2010年11月

2010年11月30日

秋の京都散策その2


(期間限定のお知らせ) 冬季洞窟キャンプへのお誘い記事はこちらです。




秋の京都散策、前回記事からの続きであります。

午後一時から二条木屋町にある角倉了以別邸で大宴会、その庭園をふらふらと鑑賞してから、
東山の麓にある黒谷光明寺へ着いたのは四時前、拝観終了時間ぎりぎりでした。
それでもまだまだ観光客は多く、観光協会による仮設拝観券売り場には人が並んでました。

まず特別公開中の本堂(御影堂)と大方丈を拝観したのですが、内部はさすがに撮影禁止・・・

その後、やはり特別公開中だった方丈庭園を散策しました。






RIMG3152

このあたりの枯山水は、「紫雲の庭」と名付けられた、最近新たに整備された部分、
その周辺は回遊式で、学生時代に数多くの京都の庭園を廻ったはずのわたくしですが、
こちらの庭園は今回がはじめてであります。



ま、紅葉の真っ盛りですし、さくさくっと画像でご紹介・・・









RIMG3153






人が多い時期の回遊式の庭園とゆーのは、なかなか構図が難しいですねえ・・・






RIMG3154






遠景を入れると、どうしても人物が入って・・・ほんとはもっと左に振りたかったのですが・・・






RIMG3157






そーいや、ダイナミックレンジダブルショットモードとゆーのがあったな・・・






RIMG3163






どーもいまいち、紅葉の透明感が出ないなあ・・・






RIMG3165






こちらも人物を避けて寄せ過ぎ・・・






RIMG3169






DRモードでこれだものなあ・・・ううっ






RIMG3167


ほんとはこんなオレンジ色の紅葉ではなく、深紅の紅葉なのにぃ・・・











BlogPaint

今回ご一緒した、サークル時代の美しき同級生たち・・・

ま、今の年齢を足したら、軽く200オーバー、さらにあと追加が・・・





ぼかっべきっぐしゃばきっ








RIMG3171

ぼこぼこにされつつ、ひいひい墓地を登って、三重塔に着く頃には陽も傾き、振り返ると・・・











RIMG3175

西山に沈む夕日を、京都の市街地を挟んで、東山の麓から望む絶景が・・・










で、さらに北に数分歩くと、真如堂であります・・・

RIMG3178



ちょうど夕日があたって、きれいきれい・・・









RIMG3179













RIMG3188











ま、画像としては、こちらのほうが好みなんですが・・・

RIMG3187




と、ふらふらと真如堂をでて、ふたたび市街中心部に戻る頃には、あたりはすっかり暗くなり、
わたくしの秋の京都散策も、いよいよ夜の部に・・・


(以下、もう一回だけ続きます。)



m98k at 01:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

2010年11月28日

秋の京都散策その1

(期間限定のお知らせ) 冬季洞窟キャンプへのお誘い記事はこちらです。



昨日の土曜日、朝から京都で植林ボランティアの会合があり、それとは別に午後からは、
わたくしが学生時代に参加していた、寺社仏閣を巡るサークルの同窓会、
とゆーことで、ひさしぶりに秋の京都をふらふらと歩いてきました。

まあ、このサークルの同窓会は、毎年学園祭の時期に開催されているのですが、
昨年はお仕事の関係で行けなかったわたくし、二年ぶりの参加となった次第であります。





午前中に京都府南部であった会合を済ませ、昼過ぎに着いた同窓会の(一次会)会場は・・・

RIMG3115

高瀬舟の浮かぶ、「高瀬川一之舟入り」の左岸(画像の右側)にある・・・













RIMG3116

角倉了以の別邸跡を使った「がんこ高瀬川二条苑」・・・

なんでも角倉了以が開削した高瀬川の源流部になるそうで、その源流部を庭園にしてるそうです。

がんこ寿司のグループは、関西の古いお屋敷を使ったお店をいくつか展開しており、
わたくし、大阪の「平野郷屋敷」にはこの一月に行っておりますが、こちらのお店ははじめてであります。


まあ、上記のお店のリンクどおりのお安いコースだったのですが、

RIMG3118












やはり、紅葉は見事・・・

RIMG3119













まあ、メインの豆乳ゆば鍋を食べ尽くす頃には、別に頼んだボジョレー・ヌーヴォーも少なくなり・・・

RIMG3122



すっかり出来上がってからの庭園散策となりました。あははは












RIMG3138














RIMG3125














RIMG3128













RIMG3129















RIMG3126















RIMG3130









深山幽谷の趣がありますが、場所は二条木屋町、市街地のど真ん中であります。




RIMG3131








まあ、市街地のど真ん中といっても・・・





RIMG3139

古い建物もけっこう残っているのが京都の魅力なんですが・・・











この後、夜の二次会までの間に、東山の麓にある特別公開中の黒谷・光明寺へ・・・

RIMG3141

このお寺、テレビドラマになった「坂の上の雲」や、いろんな映画のロケに使われ、
庭園は今年のJR西日本のポスターにも使われているそうですが、
我々のサークルの活動では行ったことがなく、今回はじめての拝観となりました。

二年前に行った上記リンク記事の相国寺といい、学生時代に行けなかった京都の寺社仏閣を、
元気なうちに見ておこうとゆー同級生の思いに、つくづく年齢を感じるとゆーか・・・





RIMG3140

紅葉シーズン真っ盛りの好天の休日、歴史ブームや竜馬ブームの影響もあるのでしょうか、
そんなに有名なお寺でもないのに、ものすごい人とクルマの数でした。










RIMG3142














RIMG3146















BlogPaint

さすがに紅葉は見事で、一昨年に較べ和服姿の観光客もけっこう見受けました。

和装もブームなんでしょうか・・・京都には似合いますねえ・・・ま、歩きにくいとは思いますが・・・








立派な山門には・・・

RIMG3144













立派なカラーチャートが・・・

RIMG3145

って、わたくしのリコーCX-1、オートで撮ると、どうしても緑が勝ってしまうなあ・・・
巫女さんの緋袴もオレンジ色になってたし、深紅の紅葉もオレンジにくすんでるし・・・










RIMG3150


で、こちらの本堂(御影堂)から入り、特別公開中の大方丈、方丈庭園と拝観したのであります・・・


(ちと長くなったので、以下次号に続きます。)



m98k at 16:02|PermalinkComments(10)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

2010年11月25日

梅田でミニOFF会開催!!!

(期間限定のお知らせ) 冬季洞窟キャンプへのお誘い記事はこちらです。

ええ・・・昨夜のことでありますが・・・


九州から大阪へお仕事で来られた二日酔いの猫さんを囲んで、ライト好きのミニOFF会がありました。

場所は大阪・梅田にある、前回と同じ英国風パブであります。

メンバーはwingさん、川端さん、わたくし98kに、今回は二日酔いの猫さんのお連れさんもご一緒で、
合計五名となりましたが、このお連れさん、ライトマニアの集まりだとは知らなかった・・・どころか、
二日酔いの猫さんがライト好きだということも、この夜、はじめて知ったそうで、
「うーん、たしかに仕事でライトは使いますが・・・ライト好きとゆー人種は・・・よくわかりません・・・」
と、最初はかなりとまどっておられましたが、ご趣味がレザークラフトだそうで、
このあたりはモノづくりが好きなみなさんとは話が合うようで、すぐに打ち解けておられました。
さてそうなると、人様が作ったモノばかりいただいてるわたくしだけ居場所がなさそう・・・なもんですが、
そこはそれ、もぐもぐごくごく食べて飲んで、がはははとしゃべりまくって、けっこう楽しんできました。

七時に集合して、アウトドアショップやらミリタリーショップやらをみんなで見てまわり、
会場に着いたのは八時前でありました。
ここの英国風パブ、大阪では知られたダーツ好きの集まるパブで、
この夜も、我々以外のお客さんは全員、本格的なダーツを楽しんでおられました。
ま、その奥のボックス席で、懐中電灯をならべて怪しげな話をしてたわけでありますが・・・









まずは二日酔いの猫さんのお土産の・・・

RIMG3109

「九州ラーメン ロン龍 お一人前」がいっぱいと、猫さん新作のアルコールバーナー・・・

ま、とーぜん関西三人組で血みどろの争奪戦となったのでありますが、
ちと遠くて、平日夜のOFF会には出席できないred-bicycleさんには、猫さんから直接送られてたそうで、
体内に環状列石ができたとゆー彼には、ま、全員からのお見舞いの品とゆーことで・・・











で、こちらが・・・


RIMG3111

二日酔いの猫さん持参の、改造100均ライトの数々・・・

とーぜん中味は入れ替えておられ、どれも明るいのですが、同じダ○ソー商品でも、
関西では見かけないものもあり、wingさんなんぞは「これいいなあ、じゅるじゅる」とおねだりされてました。

まあ、この中では・・・



わたくしのFENIX MC10が最高級品・・・




とゆー、ライトOFF会始まって以来の快挙とゆーか、
まあ今回は、ほぼ二日酔いの猫さんの作品発表会となった次第であります・・・

もちろん、これ以外にも、例によってwingさんがMODキーホルダーライトを持参され、
二日酔いの猫さんや、そのお連れさん、明るさに驚嘆されてた川端さんにもプレゼントされてました。

「あれっ??? あと一人、誰か忘れてませんか・・・じゅるじゅる」

「98kさんは、前回もそのまた前回も、どさくさに紛れていつも持って帰ってるでしょうがぁ!!!」

「まあまあ、わたくし一人だけ今回は仲間はずれなんて、そんな可哀想な・・・
あ、このバッグにまだ入ってるぞ・・・ごそごそ・・・」

「わわっ、わたくしのバッグ、勝手に持ち出さないで下さいね。」

「まあまあまあ、生ギネスをもう一杯いきましょう・・・どーせ割り勘ですが・・・」

「いやあ、これは細かい泡がなかなか消えずに、ほんとにうまいですな・・・ごくごくごく・・・」

と、フィッシュアンドチップスやローストビーフなんぞですっかりお腹がくちくなった頃合いに・・・

「さあさあ、次は大阪のこってりラーメンといきましょう、げひげひ・・・」と、話題を変える98kさん。

「ぐえっ、まだ食べるんですかっ???」と、少食な川端さんと二日酔いの猫さん。

「うーん、大阪のこってりラーメンも食べてみたいけど・・・」と、遠慮がちな猫さんのお連れさん。

「お腹はいっぱいなんだけど、ラーメンは好きだし・・・どうしようかなあ・・・」と、悩むwingさん。


結局、圧倒的賛成多数!!!で、「天下一品」のこってりラーメンと餃子とビールで二次会となり、
ここでも、例によって川端さんのマジックなどで盛り上がって、お開きは11時過ぎとなりました。

いやあ、今回も楽しいOFF会となりました。





みなさん、ごちそーさまでした。げふっ




m98k at 23:50|PermalinkComments(6)TrackBack(0)mixiチェック フラッシュライト、ランタン 

2010年11月23日

やっとFENIX MC10を!!!

(期間限定のお知らせ) 冬季洞窟キャンプへのお誘い記事はこちらです。



えーっ、今さらながら・・・ではありますが・・・ひさしぶりのライト購入記事であります。
(ま、ライトいただき記事はいっぱいアップしてますが・・・げひげひ)



やっとFENIXのMC10とゆー、L型フラッシュライトを購入しました。


わたくしの手元にあるL型ライトは全部で3本、「L型三兄弟」として愛用していたのですが、
今回、いちばんちっちゃなこの弟分が加わって、これで「L型四兄弟」に・・・わははは






じゃーん

RIMG3054

以前、いくつかのサイトで紹介され、わたくしがキャンプのEDCライトとして使っている、
同じFENIXのLD10とゆーライトが、帽子に付けたままだとちと重かったので、
首から下げられて単三電池一本1AA駆動の、こんなL型ライトが欲しかったのであります。

1AAのちっちゃなL型とゆーと、ゼブラライトのH501があり、もっと小型軽量なのですが、
ま、こちらのほうがMAX125ルーメンとやや明るくて・・・


RIMG3061


RIMG3060

ご覧のとおり、ヘッドが90度上下するとゆーのが便利そうだったので、こちらにしました。










長さは99mmで、100mmのLD10とほぼ同サイズであります。

RIMG3053

ただし、LD10はオールアルミですが、MC10はヘッドがアルミ、ボディがプラなので、
重さはかなり軽いです。ただまあ、やはり質感は落ちますねえ・・・うーむ・・・



光源はCree XP-E(R2)とゆーLEDだそうで、MAXの125ルーメンで1.2時間、
MIDの50ルーメンで5時間、MINの5ルーメンで65時間のランタイムとマニュアルには書いてあります。
切り替えやオンオフは天頂部のプッシュスイッチ、ほかにSOSモードとストロボモードもできるようです。

わたくしはキャンプサイトでのEDCライトにするつもりですから、50ルーメンを基本に、
テント内では5ルーメン、おしっこに行く時などは125ルーメン、といった使い方で、
ま、二泊三日程度のキャンプまでなら、電池交換なしで使えそうであります。





で、もう一点、キャンプサイトで便利そうなのが・・・

RIMG3051

おまけで付いてる取り外し式のディフューザーレンズ、光を拡散するためのレンズであります。

首から下げてタープの下をうろうろしたり、テーブルに置いて手元灯として使う時などに、
あまり眩しくなさそうですし、タープの外やテント内で、全体をぼんやり照らしたい時にも重宝しそうです。

ま、わざと眩しくして、その隙にご馳走などを奪い去るときには・・・

RIMG3052

ワンタッチでハネ上げることもできますし・・・むひひひ


レンズ内をよく見ると、オレンジピールとゆーのでしょうか、しわしわのリフレクタになっており、
たしかにディフューザーなしでも、中央から徐々に暗くなっていくきれいなパターンでした。




とかいいつつも・・・

わたくしもともと、首から下げる使用を前提として購入したのですから・・・


RIMG3062

こんな付属品は、みーんな外して・・・











パラシュートコードだけ装着すれば・・・

RIMG3063

首吊り専用MC10の完成であります。













で、これ専用のケースなんかも・・・

RIMG3064

ま、ディフューザーは、レンズキャップとして再び装着しておりますが・・・
このケース、red-bicycleさんからいただいたUltra Fireのケースで、ご覧のとおりぴったり、
しかも天頂部のプッシュスイッチですから、このまま点灯やモード切り替えができるのであります。










RIMG3065

反対側にはベルトループやフックもついてるし・・・

いやあ、red-bicycleさん、やっとこちらのケースにぴったりの本体が見つかりました、ありがとねっ!
お礼に何かお見舞いの品を・・・蛇含草とか・・・ああ、あれは人体が溶けるのか・・・
ま、一刻も早い回復をお祈り申し上げる・・・気持ちだけはですね・・・


で・・・


このままの状態だと・・・

レンズキャップにしているディフューザーレンズをすぐにぶつけて壊してしまいそうですし、
ケースのままだと、テーブルなどに立てるのがちと苦しいですし・・・
かといって、ぴったりのいただきものケースから、いちいち取り出すのも面倒だし・・・

うーむ、これは何か方法を考えなければ・・・

レンズキャップにもカバーをかけて、底部には硬いものを入れて・・・

とりあえず、100円ショップで探してみるか・・・


(追記です)

試行錯誤の末、持ち運び方法だけは解決しました。こちらの記事の後半で紹介しています。



m98k at 01:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック フラッシュライト、ランタン 

2010年11月21日

タラスブルバ トラベラーズジャケット

(期間限定のお知らせ) 冬季洞窟キャンプへのお誘い記事はこちらです。



うふっ

某ブログサイトでユニクロのダウンパーカーを早朝から並んで入手したとゆー記事がありましたが、






じつはわたくしも先週の土曜日・・・






RIMG3072


おおっ、タラスブルバのトラベラーズジャケット(旧モデル)が半額になってるぞ・・・じゅるじゅる











しかも・・・

RIMG3073

こちらは先着100名か・・・開店はたしか11時だったはず・・・



と、梅田の石井スポーツに着いたのは開店10分前、すでに100名近くが並んでましたが、
なんとか整理券をもらうことができました。

で、開店と同時に店内に入り、さっそくお目当てのコーナーにいくと、すでに人だかりがしており、
わたくし、なんとかLサイズは確保したのですが、XLサイズはすでに見当たらず、
たったお一人だけ、XLサイズを持って考え込んでおられた方に、

「XLサイズはそれだけのようですね・・・よく見つけられましたねえ・・・」と声をかけてみました。

「そうなんですよ、サイズはこっちなんですが、色合いはそっちが欲しかったので悩んでます・・・」

そう、その方の持っておられたXLはベージュ系、わたくしの持ってたLはオリーブ系だったのであります。


結局、わたくしよりひと回り大きいその方はXLのベージュ系、わたくしは・・・

RIMG3076


RIMG3068

サイズより色合いを優先・・・すこし腹まわりがきついですが・・・うぐぐぐ・・・










ま、ふつーのジャケットなんですが、同色のフードは取り外し式で素材には・・・

RIMG3078


太陽光線にあたってると、どんどん皮膚側の温度が上昇するとゆー・・・



ことは・・・





直射日光下では、暑すぎないのかっ???



と、一抹の不安も抱えつつ・・・







おまけのプレミアムバッグはこんな感じでした・・・

RIMG3074













wingさんからいただいた、フリースシーツのケースにぴったりなのであります。

RIMG3075


わははは、まあまあ、よかったよかった・・・









んで、業務連絡P.S.

二日酔いの猫さん
「一周年記念セール」は終わりましたが、その後の「冬山応援セール」特別割引チケットは
わたくしまだ持ってますので、来阪時にどどーんと買ってくださいね、ついでにわたくしの分も・・・

wingさん、川端さん
「冬山応援セール」特別割引チケットがありますので、その際にはどどーんと、わたくしの分も・・・

red-bicycleさん
先ほど、二日酔いの猫さんからお聞きしました。くれぐれもお大事に・・・



m98k at 21:11|PermalinkComments(8)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

2010年11月19日

冬季洞窟キャンプのお誘い

えーっ、冬季洞窟キャンプOFF会のお誘いであります。

そう、寒くなった12月に、寒くなって人気のなくなったキャンプ場で宴会して、
寒さで入洞者のいなくなった洞窟を照射しまくろう、とゆー企画なのであります。





で今回は、九州OFF会でTOMOさんからいただいた、五島うどんの「地獄だき」が宴会のメインですので、




別名「地獄キャンプ!!!」とゆーことで・・・






まあ、その意味だけではなく、12月の現地はけっこう冷えそうですから、
本当に地獄のキャンプになるかも知れません・・・




場所は二年前の記事で紹介した、奈良県天川村の鍾乳洞群のお近くのキャンプ場・・・

二年前は11月23日でしたが、今回は12月11日からの一泊を予定しております。

で、前回は11月でしたが、それでも寝る前の外気温がマイナス3℃でした・・・
しかも日陰には、前週に降った雪がきっぱりと残っておりました・・・

で、今回は12月とゆーことなのですが・・・

まあ、あれから二年も経って、地球の温暖化がどんどん進んでることだし、
もはや12月といっても積雪などはなく、じゅうぶん川で泳げるぐらい温かくなってる・・・

とゆーよーなことは多分ないので、防寒装備とライトは各自で充分ご用意くださいね。

ただし、洞窟内の気温は一年を通じてあまり変わりませんので、外よりはかなり温かく、
Tシャツ短パン、もしくは白装束で充分なのであります。ややきっぱりと・・・


興味のある方は、コメント投稿フォームのメルアド欄にメルアド記入(この場合コメントに反映されます)のうえ、
この記事にコメントいただくか、左バーにあるわたくしのプロフィールからメッセージをお願いします。
こちらから詳細をメールでお知らせします。

なにせ12月11日ですので、他のキャンパーも少ないでしょうが、いちおー予約の関係もありますし、
食餌量の関係もありますので、参加可能性のある方は早めのご連絡をお願いします。











それでは・・・











洞窟キャンプで会いましょう!!!


IMG_2028




m98k at 22:55|PermalinkComments(8)TrackBack(0)mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 | フラッシュライト、ランタン

2010年11月15日

ニッポンのアウトドア作法と・・・

今回は、ニッポンのアウトドアにおける正しい作法と正式ウェアについての解説であります。えへん


じつは今月のはじめ、わずか一週間ほどではありましたが、タイからの留学生が、
我が家にホームステイしてたのであります。

ちなみに今回の留学生の二歳年上のお兄さんが、一昨年のメリディアンキャンプに、
うちにホームステイしてた留学生とともに参加したもう一人の留学生と、
バンコク・チュラロンコン大学の日本語学科で、同じクラスの友人だそうで、
この先輩が二年前に、ニッポンで怪しいライトマニアたちとキャンプした話は、
お兄さんから聞いていたとかで、まさかそのおうちにホームステイするとは、とびっくりしてました。
いやあ、あの子も、もう大学生になったんですねえ・・・わははは


今回は、ホームステイしてた先の娘さんが、ホームステイ先から、予定外に早く帰国することになり、
ホームステイする部屋がなくなるとゆーことで、次のホームステイ先の都合がつくまでの間、
我が家に臨時でホームステイすることになった次第で・・・うっ、ややこしいな・・・

で、我が家も、長男は下宿中で、次男は下宿をいったん出たものの、
10月から、あちこちでホームステイとかしつつ、五大陸を放浪中なので、
ホームステイできる部屋が、12月に次男が帰国するまでは空いており・・・
って、こっちもややこしいな・・・


とっ、ともかくそんな次第で、わたくしがニッポンのアウトドアを案内したのは僅か数時間、
しかもご近所だけだったのですが・・・





まずは、ニッポンのアウトドアにおける、正しい挨拶の仕方から伝授・・・






RIMG3039

「ニッポンのアウトドアでは、人に出会っても、森の神様に出合っても、森のくまさんに出遭っても、
あわてず騒がず、まずは二礼二拍手一礼をするのぢゃぞ!」

ま、これは敬虔な仏教徒の多いタイでの習慣もあり、わりとすんなり受け入れてました。














RIMG3022

「こちらが正式なニッポンのアウトドアウェアとワンタッチタープじゃ、
キャンプの際の必需品なので、きちんと画像を記録しておくように・・・」














BlogPaint


「ウォーキングや山歩きも、このように整列して、フォーマルなアウトドアウェアで、静々と歩くのが正式・・・」













BlogPaint

「こちらのキャップをよく観察しなさい。鏡を中心に、松と白鷺を頭にのっけるのが、
ニッポンの正しいアウトドアキャップなのじゃぞ。
ま最近では、鏡のかわりに明るいヘッドランプを装着するのが一般的になっておるが・・・」














BlogPaint


「こちらの山ガールのウェアは、白無垢打掛といってのう、冬山で目立たないスノーホワイトじゃが、
よく見ると、鶴や鳳凰といったニッポンではおなじみの鳥さんの迷彩柄になっておるのじゃ。」

「しかも、見てのとおり、そのままシュラフにもなるフード付きじゃぞ・・・げひげひ」













BlogPaint


「この子のウェアが、ラフティングなどハードなウォータースポーツの正式ファッション、
激流の中でも目立つ色彩で、あちこちにラインが付いてて、すぐにレスキューできるとゆー・・・」








ぼかっ、べきっ、ぐしゃっ












ううっ、おわびに日本の懐石料理のフルコースをご馳走します・・・




RIMG3041








BlogPaint




って、いつの間にあんたも来てるの??? もう、ビール持ってるし…











で、これがアウトドアライフによる、正しい腹の出方・・・









RIMG3043





わわっ、もういいましぇん・・・


m98k at 23:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

2010年11月11日

某SF研究会・創立40周年!!!

ええ、まあ・・・わたくし・・・先週末にですね・・・




某SF研究会・創立40周年記念行事!!!


とゆーのに参加してきたのであります。ややきっぱりと



40周年といえば、創立されたのは1970年、大阪万博の年であります。

こんにちわぁ、こんにちわぁ、せかいのぉ、くにからぁ、
1970円のぉ、背広着てぇぇぇ・・・って、知らないだろうなあ・・・



つーことで、話はとーとつに変わりますが・・・



以前のコメント欄でもちらっと紹介した映画で、「踊る大捜査線」や「少林少女」、「UDON」などの、
本広克行監督の作品に、「サマータイムマシンブルース」とゆーのがあります。

舞台は大学のSF研究会とカメラ部が共同で使っている部室、そこに突然タイムマシンが現れて・・・
とゆー、ま、青春ラブコメSFなんですが、面白いタイムパラドックスもあって、好きな作品であります。

この作品、時代設定は現在(2005年作品)なんですが、カメラ部とSF研究会にも所属していたわたくし、
「昔と雰囲気が変わってないなあ・・・」と懐かしく見てたのであります。

SF研とゆーと、文化系サークルの中でも比較的マイナーとゆーかマニアックとゆーか、
はたまたネクラとゆーかヲタ系とゆーか・・・そんな伝統が今でも受け継がれているよーな気もして、
なんか今回参加するのがちと気恥かしいような、はたまた・・・

うれしいような・・・こわいような・・・どきどきしちゃう、私の胸・・・
かわゆかったなあ、山本リンダ・・・そーいや「リンダリンダリンダ」のじょしこーせーもよかったな・・・あれは別の監督作品やったな・・・


えーっ今週はちと、家庭でバタバタしてまして、わたくしかなりハイになっておりますね・・・




閑話休題・・・




わたくし、創立まもない頃に入会したメンバーで、さすがにあれから40年ちかく経過してますし、
特に最近のわが母校は、まじめでスマートなやつが多いと聞いてましたので、
もうあんな雰囲気は残ってないかも、でも逆に、現役じょしだいせーがいっぱいいるかもと、
期待と不安を胸にしつつ会場に向かったのであります。



RIMG2963

古い家並みの残る京都の街中を一人でとぼとぼ歩いて行くと・・・











記念行事の会場・・・

RIMG2964







RIMG2967



は、この旅館の北側にある、教職員会館を改装した立派なホテルでした・・・ほっ













で、地下にある大ホールに入れば、すでに百数十名の卒業生たちでいっぱい・・・

BlogPaint


40年といえば、ほぼ三世代が集まっているのですが、やはり圧倒的に男性が多かったですねえ・・・

みなさん、そこそこフォーマルな感じで、いかにも創立記念行事らしい雰囲気であります。






で、現会長の「開会の辞」で、いよいよ多彩なイベントのはじまり・・・

のはずだったのですが・・・

現会長、舞台に上がった途端、頭の中が真っ白になったとかで、長時間の沈黙が続き、

「うっ、うぐぐぐ、とっ、ともかく、はっ、はじめますっ・・・はぁはぁ、ううっ」といったきり、舞台袖でばったり・・・












BlogPaint

さすがにこれには、参加者全員が唖然とするやら、昔の自分を思いだして苦笑いするやら、
たちまち、場の雰囲気がなごやかになりました。

もし計算ずくの演出だったとしたら大したものなのですが、その後の現役スタッフの自己紹介も・・・

「ふっ、ふだんの活動は、今も読書会でありますっ、でっ、でも、誰も読んでこないんですう!!
たっ、たまには、まじめに読んできてくれいっ、ひぃーっ」

「わっ、わたくし、また留年が確定しましたっ、秋からどーなるかわかりましぇん、えーん」

「ご、ご覧のとおり、現役じょしはほとんどいましぇん、もちろんわたくし、彼女いましぇん。
娘さんでも、お孫さんでもいいですう。だっ、だれか紹介してくださいっ、うううっ」

とか・・・みんな悲痛な叫びばかり・・・

って、この状況・・・



昔とちっとも変ってないやないかいっ!!



それでも、それ以外の出し物は、さすがにSF研究会、最先端の映像技術や音響効果を駆使して・・・











RIMG2972


RIMG2969




RIMG2987




RIMG3006



RIMG3003


古い機関誌(同人誌)やその付録などを展示してあるだけ・・・




これ以外には、顧問の先生や歴代会長などの一言コメントだけとゆー、
いたってシンプルな構成とゆーか、手抜きとゆーか・・・

まあ、ここらあたりのいい加減さも、「サマータイムマシンブルース」の世界と一緒で、
かえってほっとした次第なのであります。あは


それでも、食べ物と飲み物の量だけは、たっぷりと用意されており、みんながつがつと貪り喰ってました。
ま、このあたりは見事に客層を分析把握しており、わたくしもうれしい限りでありました。




で最後は、ずっと後輩にあたる、エンタープライズ号「カーク船長」とのツーショットでお別れ・・・

BlogPaint




「Live long and prosper! 長寿と繁栄を!」









で、記念行事終了後は、五年から十年ぐらいずつの世代グループに別れ、
分散しての二次会となったのですが、一回生のときの四回生、四回生のときの一回生と、
人間関係は途切れずに続いているわけですから、創設当時のメンバー以外は、
「ううっ、ぼっ、ぼくたちはどっちに行ったらいいんでしょう・・・おろおろ・・・」
と、先輩に聞いてくるやつがいたり、中にはあちこちハシゴしたやつもいたようで、
ま、このあたりの優柔不断さとゆーか、いい加減さとゆーのも、しっかりと受け継がれておりました。







で今回は、わたくしの参加した創立世代グループの、会場にあった古い記念写真を特別公開・・・






じゃーん

BlogPaint


ま、三十何年か前の写真ですから、当時の美少年、美少女の面影は、
いまやカケラも残ってないとは思われますが、いちおーモザイクなんぞをかけてみました・・・

これ、わたくしの学年の「追い出しコンパ」の時の記念写真なんですよね・・・

わたくし、学生時代のアルバムが、引っ越しのどさくさ以来、ずっと行方不明のままなので、
ほんとうに懐かしかったです。



で、この夜はおおいに盛り上がり、携帯電話を失くす者、記念品のペーパーウェイトを置き忘れる者、
靴を履き間違える者、はたまた三次会以降、行方不明になる者などが続出・・・




って、きみたちねえ・・・




まったく進歩とゆーものがないんかいっ!!!



感謝と期待と気遣いのP.S.
今回、わざわざ名簿を調べて連絡いただいたS本さん、現役生をそそのかした創設者のK山さん、
そして、そそのかされて記念行事をやらされた現役生のみなさん、ありがとうございました。とても楽しかったです。
次の50周年から100周年までは参加するつもりですので、お世話(介護)をよろしくお願いします。
ところで、携帯電話を失くしたK原さん、結局見つかったの? えっ、二次会以降の記憶がないって???

5年後の追記です。
性懲りもなく創立45周年記念行事にも行ってきました。あははは


m98k at 23:33|PermalinkComments(5)TrackBack(0)mixiチェック ブログ日誌 

2010年11月07日

ついに一眼レフを???

わは、

わははは、



前回のわらしべ長者テレビに続き、

ついに一眼レフも購入しました!!!









きっぱりと、うちの奥様が・・・

しかも、わたくしの知らないあいだに・・・ううっ




















じゃーん

RIMG2958

ボディは皮張り、

標準レンズは見事なブリリアンカット・・・












しかも・・・








RIMG2959


さらに超小型の一眼レフとセットなのであります・・・











大きさは・・・

RIMG2960

背景のFENIX LD10が長さ10cmですから、

まさに、超小型、超軽量!!!












ところで・・・

RIMG2961


この「BIDEL」とゆーブランド、わたくし、よく知らないのですが・・・

ま、「FM2」とゆーモデルは、どこかであったよーな気も・・・






なんでも、手作りフェアで買ってきたとか・・・





カメラ買う時は、わたくしに相談しなさいって、

いつもいってるのに・・・ったく、もう・・・














そもそも・・・

RIMG2962


液晶モニター、ついてないし・・・




って、




この穴、ひょっとして全部・・・





光学式ファインダーだったのかっ!!!









m98k at 21:44|PermalinkComments(7)TrackBack(0)mixiチェック カメラ・映像・音楽 

2010年11月03日

わらしべテレビ・・・

ええ、最近某サイトで、タイベックシートで高級ナイフをわらしべった記事がアップされてましたが、





こちらもまあ、いわゆるひとつの・・・







わらしべテレビであります。ややきっぱりと



9月のニャん丸さんの記事へのコメントにも書かせてもらってたのですが、
なんとなく、あちらと似たような状況が我が家でも発生しまして・・・






じゃーん

RIMG2911

このラック、2007年の夏に買った、東芝のレグザZ2000シリーズの37インチ液晶テレビにあわせて、
2009年11月に、てきとーにパーツを揃えて作ったもの・・・



その上部構造物が、きっぱりとなくなっております。 なははは








じつは・・・

実家の母親が、エコポイントがついてるあいだに、台所と居間にある古いブラウン管アナログテレビを、
地上デジタルの液晶テレビに買い替えておきたい、とゆーことで、
過日、大型家電店へ一緒に行って、特に画面サイズをあれこれ見たのであります。

どーせ買うならでっかいやつ、と、日ごろからいってたのでありますが、ふだんは一人で見るとゆー、
母親の視聴環境から、居間には37インチ程度、台所には26インチ程度がいい、とゆーことになり、
レグザ購入当時は奥様のお許しがでずに、泣く泣く37インチにしてたわたくし、
これを実家に廻して、新規購入した大きいのを我が家に持ってくることにしたのであります。

ま、うちの奥様からも、実家に廻すのなら仕方がない、とようやくご承認をいただき・・・






このたび、晴れてですね・・・







じゃーん

RIMG2912


我が家にも、やっと46インチのテレビが・・・
ご覧のとおり、きらきらと輝いております。って、ストロボの反射ですが・・・



ま、ソニーBRAVIAの中でもEX700シリーズとゆー、お安いシリーズの46インチであります。

同じBRAVIAでも高級品になると、3Dとか4倍速とかになるのですが、こちらは2Dで倍速・・・
それでもいちおー、今流行りのLEDバックライト仕様・・・なのでありますが・・・
このお安いシリーズでは、LEDを並べてあるのは画面の上端と下端のみ、
んで、その少ない光源を、せっせと導光板と拡散シートで拡げようとゆー、
まさに省エネとゆーか、省LEDとゆーか、せこいとゆーか、安物とゆーか・・・
これより上のグレードでは裏面全面にLEDバックライトを装備、しかもくっきり見えるクリアブラックパネル仕様・・・

ううっ、ほんとはそっちが欲しかったのですが、ま、高級グレードは数年後に3Dソフトが普及してから・・・

とゆーことで、いちおー「つなぎ」として、今回はこれにした次第であります。

エコポイント36000点を考慮すると、実質100k未満のお買い物となり、
3年前のフルハイビジョン仕様では最安37インチだった、レグザZ2000シリーズの、
ほぼ半値で46インチのフルハイビジョン仕様テレビが入手できたことになります。
しかも、ソニーの大型テレビの液晶パネルは、全てシャープ製の国産品とのこと・・・

いやあ、時代の流れ、とゆーか大型液晶テレビの値崩れは早いですねえ・・・

それでも、ネット通販の最安価格からは20kほどお高く、買った家電店のネット通販価格からでも、
まだ5kほどお高かったのですが、ま、わたくしの持ち出しとゆーことでもなかったし・・・






これぞ、わらしべ長者テレビ!!! むひひひ



って、なんとゆー親孝行な息子でありましょう・・・ぼかっ、べきっ、ぐしゃ







やや言い訳のP.S.

今回は、一人暮らしの叔母の分もあわせて、合計三台二軒分の地デジ化、液晶化でありました。
しかも二軒とも、ほぼ同時にホットカーペットがぶっ壊れ、冬を目前にして、あわててまとめて購入、となった次第で、
じつは叔母と母親の二人を、当日家電店へ送迎したのであります。

叔母の視聴環境も、やはり37インチが限度でしたから、我が家の37インチはどこかで必要だったのであります。
それに我が家は全員そろうと、一家四人で一台のテレビですから、やはり37インチではちと小さい・・・

で、我が家の37インチを実家に運び、購入した三台の配送先は、それぞれ実家と我が家と叔母の家を指定、
で、異なる購入者のエコポイントをまとめての申請や、古いブラウン管テレビ三台のリサイクル手続き、
ホットカーペットの運送から家具を片付けての設置、テレビの置き場所の確保にアンテナの確認と・・・
それなりにわたくしも活躍したのですから、テレビ画面の対角線が9インチばかり伸びても・・・くどくど・・・

さいわい、叔母の家は共同視聴ケーブル、実家は古いUHFアンテナでもなんとか電波が入ったので、
アンテナ工事はしなくて済みました。アンテナ工事、衛星含むとテレビ本体の実質価格より高くなるので・・・
じゃあ、実家の衛星放送視聴をどうするか、前の道路には光ケーブルがきてるのですが、
けっこう工事代や毎月の使用料が要るようですし、テレビ見るだけならもったいないし・・・

それに我が家でも、録画用のハードディスクがぶっ壊れ、ま、レグザ以外には接続できなかったようですが、
もちろんDVDやブルーレイのレコーダー、プレーヤーなどはなく、パソコンにつなぐか、
それなら今はADSL回線のパソコンとあわせて、すべて光ケーブルにするか・・・
さすがに、配送のおにいさんに、S-VHSレコーダーにつないでもらおうとしたら、
「最新のテレビに、S端子なんてありませんよ。」といわれてしまったし・・・

ま、眼鏡なしで見られる3D機器とソフトが成熟するまでは、なんとか先史時代の装備で・・・くどくど・・・

それにしても、家電店で最新の3Dソフトを最新のテレビで見ましたが、すごいですね。
海中をお魚さんが泳いでて、画面の中でも立体的に見えるんですが、近くのお魚さん、
ほんとに画面から飛び出して、こちらへ泳いでくるんですね。これにはびっくりしました。
3DはUSJのターミネーターなど、特別な場所で楽しむものだと思ってましたが、
これからは、ふつーの映画館やふつーの家庭で、3Dがふつーに見られるんですね・・・

いやあ、ほんとに時代の流れは早いもので、3D専用チャンネルがいくつか出てきたら、
わたくしもシステム全体の入れ替えを真剣に考えねばならないと、今回つくづく思った次第であります・・・
また、その頃になると、おそらく昔の名画だって高精細の3Dにリメイクされるだろうし・・・
こりゃあ、老後の楽しみがまた増えたとゆーものですぞ、TOMOさんや・・・げほげほ
あっ、その頃になると、こっちの視力が高精細ではなくなってるのかっ・・・ごほごほ



m98k at 01:45|PermalinkComments(4)TrackBack(0)mixiチェック カメラ・映像・音楽