2008年10月

2008年10月29日

硬化性陰影とフレックパルカ・・・






えーっ、文字色も鬱陶しい色にしてと・・・

わたくし以前、はじめての脳ドックで再検査となり・・・
その時は、思わずエーデルワイス章を買ってしまったのですが・・・にっこり

毎年受けている「がん検診」でも、今年はじめて・・・
fb860254.jpg

b625beb0.jpg


肺に硬化性陰影の疑いあり・・・ショック

さらに胃と肝臓にも異常が・・・

って、無事なのは大腸だけやないかいっ泣く



んで、仕事を昼から休んで、おそるおそる集団検診してもらった病院にいったところ、
肝臓についても胃についても、そんなにたいした数値ではなく、
いわば暴飲暴食の結果、ともかくエサを減らしなさい、とゆーことで収まったのですが、
肺については、その場で、CTスキャンによる再検査となりました。

んで、そのCT検査の結果を、またまた仕事を昼から休んで、あらためて聞きに行ったところ、
まあ、その部分は過去の炎症の痕跡か何かで問題なし、となったのですが・・・
別の個所に、ごく小さな穴が開いているのが見つかってしまいました。困った

「今はいいですが、このまま10年以上煙草を吸い続けると、やがて肺気腫間違いなしですぞ。」

と、ついに宣告されてしまい・・・

さて、どうしたものかと、病院を出たところで・・・



ついつい一服タバコして、しばし沈思黙考・・・



「ま、せっかく早く終わったんだし、今日はひとつミリタリーショップへ・・・げひげひ」


そう、脳ドックのときとまったく同じ、ワンパターン行動となったのであります。にっこり



んで、肺がん無事だった記念まる、肺気腫危なくなった記念ダメに買ったのが・・・
f107ae4c.jpg
西ドイツ陸軍の外套、フレックカモのパルカであります。

保温用のライナーは別売りでありますが、わたくしの場合、ザ・ノースフェイスのヌプシジャケットを、
インナーとして使いますので、ライナーは不要なのであります。
b90694f1.jpg



94dc452d.jpg
バウムウール80%、ポリエステル20%、1997年製となっておりますね。
(12/21追記です。ドイツ語でbaumwolleは木綿、英語ではコットンであります。)


装備の上から着込んだ場合でも、ガンベルト(保弾帯)に一瞬で手が届く配慮でしょうか、
フロントジッパーは着丈の2/3程度しかないなど、さすがに軍用のパルカらしいですねえ。
(ジッパーの外側にあるホックは裾から首元まであり、片手で引っ張れば一瞬で外れます。)


わたくし、フレックカモのリュックをはじめとして、じつは他にも・・・




d8bd3c85.jpg
シャツやパンツ・・・



0b95e491.jpg
こちらはシャツのタグでコットン65%、ポリエステル35%、



458ab3b5.jpg
こちらはパンツのタグでコットン80%、ポリエステル20%となっており、
ともに1993年製ですが、びみょーに混紡割合が異なりますね。




・・・とか・・・にっこり
d9bd06c2.jpg
お帽子なんかも、すでにいくつか持ってますので・・・

(ちなみに左のブッシュハットと、洗いざらしになった中央のベースボールキャップは民生用ですが、
右の山岳帽は、ドイツ陸軍伝統の逸品なのであります。きっぱりと。)



わははは、これで、今回購入したパルカを着込めば・・・


もはや肺に穴が開くこともない・・・のかっはてなドクロ




ちとうれしいP.S.
シャツの脇下部分やパンツの股下部分には、通気のための穴がいくつか開いているのですが、
今回購入したパルカには、脇下部分にジッパーがついてて、開閉できるようになっています。
いやあ、汗かきのわたくしには、ありがたい配慮なのであります。拍手






at 20:33|PermalinkComments(10)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ミリタリーグッズ 

2008年10月26日

Dioramania開設!!!

(期間限定のご案内)
アマゾン植林・苗木代公募ご案内記事はこちら。  11月「洞窟オフ会?」ご案内記事はこちら。




えーっ、またまたとーとつですが・・・

わたくしの友人で、以前、人気サイト「なにわ戦車隊」の管理人をされておられた、
あの著名モデラーの楽八さんが、新しくウエブサイトを開設されました。


Dioramaniaであります。きっぱりと


さっそく、左バーにあるリンク集にも掲載しましたが、内容については、
サイトトップページの文章を、そのまま引用させていただきますね。


「ようこそ!Dioramaniaは、ミリタリー・ディオラマ・ビルダーのためのウエブサイトです。
この趣味、独り黙々と作品に向き合うのが基本ですが 、たまには工作机から離れて、展示会に参加したりビール片手に模型談義に花を咲かせたり。
「戦車模型」という超マイナー な趣味、それもDioramaというコアな世界に足を踏み入れたのも何かの縁、ともに楽しみましょう。
どうぞ遠慮なくコンタクトしてください。」


つーことで、わたくしディオラマ製作なんぞとゆー高等な技術はありませんが、にっこり
(フラッシュライト製作なんぞとゆー高等な技術もありませんが・・・ううっ悲しい)

ともかく、トップレベルの有名モデラーたちの作品を見ているだけでも楽しいです。
撮影技術もすごいですし、ライティングなど、ブツ撮りの参考にもなると思います。
製作過程の画像もあり、世界中のモデラーの協力で、展示作品も今後増えていくようです。

またサイトには、ブログ形式の日記や掲示板もあって、手慣れた文章のこちらも楽しいです。

ま、こーゆーのを拝見すると、どーゆーわけか・・・
明るいHIDライトや、ちゃんとしたカメラが欲しくなってしまう98kなのでありますが、
まあ、オフ会に参加した時と同じで、物欲を刺激されるんでしょうね・・・にっこり

楽八さんも、以前雑誌に書かれてましたが、たしかにフラッシュライトマニアと、
共通する点も多いですね、ミリタリーディオラマの世界も・・・
世間的には、かなりマイナーな世界で、特にライトの製作や改造をされる方は、
高度なテクニックと最新のパーツを駆使して、工作机に向って日夜ちまちまと・・・にっこり
んで、レアな新製品が発表されると、たちまち評判となり、情報交換がさかんになったり、
自作のライトや自慢のライトを持ち寄って、オフ会やって親交を深めたり・・・
まあ、わたくしのような、電池交換さえ怪しい素人から、フルスクラッチで製作される方まで、
いろんなレベルのマニアが存在して、マイナーな世界だけに、みんな仲良くやってるけど、
中には、ひとりよがりのやつもいて、けっこう迷惑がられたり・・・にっこり

いずれにせよ、せめて仲間内では仲良く楽しもうよ笑顔、とゆー人たちが殆どなのと、
女性ファンが圧倒的に少ない悲しい、とゆーのが一番の共通点でしょうね。にっこり


ともかく、サイトの開設(復活)は、喜ばしい限りなのであります。炎祝炎




んで、今回は、せっかくの開設記念記事、とゆーことですので・・・
わたくし98k製作のディオラマ作品なんぞを、ちとご紹介・・・げひげひ
4c7a16e4.jpg

2228e4ff.jpg


モンゴル陸軍の大ディオラマびっくり スケール1/35・・・なのかっはてな

特に二枚目画像、戦車兵フィギュアのディティールがすごいでしょ、腹の出具合とか・・・


わっ、ごめんなさい、もうしません・・・ドクロ


楽八さんのサイトは、ホンモノの模型ディオラマ(ややこしいな)ですので、
ぜひ一度、この記事にあるタイトルか、リンク集のタイトルをクリックしてみてくださいね。











at 13:23|PermalinkComments(7)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ブログ日誌 

2008年10月24日

大人のUSJ やっと映画編

(期間限定のご案内)
アマゾン植林・苗木代公募ご案内記事はこちら。  11月「洞窟オフ会?」ご案内記事はこちら。



何回か連載してきた、大人のUSJシリーズですが・・・
最終回で、ようやく本題の映画編までやってきました。にっこり


わたくし、けっこう映画好きで、特にハリウッド製の派手な戦争映画、SF映画、アクション映画なんか、
だぁいすきなのであります。 しばし、つらい現実を忘れさせてくれるし・・・ううっ悲しい


今回行ったはじめてのUSJは、たまたま連休の最終日で、しかも絶好の行楽日和、

どのアトラクションも超満員!!!でした。 泣く

ただまあ有難いことに、連れて行ってもらった仲間の中に、

ガンマニアのUSJフリークにっこりが居てくれたおかげで、

フリークのみぞ知る、様々な裏ワザが使えたのであります。拍手

人気アトラクションはランチタイムに並ぶ、といった基本編から、
複数列の場合、どの列が一番早い、といった高等編までを駆使したおかげで、
混んでたわりには、効率よく廻ることができたのであります。ありがとね、ワインもおいしかったし・・・

んで、最初に向かったのが・・・
e0741916.jpg
そう、あの悪名高いサイバーダイン社であります。
この大企業が利益優先で、スカイネットとゆー巨大システムを作り上げたおかげで、
近未来に人類滅亡の危機を招くとゆー、ターミネーターシリーズのストーリー設定の中で、
いわば悪玉の本拠地なのであります。
並んでいる間にも、サイバーダイン社の輝かしい歴史や新製品の攻撃システムの宣伝をはじめ、
「家庭用ロボットから最強軍事システムまで、サイバーダイン社におまかせを・・・」とか、
「サイバーダイン社はいつでもどこでも、あなたのおそばに・・・」とか、
美辞麗句を並べ立てたコマーシャルが、そこらじゅうにあるモニターからガンガン流れ、
アトラクションも、観客は新製品の発表会場に招待された顧客、という設定で・・・
ま、内容は入ってみてのお楽しみ、とゆーことで・・・

映画のお話になりますが、1984年製作の第一作、ブレーク前のシュワちゃんを悪役として、
ジェームス・キャメロン監督が起用、そんなにお金をかけた映画でもなかったはずですが、
設定がSFとしてしっかりしており、倒しても倒しても、また蘇ってくるロボットとゆーのも面白く、
ガンアクションも当時としては凝ってて秀逸、わたくしの好きな作品でした。

で、ブレーク後のシュワちゃんと組んで、再び同監督が1991年に撮ったのが、
シリーズの中では最高傑作といわれる「T2」であります。
USJのアトラクションでも、この作品がメインになっているのですが、
ともかく、T-1000型の警官姿がかっこよかったですね。(ちなみにシュワちゃんはT-800型)
SF映画としても、ガンアクション映画としても、見ごたえのある大型作品でした。
この監督、ホンモノのガンマニアだと思いますね、これはきっぱりと。

んで、別の監督で2003年に製作されたのが「T3」で、こちらは美女の最新式T-X型が悪役であります。
(ちと調べてみたら、シュワちゃんはこの作品で、T-850型に進化してますね。にっこり)
まあ、この作品の評価には賛否両論あるようで、たしかに、???な感じがしないでもないですね。
まあ来年には、「T4」が公開予定だそうですから、それに期待しましょう。



んで、次に向かった建物が・・・
ae33df4e.jpg
シカゴ市消防局、第28分署・・・そう、あのバックドラフトの舞台であります。
こちらのアトラクションは、作品の火事撮影の舞台裏を見せるという趣向、
その意味では、いかにも映画スタジオらしいアトラクションであります。
まあ、川端さんは、本場のユニバーサルスタジオでご覧になったよーですが・・・落ち込み

わたくしこの映画や「タワリング・インフェルノ」も大好きで、
火災現場の消防士とゆーのは、まさに戦場の兵士そのもの・・・

「タワリング・インフェルノ」でも、冒頭部分、華麗なパーティとその裏で繰り広げられる罵り合いや、
欠陥建築の責任の押し付け合いとかで、さんざんごたごたして、もどかしいのですが、
消防への一報が入ってからは一転、全く無駄のない、訓練され尽くした、
きびきびとした出動シーンが、一切無言の中でずっと続き、
完全装備で現場に到着したスティーブ・マックイーンが、超高層ビルを見上げてひとことだけ、
「長い夜になりそうだ・・・」と、小さくつぶやくだけ・・・
いやあ、まさに男の美学ですねえ・・・
わたくし、このシーンを思い出す度に、今でも熱いものがこみあげてきます。悲しい

このバックドラフトも、典型的なハリウッド製戦争映画と、
全く同じストーリー展開、シーン構成、といってもいいでしょう。

新人が初めての現場(戦場)に向かうところから、数々の困難を乗り越えて成長し、
やがて殉職(戦死)した先輩の後を継いで、次の新人を連れて現場に向かうラストでは、
消防車の中で、最初に先輩に言われたアドバイスをそのまま新人にしてたりして、
走り去る消防車から、ゆっくりとカメラが引いてゆき、エンディングテーマが流れるとゆー・・・

いやあ、こちらも思い出すだけで熱いものが・・・にっこり

そういや戦争映画では、戦場に来た新兵への最初のアドバイスは、
「アタマを吹き飛ばされたくなかったら、ヘルメットのチンストラップは外しておけ・・・」でしたね。ラブ

閑話休題

話し出すと、まだまだ長くなりますので、次に行ったのが・・・
aad0bb41.jpg

5b7c6247.jpg
おなじみ、「ジョーズ」であります。

こちらは、このシリーズの記事でも、すでに紹介したとおり、
舞台となったアメリカ片田舎の港町、アミティ村を忠実に再現したエリアにあり、
シカゴエリアやサンフランシスコエリア同様、なかなか雰囲気がありました。

ひたすら大型タンクローリーに追いかけられる1971年作品「激突」で注目された、
スピルバーグ監督の1975年メガヒット作品で、ジョン・ウィリアムズのテーマ曲もあまりにも有名ですね。
新任の警察署長ロイ・シャイダーが、水が苦手で泳げない、とゆー設定もよかったですが、
なんといっても、最後まで全容を現さない巨大なホオジロザメが、一層恐怖を盛り上げるとゆー、
ホラーの真髄とゆーか、その後のこの手の作品のお手本になったとゆーか、
やはりすごい監督であります。



で、次もおなじみ、スピルバーグ監督の・・・
70bd80ed.jpg
1993年作品、ジュラシックパークのアトラクションであります。

マイケル・クライトンのSFの映画化ですが、ともかくCGによる恐竜のリアルさに感動しましたねえ。
世の中、ついにここまで来たか・・・と思ったものですが、あれから15年、
今や、パソコンのお絵かきソフトでも、かなりのCGができるようですね。
そういえば、CGでオリジナルライトを製作中の方もおられますね・・・にっこり


ちなみに・・・
7c42930e.jpg
ライドの通路にあった、ずぶ濡れ防止用のポンチョ販売機ですが・・・

やはり、恐竜迷彩とゆーべきか・・・ どこの国のテキスタイルや・・・




で、最後が・・・
e4cc2bdf.jpg
ウォーターワールドのショーだったのであります。
まあ、アトラクションは前回記事で紹介していますので、映画のほうを・・・

1995年の製作で、作品そのものは酷評されているようですが、
温暖化で海ばかりになった未来の地球の、様々な洋上のシチュエーションが面白かったですね。
冒頭、真水が貴重で、主人公のケビン・コスナーが自分のおしっこを簡易濾過して飲むシーンが、強く印象に残っています。
ショーのほうは映画よりかなり好評のようで、たしかに面白かったです。


結局、五つの作品のアトラクションを見ることができたのですが、
さすがに混んでて、見たかったE.Tやバックトゥザフューチャーなどは見れませんでした。

それと、オープン当時はあったとゆー、西部劇エリア「ウェスト・ワールド」
がなくなっていたのも残念でした。悲しい


ま、またいつか、とゆーことで、大人のUSJシリーズは今回でおしまいとなりますが、
記事の画像枚数に余裕がありますので、てきとーにスナップなんぞを・・・



49ca7102.jpg
ロイ・シャイダー演ずる、泳げない警察署長が、ジョーズ退治に使った船の模型





00102e6c.jpg
アミティ村の船着場風景、水底にガイドレールが見えてますね。にっこり





489c6221.jpg
ウォーターワールド、ヒーローはロケットランチャーで攻撃され、海に落ちるのですが・・・




3724712d.jpg
ヒロインは無事脱出・・・いやあ、このシーンは、かっこよかったなあ・・・ラブ




んで、陽が傾いてくると、雰囲気はますますハリウッドに・・・行ったことないけど・・・



60f733c4.jpg
このあたり、いかにもハリウッドのスタジオっぽいでしょ
ポップコーン屋さんがやたら多く、サマになってたけど、高かったなあ・・・困った





213c7676.jpg
モンマルトルとゆー建物もありました・・・




んで、今回、「わたくしをUSJに連れて行って」くれたみなさん・・・
2eaa5ec9.jpg
左端、一番若いのに、なかなかセンスのいいTシャツくんラブ
真ん中が、ハードバイカー、ハードカヤッカーのワンテンママさんラブ
右端モンベルフリースが、往年のガンマニア、サバゲマニアのUSJフリークさん



abc2a63b.jpg
右端の人物は・・・まあ、無視しておきましょう・・・



それにしても、やはりここには・・・

「第二次大戦エリア」が欲しかったなあ・・・チュー


史上最大の作戦、遠すぎた橋、空軍大戦略、眼下の敵、頭上の敵機、レマゲン鉄橋・・・
うわっ、みんな20世紀フォックスやないか・・・バルジ大作戦はワーナーやし・・・
わたくしの大好きな、砂漠の鬼将軍・・・ああっ、これも20世紀フォックスか・・・

そうそう、これを反対側からみた、ロンメル軍団を叩け、これはたしかユニバーサル製作・・・
でも、ドイツ・アフリカ軍団好きのわたくしとしては、ちと複雑な心境・・・
そうか、ミッドウェイがユニバーサル製作・・・うーむ、やはり複雑な心境になるな・・・








at 21:35|PermalinkComments(12)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック カメラ・映像・音楽 | その他アウトドア

2008年10月22日

大人のUSJ 水辺編2

(期間限定のご案内)
アマゾン植林・苗木代公募ご案内記事はこちら。  11月「洞窟オフ会?」ご案内記事はこちら。




わたくしのはじめてのUSJ、前回は水辺編といいつつ、食べ物やミュージカルのステージなんぞも、
ずいぶんと紹介してしまいましたが、USJで水辺といえば、何といっても・・・
7b00be85.jpg
ウォーターワールドであります。きっぱりと



会場に入る前から、それらしい雰囲気にさせてくれますねえ・・・



d9cb7a1b.jpg
なかなかのウェザリングであります。



5f79d8e8.jpg
骨で作られたボウガンとか・・・



60d9c4da.jpg
格闘用の銛の数々とか・・・



6d1b26a0.jpg
さりげに鮫皮か魚皮みたいなズボンが乾してあったりして・・・

けっこうすごい人数の行列なのですが、あまり待ち時間が気にならない工夫がいいですね。


んで、ショー前のゲームに負けたサイドの観客代表を前に整列させて・・・
6d610599.jpg




罰ゲーム・・・
b11bfe73.jpg
つーか、これを楽しみに来てる子どもたちみたいですねにっこり


ショーがはじまってからも、ポートの水しぶきや、出演者のアクション、様々な仕掛けで、
観客席にも、しょっちゅう水が降り注いできます。
前の方の、水色のシートが「ずぶ濡れ席」、その後方も、ある程度までは「かなり濡れる席」となっており、
わたくしは、水色シートのすぐ後ろに座ってたので、「かなり」濡れました。大波



まあ、ショーのストーリーなんかは紹介できませんが・・・



b4274d89.jpg
ヒロインが悪玉に捕まって・・・




5661751f.jpg
ケビン・コスナー似のヒーローが救出に登場・・・




262ba2aa.jpg
大銃撃戦となり・・・



2ce5661e.jpg
ロケットランチャーや・・・



649336d6.jpg
いろんなタイプのガンボートや・・・



ddc0e403.jpg
飛行艇まで飛んできて・・・



ともかくすごい、炎と煙と水の大戦闘スペクタクルショーなのですが、
消防法違反で摘発されるまでは、火薬の量も半端じゃなかったようで、
その頃に見ておけばよかったと後悔しつつも・・・




e18243fa.jpg
最後はもちろんハッピーエンド・・・


ハリウッドアクション映画の基本をきっちりと押さえているのであります。拍手



db7ab704.jpg
ちなみにこちらは、コカコーラの提供番組でした。にっこり






くだらないP.S.
えーっ、じつにくだらない話ですが、もうすぐ22日の22時22分になりますので、
それを待ってこの記事をアップするのであります。
まあ、日常生活の喜びとゆーは、こんなものなのでありますね・・・あははは悲しい









at 22:22|PermalinkComments(8)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック その他アウトドア | カメラ・映像・音楽

2008年10月19日

大人のUSJ 水辺編と・・・

(期間限定のご案内)
アマゾン植林・苗木代公募ご案内記事はこちら。  11月「洞窟オフ会?」ご案内記事はこちら。





わたくしのはじめてのUSJ、前回のクルマ編に続き、今回は水辺を中心に・・・



と、いいつつ・・・
25e3fadd.jpg
正面ゲートなんですが、その中に見えるコースター、これを拡大すると・・・




bb84ef42.jpg
まあ、これは水に飛び込むわけでもないのですが・・・テーマパークのお約束とゆーことで・・・にっこり




fc6d88ec.jpg
こちらはジュラシックパークめぐりのラフト風のおフネ、こちらはちゃんと・・・




44eecb66.jpg
このように、盛大にダイブするのであります。
わたくし船べりに座ったので、全身ずぶ濡れになりましたが・・・大波



20d99463.jpg
こちらはアミティ村のレストランから見た船着場。
右下のおフネで廻るのですが、ショットガンを構えた、かわゆい船長さんが大活躍して守ってくれます。
わたくしは、やはり船べりに座ったので、またずぶ濡れになりましたが・・・大波


しっかし、これと同じような趣向の水上アトラクションになった・・・


「地獄の黙示録」はないのかっ怒る そうか、映画会社がちがうからか・・・


とか、わいわい映画談義しながら、アミティ村で食べた当日の昼食・・・
ff6b6255.jpg
ピザにフライドチキンにフレンチフライにビール・・・アメリカですねえ。
(持ち込んだモーゼルワインやモルトウィスキーをかぱかぱ飲んでたのはナイショです。)




んで・・・
fdd44870.jpg
昼食セットには、こんなのも付いてました・・・にっこり




0da46a54.jpg
ううっ、血の色に染まってる・・・ショック


ちなみに、今回案内してくれたワンテンママさんの友人、年間パスを持ってるUSJフリークで、
しかも昔のガンマニア、サバゲマニアでワイン好きハートだったのであります。
いやあ、食事時や、待ち時間におおいに盛り上がりました。ラブ




んで、昼食後は、楽しい海水浴場へ・・・
82d11fb1.jpg
この看板、誰かに落書きされたようであります。にっこり







んで、またまた水辺とは関係ないのですが・・・
9738c5c1.jpg
ファンタスティックワールドとゆーミュージカルのステージフロート・・・



5a9b3e7e.jpg
こんな風にひらいて・・・




881781d2.jpg
各色のLEDがめまぐるしく点灯するのですが、
なにせ、この陽光でも、この明るさなのであります。拍手




5fd35468.jpg

60184911.jpg
一枚の基盤に、いったいいくつのLEDが使われているのでありましょう・・・ショック





001cbec5.jpg
ミュージカルとゆーかアクロバットとゆーか、は、さすがプロのショーでした。拍手







at 23:23|PermalinkComments(5)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック その他アウトドア | カメラ・映像・音楽