2010年09月

2010年09月30日

ペヤングやきそばの・・・

(期間限定のお知らせ  10月開催予定のライト好き九州OFF会へのお誘い記事はこちらです。)




なはは、今回は記事タイトルのまんまですが、ペヤングやきそばの・・・













RIMG2695

RIMG2696


「HOT スパイシー サラミ風味やきそば」であります。きっぱりと
サラミが入ってるわけではなかったのね・・・



カップやきそば領域では、世界に冠たるペヤングですが、関西では、特にメジャーとゆーわけではありません。

もちろん、探せば店頭にもあるのですが、どちらかといえば関西ではマイナーなブランドなのであります。





RIMG2697

ペヤングさん、群馬のメーカーだったんですね・・・知らなかった・・・











ちなみに、わたくしが今回購入した理由は、わたくしが関東風の味付けに転向したから・・・







ではなく・・・

RIMG2698



賞味期限が迫り、お安くなってたからであります。これはきっぱりと


それに、レギュラーサイズで内容量144g、とゆーのもうれしい限りだし・・・むひひひ


m98k at 21:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 糧食、飲料 

2010年09月26日

擬音語・擬態語とか・・・

(期間限定のお知らせ  10月開催予定のライト好き九州OFF会へのお誘い記事はこちらです。)


んーと、少しは秋らしくなって、なんとなく学術的なタイトルにしてみましたが・・・


今回は、ひさしぶりの「書斎カテゴリ」、しかもアウトドア趣味とも関係ないのでありますが、
ま、思い出したついでに、擬音語・擬態語についての一考察なんぞをですね・・・えへん


じつは昨年、我が家にホームステイしていた、イタリア・トスカーナ地方から来た青年にうちの奥様が、

「おなか、ぺこぺこでしょ」
「もうおなか、ぱんぱんになった?」
「あっ、時間ぎりぎり・・・」
「雨、ぽつぽつ降ってきたね・・・」とかいったときに、

「ペコペコナニ?」
「パンパンナニ?」
「ギリギリナニ?」
「ポツポツナニ?」と、その都度尋ねられて、
イタリア語には擬音語・擬態語がほとんどないのに気づいたそうであります。

彼の帰国以来、日本語の擬音語・擬態語について、わたくしにいろいろと訊いてきたのですが・・・

もともと感覚的に、とゆーか、ほぼ感覚だけで、日本語を含む多数言語を操ってる奥様に、
正しい日本語の用法を解説するのは至難の業、「そっ、そんなの自分で勉強しなさい。」と、
きっぱりと見捨てていたのですが、ほんとに自分で、図書館から何冊か関係書を借りてきたようです。
ま、いつもどおり、借りてきただけで満足して、ほとんど読まなかったようですが・・・

んで、そのうちの一冊を、ぺらぺらとめくってみたのですが、これがなかなか面白い・・・







じゃーん
RIMG1341

小野正弘著「オノマトペがあるから日本語は楽しい」(平凡社新書)であります。

そう、擬音語・擬態語は「オノマトペ」とゆーのだそうであります。




おっ、おのまとぺ・・・




おっ、おっぺけぺ・・・


おっぺけぺ


おっぺけぺっぽう


ぺっぽっぽっ




ぐちゅぐちゅぐちゅ




ぬらぬらぬら




げひ、げひひひひ





ぼかっ、べきっ、ぐしゃ




うぐぐぐぐ





とまあ、こんなのがオノマトペなんでしょうね・・・




って・・・




このブログサイト、オノマトペばかりだったのね・・・あは




この本によると、文献に出てくるもっとも古い記録は、古事記の「国生み神話」の擬音語だそうで、
イザナミ、イザナギがカオス状態の塩をホコでかきまわして、そのホコから滴り落ちた塩が、
重なり積ってクニができるとゆー、あの有名なシーン、その塩をかきまわすときの擬音語が、


こをろ、こをろ・・・


それでできたのが「オノコロ島」つまり日本列島なのですから、
我が国は最初から擬音語とともに成立したようなもの・・・

がははは、たぶんそうなのであります・・・

んで、ゴルゴ13がライターを点けるときの擬音語が、第何話から「シュボッ」になったかとか、
ともかく素人にもわかりやすく、面白かったのであります。
(そーいや、銃を扱う時の、「チャ」つーのも、いかにもそれらしいですねえ、「ガチャ」なんかより・・・)







もちろん・・・
RIMG1342




RIMG1343

巻末の引用文献にあるとおり、万葉集、源氏物語、川端康成作品などのオノマトペから、
田村信の「しゅらんっ」まで、古今の名作に使われているオノマトペも分析、
にゃるほどなあ・・・そーゆーことやったんかいっ、と、なかなか感心させられたのであります。

特に印象に残ったのは、三島由紀夫が「文章読本」のなかで、擬音語・擬態語を戒めていること・・・

やはり彼の美意識では、安易なオノマトペは日本語を堕落させるものだったんですねえ・・・


そういや、このサイトの記事は、日本語を堕落させているのかも・・・


ま、うちの奥様の日本語と同じ、ホームステイしてた留学生たちにも、ほとんどオノマトペ会話だったものなあ・・・

「ぼちぼち」とか「まあまあ」とか「なかなか」とかのビミョーな表現、今頃は世界中で使われてるんだろうなあ・・・







どどーんと、きっぱりと





げひっ、げひひひっ







そーいや、このサイト、



ぷしゅ



んぐんぐんぐ



ごきゅごきゅごきゅ




くびぐびぐび




ぷはぁ




でへへへへ




といったオノマトペもないと、とても成り立ちませんね・・・
うぐぐぐぐ・・・



って・・・




所詮、その程度だったのね・・・




ぺこぺこ



って・・・



じつは気にしてません・・・



へらへらへら




って・・・




いくらでも続きますね、



オノマトペだけで、このサイト・・・



むひひひひ・・・



って・・・



どこが「学術的な一考察」やねんっ!



どんまい、どんまい、



あっ、これは英語かっ・・・(以下略)


m98k at 23:36|PermalinkComments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 書斎 | わからないもの

2010年09月23日

もどき三昧・・・

(期間限定のお知らせ  10月開催予定のライト好き九州OFF会へのお誘い記事はこちらです。)



でへへへ・・・

本日から、急に涼しくなりましたが、わたくしは午後からずっと・・・







もどき三昧を続けております。きっぱりとひっく








そう、過日の水遊びキャンプには買わなかったやつ・・・


ええ・・・

RIMG2684




ビールもどきであります。きっぱりとうぃーっ





わたくしふだんは、ワンケース2k未満の「輸入もどき」なのですが、
新しいのが出ると、なるべく味見するようにしているのであります。

ただ最近は、いっぱい新製品が出てて、どれを試したのかもわからないとゆー状態でして、
画像をとる暇もなく、ながらく記事にもアップしてなかったのでありますが、今回ひさしぶりに・・・

でも、左の上質な泡、まろやかな味わいの「クリーミーホワイト」とやらは、
どこかのキャンプで大量に飲んだよーな気もするな・・・ワンテンパパさんのだったかな・・・

まあ世の中には、「くつろぎ仕込み4VG」などとゆー、高級そーなやつを試されている、
某プ~さんとやらもおられるよーですが、わたくしはあくまで第3のビール、本格「もどき」派なのであります。





ま、それぞれ・・・

RIMG2685
RIMG2686
RIMG2687



アルコールが入っているだけでもありがたい

(上記リンク記事にある0.00%のやつは0.039kでしたが・・・)

のでありますが・・・

わたくし、やはり右側の、リッチなコクの「麦搾り」とゆーやつが好みとゆーか、
一番お得なよーな気が・・・
でも、中央の高刺激×高発酵の「本格<辛口麦>」とやらもなかなかのものだったし・・・

うーむ、どうしようかな・・・

と、悩むこともなく、またワンケース2k未満「もどき」にもどるのでありますが・・・ううっ

さて、これから安物ワインに切り替えて、一人夕食宴会に突入ぅぅぅっと・・・ひっく









で、二時間後の泥酔追記

あははは、結局、ナスとトマトのスパゲティもワインもなくなり、追加購入してきました。ひっく

じゃーん
RIMG2688

そう、あの某プ~さんが試されたとゆー、高級そーな「くつろぎ仕込<4VG>」であります。でへ

でもこれ、お値段も分類も、ふつーの「もどきビール」だったんですね。
たった今、さりげに本文記事を修正しておきました。



で、6本だけだと不安なので・・・




RIMG2691

ふーむ、なかなかの惹句と箱絵じゃないか・・・


とゆー次第で、秋らしいパッケージになった「麦とホップ」であります。






もちろん、ついでに夕食の追加分も・・・

RIMG2693



わははは、しあわせじゃあ・・・







しかも、今なら「麦とホップ」で・・・



RIMG2690

「さんおくえん」がもらえるのであります。

さあて、何に使うかな・・・げひげひ・・・

そうか、「さんおくえん」がもらえるかもしれない宝くじが、もらえるかもしれない、とゆーことだったのね・・・ううっ


m98k at 17:07|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 糧食、飲料 

2010年09月20日

MPIの米軍規格品・・・

(期間限定のお知らせ  10月開催予定のライト好き九州OFF会へのお誘い記事はこちらです。)





えへん・・・ま、とりあえずは画像を・・・


ちなみに画像のライトは大きさ比較用のFENIX LD10、長さはちょうど100mmであります。

RIMG2580




RIMG2582




RIMG2583



RIMG2584

まあ、エマージェンシーブランケット・コンバットとゆーやつなのでありますが、
商品紹介の一部を、赤色でコピーペーストして、ご紹介しますと・・・


サイズ:142X243cm

本体重量:56g


ま、サイズや重量はいいとして、特に・・・


米軍型式番号M41-0505


MSN:7210-00-935-6666



とかですね・・・


アメリカ軍制式採用!本来なら市販用としては回ってこないのですが、
限定数量のみメーカーよりご提供いただきました。
今回分が売れてしまいますと次回入荷は不確実!マニアにはたまらない逸品です!

とか、

アメリカ軍に制式採用されているミリタリースペックのエマージェンシーブランケットです、
厳しい規格検査に合格しアメリカ国内だけでなく世界各国に派遣、駐留する兵士に携行され
高い信頼を得ています、風雨を避け強力な日光を遮るだけでなくレスキューミッションにおいては
ポジションインジケーターの役割を果たします。
サイズも民生用のエマージェンシーブランケットよりも大きく作られておりより様々な用途に対応します

とか、

限定数量輸入品につきお早めにお求め下さい


とか、書かれてるとですね・・・
ついついポチしてしまうとゆー、明るい性格のわたくし・・・




そういえば、
最近こんなのも買ったような記憶が・・・

ま、あっちは重量が425gもありますから、まったくの別物とゆーことで・・・
それにあっちはミルスペックでもないし、カテゴリも別にしてることだし・・・くどくど・・・


m98k at 00:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ミリタリーグッズ | その他アウトドア

2010年09月15日

水遊びキャンプ!!!

(期間限定のお知らせ  10月開催予定のライト好き九州OFF会へのお誘い記事はこちらです。)


先週末、一泊で「水遊びキャンプ」に行ってきました。

ちなみに、某ソーシャルネットワークサービスで、某wingさんが今回キャンプを曲解して紹介されてますが、



こちらが真実の姿なのであります。ややきっぱりと・・・






場所は奈良県・吉野川中流域の某キャンプ場であります・・・

RIMG2614

集合は土曜日の正午ごろ、のはずだったのですが、予定どおり到着すると、まだ誰も来てませんでした。
仕方なくタープとテーブルをひとりでセットしたのですが、ご覧のワンタッチ式タープ、
四人居ればほんとうにワンタッチで設営できるのですが、一人だけで設営する場合は、
四隅を何度もぐるぐる廻りながら、徐々に拡げていかねばならないのであります。ううっ




で、とりあえず・・・

RIMG2615

一人宴会であります・・・むひひひ












めずらしく奮発した高級にぎりを食べ、ビールもどき二本目を空ける頃には・・・

RIMG2617


やはりめずらしく「一番搾り」を持参したワンテン一家三人も到着し、わたくし三本目の「コクの時間」は、
ワンテンパパさんに注ぎ、わたくしは「一番搾り」をかぱかぱとですね・・・


「ひっく、わたくしの高級鉄火巻きあげるから、そのおいしそーなトルコライスちょーだい。」

「ういーっ、どーせにぎりだけ食べて、これだけ残してたんでしょ、あげませんよ、ばくばくばく・・・」

「ううっ、この薄情者がぁ・・・」

「どーれ、せっかくですから、この鉄火巻きも・・・ばくばくばく・・・」

「わわっ、なんちゅーことを・・・せめてハンバーグ半分は残して、わたくしみたくスリムにならないと・・・」

「よく似た体型の二人がなにモメてるんですか、ったく、もう、食い意地まで似てるわ・・・」

とか、三人で仲良くやってると・・・


RIMG2621

ソフトクーラーケース入りの「プレミアムモルツ」6本セット持参のwingさんも到着・・・

「もう昼食はないけど、とりあえず乾杯しましょう、そのプレミアムモルツで!!!」

「いやーっ、仕事でヤバかったんですが、やはり来てよかった・・・んぐんぐんぐ」

「あっ、そのソフトケース、某ソーシャルネットワークサービスで紹介されてたやつですね。」

「そう、なんといってもコールマンですからね。いいでしょう」

「まま、こちらのストロングセブンをもっとどーぞ・・・こぽこぽこぽ・・・」

「ぐびぐびぐび・・・わははは、愉快愉快」

「で、このソフトケースは残った中身ごと、こっちに入れておいてと・・・ごそごそごそ・・・
では、そろそろ河原に行きましょうか・・・あっ、カメラとか忘れないようにね・・・げひげひ」

と、早々にいただきものをしてしまった98kさん、気づかれないうちにと、みなさんを河原へ誘導・・・


RIMG2637




RIMG2632

キャンプ場直下の吉野川の河原であります。

今年は9月になっても暑く、水遊びをする人たちも多かったのですが、
ほぼ全員、P.F.D(ライフジャケット)を装着してるのがおわかりでしょうか。

けっこう流れが複雑で急に深くなり、昔は水難事故も多かったようですが、
ラフティングやカヤックなどのベースになってからは、P.F.Dの無料貸し出しもあり、
水遊び時の着用も、かなり定着してきているようであります。

ま、中にはですね・・・
酔っ払ってP.F.Dなしで溺れかけ、あわてて子どもの浮き輪を取り上げたやつもいたよーな・・・ひっく



ほかにも・・・

RIMG2635

ロールの指導をするインストラクターとか・・・












RIMG2625

流れにのる前に、本流を読みとろうとする母娘とか・・・










BlogPaint

ま、このまま、和歌山から太平洋まで流れていったようですが・・・












いっぽう河原では・・・

RIMG2624

お忍びで来日中の某国総書記とか、ビキニばかり盗撮してるパパラッチとか・・・



いやあ、なかなか楽しい水辺の風景でありました・・・
(って、わたくし、すでに出来上がってて、あまり記憶がないけど・・・)







で、暑かったキャンプ場も、ようやく日が傾いて・・・

RIMG2648















wingさんのスパークリングワインで乾杯して、いよいよ本格宴会に突入・・・

BlogPaint

って、乾杯前にイッキ飲みをするんじゃありませんっ、ワンテンママさん!!!



で、わたくしがキャンプ食材を準備すると、いつも焼き肉と激辛鍋になる、とゆーことで、
今回は、恒例のwingご飯以外は、ワンテン一家にすべてをご用意いただいたのですが、


ワンテンパパさんのたってのご希望により・・・



結局、焼き肉と鍋がメインでしたが・・・


ま、画像奥に見える山芋とカイワレの和えものをはじめ、ワンテンママさんお手製の一品モノは秀逸でした。




で・・・

RIMG2645

フランクフルトソーセージを切り分けたり・・・












RIMG2641

サザエの中身をリーマーで引き出したりと、新型のスイスアーミーナイフが大活躍・・・
って、こんな用途のために買ったんだっけ・・・ま、いいか・・・しこたま飲んでるし・・・ひっく


とゆー次第で、この後はふたたび河原に下りて、大花火大会に・・・

そう、じつは今回のキャンプ、大量に花火を仕入れてたワンテン一家のご都合による日程なのであります。

いろんな事情で多忙になり、この日程を逃せば花火もできないとゆーワンテン一家にあわせて、
川端さんはじめ、いつものメンバーを誘ったのですが、結局参加できたのは、わたくしとwingさんだけでした。

で、花火の頃には完全に出来上がってたので、あまり画像はありませんが・・・

RIMG2657

ヒカリモノがすっかり好きになったワンテン娘・・・












RIMG2666

「オトナ買い」ならぬ「オトナ花火」を楽しむワンテンパパさん・・・









けっこう大量の花火を楽しんで、子どもを寝かせてからも延々と・・・

RIMG2678



ひたすら、飲み続けてたようであります・・・

あんまり飲み過ぎちゃだめだよ、ワンテンパパさん、wingさん・・・









で、翌朝は・・・

RIMG2677

前夜の残りのちゃんこ鍋に、うどんを大量に投入して・・・












RIMG2679

サンガリアの炭酸飲料、「ホップの香り」Alc.0.00%で、ややきっぱりと〆たのであります・・・

やはり一泊二日だと、翌朝はもう飲めないもんなあ・・・
そう、キャンプの醍醐味である、「朝からビール」はできなかったのであります・・・ううっ



m98k at 23:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 

2010年09月13日

ビクトリノックス・クラシックの・・・

(期間限定のお知らせ  10月開催予定のライト好き九州OFF会へのお誘い記事はこちらです。)


ええ、じつは・・・

今を去ること四年前、このブログサイト「趣味の物置小屋98k」の10万アクセス記念に、

他の高級品いっぱいと一緒にTOMOさんからいただいた、大事なビクトリノックス・クラシックを・・・


最近、失くしてしまったのであります。ううっ


そう、ずっと大事に、とゆーか、ずっとカラビナもどきのキーホルダーでEDCしてたのでありますが、
先月、うちの奥様の実家での法事の際にですね・・・

お寺やらお墓やら食事処やらの駐車場をクルマで往復、しかも次男と何度か交代で運転してたため、
ポケットからの出し入れが激しく、どこかでキーホルダーから外れてしまったようで、
(やはりEDC用には、ロック付きのカラビナもどきにしておくべきでしたねえ・・・)
気づいてからは探しようもなく、その後は毎日毎晩、後悔とやけ酒の日々を・・・




まあ、再度TOMOさんに、

おねだりしてもよかったのですが・・・





今回、思い切って自分で購入した次第なのであります。奥ゆかしいぞ、98k!  ばしっ、べきっ・・・




じゃーん

RIMG2575

そう、ビクトリノックスのクラシックモデル、カモフラージュハンドルタイプであります。











RIMG2576

右は大きさ比較用のFENIX LD10で、長さはちょうど100mm、左は同梱されてたケースであります。











RIMG2577

メインブレードに爪やすり兼用のマイナスドライバー、はさみとピンセットと爪楊枝、と機能はいたってシンプル・・・

でも、これがちょっとした普段使いには、じつに便利なのであります。
メインブレードで食品を切り分ける、ハサミで袋入り食品の小出し口を作る、ドライバーで食品のフタをこじ開ける、
爪楊枝で食品を食べる、ピンセットで落とした食品のごみをとる、といったようにですね・・・






食べてばっかりかいっ!!!







ほんとにちっちゃくて薄くて、ポケットにぴったりですね・・・

RIMG2578

下は大きさ比較用のスイスアーミーナイフ(ソルジャーモデル)でハンドルの長さは111mm・・・









って、ところでこのマーク・・・

RIMG2579


画像の上下が逆になってますが、右はスイス陸軍の紋章とのことであります。
で、左のは新しいビクトリノックスのロゴマーク、それともスイスの国章??? どうなんでしょうね・・・
(追記です。調べてみると左は現在のビクトリノックス社章、右はスイス国軍章のようですね。)









あらためてお詫びとかのP.S.

TOMOさん、大事ないただきものを紛失してしまい、申し訳ありません。
失くしたのはたぶんうちの次男、責めるならぜひ彼をですね・・・って、なんちゅー親でしょう・・・

同様にTOMOさんからいただいた、同柄のジッポーはアウトドア専用にしてるんですが、
こちらはEDCツールナイフとして、ほんとによく活躍してくれました。

平時でもTOMOさん同様、鞄の中にはいろんなツールがあり、ましてやキャンプ宴会などでは、
これもいただいたコールマンのマルチツールをはじめ、いろんなものを持参してるのですが、
すぐに欲しい時に、ズボンのポケットに入ってるのは、これとFENIXのL0Pだけ・・・

とゆー次第で、今後は二代目のこちらになるわけですが、まあ、EDCしてる以上、
いつまた紛失するやも知れず、予備として何本かいただいておいても・・・ぼかっ、べきっ、ぐしゃ・・・


もとい・・・


とゆー次第で、今度こそ失くさないようにですね・・・


じゃーん
RIMG2609

こんなのも買いました。

なにせスチール製のねじ式・・・
なんか上腕の止血に使えば漏れそうですが・・・つげワールド、懐かしいなあ・・・










RIMG2611

なにせ高級品で、ねじ山がびみょーに波打っており、今度こそ、そう簡単には外れないはず・・・
でもケースがクルマの振動で、ずり落ちてきそうですね・・・さて、どうしたものか・・・

ちなみに、このクラッシック、ついでにソルジャーのキャンプデビューは、先週末の土日でした。

吉野川の水遊びキャンプで、さっそく役立ったのですが、その模様はまた次回に・・・むひひひ


m98k at 21:15|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ミリタリーグッズ | その他アウトドア

2010年09月08日

もっとメラミンを!!!

(期間限定のお知らせ  10月開催予定のライト好き九州OFF会へのお誘い記事はこちらです。)




えーっ、いきがかりじょう、メラミン食器は「ファミリーキャンプ」のカテゴリになってますが・・・


もはや、ファミリーキャンプとは関係なく、完全にわたくしの「趣味の世界シリーズ」となってしまった・・・



メラミンカップであります。どーしようもなくきっぱりと



某ライト系サイトで、仕事の帰りにダイソーに立ち寄ってみた、とゆー記事がありましたが、
わたくし、メラミンとアクリルのコーナーには、しょっちゅう立ち寄っているのであります。これはきっぱりと

で、つい最近も、こんなカップを買ったばかりのわたくし、記事のP.S.で、ダイソーさんにお願いしてたら、
なんと、ほぼ希望どおりのやつが、店頭に並んでたのであります。







じゃーん

RIMG2571

右は大きさ比較用のFENIX LD10で長さはちょうど100mm・・・





いやあ、お願いしてみるもんですねえ・・・

って、たぶん以前からあって、たまたまご近所のお店に入ってきただけなんでしょうが・・・

取っ手こそ付いてませんが、ほぼ理想型、容量は280mlとなってますが、満水で300ml、段差までで200mlであります。





もちろん・・・

RIMG2572



RIMG2573


ぴったりとスタッキングできるのであります。


スタッキングできるメラミンカップといえば、昨年末、こんなのも買ってたのですが、
どーもホテルの洗面台に置いてあるよーな気がして、いまいち雰囲気がでませんでした。


で、このカップは、同シリーズでボウルとシェラカップも持ってますから、
これでやっとコンプリートセットになった次第なのであります。



じゃじゃーん

RIMG2602

このアウトドア風デザインのメラミンウェアシリーズには、ほかにもコーヒーカップやお皿なんかもありますが、
わたくしのキャンプ宴会では、この三点セットで充分なのであります。











RIMG2605

こんなにちっちゃくスタッキングできるし・・・

ですから、わたくしのメラミンカップ遍歴も、ようやくこれでおしまい・・・のはず・・・ややきっぱりと・・・








素肌にぃ、片袖ぇ、とおしたぁ、だけでぇ・・・(今年は、まだまだ暑いからね・・・)



ゆーかにひろがるぅ・・・



RIMG2599




メラミンの海・・・








と、ついでに・・・





RIMG2594



アクリルの海・・・






わは

わははは



しあわせじゃあぁ・・・

RIMG2601


といいつつも・・・



もっ、もっとメラミンを!! 
つ、ついでにアクリルも・・・



m98k at 20:10|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ファミリーキャンプ入門 | 川下り、キャンプ宴会

2010年09月05日

じおらんだあぁぁ!!!

(期間限定のお知らせ  10月開催予定のライト好き九州OFF会へのお誘い記事はこちらです。)



ええ、今回は、意に反してとーとつに、「じおらんだあぁぁ・・・」記事なのであります。ぶつぶつぶつ・・・














RIMG2587


わたくしの愛車、とゆーより、最近は次男の愛車になっている、スバルの旧型フォレスターであります。










「ん? なんか前後のタイヤ形状が変わってるよーな気が・・・気のせいかな・・・」










RIMG2589

RIMG2588


「ああ、タイヤ交換しておいたで。きっぱりと」

「きっぱりと・・・って・・・前に履いてるのはスペアタイヤやないかっ!」

「ああ、やはりお父ちゃんでも気になるんか・・・」

どーも和歌山の山奥で岩にこすってパンク、友人たちとスペアタイヤに交換したようであります。

で、帰りにガソリンスタンドで見てもらったら、タイヤのサイドなので修理は不可能、と云われたとのこと・・・

「まあ、少ないけど取っておいて、みんなの気持ちのタイヤ代・・・」

と、レジ袋で渡されたのは、友人たちとの一泊温泉キャンプの精算の残金だとゆー、小銭が2kあまり・・・

「ううっ、みんなやさしいなあ・・・その気持ちがうれしいやないかい・・・」



って・・・



そんなもんで足りるのかっ???




と、さっそくスバル屋さんで見てもらったら、

「うーむ、かなり偏摩耗してますねえ、パンクしたまま走ってたのかな・・・最低でも二本は換えないと・・・」

「げげっ、二本でちゅか・・・」

「まあ、走行距離も2万5千キロを超えてるし、べつに4本換えてもいいですよ。」

「わっ、わたくし、タイヤはちゅるちゅるになるまで乗る主義なんでちゅが・・・」

「新しいタイヤはいいですよう・・・音も静かで、燃費もよくなって・・・
で、二本ならこのぐらい、4本ならこんなもんになりますが・・・」

「げげっ、し、しばらくのご猶予を・・・」

と、以前お世話になった、お近くの激安タイヤ屋さんへ行ってみると・・・すでに閉店してました・・・

上記リンク記事画像にある、「ヨコハマ・ジオランダーA/T」をお世話していただいたお店で、
よく見るとロゴの色が4本ともバラバラ、しかも、それぞれのプリントが、
びみょーにズレてるやつを、当時、激安で履かせてもらったお店だったのですが・・・


「うーむ、閉店してたら仕方がないな、ここはどどーんと気前よく、豪華に正規品なんぞを・・・」



と・・・



じゃーん
RIMG2585


まだ2万5千キロしか走ってないのに、



豪華に4本とも新品で買った、



「ヨコハマ・ジオランダーH/T-S」であります。







そう、ネット最安価格で買いました・・・


結局、ふつーのタイヤ屋さんの交渉価格の3/4程度のお値段でした・・・しかも送料等は一切無料・・・

カメラと同じく、どーしてネット通販だとお安くなるのか、このあたりの仕組みは、わたくしよくわかりましぇん・・・

製造年月を見てみると、2010年の5月、そんな古いものでもないし・・・何か違うんでしょーかねえ・・・


ニッサン・テラノの純正は、ブリヂストンのデサート・デューラーだったんですが、
スバル・フォレスターの純正は、もともとヨコハマのジオランダーだったんですねえ・・・

で、テラノに履かせてたジオランダーA/T(今はA/T-Sですが・・・)とゆーのは、オールラウンドタイプ、
今度のジオランダーH/T-Sとゆーのは、オンロード中心タイプだそうであります。
ま、どちらもSUV用なんですが、あまり河原に行かなくなってしまったわたくしの変化に、
ぴったりと符合しているとゆーことなのでありますね・・・ううっ


さすがに、交換やバランス調整はスバル屋さんにお願いしましたが、それでも当初見積もりの3/4以下で済みました。

いやあ、よかったよかった・・・

って・・・




もともと交換予定なんか、なかったんや!!!



ったく、もう・・・よく見ればフロントバンパーもずいぶんこすってるし・・・ぶつぶつぶつ・・・








個人向けP.S.

と、ゆーよーな次第で、wingさん、red-bicycleさん、

10月の九州遠征は、ぜひ、わたくしのクルマで行きましょう!!!

せっ、せめて、元を取らないとですね・・・

つ、ついでにフロントバンパーなんかも塗装してもらってですね・・・くどくど・・・


m98k at 04:20|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック その他アウトドア 

2010年09月02日

またスナグパックの・・・

(期間限定のお知らせ  10月開催予定のライト好き九州OFF会へのお誘い記事はこちらです。)






過日のジャングルバッグ
につづき、またスナグパックの製品を購入してみました。









今回はシュラフではなく・・・








じゃーん

RIMG2564













ストロボ発光で、ちとわかりにくいので、付いてたタグのアップであります・・・

RIMG2565

スナグパック、キット・モンスターとゆー商品名の・・・まあ・・・ダッフルバッグですね・・・スリーウェイの・・・










で、なにがモンスターなのかとゆーと・・・

RIMG2566

そう、120リッターのキャパシティなのであります。きっぱりと・・・




ほぼ同サイズの安物バッグは、キャンプ用、川下り用として、かなり以前から保有しており、
無人島OFF会などでも使っているのですが、背負えるタイプではなかったので、
みなさんに運ぶのを手伝ってもらってた、とゆー次第なのであります。

で、こちらはご覧のとおり、「holdall」で使え、「rucksuck」としても使えるのであります。


ま、手提げと肩掛けができて背負える、大型スリーウェイバッグとしては、ドイターのトラベラー60があるのですが、
名前どおり60リッターサイズで、しっかりしたショルダーベルトとヒップベルトが付いており、
これが取り外し不可能で、容量の割には重くて、かなり嵩張ります。

で、もっとシンプルで容量が倍の、こちらを購入したとゆー次第なのであります。



RIMG2567

上に載っているのは、大きさ比較用のFENIX LD10で長さは100mm・・・

って・・・あまり比較にはなってないな・・・ほとんどわからないものな・・・








ちなみに、この中には・・・




厚手の敷き布団と羽根枕を入れてあるのですが、


まだまだ容量には余裕がありました・・・





古いのと、このキット・モンスターをあわせて240リッター、ドイターのトラベラー60が60リッターで、
キット・モンスターを背負って、トラベラーを前に背負い、古いやつを肩からかければ、


300リッターの荷物が運べるのであります。きっぱりと




しかも両手はフリーですから、理論的には、さらに手提げの大型バッグをふたつ持てるはず・・・



わは、

わははは、




これで九州OFF会のお土産は、

みんなわしのもんじゃあぁぁぁ    プツン








ぐだぐだとP.S.

まあ、期待していたほどは、ヘビーデューティな仕様ではありませんでした。
補強ベルトも、ボトムまで廻り込んでいるわけでもなく、生地も薄く、金具などもありきたりでした。
やはりドイターのトラベラー60と比較するとその差は歴然、ま、お値段相応といったところでしょーか・・・

でも、ショルダーストラップのパッドなどが薄い分、嵩張りませんし、装着したままでもあまり邪魔になりません。
重量も1550gと、このサイズにしては軽く、ともかく構造がシンプルですから使い勝手はいいと思います。

なにせ120リッターのサイズ、今回入れてみた布団など軽いものならいざしらず、水より重いものなら、
120kg以上になるわけですから、とても担いだり背負ったりできるものではありません。

ま、通常はシュラフや衣類など軽いものを中心に、万一重量物でいっぱいにした場合には、
両サイドのハンドルを二人で慎重に持つ、といった使い方になるのでしょうね。
ショルダーストラップやその取り付け具、とても120kgの耐荷重があるとは思えましぇん・・・

でもこのバッグ、NHKで五夜にわたり連続放映してた、「南米一周165日間の旅」なんかには最適でしょうね。

じつはあの番組をずっと見てて、衝動的にこれが欲しくなって、思わずポチした次第でして・・・
イギリスの旅行会社が企画する定期のバスツアーで、宿泊はテントかロッジがほとんど、
基本のトレッキングや観光と一日二食つきで費用は日本円で1400k、バスの走行距離は3万6千キロ・・・

ううっ、行きたいなあ・・・そーいや、ロンドンから北京とか、アフリカ縦断とかのバスツアーもあったな・・・

でも、どれもイギリスのツアー会社だもんなあ・・・英語だしなあ・・・それに体力要るしなあ・・・

やはりこれは九州遠征に使おうっと・・・げひげひ



m98k at 00:05|PermalinkComments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 | ミリタリーグッズ