2008年05月

2008年05月06日

08・GW熊野キャンプその1


わははは

なんとか恒例の、GW熊野キャンプに行ってきました。



今年は、四月に人事異動もあり、どーなることかとやきもきしてましたが、
いちおう暦どおりに休みが取れ、五月三日から五日までの二泊三日、
恒例の熊野川中流域で、キャンプと川下りを楽しんできました。

じつは最終日の昨日、パラパラと小雨に見舞われ、本日、他の用事もあって、
実家でカヌーやテントを干してたとゆー次第であります。ちなみに、今日の大阪は晴天・・・

例によって、到着するなり泥酔状態となり、ほとんど画像を撮ってませんので、
今回も奥様のお撮りになった画像が大部分であります。ううっ


まずは初日の酒池肉林編から・・・
7b849fc6.jpg
いつもの広い河原も、好天のGWとあって、賑やかであります。
まあ、川下りするキャンパーが多いので、カラオケ持ち込んだり、
打ち上げ花火をするような輩は居らず、夜は静かなものでした。


しかも、トイレ近くの芝生サイトから少し離れると・・・
d14c0f46.jpg
まだまだ無人の広大な砂利浜が広がっています。


で、
ac8c4c3a.jpg
十時半過ぎに到着した、わたくしと奥様も、さっそくヨーレイカのマウンテンプリズム3を張って、
早朝到着で、すでに出来上がってた剣鉈コレクターさんやワンテンパパさんらと合流、

「まあまあまあ」 「いやいやどーもどーも」乾杯

「わははは、愉快愉快、ささっ、もういっぱい。」と・・・


結局昼までに、奥様と二人で、レギュラー缶を12本・・・
チュー


ちなみにワンテンパパさんは、わたくしが来るまでに、すでにロング缶を6本・・・ショック



で、こんなのをつまみながらですね・・・
8b9e393f.jpg
少し減ってますが・・・(天使の取り分、つーやつやな・・・げひげひ)
今年からジェット船乗り場の売店に登場した、「熊野古道弁当」であります。

各自持ち寄りの、様々な焼酎、ワイン、地酒なんぞを次々と味見していると・・・

「朝から仕込んでて、そろそろ出来上がりましたよぉ!」

じゃーん
a3a7e6e4.jpg
剣鉈コレクターさんがダッチオープンで作ったスタッフドチキンであります。

「何か、大皿に移したほうが食べやすいですね。」

「はいはい、お皿はここに。」とわたくし・・・

がつがつ、むしゃむしゃ、ぱくぱく、げふっ


ae3df5a2.jpg
ちなみに、敷いてあるステンレス皿が、わたくしの100均製・・・にっこり

この間にも、いろいろと飲んで食べて昼寝して・・・いやあ、至福のひととき・・・ラブ


で、そうこうしてるうちに・・・

「ふう、やっとこちらも、刺身が捌けましたよ。」と、
ずっと河原で作業していた剣鉈コレクターさんのお仲間から・・・

「はいはい、お皿はここに。」

「いや、もう盛り付けてきましたよ。」

「ううっ、ではさっそく・・・」

ee18d957.jpg
前夜、イサギだけでも15匹も釣った、剣鉈コレクターさんのお仲間、
この大量のお刺身以外にもいっぱい、ワタを抜いて串に刺し、炭火で塩焼きに・・・


がつがつ、むしゃむしゃ、ぱくぱく、げふっ




で、さらにさらに・・・


「こちらもそろそろ揚がってきましたよぉ」と、前回も参加されてた、
豪華クルーザーオーナーさんからも・・・

「おおっ、それではありがたく・・・」


がつがつ、むしゃむしゃ、ぱくぱく、げふっ

665d87c2.jpg
熊野灘の新鮮な魚介類を使った、天ぷらコーナーであります。
左にある、赤い天ぷら鍋の下には、彼のコールマン年代物のガソリンバーナー、
いやあ、ガソリンバーナーで天ぷらを上手に揚げるなんて、なかなかのものであります。

で、右側テーブルにあるザルの上に、次々と揚げてくれるのですが、
誰かさんが次々と試食するので、いつまでも空っぽであります。わはははにっこり


やがて午後から、wingさんや川端さん、このブログにも何度かコメントをいただいている、
わたくしの川下り宴会仲間でもある、109K4さんらも次々と到着して、
いよいよキャンプ宴会は佳境に・・・

「さあて、そろそろわたくしも安物焼き肉の準備を・・・ひっく
しかし、サーロインステーキとかもどっかにあったし・・・うぃーっ
さいぼしも、たっぷりと友人が差し入れてくれてるし・・・げふっ
そうそう、川端さんファミリーも、たしか今夜は焼き肉だったのでは・・・」

「ええ、今夜、我が家は焼き肉屋さんですよ、きっぱりと」

「なんなら、わたくしのカンテキ(七輪)をだしますのでご一緒に・・・げひげひ」

「いや、娘たちに、たとえ一切れだけでも焼き肉を食べさせたいので、
98kさんとは別に焚き火をします、これもきっぱりと」

といった会話があったかどーか、まったく覚えておりませんが・・・寝る


ともかく、危険を察知した川端ファミリーは、自分たちのテントサイトで、
焼き肉の準備をはじめたのですが・・・


まずは・・・




2fda4993.jpg
川端家ご令嬢による、神聖な火熾しから・・・ショック


やはり採火儀式からはじめるのね、川端家の焼き肉・・・
ショック





で、採火したトーチを持って、次々とリレーしたりして・・・なかったか・・・にっこり





とっ、ともかく川端家の聖火台、もとい、焚き火台に無事点火したのであります。
db40e8c7.jpg


(たぶん、次回に続きます。)



使用上の注意P.S.
記事中人物の会話文や行動は、あくまでわたくしが個人的に想像したものであり、
実際の人物の会話や行動とは一切関係ない・・こともない・・・ことはありません。にっこり



重要なヒントP.S.
えーっ、このキャンプでご一緒してたのに、自動更新とやらで記事を更新されてた川端さん、
(なっ、なぜ記事が更新できるんじゃ??? ぶっ、分身の術を使ってたのかっ・・・)
こちらの記事に、懸賞付きのコメント募集をされておられますが、
じつは今回の川端家の行動の中に、重大なヒントが隠されている・・・かも知れません・・・

とっ、ともかくみなさん、懸賞コメントの解は、「暖をとる方法」ですぞ。
「肉を98kさんに食べられない方法」ではありませんのでご注意を・・・




at 23:37|PermalinkComments(10)TrackBack(0)mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 | フラッシュライト、ランタン