2008年11月

2008年11月29日

洞窟キャンプその1

あは、本日も休日出勤でした。落ち込み

今週はバタバタしてて、記事にするのが遅くなりましたが、11月23日、24日と

洞窟キャンプへ行ってきました。きっぱりと

洞窟キャンプとはいっても、べつに洞窟でキャンプしたわけではなく、
めずらしく有料のキャンプ場でキャンプして、翌日、ライト照射しつつ洞窟散策をした、
とゆーだけの話なんですが・・・にっこり


場所は予告記事でお知らせしていたとおり・・・

川端さんちの鍾乳洞のあるショック、奈良県天川村であります。

今回はライト好きの参加者がwingさんだけだったので、キャンプ中はひたすら飲んで食べるだけ、
整備されたキャンプ場で照明もあり、わたくしのEX-777XP以外はほとんど使いませんでした。
まあ、じつは翌日、このことが多大な影響を及ぼすのですが・・・


じゃーん
7a36629c.jpg
ま、いつものキャンプ宴会であります。にっこり



んで、wingさんからの差し入れ・・・
53af3391.jpg

25f30f90.jpg

そういや、このラムちゃんホルダー、もらって帰るの忘れたな・・・ドクロ




ほかにも酒好きのwingさんから・・・
6fec22d7.jpg





また、ほかのメンバーからも・・・
8985b827.jpg

bb49c40a.jpg


さすがに寒い時期ですので、燗酒や焼酎お湯割りが多かったですね。
でも、ビールもワインも飲んだし、wingさんのスパークリングワインもあっというまに・・・
ともかくテーブルの上に置いておくだけでよく冷えるので、便利なのであります。にっこり

で、昼前にほぼ同着で、みんなとは一日遅れで着いたわたくし夫婦とwingさん親子、
ちょうど出来上がったばかりの数種類の鍋をあてに、次々とかぱかぱと・・・
あっ、もちろんwing娘はお茶とジュースでありますが・・・

んで、すっかり出来上がった頃を見計らって・・・
わたくしおもむろに二日酔いの猫さん自作アルコールバーナーをみっつ取り出し、

「ね、こうやってみっつ三角形に並べると、大きなクッカーでも安定するんですよ、
三本の矢は折れないとゆーでしょ・・・ま、これはみっつでひとつとゆーことで・・・」

「はい、わたくし、ひとついただいて帰ります。きっぱりと、ひっく」

「うぐぐぐ、ひっく」

まあ、今回欠席の川端さんからも、「逃がさへんでぇ」とかコメントきてたし、
ここはひとつ、九州から飛び散ったアルコールバーナーが、ひとつに集まるとき、
豪華宴会鍋ができるとゆー、南総里見八犬伝のような物語にして・・・(違)


んで、昼食宴会後は、うちの奥様は、前回記事で紹介したおニューのSX10 ISを持って、
ふらふらと一人で、みたらい渓谷の上流部へ、わたくしとwingさんは、
wing娘に連れられて、やはりふらふらと、キャンプ場付近の散策へ・・・

20cbd396.jpg
ちょうどこの日は、このキャンプ場の感謝デーとかで、搗きたてのお餅や、
本格的なピザ窯で焼いたピザやおでん、そして夜のパーティでは、
全家族にそれぞれワインと電気シェーバーの粗品、はたまた、
全員に豪華賞品が当たるビンゴ大会やサンタさんのプレゼントに、
ギター弾き語りコンサートなんかもありました。


んで、搗きたてのお餅を、あんこ、きな粉、大根おろしと、次々とお味を変えてさんざん賞味し、
ふらふらと、お祭り騒ぎの広場の喧騒を抜け・・・




3ae954c8.jpg
ピザ窯の前で見張り番をする、大きな猫さんの前もさりげに通り過ぎ・・・



778a63a9.jpg
ふらふらと、みたらい渓谷へ下りていくwingさん・・・



a10ebc6b.jpg
なかなか美しい渓谷であります。



ちなみに、うちの奥様がSX10 ISで撮った、みたらい渓谷の画像も何枚かご紹介・・・
0da82405.jpg



18e24552.jpg



b8402c4f.jpg
わははは、シャッタースピードかえたりして、マニュアルモードのテストしてるのね。にっこり





で、きれいな川があると、すぐに飛び込みたくなる98kさん・・・
177b3be2.jpg










でも、こんな救命ボートがあるから、飛び込んでも大丈夫・・・ラブ



ラブ




ラブ




ラブ






8adf965f.jpg




だったのかっはてなはてなはてなドクロ




(次号につづく・・・のかっ???ドクロ)







at 20:55|PermalinkComments(7)TrackBack(0)mixiチェック フラッシュライト、ランタン | 川下り、キャンプ宴会

2008年11月26日

PowerShot SX10 IS

えーっ、昨日、一昨日と、洞窟キャンプに行ってきたのですが、
そのご報告の前に、謹んでご報告させていただきます。



じゃーん
0bc84fa2.jpg




そう、キャノン、パワーショットシリーズのSX10 ISをキャンプ直前に購入しました。きっぱりと・・・




うちの奥様が・・・困った




わたくし三年半ほど前に、はじめてのデシカメ、IXY-50を購入、
自分のカシオ製最新デジカメがあるのに、「こっちがいい、使ってあげる」と、
奥様の乱暴な使用が増えてきたため、その後、PowerShot G7を購入、
で、こちらも奥様専用となったため、わたくし専用としてさらにIXY-910 ISを購入、

で、最近奥様が、そのG7を、ブッ壊して悲しいからとゆーもの、


「あーっ、わたしも一眼レフとやらが欲しいな・・・ぶつぶつ・・・」

(げっ、ひまぱのぱさんやニャん丸さんのサイトを見せたのがまずかったか)ショック

「わたし、風を感じるような写真が撮りたいの・・・」

(そーいえば、質感をだすには大玉のレンズと大きなセンサーが必要と教えてしまったな)ショック

「んで、空の広さも撮りたいの・・・」

(こりゃあ一眼レフだと、まず広角系ズームを買わされるな)ショック

「もちろん、水滴さんや木の葉さんや虫さんの眼も撮りたいの・・・」

(げっ、マクロレンズまでも・・・)ショック

「遠くの鳥さんも撮りたいの・・・」

(げげっ、このままでは望遠系ズームまで買わされるぞ・・・)ショック

と、あわてて、最新のこの機種の存在を知らせておいたら、あっというまに、
お安いネットショップを見つけて、ポチッとしていたとゆー次第。悲しい

まあ、いつものカメラ屋さんでは、ネット最安価格とはかなりの開きがあったので、
価格ドットコムとかの存在も教えてはいたのですが・・・
ちなみに、同じパワーショットシリーズ最新型でも、G-10となると、
ネット最安価格と値引き交渉後の価格では、そんなに差はなく、
G-7購入の際には、このお店のほうがネット最安よりもさらに安かったのですが・・・
このあたりの仕組みはよくわかりませんねえ・・・

ともかくも、めでたく新機種導入であります・・・奥様が・・・にっこり
5b523ab9.jpg

adf7ff66.jpg
右は、大きさ比較、特に厚み比較用のIXY-50であります。

まあ、おまけでついてたレンズフードを装着してるので、よけいに感じるのですが、
コンパクトデジタルとしては、かなりすごい厚みであります。
ただ、小型の一眼レフと比較しても、まだまだ小型軽量、という感じですね。

グリップが大きく見えますが、わたくしの手では、完全に小指が余ってしまい、
小柄な奥様の手で、ちょうどぐらいの大きさであります。



で、わたくしが奥様にこの機種をオススメした理由のひとつ・・・
27a848bb.jpg
久しぶりに復活した、バリアングルモニターであります。
こちらを裏向きに閉じれば、電子ビューファインダーに切り替わるとゆー、
まあ、液晶モニター中心で地面の虫も頻繁に撮る奥様には、便利な機能であります。



で、もうひとつの理由が、
33b8c2b9.jpg
5mmから100mm、35mmフィルム換算で28mmから560mmとゆー20倍光学ズーム、
しかもULTRASONICとやらで、最広角から最望遠まで、1.3秒で静かでスムースに・・・

ま、詳細なスペックなんぞはキャノンのサイトをご覧いただくとして、
さっそく使ってみた奥様の感想では、
「最短撮影距離0cm、スーパーマクロとゆーのは、たいしたことなかった。」
とゆーことでありますが、わたくし同様、説明書を全く見ない奥様の感想ですので、
まだまだ、あてにはなりません。

今回の洞窟キャンプでも数百枚は撮影され、わたくしがざっと見た感想では、
いかにもキャノン風、オートでくっきりはっきりとゆー印象でした。

ちなみに、わたくしの教えを守って、4AAの使用電池は・・・
cbef3dcc.jpg
エネループを充電器とあわせて12本も購入・・・
ふつうのニッケル水素電池でも、約600枚は撮れるそうですから、まあ交換は不要、
残りの8本は、わたくしの懐中電灯用として・・・げひげひ・・・
でも、洞窟キャンプで、さっそく二日目朝には電池交換してたな・・・
いったい、どんな使い方をしていたのやら・・・困った

それに、洞窟キャンプから帰ってきてから・・・

レンズキャップがないって、どーゆーことやっ怒る



12月14日追記です。
このカメラで撮った画像を、こちらの記事で、画像編としてアップしました。にっこり





P.S.
とゆー次第で、レンズキャップを自分で見つけるか購入するまでは、カメラを使わせないっ、
と、先ほどから厳しく叱り続けているのですが・・・
あっ、もうグースカ寝てる・・・ううっ悲しい

P.S.2
このカメラで(奥様が)撮った画像は、次回記事よりの洞窟キャンプシリーズでアップしていく予定です。



at 00:22|PermalinkComments(9)TrackBack(0)mixiチェック カメラ・映像・音楽 

2008年11月20日

パラコード

えーっ、こんどの日曜日から、洞窟キャンプだびっくりラブと、わくわくしていたら・・・



急に寒くなりました。ううっ困った




さすがに室内でも、Tシャツ一枚では寒くなり、通勤も、サマースーツから、
あわてて春秋ものに替えた次第であります。
(ちなみにわたくし、冬物スーツは買ったことがありません。あははは)にっこり


んで、今度のキャンプ装備も、もう少し冬用にしようと、再点検していると、
重要な不足品に気づき、あわてて購入した次第であります。





じゃーん
efd660ec.jpg

ナイロンのパラコード、NYLON PARACORDであります。きっぱりと


昔々、サバイバルゲームをやってる頃に購入して、ジャングルブーツや登山靴の靴ひも、
いろんな小物のランヤード、はたまたビジネスシューズの靴ひもまで、
いろんなところに使ってたのですが、さすがにまとまった長さのものがなくなり、
今回、あらたに購入したものであります。

その名のとおりパラシュートコードに使用される、丈夫なナイロンのラインであります。

ライン、コード、いろんな名称がありますが、ロープ、ザイルまでいかない、細引き紐であります。
細引きはアウトドアに限らず、様々なモノの補修や結束をはじめ、あらゆる場面で使えますので、
サバイバルに備えてEDCすべき(いつも手元に置いておくべき)モノのひとつなのであります。


こちらのモデルは、550 TYPE Ⅲ COMMERCIAL、直訳すれば「550 Ⅲ型 民生用」でしょうか、
とゆーことは、本来軍用として納入してたものの市販品、とゆーことなんでしょうね。





56717b1c.jpg


550 lb. test、550ポンドテスト、つまり250kgほどの引っ張り強度があるとゆーことでしょうか。
ですから、これの靴ひもを外して2本つなぎ合わせれば・・・

ラペリング降下も可能びっくりなのかっはてな

ま、実際の登攀用ザイルなんかは、補助ザイルでも1トン程度の引っ張り強度(静止荷重)が、
あったはずですから、これ一本で下降するのは無謀というもの、せめて何重かにしないと・・・
まあ、ほかに助かる手段がない場合は、そっと命を託してみる価値はあるかも知れませんが・・・にっこり


んで、7 Strand core、7本撚りの中芯、とゆーことで、なんとなく頼もしい表記なのであります。


ま、アウトドアショップで売ってる細引きも、ほぼ同等の強度で、ほぼ同じお値段ですから、

やはり米軍納入規格に準じた、こちらを選んでしまうのでありますね。むひひひ

ちなみにこちらは、昔からあるオリーブドラブですが、
最近は、ウッドランドのパラコードも売ってるんですね。
まあ、ちとお値段が高かったので、こちらにしましたが・・・



で・・・



急に寒くなったことと、

あわててパラコードを買ったこととは、

特に関係はないのでありますね。わはははにっこり







思い出したP.S.
そういや、6月の洞窟オフ会に、wingさんがこれと同じのを持ってきてたなあ・・・
やはり、これで誰かの首を絞めて、何かをゲットしようとしてたのかなあ・・・
新潟産コシヒカリのおにぎりとか・・・

今度は川端さんが来れないみたいだし、
wingさんのお宝は、わたくしがこれで首を絞めて、独り占めに・・・げひげひドクロ





at 23:33|PermalinkComments(10)TrackBack(0)mixiチェック ミリタリーグッズ | その他アウトドア

2008年11月16日

チビテ舞踊団と・・・

昨日の土曜日、タンザニアから来日したチビテ舞踊団Chibiteの伊丹公演に行ってきました。




じゃーん
0be4be6d.jpg





a2707d23.jpg
このホール、地球音楽シリーズとゆーのを、ずっと続けてるんですね。
今回も、そのシリーズのひとつ、とゆーことであります。




b35524b9.jpg
公演中は撮影禁止なので、開演直前の舞台。まあ、嵐の前の静けさとゆーか・・・


じつは、五年前の2003年にも来日、その時は、その前年に彼らのおうちにホームステイしていた、
うちの奥様が、舞踊団一行(といっても異母兄弟姉妹ばかり、みんなで五人だったんですがにっこり)
を招待し、わたくしが下町の商店街やお得意の100円ショップなんぞを案内、自宅での焼き肉で、
おおいに盛り上がったのでありますが、たまたまその時は、公演には行けませんでした。

んで、今回は休日とゆーことで、家族で公演を楽しんできました。

今回のメンバーは8人、前回と同じ顔ぶれはタブちゃん、ペンドちゃん、ムサフィリくんの3人でした。
いやあ、三人とも大人になったとゆーか、ええトシになったとゆーか・・・にっこり

タンザニアで日本でゆーところの人間国宝の称号を持つザウォセさんは、
五年前に他界されましたが、なにせ、7人の奥様の子どもたちや孫たちがいっぱいいるので、
その後も家族が一丸となって、世界中で活躍されているようであります。

わたくし自身は、アフリカの民族音楽にそんなに興味のある方ではなかったのですが、

いやあ、感動しました。盛り上がりました。拍手

ともかくリズムがすごかったですね。
シンプルな民族楽器から叩き出されるリズムは、一人でも充分複雑なんですが、
それが人数が増えて、様々なリズムになっても、ぴったりと息があってるとゆーか、
身体の動きに自然についていってるんですねえ・・・歌声もすごいし・・・

「ほんとに一日中、どんな時でも唄って踊ってたよ。」と奥様から聞いてたのですが、
あのリズムが自然と身についているとゆーのは、やはりすごいです。

彼ら自身、決して豊かでもなく、彼らや国を取り巻く環境も複雑なようですが、
アフリカの大地に根ざした、根源的な生命力のようなものをあらためて感じました。
やはり四季のある、しっとりとした国民性とはかなり異なりますねえ・・・

今回の来日公演は、この伊丹公演のまえに岡山公演がありましたが、
今後の予定は、以下のとおりであります。

11/20 東京・青山学院大学
11/22 京都・宇治市文化センター

まあ、一度検索されてみて、可能なら、ぜひご観賞をオススメします。今回はきっぱりと





・・・・・・・・・・・・・・・国境線・・・・・・・・・・・・・・





んで、今回は久しぶりの家族でのお出かけ、午後二時からの公演だったので、
たまたま大阪に来ていた奥様の家族と昼食をともにしました。



んで、めったに行かない、大阪市内の某ホテルで中華料理のランチなんぞを・・・
018ab19c.jpg

そう、京阪電鉄の中之島線が開業したので、ほんとはこれにも乗りたかったのですが、
(電車ならお酒も飲めるし・・・)
高齢者も一緒だったので、今回はクルマ・・・もちろんお酒はなし・・・悲しい



「じゃあみんな、このランチにしましょうか、特別メニューだし、一番お安いし・・・




「じゃあ、わたしたちはこっちにするわね。レディだから・・・」と、奥様と妹様・・・
5d847684.jpg




レディースのほうが高いんかいっびっくりショック



まあ、記念ランチだけでは当然足りないわたくしと次男は、
結局、上海風焼きそばと焼き飯を追加してしまいましたが・・・にっこり






P.S.1
公演終了後、三人とお話ししてたら、五年前のことをよくおぼえてくれていて、
「おばあちゃんの作ってくれたケーキが、すごくおいしかった。」とみんなが口々に・・・
五年前に、「生きているうちに、この子たちともう会うことはないやろな。」
といってた母親も、これには大喜びでした。
いやあ、いい親孝行ができました。

いっぽう他のメンバーも、六年前に短期間ホームステイしてたうちの奥様の話題で、
「ああ、あのニッポンから来てたとゆー、村の伝説になったオバチャンなのね。」と・・・困った
いったいぜんたい、何をやらかしてきたのやっ・・・困った



P.S.2
阪神高速を下りてから、伊丹駅前にある今回のアイフォニックホールに行くには、
伊丹空港(大阪空港)の滑走路のど真ん中を横切らなければなりません。
若い頃、着陸直前のヒコーキを真下から見るために、近くまで行ったことはあったのですが、
この、滑走路を横切るトンネル、今回はじめて通過しました。

んで・・・
けっこう浅いんですね、トンネルの深度が・・・で、すぐ真上が滑走路・・・
トンネルが古い、とゆーこともあるのでしょうが、照明も暗くて幅員も狭くて、
いかにも古い空港の管理用通路とゆー感じで、ちょっとした驚きでした。









at 23:47|PermalinkComments(6)TrackBack(0)mixiチェック カメラ・映像・音楽 

2008年11月12日

イギリスのスピッツと・・・

えーっ、いつもながらにとーとつなんですが・・・

わたくしの友人で、このサイトにも何度か登場いただいている、
Me109K4マニアの109K4さんが先月、イギリスのストークとゆー町を中心に、
仕事上の調査に行かれました。

で、このストークとゆー町、偶然にも、(と、本人は申しておりますが・・・)
あの名機、スピットファイアの設計者が生まれ育った町だそうであります。

ですから・・・
町で偶然出会った、(と、本人は申しておりますが・・・)じょしこーせいの集団に訊いても、
「メジャーな○○型と□□型なら、すぐそこの博物館にあるけど。」
「でも○○型なら、あっちのホールにある方がエンジンの状態がいいわ。」
「こっちのセンターに展示されてる△△型のほうがマーキングは正確よ。」とか、
みんなでわいわいと議論しながら教えてくれるそうで・・・ショック

偶然仕事のガイド役をしてくれた、(と、本人は申しておりますが・・・)メガネ美人の教師も、
「ここの博物館には、世界で一機しか現存しない百式司偵も展示してるのよ、
たしか、あれの最高速度は云々で航続距離は・・・」とか延々と・・・ショック

ともかく、全員が大戦中のレシプロ機にはやたら詳しかったとか・・・ショック

ほっ、ほんまかっはてな


さておき、今回おみやげにいただいた・・・
d47e3995.jpg

31c85a29.jpg

4aa8d1d4.jpg

9b47900f.jpg

f2ef970e.jpg

キーホルダーと・・・







f4c7ae4e.jpg

2eb003ff.jpg

消しゴムであります。



109K4さん、ありがとね・・・お餞別もあげなかったのに・・・にっこり


でも、コスフォード空軍基地とかも行ったそうだし・・・
まったく飛行機とは関係のない、


お仕事の方はしたんかいっびっくり







at 20:35|PermalinkComments(12)TrackBack(0)mixiチェック ミリタリーグッズ 

2008年11月08日

ブランドブーツその2!!!

(期間限定のご案内)
アマゾン植林・苗木代公募は、予定していた3000本分すべてにご応募をいただき、無事終了しました。
ご協力、本当にありがとうございました。ちなみに、11月「洞窟オフ会?」ご案内記事はこちらです。





さて、文字色が、さりげにカーキ色になっておりますが・・・

前回記事に続いて、

ブランドブーツのご紹介であります。かすかにきっぱりと困った

前回記事では、奥様が購入されたエーグルのラバーブーツをご紹介しましたが、

今回はまちがいなくわたくしが購入したブランドブーツであります。



じゃーん
011cbbfc.jpg


わたくしのジャングルブーツであります。




ジャングルブーツ・・・
ベトナム戦争当時、それまでの全革製のコンバットブーツに替わって、
ムレにくく、乾きやすくて軽量なジャングル戦用として、上部がナイロン製になった、
米軍が開発したブーツなのであります。


あーっ、そこのリオたん、すぐに安物コピー品と見抜いちゃだめっ泣く


そう、たしかにこれは、お値段1.98kのコピー品なのであります・・・ううっ
わたくしがサバゲで遊んでた大昔でも、ジャングルブーツのデッドストック品となると、
けっこうお高く、かといって、さすがにブーツの中古放出品とゆーのには抵抗があり、
ま、妥協の産物として購入した次第なのであります。


ジャングルブーツの大きな特色として、サイドに空けられたドレンホールがあります。
いわゆる水抜き穴で、いくら防水しても深い水田やジャングルの渡渉では、
どうせ浸水するのだから、とゆー逆転の発想で、侵入した水を素早く排水して、
できるだけ早く内部を乾燥させようとゆー、通気孔を兼ねた穴なのであります。
ヒルや寄生虫、小石などが入らないように金属製の細かいメッシュでカバーされています。
ただしそれは、ホンモノの場合であります・・・





わたくしのこのコピー品は・・・
e06ee5c1.jpg
穴の開いたブリキをカシめてあるだけ・・・悲しい

ちなみに埋まっているのは、内蒙古の沙漠の砂、ボルネオ島のジャングルの泥などであります。

沙漠では、このドレンホールにガムテープを貼ってたのですが、
上部のナイロン生地や縫い目からパウダー状の砂が侵入し、
一時間もすれば内部に砂が厚く積もって歩けなくなり、
その都度、編み上げの靴ひもをほどいては、中の砂を出したものでした。
新型のスピードシューレースのついたやつならもっと楽だったんでしょうが・・・

結局、沙漠でもジャングルでも、履きなれたトレッキングシューズにスパッツ、
とゆースタイルが、砂やヒルの侵入を防いでくれたので、二日目からは履かなくなりました。


93aabde6.jpg
傷だらけになってますが、これはニッポンの林の中を、サバゲで走り回ってた傷であります。



んで、この粗悪コピー品が、どーしてブランドブーツなのかとゆーと・・・



72a5ab35.jpg

88f8f6ac.jpg

こんな有名ブランドのタグびっくりがついてるからなのであります。拍手



でも、このハーレーなんとかとゆーメーカー・・・




ブーツメーカーだっけ・・・









at 02:33|PermalinkComments(7)TrackBack(0)mixiチェック ミリタリーグッズ | その他アウトドア

2008年11月05日

AIGLEラバーブーツ・・・

(期間限定のご案内)
アマゾン植林・苗木代公募は、予定していた3000本分すべてにご応募をいただき、無事終了しました。
ご協力、本当にありがとうございました。ちなみに、11月「洞窟オフ会?」ご案内記事はこちらです。



えへん、今回は、エーグルAIGLEの高級ラバーブーツであります。きっぱりと・・・




じゃーん
4610a82c.jpg
キーボードに乗ってますが・・・

069d3399.jpg
なにせ、エーグルのラバーブーツであります。

970b7567.jpg


おフランスで、1853年に創業された、あまりにも有名なブランドであります。

履き心地のいい天然ゴム素材のラバーブーツは、昔から世界中のアウトドアで愛用され、
信頼性も高いのであります。(ニッポンの○キレスも、もちろん信頼性はありますが・・・)

そしてエーグルは、ア○レスよりも、いまだに、はるかに・・・

お値段もお高いのであります。これもきっぱりと困った

わたくしにとっては雲の上の高級品、アキ○スさえも買えずに、
ずっと安物の釣り用とかで我慢していたのでありますが・・・

このたび、どどーんと思い切って、買ってきたのであります。










奥様が・・・もちろん自分のだけ・・・困った








「えっ、エーグルのゴム長やないかいっショック

「あら、知ってるの、ラバーブーツっていってね。」

「知ってるの・・・って、そりゃ昔から欲しかったけど・・・ショック

「友達が履いててかっこよかったから、売ってるトコ教えてもらって、買ってきたよ。」

「かっ、買ってきたよ・・・って、たっ、高かったでしょ・・・ショック

「ふつーのブーツより、ずっと安かったよ。きっぱり」


どんな、ふつーのブーツやねん・・・がるるるるぅ怒る


まあ、その後、雨の里山観察にお出かけになられたのでありますが、

「一日中、ずーっと履いてたけど、すんごく快適だったわ、満足満足。」とご満悦でした。


そりゃあ、そうでしょう、ヘタなトレッキングシューズより高いんだから・・・悲しい

しかし、さすがはわたくしの奥様、この色合いの選択はなかなかのもの・・・にっこり


って、



喜んでる場合かっ怒る





とゆー次第で今回は、ご好評のマイ・ブーツシリーズには入れられないのであります。ううっ悲しい




ちと寂しい世情分析P.S.
アウトドアブランドとしてのエーグル製品、最近はシティファッションとして、
女性にも人気があるようであります。
ラバーブーツ以外にも、衣服とか、いろんな製品も出してるようで、
全部エーグルでキメる、とゆーのも流行っているようであります。

まあ、うちの奥様の場合は、ここ数年、(忙しいわたくしをさしおいて)あちこちのアウトドアに、
毎週のように出かけるようになったので、これはこれで本来目的、まあよかったかと・・・

って・・・

納得してる場合かっ怒る








at 22:22|PermalinkComments(7)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

2008年11月01日

搗底屋さんとか・・・

(期間限定のご案内)
アマゾン植林・苗木代公募については、2008年10月31日までに、3000本分すべての応募をいただき無事終了しました。
ご協力、本当にありがとうございました。ちなみに、11月「洞窟オフ会?」ご案内記事はこちらです。





んで、とーとつに記事になりますが・・・



さすがに大阪人のわたくしでも、

この商売は知りませんでした。







そう、




搗底屋さんであります。きっぱりと




じゃーん

ea398e1e.jpg

搗底屋さんであります。何度もきっぱりと


盆の底に土を敷き固める専門家なのであります。

専用工具も、各種用意してあるし・・・





んで、これが、その盆セット・・・

1c6915c0.jpg
よく見ると、たしかに土を敷き固めてあります。



中国のコオロギ相撲とゆーのは、聞いたことはありましたが、今でも愛好家が居てて、
専用の道具や、それぞれに応じた専門家が存在することは知りませんでした。

縄張り意識の強いエンマコオロギなんぞが出会うと争いになり、負けた方はそそくさと逃げ、
勝った方が、高らかに勝利を宣言して鳴く、とゆー性質を利用して、
強くてきれいに鳴くコオロギを育て上げ、闘わせて楽しむとゆーコオロギ相撲、
その飼育容器である陶器の盆の底に、土を搗き固める専門家なのであります。

いやあ、まだまだ世の中には、いろんなお商売があるんですねえ・・・






とまあ、じつはこれらの画像と解説は・・・
6bed5cf4.jpg
先々週行った、こちらの特別陳列で知った次第・・・





babd6960.jpg
あちこちで、少しずつ展示内容を変えて巡回してるんですね。



こちらは、長居公園にある大阪市立自然史博物館での展示。
2b17c4c5.jpg

3fe5b0fc.jpg
いろんな鳴く虫や虫カゴなどの展示があったのですが、直翅目とゆーことで・・・




1a5eff2c.jpg
華麗なる熱帯ゴキブリの世界!!! といわれてもなあ・・・困った




31f2d6d3.jpg
世界最大のトノサマバッタ!!! といっても、写真パネルだったけど・・・困った

とかもあって、けっこう楽しかったのであります。ラブ

また、この日は見ることができませんでしたが、
学芸員さんによる、実際のコオロギ相撲大会もあるようです。





んで、おなじみの長居植物園のほうも、ようやく秋らしくなり・・・
adb3a37d.jpg

e640d54d.jpg
いろんな木の実や、秋の花・・・




いろんなキノコが・・・
298c742e.jpg

2328e609.jpg
これはササクレヒトヨタケ・・・だっけ・・・

b997b4e9.jpg
こちらはヤナギマツタケ・・・だっけ・・・

1878e04a.jpg
こちらはユーカリに生えたマイタケであります。じゅるじゅる汗



秋の夜長、搗底屋さんになった気分で、といっても、どんな気分かわかりませんが、
ひとつ虫の息、もとい虫の音でも、じっくり楽しんで下さいませ。にっこり


(といってもこのサイト、リオたんのサイトのように、何か聞こえる仕掛けをしたわけではありません。
みなさん勝手に、夜の草むらにでも聴きに行ってくださいね、もちろんライト片手に・・・)






at 12:15|PermalinkComments(7)TrackBack(0)mixiチェック わからないもの | その他アウトドア