2009年12月

2009年12月30日

ニッポンみやげと年末ごあいさつ・・・

えーっ、今年も色々とありましたが、いよいよ押し迫ってまいりました。

わたくしにとっても、今年は様々な出来事が・・・

川下り宴会キャンプでしょ、照射宴会キャンプでしょ、それに温泉宴会キャンプでしょ・・・にっこり

そーいや、7月には某県で某cinqさんと某森のプ~さんに、またお世話になりましたねえ。
で、今年の2月には(次男が)アマゾン植林ツアー、来年の1月8日からはボルネオ植林ツアーも控えております。

で、昨年はタイからの留学生が、我が家に数か月ホームステイしてたのですが、
今年はイタリア・トスカーナ地方の青年が、一カ月ほどホームステイしてました。

今までの留学生とは異なり、国際交流組織による事前レクチャーなども一切受けておらず、
アニメやコミックス、映画やネットなどから自分で得たニッポンの間接情報のみで、
しかも、小さな町から出ることさえ殆どなかった、どちらかといえば内向的な青年が、人の勧めもあり
意を決してやって来たのですから、現実のニッポンとのギャップはかなりのショックだったと思います。

でも、紹介してくれた人の話によると、日本から帰国後はかなり積極的になっていたそうで、
それはなによりだったんですが、お互いの個性からの部分と、トスカーナの小さな町と大阪の都会の違いからの部分と、国民性の部分と、どれがどう影響してたのかは、
向こうの暮らしぶりをよく知りませんので不明ですが、
わたくしにとっても特に今回は、なかなかの異文化交流となりました。


で、今回は、そんな彼が家族や近所の人たち用に買った、数少ないニッポンのおみやげの、
さらに一部だけですが、ちらっとご紹介させていただきます。



特集

これがニッポンを代表するおみやげだったのだびっくり










じゃーん
65d67cd5.jpg
ライターにケータイストラップにトランプ・・・














3b6e4ba1.jpg
お土産用のポリ袋・・・















30927871.jpg
マグネット・シール・・・













723a278e.jpg
どーゆーわけか、張り扇を持ってるぬこさん・・・




いずれも・・・




ニッポンを代表するおみやげばかりですね・・・にっこり





って・・・






どこがやねん



まあ、これ以外にも、最新型のiPODや中古のゲームソフト、FF?のDVDにGTOの最新刊、
なんぞといったものも、お土産に買ってたようでありますが・・・

なにせ小さな町、ご家族やご近所から、あらぬ誤解が生じないように、祈るばかりであります・・・にっこり








年末のご挨拶P.S.

昨日から年末年始のお休みで、すでに飲んだくれております。ひっく熱燗

まあ、本年最後の画像が「招き猫」になったのは、みなさんに幸福をもたらそうとする、
わたくしの気持ちのあらわれ・・・って、これも他人様のおみやげだったか・・・にっこり

そんなこんなで、今年もたいへんお世話になりました。
来年も他人様のぬくもりで、なんとかやっていくつもりですので、よろしくお願いしますね。すいません


それではみなさん、
どーぞ良いお年をお迎えくださいませ。クラッカー











at 21:55|PermalinkComments(9)TrackBack(0)mixiチェック ブログ日誌 | わからないもの

2009年12月29日

府庁山ふたたび・・・

昨日(正確には一昨日)の日曜日、ひさしぶりの山歩きを楽しんできました。











んで、山頂に至る、唯一の道標・・・











じゃーん
2060838a.jpg












そう、おなじみの府庁山へ・・・にっこり













この山の各登山コース、今回気づいたのですが、送電線をあちこちトレースしてます。
何度も送電線鉄塔敷をとおり、メンテナンス用の道ともよく交錯します。
ae177b30.jpg
ちなみに向こうの山並みが岩湧山・・・













昨日の午前中は曇り空、昼前になって時々陽が差すようになってきました。
c458d3ab.jpg

杉林をとおして低木に陽が差すと、部分的に真っ白に輝きます。
まさに「照葉樹」とゆー表現がぴったりの情景であります。











休日でも、めったに人には出会わない山なのですが・・・
3033ec28.jpg
あちこちに、イノシシさんが掘り返した跡が・・・困った
ここはまだ土も黒く濡れてて、まさに掘り返したばかり・・・ドクロ













9c37aa62.jpg

3195f8ca.jpg

まさに「府庁の山」なのですが、道標は例によって「てきとー」でした。にっこり











a36f7844.jpg
山頂が近づくにつれ、雲も去りはじめ・・・














b93ad8bd.jpg
山頂では風もなく、暑いぐらいのいい天気になりました。












いつもどおりの、誰もいない山頂でしたが・・・
e941f5cb.jpg
なにやら新しい標識が、ふたつ打ちつけてあります。














8c8ee747.jpg

9e6adce8.jpg




ずいぶん立派な標識でしたが・・・わずか八ヶ月で・・・



標高が30mも変わるんかいっ困った



とまあ、今回もツッコミどころ満載の山頂でありました。





で、一人でのんびりと、お寿司2パックとカップそばとゆー豪華昼食を食べてると、
この山では珍しいことに、大阪のおばちゃんの三人連れが登ってこられました。

さあて、その道中のご陽気なこと・・・(お囃子)

「あんた何してんのん、はよこっちおいでや。」

「あわわわ、どたっ」

「そんなとこでコケてどないすんのん、もっと脚あげなあかん・・・」

「わたし、あんまり脚あがらへんねん、お上品やさかい。」

「それはトシとってるだけやろ、ほんまにもう・・・」

「あら、先客さんがいてはるわ、おやかましいことで、がははは」

とまあ、わたくしが食後のコーヒーを沸かして飲み終えるまで、ずっと喋りづめ、
いつお弁当を咀嚼して嚥下されたのか、その瞬間をまったく気づかせないぐらい、
見事なしゃべくりでありました。
いやあ、やはり大阪のおばちゃんは人を元気にしてくれるとゆーか、なんちゅーか・・・












で、下りてくると、大阪の山里を代表するような島ケ谷の集落・・・
fd668ce3.jpg













605594da.jpg















962b317f.jpg














27e60d9f.jpg





今回も、ニッポンの秋を感じさせてくれる山歩きでありました。

って、もう12月も終わりでしたね・・・にっこり















at 01:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

2009年12月26日

寒くなったので季節商品を・・・

年の瀬もせまり、少し寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

最近、冬用サイクルグローブを各種まとめ買いされた方もおられるようですが、
わたくしも、ちと寒くなってきたので、季節商品をまとめ買いしてきました。












じゃーん
89f7c34b.jpg
いかにも涼しげな商品・・・









正確には、季節はずれ商品ですが・・・にっこり







db0d1889.jpg
キーンとくるおいしさの、凍らせておいしい、爽やかな乳性飲料であります。ぶるぶる








で、特徴としては・・・
2b81fe5c.jpg

743d50d9.jpg


伊藤園が独自に開発した、冷凍保存できる製品なのであります。ぶるぶる




いやあ、通常のペットボトル飲料は「冷凍しないでください」なのですが、
こちらは冷凍ボトルなのであります。なんときっぱりとぶるぶる



で、構造をみると、まずラベルに粘着性がなく、軽く巻いてあるだけとゆー感じで、
形状も、一枚目画像のとおり、ボトル自体をねじって成形してある、とゆーか、
いわゆるスパイラル形状になっております。



わたくし、空のペットボトルに水を入れて凍らせ、クーラーボックスの保冷剤にしたり、
夏の屋外飲料にしてるのですが、その際には、入れる分量を九分目ぐらいにして、
中に残った空気を、ボトルを凹ませて押し出し、そのままの状態でぴっちりとフタをしてました。

で、今回のこのボトルを一気に飲み干し、水を入れて同様にやってみると・・・




なんと、どこも凹まないのであります。拍手




そう、全体のねじれで、ちょうど雑巾を絞ったように細くなるだけなのであります。


つまり、その状態で出荷されていた、とゆーことなのでありますね。
で、それを凍らせても、少し太くなるだけで変形したり破裂したりしない、と・・・
さらにラベルも、ぴったり貼っておくと凍結膨張した際に破れるので、
ねじれの戻りに耐えられるように、軽く巻いてあるだけなんですねえ・・・




いやあ・・・




ま、それだけの話なんですが・・・にっこり




わたくし、こーゆーアイデア商品が好きであります。


しかも、季節はずれでお安くなってたし・・・
3f6b0a7a.jpg







で、上から貼ってある10円値札を剥がしてみると・・・







da4acb90.jpg


わははは、

急に寒くなったので、

さらにお安くなってたのね・・・ラブ








ビミョーなP.S.
この製品、本当に季節はずれですが、なにせこのお値段、
わたくし真冬でも冷たい飲み物はかぱかぱ飲みますし、
お味もふつーの乳酸飲料、しかも空きボトルは夏用に使えますから、
これはこれでよかったのですが・・・

じつは内容量が、500mlではなく485ml、ビミョーに少ないのであります。
でも、液体状態で450mlほどで、凍らせて500mlになるはずですから、
35ml得したと思えば、これはこれでいいのか・・・
でも飲む時は液体状態なんだから、液体で500mlの製品よりは、やはり少ないな・・・
それに・・・
さすがにこの季節に、凍らせてから飲もうとは思わないし・・・

やはり季節はずれ商品とゆーのは・・・ビミョーですね・・・落ち込み










at 02:02|PermalinkComments(11)TrackBack(0)mixiチェック 糧食、飲料 

2009年12月22日

イタリアン?ルネサンスその3

引き続き、イタリアンルネサンス光のルネサンス探訪記事、今回が最終回であります。








天満橋にある、八軒家浜船着場(熊野街道起点)に巨大アヒルは泳いでました。
00ada3f4.jpg
ここから水上バスに乗り、中之島の西端にちかい、ほたるまち船着場まで行くつもりでしたが、
今回のイベントのため、通常の水上バスは運行中止、やむなくここでUターンであります。



「水上バスに乗せてあげたかったのにぃ、どーしてくれるのよ、がるるるるう。」

「そんなこといっても、運行中止なんだから・・・途中まで戻れば、クルーズ船は出てるけど・・・」

「それに乗りたい、乗る、今すぐ乗る。」

「はいはい、でも吹きさらしで、めっちゃ寒いと思うよ。落ち込み

と、中之島のバラ園にあるローズポート船着場まで戻ることになりました。

最近、大阪ではあちこちの川に船着場が整備され、舟運も盛んになってきて、
八軒家浜なんかは「道の駅」ならぬ「川の駅」として指定されています。
川好きのわたくしにとってはうれしい限り、ただ、この季節の川遊びとゆーのは・・・困った




引き返す途中、中之島公園以外にも、あちこちに光のオブジェがありました。
a922037b.jpg
キリンの赤ちゃん・・・かな・・・














b26925f2.jpg
こちらはオトナのキリンさん・・・













ゾウさんの頭にはワシさんでしょうか・・・
30df882d.jpg
でも、ちょっとカメラの保持姿勢を油断すると・・・














d3f44d1d.jpg
こんな風に、ゲージュツ写真になってしまいます。にっこり














こちらが公園内にあるローズポート船着場であります。
5a995fa1.jpg
木のイルミネーションの中で、垂れ下っている作品は、光の雫が次々と落ちるように、
見える仕掛けになってました。動画で撮ればよかったな・・・














で、こちらが臨時運行の観光クルーズ船であります。
509282b2.jpg
ま、砂利運搬船に床を貼ってベンチを並べただけ、毛布はありましたが川風が寒いのなんの・・・













エンジンルームに飾ってあるオブジェも・・・
2604538a.jpg

7213f36f.jpg
いかにも涼しげな題材と色調であります・・・落ち込み  まるで氷の彫刻やがな・・・













で、クルーズ船から見た噴水・・・
5207cff4.jpg







川面から眺める夜景とゆーのは、わたくし大好きで、この後もけっこう画像を撮ったのですが、
船の動きと寒さによる手の震えで、どれもブレブレでした・・・悲しい












このシリーズの一回目で紹介した中央公会堂のあたりでUターンしたのですが・・・
547478bc.jpg




とっ、ともかく寒かったです。









帰り道には、庵治石で有名な牟礼町の石あかりロードのコンテストなんかもありました。
01e85e1e.jpg


71d66c99.jpg
石あかり、つまり石を使った照明器具なんですが、さすがにトーチャ(懐中電灯)はなかったな・・・落ち込み



とまあ、川風の吹きさらしクルーズで、すっかり冷え切ったため、
淀屋橋にある「がんこ」に飛び込み、まずは熱燗、といきたかったのですが、
考えることは皆同じなんですね、日本酒はすべて売り切れになってました。ドクロ
やむなく、わたくしと奥様は焼酎のお湯割りなんぞをかぱかぱ、
イタリア青年には、日本の伝統料理が小鉢で十数種類入った和定食を注文、
ほとんど食べられないのは承知の上で、大部分はわたくしの「酒の肴」になったのであります。
お造りも炊き込みご飯もてっちり一人鍋も、ぜーんぶわたくしがかわりに・・・げひげひ




「ところで、待ち合わせ前に連れて行ってもらった科学館はどうだったはてな


「プラネタリウムノCGムービー、トテモヨカッタ、オミヤゲカッタヨ」








44cdb628.jpg

3f0f1eea.jpg



そうだった、今また科学館のプラネタリウムで「銀河鉄道の夜」をやってるんだった・・・

これ、昨年の公開時にもタイのメートーヘンちゃんを連れて行って、満席で見られなかったやつ
今回も一日一回だけの上映で、休日はたぶん満席で見られないはず・・・ううっ、いいなあ・・・


「コノDVD、パソコンデミテモイイケド、プラネタリウムデミルホウガスゴイヨ」

「ううっ、わかってるわい、いつかかならず全天周スクリーンで見てやるわいっ、ぐすん。」

「すごい迫力だったよ、でかいプラネタリウムで見ると・・・げひひひ」

と奥様までもが・・・

結局、帰国までにパソコンで見ることもできず、これは未開封のままイタリアへ・・・ううっ悲しい


まあ、自分から積極的に動かない彼を、科学館に連れて行かせたのは正解だったわけですが・・・


光の作品といえば、製作に三年の歳月をかけたとゆーこのCGムービーを、
プラネタリウムの全天周スクリーンで見るのがきわめつき、とゆーことになりますね。ううっ


とゆー次第で、イタリアン・ルネサンスならぬ、光のルネサンス記事は今回でおしまいであります。




いやあ、それにしても・・・



今回記事の投稿時刻、うまく並んだなあ・・・拍手











at 22:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

2009年12月19日

イタリアン?ルネサンスその2

前回記事からのつづきであります。

イタリアから我が家にホームステイ中だった青年を連れて、
大阪・中之島で開催中のイタリアン・ルネサンス光のルネサンスに行ったわたくし、

結局、ずっと腹ごしらえをしていた・・・

わけではありません。ややきっぱりと・・・






いちおー、あちこち食べ歩きましたので、オブジェなんかも、ちとご紹介を・・・



手持ちの夜景モード撮影、しかもかぱかぱ飲みながら、とゆーことで、
画像がかなりブレておりますが、なにとぞご容赦のほどを・・・すいません






a5e948c4.jpg
市役所横のエントランス部分であります。
定刻になると、音楽に合わせて色が一斉にかわります。

ブレ画像だと、目線を入れる必要がないのでラクですね。わはははにっこり











ライトアップされた難波橋(橋の四隅にライオンの彫像があるので、ライオン橋と呼ばれてます。)
9c4819e1.jpg
ちょうど向こうから、イルミネーションを施したボートがやってきました。











これを夜景モードのスローシャッターで追いかけると・・・
43ced30f.jpg













わはははにっこり
d89d3568.jpg















73e2ba8c.jpg
こうなるともう、ゲージュツ写真の域ですな・・・むははは












川の真ん中に浮かんでいた、今回いちばんお気に入りになったオブジェ・・・
7b5fc846.jpg
いやあ、ここでまったりと照射キャンプなんかしたいですねえ。
さりげに椅子なんか置いてあるし、だいいちランタン不要だし・・・にっこり












もちろん、公園にもいろんなオブジェがありました。
4e17a2a1.jpg

3f2944fb.jpg

984bf181.jpg














コンサートなんかもやってて・・・
80464524.jpg
たまたま、客は少なかったけど・・・













モンゴルのゲルまであったりして・・・
abe41250.jpg














中之島の東の先端、剣先まで来ると、大噴水が整備されています。
08f78d6a.jpg
で、この噴水のさらに上流側、八軒家浜(熊野街道起点)には・・・













そう、なんとあの・・・
4de59ead.jpg

fc25e4e5.jpg






巨大アヒルが復活していたのであります。にっこり






e6f3f767.jpg




やはり・・・でかい・・・困った








解説とご報告のP.S.
最後にご紹介した巨大アヒルちゃん、今年の8月から10月まで開催されていた、
「水都・大阪2009」とゆーイベントに初登場した、ベルギー人作家による作品だそうであります。

なんでも、お目見えの日に空気が抜けてぺしゃんこになってしまい、大騒ぎになったそうですが、
そのデカさとカワイさのアンバランスが評判になって、今回も再登場となったようです。

いやあ、さすがにこれをお風呂に浮かべるのは・・・
つーか、ライトアップされたのを間近で見ると、ヘタな怪獣モノより迫力がありました。


ちなみに我が家にホームステイしていたイタリア青年ですが、
本日、関西空港からパリ経由で無事帰国・・・この時間ではまだ帰国途中ですね・・・
なんでも悪天候でエールフランスの出発が二時間ほど遅れたものの、シャルルドゴール空港での、
イタリア・ピサ行きへのトランジットには、なんとか間に合う予定であります。

そう、彼はピサの斜塔で有名なピサと、フィレンツェの中間あたりの郊外に暮らす、
まさしく「トスカーナの青年」でした。
トスカーナ地方といえばワインの名産地、彼の家はワイン農家ではありませんが、
食生活などの暮らしぶりは昔ながらのようで、日本の都会とはかなり異なるようでした。
いっぽうで、ネットからの日本のアニメや若者文化に関する知識は豊富で、
本人にとっても、現実の日本の都会での暮らしぶりとのギャップは、
かなりのカルチャーショックだったようであります。

今回我が家には、わずか一カ月ほど、前のホームステイ先とあわせても二カ月ほどの、
短い滞在でしたが、いよいよ本格的にミステリアス日本に興味を持って帰ったようであります。
そう、みんながトーチャ(懐中電灯)を照射している国として・・・困った









at 19:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

2009年12月17日

イタリアン?ルネサンスその1

昨夜、我が家にホームステイ中のイタリア青年を連れて、どどんと行ってきました・・・






イタリアン・ルネサンスへ・・・


もとい・・・


光のルネサンスへ・・・




じゃーん

f07b1154.jpg
12月12日から25日まで、大阪・中之島一帯でやってる、
「OSAKA 光のルネサンス2009」とゆー、屋外イベントであります。






仕事をなんとか定刻で終えて、イタリア青年と淀屋橋で合流したのですが、
とーぜん、彼は一人で来れませんので、うちの奥様もご一緒でした・・・困った
c6295796.jpg








まあ、LEDを中心にした様々な光の仕掛けを、水辺の夜景とともに楽しんでね、とゆー趣向であります。







例によって、手持ち夜景モード飲酒撮影ですので、ブレブレ画像で見にくいですが、
さくさくっと、ご紹介させていただきますね・・・






で、LEDを楽しむ前に、まずは腹ごしらえから・・・にっこり
a5865c64.jpg
大阪イタリア料理人友好協会・・・は、さすがに知りませんでしたが・・・
大阪のイタリア料理店の有志たちで出店してるようですね。
ともかく会場の公園に下りたとたん、こんな屋台があったのであります・・・にっこり






9d6882fd.jpg
蛍光灯ランタンに照らされたアンティパストとワインの瓶、つーのも風情がありますね。



「どーじゃ、本場イタリアのスパイス入りホットワインじゃぞ、ずるずる。」

「ホットワイン・・・シラナイ。」

「イタリアのパン、ロビッタじゃぞ、もぐもぐ。」

「もぐもぐ・・・チョットチガウ。」

「野菜たっぷりのミネストローネはどうじゃ。」

「イタリアデ、イツモ、マンマノ、タベテタ、ヤサイバッカリデ、ダイキライ。」






まあ、全国の「うまいもん特集」みたいなブースもあちこちにあり・・・
c60faf35.jpg







こんな方も、カマンベールチーズケーキなんぞを販売されてました・・・
4d5ed8b9.jpg






でも、やはり大阪といえば・・・
3540135a.jpg
「なにわの和風パスタ」であります・・・にっこり









トマトソース味にカルボナーラ味、つーのが、いかにも本格イタリアンっぽい・・・










「焼きうどん」なのであります きっぱりと
957072c8.jpg

「チーズ入れ放題びっくり」つーのは、いかにも大阪らしいですが、
上にかけてあるのは、青のりではなくバジル・・・つーところは、
とりあえず新潟のイタリアンよりはイタリアらしい・・・のかっ困った




この後、エスニック風ホルモン焼きと生ビールとか、ハイボールに串焼きとかで・・・



まあすっかり出来上がってしまい・・・




わははは、しあわせじゃあ・・・にっこり




って、今回は腹ごしらえばかりでしたが、いよいよ次回は光のルネサンスへ・・・
8528c2ff.jpg










反省のP.S.

最後の画像は、エールフランスのブースから見た、ライトアップされた中央公会堂であります。
夜景モードにしただけのノンストロボ、手持ち撮影では、やはりこのあたりが限界ですねえ。
昨年のケータイおまけカメラと異なり、いちおーリコーCX-1を持参したのですが、
やはりコンパクトカメラでも、三脚は必携でありました・・・
次回以降は、もっとブレブレ画像になりますが、なにとぞご容赦のほどを・・・すいません










at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

2009年12月11日

ザ・ホテル仕様!!!

あは・・・この「ファミリーキャンプ入門」カテゴリでは、ほぼ2年ぶりの記事となりますが・・・

まあ、二年前の記事のつづき、とゆーことで・・・






ザ・ホテル仕様!!であります。









じゃーん

f8d174f5.jpg











まあ、このサイトではおなじみの100均メラミンコップなんですが・・・
aec5a9b6.jpg
容量はφ77×95mm・・・と書かれてても困るので量ってみたら、満杯で、ちょうど300ccでした。









耐熱120℃で、ま、ふつーのメラミンコップでありますが、なにせザ・ホテル仕様・・・
3c4f0ad5.jpg
そーいや、なんとなく、ホテルの洗面台においてあるやつみたいですね。にっこり


ほかにも同シリーズで、貝殻ふうのトレイや歯ブラシ立てなどがありましたが、
わたくしの購入目的はあくまでキャンプ宴会用、このコップは主としてモーニングコーヒーに・・・

といいつつ・・・

万能唯一、吾れ唯足るを知る・・・

そう、なんでも一個で済ませてしまうのも、またキャンプの楽しさ・・・

クルマで行くキャンプなら、割れるものでなければビールジョッキ各種にワイングラス各種、
茶器酒器各種にコーヒーカップ各種、といくら持ち込んでも重さや容量からはあまり問題になりません。


ただ、洗うのが面倒になるだけであります。困った


ですからキャンプの食器は、コップ、小皿、ボウルがそれぞれ一種類ずつ、
とゆーのが基本となるのであります。

で、ビールをしこたま飲んだ後に赤白ワイン、その後の冷酒に最後はホットウィスキーで、
翌朝はまず冷たい水を一杯飲んでから熱いコーヒー、その後にオレンジジュースとゆーときには、

とーぜん・・・

いちいち洗ったりしませんし、どーしても気になるときは、少量の水とトイレットペーパーで
拭き取ることとなり、その時には、ちょうど指が底に届くサイズであることが重要、
そしてトレペぐらいなら傷つかず、しかも割れないとゆー、メラミン製であることが、
やはりキャンプ用コップの基本となるのであります。

これは小皿やボウルにしても同様なのであります。

ただまあ、特に飲み物は、その容器もたしかに雰囲気のうちですから、
せめて透明アクリルのグラスぐらいはあわせて持参するのが、
ささやかな贅沢になるのであります。にっこり


3cbdb79a.jpg



a316e4a8.jpg
やはりスタック可能なものがいいですねえ。

ほんとはこれの上部に持ち手があれば理想的なのですが・・・


ちなみにこの「ザ・ホテル仕様」、先週の照射宴会が初使用でありました。拍手







いいわけP.S.

先週の照射宴会のように、電子レンジ付きのコテージなんぞを使ったヌルいキャンプだと、
わたくしのメラミン食器群はもちろん使えませんし、アクリルのグラスも全滅であります。
それ以外のプラで、電子レンジで使えるものもありますが、やはりトータルバランスでは、
オートキャンプ用としては、アクリルとメラミンが一番でしょう。

でも、電子レンジがあるのに容器がないため使えない、つーのはくやしいものであります。
ま、わたくしは、パック飯など、そのまま電子レンジに使える食品を大量に持参し、
その容器を再利用することにしております。
でも電子レンジつきのキャンピングカーを購入したら、アクリル・メラミン食器体系を、
抜本的に見直さないといけませんね・・・困った

まあ、そんな意味からも、ほんとはカネも置き場もないので
本格的キャンピングカーは買わないことにしているのであります。ううっ悲しい











at 23:17|PermalinkComments(4)TrackBack(0)mixiチェック ファミリーキャンプ入門 | 川下り、キャンプ宴会

2009年12月08日

世界で使える星座盤!!!

えと、わたくしの知らないあいだに、ライト仲間で・・・




星見会をやろうとゆー話もあるようなので、さっそく、


「世界で使える画期的星座早見」のご紹介であります。にっこり


じゃーん
c625162f.jpg
ちなみに箱絵宇宙に反射している影は、ブロッケンの怪物・・・ちゃんとワキ締めてるでしょ・・・にっこり





563511c6.jpg
なにせ、北半球でクルクル、南半球でクルクル、なのであります。





84af5ce8.jpg
1つの盤で、世界全域をほぼカバーした星座早見は、おそらく世界唯一・・・だそうです。







0d74fefa.jpg

11ea58a6.jpg
群を抜く「多機能+高機能」で、いろんな表示や目盛があり、937個もの星が収録されてて・・







f4be327b.jpg
ちなみにこれが、9月の熊野キャンプで夜半にみた星空・・・わははは・・・







6d410986.jpg
で、裏返せば、たしかに南半球で使える星座盤に・・・







209c8125.jpg
着脱式高度方位角シート4枚とか、日付ポインターとかも付いてます。






こりゃあ、なかなか素晴らしいものを発見・・・って・・・







こっ、こんなの、知らないぞ!!!ショック


わたくし愛用の星座盤は、長男が小学生のときの学習教材を取り上げたやつ・・・


こんな高級で複雑なやつ、買った覚えもないし、使えそうにもないし・・・


だいいち、誰が南半球まで、わざわざ星を見に行くねんっ怒る




「あのう、わたくしのキャンプ用品の中から、こんなん出てきましたが・・・」

「ああ、わたしが買って入れといたよ、すっかり忘れてたけど・・・」

「忘れてたけど、って、どーしてまた、こんな高級なやつを・・・」

「なんとなく便利そうでしょ、世界中で使えるなんて。」

「いや、そーゆー問題かっ・・・で、わたくしが使ってた学習教材用のやつは?」

「ああ、あんなの使えないから捨てたよ。きっぱりと」

「きっぱりと、って・・・あっ、あんた、
あれが使えないのに、これが使えるのかっ。がるるるっ」

「だから使い方をちゃんと覚えておくよーに。今度使い方を訊くからね。」

「あっ、はいはい。
緯度と経度と方位は、わたくしの携帯で正確にわかりますので・・・」



わははは、電子方位計とGPSつき携帯は、世界中で使えるからよかったよかった。


って、ほんとによかったのかっショック



でもまあ、これさえあれば・・・
次回の星見OFF会が、たとえ南半球で開催されたとしても大丈夫・・・


川端さん、wingさん、次回OFF会は、ニュージーランドかオーストラリアで決まりですねっラブ







at 20:50|PermalinkComments(5)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

2009年12月05日

ニッポンの照射宴会その2

前回からのつづき・・・といっても、照射記事は前回だけだったんですが・・・にっこり

まあ、照射の詳細については川端さんの記事をご覧になってくださいね。



で・・・




一夜明けた、照射現場・・・
4de5d632.jpg
右下の吊り橋を、正面から照射していたのであります。



で、朝日を浴び、まったりと熱いモーニングコーヒーを飲んで・・・
c40c3838.jpg
ちなみに一番奥は、前夜遅くにわたくしの次男とともに到着した、次男の柔道部の先輩であります。
京都から一人でママチャリに乗って北海道へ、で、26日間、テントなしの野宿で一周したとゆー漢であります。
コールマンのXR-Eを使ったランタンを持参しており、わたくしの次男とは異なり、
改造作品や、川端さんとwingさんのライト談義にも、なかなか興味津津でありました。

「うーむ、なかなか見どころのある若者やないか。」

「このランタンを改造して送ってあげるからと、住所なんかを聞き出して・・・」

「そう、それをきっかけに我々の仲間に引き込んでしまおう。げひげひ」

などとゆー会話も聞こえてきましたが・・・ドクロ




その後、わたくしの次男もようやく起きだしてきて、遅い朝食であります。



ミネストローネぬこ鍋の残骸に中華麺6玉とキムチをぶち込み、

七輪では、ふたたび焼き肉を焼き、

電子レンジでパック飯とパンをあたため、

すべてをテーブルに並べたのであります。ショック


特にミネストローネぬこキムチラーメンは、もの凄い状態になってましたので、
あえて画像はアップしませんが、わたくしと次男とその先輩、それに朝から元気なwingさんで、
ぜーんぶ食べ尽くしてしまったのであります。

少食な川端さんには、すでに見慣れてしまったた光景なのですが、
朝はビスケット一枚にミルク一杯だけ、とゆーイタリア人には、
この朝食は、かなりショッキングだったようであります・・・にっこり



で、その後は、近くにある温泉にクルマを移動・・・



「あっ、川端さんを乗せるの忘れてた・・・」とwingさん。



そう、今回は省エネも兼ねて、wingさんが川端さんをピックアップしてきたのですが・・・ショック












52cddff3.jpg
積み忘れられ、徒歩で温泉に到着した川端さん・・・


って、ご覧のとおり、ほんの数百メートルほどの距離だったんですが。にっこり


ちなみに温泉の駐車場の隣には・・・
e7d3ffbd.jpg

339a24fb.jpg

3ec93b6c.jpg
なにやら面白そうな駄菓子屋さんが・・・

入り口は閉まっており、川端さんによると、
「御用の方はトランシーバーで連絡下さい。」とのメモがあったようですが、
トランシーバーそのものが、どこにもなかったようです。にっこり


さて、人前で裸になるのが宗教上のタブーになっている、イタリア青年と川端さんを放置して、
残りの4人は、まったりと温泉に浸り、湯上りのフルーツ牛乳なんぞを味わいました。
9fac6442.jpg







んで・・・
fe042925.jpg
温泉のあとは名物のホロホロ鳥の焼き鳥で、息子たちとは別れ・・・






最後は、関西照射宴会恒例の・・・




「寺社仏閣に、ライト界の繁栄を祈願してシメる。」





つーことで・・・にっこり
4482f0ac.jpg
安珍清姫の「娘道成寺」で有名な、道成寺へ行きました。




9e097742.jpg
信長に焼かれ、江戸時代に再建された仁王門をくぐると・・・






dca44307.jpg
南北朝時代からある本堂や、やはり江戸時代に再建された三重塔など、見事な伽藍があります。







でも・・・
a109e029.jpg
どうしても、聖域には入り込めないお二人をきっぱりと見捨てて、にっこり
秋の特別拝観で無料となっていた本堂で、ライト界の繁栄を祈願してきました。



清姫は、自分を裏切って鐘の中に逃げ込んだ安珍を、大蛇となって取り巻いて焼き殺し、
自らも入水自殺してしまうとゆー、恐ろしくも悲しい娘なのですが・・・
af0cb8a7.jpg







本堂の中には、こんなお土産も・・・
32b8c82b.jpg

a17786ca.jpg






いやあ、清姫ちゃんも安珍ちゃんも、

なかなか、かわゆいじゃないかっ
ラブ








お二人への感謝とお詫びと訂正のP.S.にっこり

いやあ、今回も付き合っていただきありがとうございました。
イタリア青年も次男も次男の先輩も、とても楽しかったといってました。

で、ちなみに・・・

わたくし当日、道成寺にて、能や歌舞伎の娘道成寺とバレエの白鳥の湖の比較の話をしてましたが、
仏教的な死生観とキリスト教的な死生観の比較の例として、
わたくしが覚えていたのは、歌舞伎や長唄の鷺娘と白鳥の湖の比較でした。
地獄の炎に焼かれ続ける鷺娘と、最後は天に召されていく白鳥との違いが、
強く印象に残っていたのですが・・・いやはや、物忘れがひどくなったもので・・・
娘道成寺の方も、何とも救いのない話だと思っていたのですが、
今、道成寺H.P.の絵解きを最後まで見てみると、
じつは安珍は熊野権現、清姫は観音菩薩の、それぞれ化身だったとゆーオチなんですね。
それが片思いや裏切り、執念での大蛇への変身から放火殺人まで、なんでもありとゆーのもすごいですが・・・
ちなみに、安珍と清姫の事件は、実際に928年にあった事件だったんですね・・・ショック







at 21:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0)mixiチェック フラッシュライト、ランタン | 川下り、キャンプ宴会

2009年12月01日

ニッポンの照射宴会その1

我が家にホームステイ中のイタリアの青年を連れて・・・





照射宴会に行ってきました。にっこり





「ショーシャ・エンカイ???」

「ライトオン・フェスタちゅうての、日本でも3人に1人が、毎週のように楽しんでおるぞ。
みんなでキャンプして宴会して、暗闇で明るいフラッシュライトを照射しまくるとゆー、
世界中どこでもやってる遊びじゃ、イタリアにはないのかっ。げひげひ」


ちなみにイタリア語では、ハンドトーチのハンドを略して、単にトーチャと呼ぶそうです。




んで、今回のキャンプサイトは、和歌山県、日高川の中流域・・・
e0aa468b.jpg










日高川に、やがて日も暮れなずみ・・・
c655827c.jpg
って、測光位置を変えてみただけですが・・・にっこり








今回は、イタリアからの青年がキャンプ慣れしていないこともあり、
7ebc2144.jpg

豪華コテージを借り切っての照射宴会なのであります。にっこり




参加者はおなじみのwingさんと川端さん、今回もリオたんからのいただきもの預かりものや、
wingさんの新作など、めずらしいライトを拝めるのであります。

ちなみにテーブルにあるのは、wingさんのジャポネーゼ・トラディショナーレ・・・七輪・・・






今回は、いつもの七輪で焼く安物焼き肉に加え、イタリアンスペシャルとして・・・
0109f210.jpg









ミネストローネスープを使った本格的な・・・







9c50e54a.jpg

いつもの「ぬこ鍋」であります。拍手



ベーコンやソーセージ、ニンジン、キャベツなんかの通常のミネストローネ具材に加えて、
鳥のつみれやチーズはんぺん、シュウマイ、白シメジなんかも入っております。ショック






「これは日本の伝統食でキャットボイルゆーてのう、猫肉のミンチボールが入っておる・・・げひげひ」




79dcaffd.jpg
川端さん差し入れの高級焼酎「佐藤」黒で、キャットボイルを食すwingさん・・・





「そうそう、わたくしも本格イタリアンを持ってきましたよ。ほれほれ」とwingさん。





8dcf459f.jpg
まあ、奥の「カルボナーラ・フィットチーネ」は、いいとして、
手前の「たらこスパゲッティ」は、本格イタリアンなのかっはてなはてなはてな

これ以外にもwingさん、コイケヤの「カラムーチョ」スーパービッグサイズも持参されてました。
たしかに、商品名はなんとなく、イタリア語っぽいけど・・・落ち込み



この後、色が同じだからと、ミネストローネぬこ鍋に鶴橋キムチをぶち込もうとしたり、
にごり酒にマッコリ、フランスワインなんかで、すっかり気分はイタリアになったのであります。




で、宴会がひと段落したころ・・・
b46d69a4.jpg
怪しい段ボールから怪しいプチプチ包装品を、次々と取り出す川端さんと、
危なっかしい手つきで、シャッターを押そうとするwingさん








まあ、最初に取り出したやつは撮ったのですが、あとは撮影禁止・・・
4b697c1d.jpg










こちらはお二人のキャンプEDCライトと、wingさんの新作MC-Eランタン
286ee356.jpg








まあ、お約束の記念撮影後はですね・・・
b66bc35e.jpg






フィールドアスレチックのある、真っ暗な公園で、高所からジャンプしたりショック





真っ暗な川で、モクズガニを獲ろうとしたり・・・





正しい酔っ払いとしての健全な行動をしてから・・・





本邦初びっくり吊り橋照射比較ぅぅぅびっくり







じゃーん
49bbe47f.jpg


f51b8992.jpg


63ff1591.jpg


b58b431e.jpg


吊り橋の長さはおおむね100m・・・

で、それぞれの画像がですね、それぞれ・・・

何を照射してたのか、じぇんじぇんわかりましぇんにっこり



wingさん、川端さん、画像は撮影順ですので、どの機種だったのかコメント下さいねっにっこり








at 23:00|PermalinkComments(3)mixiチェック フラッシュライト、ランタン | 川下り、キャンプ宴会