり





f4bd058b.jpg
いしいひさいち氏の作品に・・・




にっこり





0148dc96.jpg
古いガロもあるな・・・




にっこり





って・・・・

わたくしいったい・・・

どんな人なのかっ???








at 21:40|PermalinkComments(14)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 書斎 

2008年04月09日

「日本の川を旅する」とか・・・

期間限定 G.W.熊野キャンプ宴会のお知らせ記事はこちら


ええー、とーとつですが、「書斎」カテゴリの第二弾であります。

前回は、わたくしの山歩きやキャンプのバイブルとなった、

「バックパッキング入門」や、「遊歩大全」を紹介
しましたが、

今回は、わたくしの川下りに大きな影響を与えてくれた・・・








3b6bbe8b.jpg

野田知佑氏の名著「日本の川を旅する」であります。

正確には、この本を読んだのは、わたくしが川下りをはじめてからですから、
この本をきっかけに川下りをはじめた、というわけではありませんが・・・

わたくしが川下りをはじめた20年ほど昔の日本には、川下りのガイドブックなどはなく、
仲間から聞いていたこの本を、まあ、ガイドブックとして購入したわけであります。

ところが、読んでみるとこれがなかなか面白い・・・

早稲田のボート部時代、化学物質、重金属汚染で細菌さえ住めなくなってたとゆー、
高度成長期の真黒な隅田川を漕ぎ、その後、世界中を放浪していた氏が、
当時、唯一国産化されていたフジタカヌーのファルトボート(フォーディングカヤック)で、
日本の川をあちこち下った時のエッセイで、気心がわかるというか、
「そうなんや、そのとおりの気持ちになったんや。」というか・・・

文章自体に味があるのはもちろんですが、雨の中の停滞や橋の下でのキャンプ、
地元の人たちとの会話など、ほんとに川を下る楽しみが凝縮されてました。

わたくしの買った、この新潮文庫版が1988年刊行の第八刷、その第一刷は85年、
単行本が「日本交通公社」びっくりから刊行されたのが、その三年前の82年、
さらに雑誌「旅」に、この連載が始まったのがその二年前の80年、ということですから、
わたくしが川下りをはじめたのは、この本に書かれた状況からほぼ五年後、
ちょうど文庫版の第一刷が出た頃、ということになります。

まあ、最初の数か月は、スポーツショップで申込書を偶然見つけた、
木津川の笠置にあったフジタカヌーのスクールに通い、
「少なくとも一年は、木津川以外は下らないように。
同じ川でも、季節によって大きく変わるから、まずそれに慣れて。」という、
藤田社長直々の指導どおり、ずっと木津川で練習、その後あちこちの川へ遠征するようになりました。
さすがに氏のような単独行はできず、たいていフジタの二人艇での二人旅でしたが・・・

この本で紹介されている川は北海道の釧路川から九州の川内川まで全部で14本、
この中では、わたくしが知っているのは熊野川と江の川の2本だけですが、
特にはじめての江の川では、この本を大いに参考にしました。

ま、わたくしの場合は四国の吉野川と和歌山のいくつかの川が殆どでしたが、
当時は川下りをする人がまだまだ少なく、けっこう珍しがられたものでした。

この作品以来、すっかり虜になったわたくし、わりと氏の作品を読むようになりました。
52f417a1.jpg


日本の河川行政への不満をぶちまけ、最初の頃はなげやりに書いてたのが、
やがて自分でも、いろんな運動の助っ人もされた人で、
日本での川下りブームの火付け役になったのはもちろん、
河川環境保護活動への影響力も大きかったと思います。

わたくし、このエッセイがきっかけで、椎名誠氏のエッセイも読むようになり、
この世界がまた、わたくしの過ごしてきたキャンプ生活とあまりにもそっくり、
で、小説を読むと、これがまたわたくしの感性にぴったりでSFもあって・・・

とととと、今回は野田知佑氏の作品のご紹介でした・・・にっこり



で、熊野川を下る野田知佑氏・・・


5c1d5919.jpg


なのかっ???   ここまで腹は出てなかったはず・・・




at 21:21|PermalinkComments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 書斎 | 川下り、キャンプ宴会

2008年04月05日

熊野キャンプのお誘い

ちと遅くなりましたが・・・

2008年G.W

恒例・熊野キャンプ宴会のお知らせにっこり


なのであります。ややきっぱりと

とりあえず、昨年のG.Wキャンプはこんな感じでスタート、以後延々と続き、

脱落者や行方不明者が続出したような、しなかったような・・・困った


ちなみに、はじめて懐中電灯好きのみなさんにも来ていただいた、

一昨年のG.Wキャンプはこんな感じでした。

みなさんお元気で帰られたような、そうでもなかったような・・・困った



まあ、上記のリンク記事なんぞもご覧になって、怖いもの見たさに、参加してみようかな、
とゆー、奇特な方がおられましたら、コメントフォームのメールアドレス欄に、
メールアドレスをお書きの上、この記事へのコメント投稿をお願いします。
(メールアドレスはコメントには表示されません。)

こちらから、詳しい場所などをメールさせていただきます。

例によって、わたくしの家族や川下り仲間が何人来るかも未定であります。
基本的に自分のエサと飲み物、テント、カヤック、おもちゃなんぞは各自で、
各自てきとーに来て、てきとーに遊んで、てきとーに帰る、とゆー、
てきとーなキャンプであります。

ま、足りないものは、事前に連絡いただければ、わたくしがてきとーに用意します。
高級ライト以外、たとえば・・・
安物肉とか、雨漏りテントとか、水漏れカヤックとか、危険運転での送迎とか・・・にっこり


以下に、いちおうの日程なんぞをご案内しておきます。


日時 2008年5月3日から5月5日ごろまで

場所 熊野川中流域の何もない河原(水洗トイレと水道はあります。)



内容 昼食宴会→夕食宴会→フラッシュライト照射宴会

→マチェット振り回し宴会→夜食宴会→朝食宴会
     
→川下り宴会→昼食宴会→以下繰り返し・・・



わたくし自身、人事異動があったりで、今後の予定がどうなるかわかりませんが、
ま、お気軽にコメント、場合によってはご参加下さいね。

それでは・・・







キャンプで会いましょうラブ


350b22bc.jpg


38eddc9e.jpg






at 01:20|PermalinkComments(5)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 

2008年04月01日

ライトつきライターつきの・・・

えーっ、今日から四月であります。
新入生や新入社員にとっては、本日が新たなるスタートであります。
また、古参のサラリーマンにとっては、人事異動の時期でもあります。


わたくし、きっぱりと、左遷異動になりました。あははは困った

今まで以上に、お忙しい部署へ・・・ううっ
今まで以上に、お休みが取れそうもなく・・・ううっ
次回キャンプの目途もまったく立たなくなり・・・ううっ
ましてや、植林ツアーの目途など、真っ暗やみ・・・ううっ

まあ、本日だけはいちおう、歓迎会なんぞも催していただき、
先ほど帰宅したのでありますが・・・

ドリコムブログさんも不調のようだし、次回の記事更新もいつになることやら・・・うぐぐぐ

と、悲観ばかりしてないで、明るい話題をご紹介しましょう。


ま、あいかわらず、おまけ付き煙草があるとついつい買ってます・・・にっこり


じゃーん
5b2774f0.jpg
新発売、シトラスメンソールのケントに、おまけライターが・・・



b6cc2498.jpg
けっこう大きめのライターであります。



143f8a69.jpg
んで、底部にLEDライトと、なにやらちっちゃな穴が・・・


0912d7f5.jpg
スイッチ部は、ロック機構のあるスライド式であります。




で、このスイッチをスライドしてロックすると・・・
b7d87704.jpg



これ、おまけライトつきライターつきの、

ボールペンだったのであります。拍手



a72369fc.jpg




んで・・・
60fca388.jpg

ef2b5631.jpg



シトラス(柑橘)色のLEDライトに、緑色インクのボールペン・・・


わははは、これは明るくて便利びっくりびっくりびっくり

なのかっはてなはてなはてな
困った







at 23:35|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック フラッシュライト、ランタン