2011年12月

2011年12月29日

BlackDiamond ディスタンスFLを!

BlackDiamond  Z-POLE SERIESのディスタンスFLをやっと購入しました・・・





じゃーん

RIMG6641



RIMG6642

そう、いわゆるトレッキングポール、ウォーキング用のストックであります。

仕舞寸法は実測で約37cm、重さは左右ペアで445g、小型軽量を最優先したポールなのであります。








某レキなどに代表されるような一般的な伸縮締め込み式の固定ではなく・・・

RIMG6644

中に通したラインにテンションをかけることによって固定する折りたたみ式で、これだと締め込み用のパーツが不要、
中仕舞いによる重なり部分もないので、より仕舞い寸法が短く、軽量になるのでしょうね。





よく似た方式のやつでは、wingさんがお持ちの、モンベルのコンパクト・フォールディングポールとゆーのがあり、
これよりさらに短くなるのですが、115cmと125cmの二種類で、長さ固定式のモデルであります。

ディスタンスには固定式もありますが、このFLとゆーモデルには、ブラックダイヤモンド独自の伸縮システム、
フリックロックシステムが最上段のみに付いており、これで20cmまでの長さ調整ができるのであります。

RIMG6645

こちらがフリックロックシステム、ぱちんと締めるだけで固定する、三脚に使われているのと似たシステムです。







今回わたくしが購入したのは、105~125cmサイズですが、ほかにも95~115cmと115~137cmサイズがあります。



RIMG6646



RIMG6647

まあ、このフリックロックシステムが付くことによって、ペアで100g近くも重くなるわけで、ご覧のとおり、
20cmといえばせいぜいグリップひとつ分、FLなしのディスタンスシリーズは、その分グリップも長いですから、
この程度なら、持つ位置を変えるだけでも済む話・・・なんですが・・・

わたくし、トレッキングポールはシェルター用ポールとしても使いますので、長さ自体を調整できるのが欲しかった次第・・・


ただまあ・・・これは購入してから気づいたのですが・・・

わたくしがシェルターポールに使うのは、今はいずれもモノポールタイプのやつばかり・・・

それなら、二本を継ぐ際に調整すればいいので、別にポールそのものの長さを調節する必要はないわけで・・・

ううっ、ふつーのディスタンスにしておけばよかったか・・・軽いし、お値段もややお安かったし・・・

いやいや、やはりここは二本ポールタイプのゴーライト・シャングリラ1なんぞを購入してですね・・・


と・・・


これを本末転倒とゆーのでありますね・・・ううっ










ごーじゃすな羨望P.S.

これを購入したのは、川西池田駅前の好日山荘であります・・・
そう、過日の廃線OFF会の帰りに、10%OFFにつられて、思い切って購入したものであります。

その際に、川端さんもこれを購入され、さらにファイントラックのツェルトⅡも同時購入されてました。
わたくしも以前から欲しいと思っていた、透湿性コーティングが施された高級軽量ツェルトザックであります。

うーむ、まさにぴったりの組み合わせですねえ・・・

一般的な三角型ツェルトの外付けポールとしてトレッキングポールやスキーストックなどを代用する際には、
ポールの角度とラインの長さで張りを調整するのですが微調整が難しく、張った後の弛みへの対処でも、
いちいちラインの長さを調整するのは面倒なもの、その点、伸縮式のポールなら便利なのであります。

さらにモノポール式のシェルターやゴーライト・シャングリラ1、2などの内付けポールタイプになると、
周囲をペグ止めしてから、最後に中でポールを立てるので、立ててから調整できるのは決定的に有利なのであります。

それに、固定式はグリップが長めのものでも、急な登りで下部に持ちかえるとストラップは使えませんし、
まあ少々重くなっても、登りと下りである程度の調節ができるものを選択した、とゆー次第であります。

それにしても川端さん、ファイントラックのツェルトにブラックダイヤモンドのポールとは・・・

じつにごーじゃすな組み合わせですねえ・・・遭難した時には入れてね!  じゅるじゅる



m98k at 23:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック その他アウトドア 

2011年12月26日

2011新ランタン!!!

ぬははは・・・

2011新ランタンであります。ややきっぱりと・・・




じゃーん

RIMG6444


RIMG6445

強力な白色LED12灯を単三電池三本3AAで駆動する高級ランタン・・・










しかも・・・

RIMG6446

正確な?方位磁石が付いており、アウトドアでも心強いのであります。たぶん・・・













サイズ的にも・・・

RIMG6447

4D仕様の東芝L-11ランタンと比較するとかなり小型軽量・・・











わたくし、これをどどーんと・・・

RIMG6449

4個も購入したのであります。なんてぶるじょわなんでしょう!!!






そう、じつは過日の廃線OFF会参加者へのクリスマスプレゼントにしたのであります。これはきっぱりと・・・




近くのディスカウントショップで0.68kとゆーお値段になっていたのですが、よほど売れなかったのか、
最近はさらにお安くなってました。

RIMG6448


こちらはプレゼント前の画像、渡す際には「98kサンタさんから、高級ランタンのプレゼントだよ!」と値札を剥がして・・・


さてさて、プレゼントされたみなさん、この高級ライト・・・


ちゃんと点灯してまちゅか???  げひげひ






m98k at 23:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック フラッシュライト、ランタン 

2011年12月24日

廃線OFF会と・・・その3

めりぃくりすます、みすたぁろれんす!!!



・・・って、クリスマスイヴの土曜日に出勤してた98kです。ううっ



さて、前回、前々回記事からの続き、廃線OFF会報告の最終回であります。




露天風呂から部屋に戻った三人、畳に冷たく横たわる川端さんを・・・さりげに放置して・・・









RIMG6581


「ほうほう、これが追加用ですか、で、鍋の中のやつはもうそろそろ・・・じゅるじゅる」

「川端さんはすでに冷たく横たわってるし、三人で四人前を分けるわけですね・・・げひげひ」

「とっ、とりあえずはビール・・・と、やはりここは燗酒ですねえ・・・むひひひ」







RIMG6582

ビールと燗酒を目前にして、ご満悦のwingさん・・・ヨ、ヨダレが・・・

とかいってると・・・



「ふわーい、よく寝たぞ・・・身体がずいぶんカチカチになってるな・・・で、もうそろそろ煮えましたか・・・」

「あわわわ、じつにタイミングよく蘇えるんですねっ・・・ううっ











と、どーゆーわけか蘇えったゾンビも入って、四人でとりあえず乾杯・・・

BlogPaint

赤チャリさんは定番の甘いジュース、ゾンビマスクの川端さんは熱いお茶で乾杯であります。

って、約一名、先に飲んでるやつがいますが・・・むひひひ







ちなみに今回の牡丹鍋・・・

RIMG6580







温泉付き日帰りコースの中では一番お安いコースだったのですが・・・






RIMG6585


刺身蒟蒻とうどん、〆のご飯セットなんぞで、わたくしでもけっこうお腹がいっぱいになりました。










ちなみに、食べる前の画像はありません・・・げふっ

RIMG6587













と、すっかり暖まったところで、いったん温泉旅館を出て・・・


BlogPaint





RIMG6596

ふたたび武庫川左岸に渡り、廃線敷に戻ります。








RIMG6605

このあたりでは、観光バス専用道になってるんですねえ・・・











RIMG6602


RIMG6603


RIMG6604


このトンネルを抜けて、もう一度右岸に渡ると、さらにトンネルが・・・








RIMG6608

あるのですが、手前の鉄橋が撤去されてて、これ以上は進めませんでした・・・














RIMG6617

こちらは反対側からアプローチするしかないようですね・・・
(追記です。ここから先は、年末に川を渡ってリベンジしてきました。きっぱりと)





仕方なく、そのあたりを散策して・・・






RIMG6615

廃プールに飛び込もうとする、元気な赤チャリさん・・・









RIMG6626

暗いところがあると、ともかくライトを照射してみるwingさん・・・








RIMG6627

と、やはり同様にチェックしてしまう、赤チャリさんと川端さん・・・








RIMG6623


ビールと燗酒とブラックニッカですっかり出来上がって、立ったまま熟睡してる98kさん・・・







とまあ、その後は、川端さんと赤チャリさんのクルマに分乗、川西池田駅前でお買い物をしたりして、
最後はwingさんちへお邪魔させていただいたとゆー次第で・・・今回もお世話になりましたねえwingさん・・・






それにしても・・・








川西池田駅前の本屋さんで見つけた・・・

RIMG6635




このおまけライト、欲しかったなあ・・・




(おしまい)



m98k at 19:19|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック フラッシュライト、ランタン | その他アウトドア

2011年12月22日

廃線OFF会と・・・その2

前回記事からの続きであります。

廃線敷を歩いて真っ暗なトンネルに次々と遭遇、その度に生き生きとご自慢ライトを照射してきた御一行ですが、






RIMG6533

ようやく、生瀬駅から武田尾駅間では最後のトンネルに近づいてきました。










このあたりだけは・・・

RIMG6536

地元自治体とJRが管理について合意したのでしょうか、遊歩道としてきれいに整備されてました。









で・・・

RIMG6537




RIMG6539

最後の鉄橋を渡り、こちらの最後のトンネルを抜けて・・・











RIMG6540

廃線敷を利用した右側の道といったん分かれて、左側の武田尾集落へ至る旧道へ進みます。








集落内の橋を渡り、再び武庫川の右岸へ・・・

RIMG6543













次の目的は、もちろん・・・

RIMG6544


RIMG6545




温泉と牡丹鍋であります。きっぱりとじゅるじゅる



そう、じつは今回のOFF会、忘年会を兼ねてやろうとゆーことで、恒例の耐寒キャンプ案も検討したのですが、
一泊では日程調整がつかず、結局、わたくしとwingさんがお酒を飲まない赤チャリさんと川端さんを説得、
武田尾温泉の古い旅館で温泉に入って、冬の名物、牡丹鍋を堪能しよう、とゆーことになっていたのであります。











午前中の廃線敷散策ですっかり冷え切った御一行、足早に予約してある温泉旅館を目指します。

RIMG6546

ちなみに、路肩の水たまりは完全に凍結してました。ぶるぶる






さらにちなみに、向こうに見える赤い鉄橋が、JR福知山線の新線であります。







RIMG6548

新線は、ほとんどが直線のトンネルになったため、こちらの武田尾駅のホームは一部が橋上に出ており、
残りの大部分はトンネル内になっています。











RIMG6554

トンネル内と橋上にまたがるホームとゆーのも面白いですが、やはり古い駅舎のほうが風情があるような・・・













で、新線の新駅を過ぎて、さらに上流へ・・・

RIMG6557

対岸には、先ほど分かれた廃線敷を利用した道路が続いています。












RIMG6558

やはり古い鉄道トンネルとゆーのは、独特の雰囲気がありますね。













とかいいつつ、やっと予約していた温泉旅館に到着しました・・・

RIMG6594


よく見ると、背後の山の絶壁に廃墟らしきものもある、不思議な雰囲気の旅館でした・・・







で、とりあえずはお部屋に案内してもらい、熱いお茶と「黒豆せんべい」で一息ついてから、いざ温泉へ・・・

宗教上の理由からか、めったに温泉には入らないとゆー川端さん、ずっと睡眠不足が続いておられたそうで、
「みなさんが温泉に入ってる間に少し横になります・・・」と、ばったり畳に倒れ込んだので、ま、そのまま放置することにして、
三人だけで露天風呂へ行きました・・・






RIMG6578

建物内にある、崖の中腹を穿った薄暗い階段を登った先には・・・















RIMG6574

素朴な露天風呂があり・・・








そこにはなんと・・・







先客の温泉美人が!!!








じゃーん

RIMG6573


って、まあ、赤チャリさんをモデルに使ったヤラセ画像なのでありますが・・・おえっ








実際には我々三人だけの貸切で、じつに気持ちのいい露天風呂でした・・・

RIMG6567

ラジウム含有の単純泉でまったりと温まり・・・まあ、床には氷が張ってましたが・・・ぶるぶる











RIMG6571

三人でシンクロごっこなんぞをやって・・・おえっ






と、さんざん遊んでからお部屋に戻ると・・・





川端さんがすっかり冷たくなって横たわっており・・・ま、遺体はそのまま放置することにして・・・

いよいよ牡丹鍋宴会に突入したのであります。


(さらに次号に続きます。)



m98k at 21:11|PermalinkComments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック フラッシュライト、ランタン | その他アウトドア

2011年12月19日

廃線OFF会と・・・その1

先週の土曜日、ひさしぶりに関西のまむし四兄弟ライト仲間が集まって、JR福知山線の廃線敷を歩いてきました。



ええ、真っ暗なトンネルをお目当てに・・・



じつはこのサイトでも、関西在住のライト好きのみなさんに広く声をかけようと思っていたのですが、
四人の日程調整がぎりぎりまでつかず、今回はご案内できなかったとゆー次第・・・

また機会があればお誘いしますので、とりあえず、当日の様子なんぞをさくさくっとご紹介します。



JR福知山線の宝塚以北は、昭和61年に大部分が直線トンネルの新線が完成し、武庫川沿いをくねくねと、
曲がりながら走っていた旧線は廃線となったのですが、春の桜(水上勉氏の「櫻守」で有名)や、秋の紅葉が美しく、
特に生瀬駅から武田尾駅間は隠れたハイキングコースとなっているのであります。

で、紅葉もすっかり散ってしまったこの寒い時期に、ひたすらトンネル内でライトを照射することだけを目的に、
朝の九時に生瀬駅に集合した四人、一路、武田尾温泉めざして歩きはじめました。
(わたくし以外はクルマで武田尾温泉に予備集合し、電車で生瀬駅まで戻ってきてからのスタート。)

駅付近では、旧線は国道176号線の西側から東側へトンネルで抜け、武庫川右岸に下りていたのですが、
中国自動車道の工事や宅地開発などにより、廃線敷はズタズタに寸断され、トンネルも完全に埋められてますので、
武庫川右岸に下りるまでは、国道176号の狭い歩道をしばらく歩きます。

「いやあ、20年前に来た時とはずいぶん様子がちがうなあ・・・」とwingさん。

「わたしがマウンテンバイクで走った時はガタガタで大変でした。」とred-bicycle(赤チャリ)さん。

「家族で来た時はもっと手前で川沿いに下りたよーな気がします。」と川端さん。

「ううっ、初体験はわたくしだけなのね・・・びくびく・・・」と緊張する98kさん。

それにしてもみなさん、真っ暗なトンネルは昔からお好きだったんですねえ・・・


RIMG6482

中国自動車道を過ぎ、ようやく廃線敷と出会いました。




RIMG6483

こちらが現在の廃線敷コースのスタート地点、突きあたりに小さく見える白い看板には・・・











RIMG6488


この「・・・トンネルでは照明がなく足元が見えない・・・」とゆー部分を目的にやってきた、不思議な御一行・・・でへへへ









RIMG6489

こちらが最初の鉄橋・・・カーブに沿って、びみょーに傾斜しているのがいかにも鉄道敷らしいですね。




ま、歩行についてはあくまで自己責任なんですが、ハイキングコースとして関西ではすっかり定着してますので、
JRとしても完全閉鎖することができず、かといって本格的な遊歩道として整備・管理するには費用もかかるので、
地元自治体も簡単には引き受けてくれないだろうし、ここは悩ましいところなんでしょうねえ・・・






などとゆーことは無視して、とことこと進む御一行・・・

RIMG6491

右は武庫川の流れ・・・

昔の鉄道はみんなそうなんですが、川沿いを忠実に遡上し、どうしようもなくなると、切り通しで進むか、
できるだけ川幅が狭いところに橋を架けて対岸に渡るか、さらに行き止まると仕方なくトンネルを掘ってました。

そう、昔の技術ではトンネルを掘るのがともかく大変、できるだけ避けてくねくねと川沿いに曲がるので、
古いローカル線や新線にとってかわられた廃線敷は、景色の変化が楽しめる、とゆー次第なのであります。






まあ、景色もさることながら・・・

RIMG6493








RIMG6494

いろんな鉄道遺構を楽しみながら、のんびりと散策します。







RIMG6496

大がかりな支柱ですが、対岸なので鉄道とは関係ないでしょうし・・・何だろ・・・飛び込み台かな・・・










とかいってる間に、ようやく最初のトンネルが見えてきました。わくわく・・・


RIMG6497












で、内部はとーぜん真っ暗・・・

RIMG6498

・・・には、決してなりませんね、この御一行の場合・・・








ストロボ焚いて、いつもの記念撮影であります。

RIMG6499

例によって、ライトをカメラレンズに向けた一枚目は、完全に白トビでしたが・・・








その後も・・・

RIMG6506



RIMG6505



RIMG6507



RIMG6509






RIMG6512




RIMG6518

次々とトンネルが現れ、ご機嫌の御一行・・・





RIMG6519


「川端さん、あの柿、取ってきてよ・・・じゅるじゅる・・・」と98kさん。

「行けないことはないですが・・・」

「あれはトリさんが食べてないので渋柿です。きっぱりと」とwingさん。

「ううっ」

とかいいつつ、さらにすすみます。


RIMG6520

こちらのトンネルは、下部が石積み、上部が煉瓦積みのポータルの手前を、さらにコンクリート巻きで補強したもの、
保守にはかなり苦労してたようですねえ・・・








RIMG6522

石と煉瓦と蒸気機関車の煤が、じつに歴史を感じさせますが、このトンネルの出口には・・・









RIMG6523










RIMG6524












RIMG6526


このコースのハイライトともゆーべき、対岸へ渡る大鉄橋がありました。


線路敷そのものは、今はフェンスで完全に閉鎖され通行止めになっており、左側の犬走りを渡ります・・・










RIMG6527

渡った対岸から見た、保線用犬走りの様子・・・







まあ、この御一行にとっては、ハイライトは鉄橋なんかより・・・

RIMG6528


RIMG6529




ともかくトンネルだったようですが・・・






(次号に続きます。)



m98k at 23:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック フラッシュライト、ランタン | その他アウトドア

2011年12月15日

クリアブレンド・・・

こちらのカテゴリでは、日本酒、ビールもどき、赤ワイン、芋焼酎と続きましたので・・・

今回は、わたくしが常飲している高級ウィスキーのご紹介であります。むひひひ












じゃーん

RIMG6451



RIMG6452

そう、ブラックニッカのクリアブレンドであります。

アルコール度数は37度と、そんなに高くはないですが、お値段も決して高くはなく、ほんとうに書いてあるとおり、
クセのないサラッとした飲み心地ですので、味わってちびちびと飲むとゆーより、寒い時や早く酔いたい時なんぞに、
ぐびぐびっと、一気に飲むのにぴったりなのであります。

そーいえば昔、輸入品のスコッチがとんでもないお値段だった頃、安いウィスキーといえば、トリスかハイニッカでしたね。

んで、その上のランクが、サントリーの白札かブラックニッカ・・・

今では、これより上のランクになると、スコッチやバーボンの輸入品とあまりお値段が変わりませんから、
ごく稀に高級品を買う場合には、憧れだったシーバスリーガルやジャックダニエルにしてるのですが、
ふだんのウィスキーでは、最近はこれにしているのであります。
で、稀に買った高級ウィスキーの空き瓶にこれを移してちびちびと・・・ううっ、なんていぢらしい・・・もとい、いぢましい・・・

わたくし、ウィスキーの味もわからないので、ともかくサラッとしてて飲みやすいとゆーのがいいですね。


それに・・・

RIMG6453


白札よりお安いし・・・




関係ない?P.S.
先ほど、21時50分から「アインシュタインの眼」とゆー番組で、名人のカクテルとビールの秘密をやってました。
カクテルは名人がシェイクすると、氷の水分が溶けずに、泡が氷で砕かれてさらに細かい泡になってまろやかに、
ビールも名人が注ぐと、じつにクリーミーな細かい泡になってまろやかで泡の消えないビールになるんですね。
うーむ、これはぜひ参考に・・・って・・・
安いウィスキーをぐびぐび、安いビールもどきを缶のままかぱかぱ飲んでるわたくしには関係なかったか・・・


m98k at 22:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 糧食、飲料 

2011年12月11日

財宝セット・・・

こちらの飲料カテゴリでは最近、日本酒、ビールもどき、赤ワインと続きましたが・・・
今回はなんと「財宝セット」なのであります。

もはや、はっきり、くっきり、きっぱりと・・・




















わははは

RIMG5946

そう、芋焼酎「財宝」と「財寶温泉」温泉水のセットなのであります。


















RIMG5948





RIMG5947

芋焼酎を温泉水で割るとゆー、なかなか味のあるセットであります。












ちなみに・・・

RIMG6437

お湯割り用の湯呑もセットになってました・・・でへへへ


わたくし、あまり焼酎は飲まないのですが、こちらはいただきものセット、いただきものとなると話はまた別であります。



芋焼酎・・・最初に飲んだ時はその独特の匂いに驚愕したものであります。

もともと焼酎自体、昔の関西人にはあまりなじみがなく、関東へ行ってはじめて「チューハイ」なる飲み物を知り、
「坂東者は、なんとゆー下品な飲み物を飲んでおるのだ!」と、最初は軽蔑していたのですが・・・
(とはいえ、当時わたくしの炭酸系は、せいぜいトリスのハイボール、ホワイトになると高級品でしたが・・・)

今や芋焼酎もチューハイも、全国で飲まれるようになり、おいしい芋焼酎を売りにしているお店も増えましたね。

過日入った豚料理を売り物にした居酒屋には、芋焼酎だけでも数十種類が置いてありました。
うち何種類かは「先割り」(数日前から水で割ってまろやかにしたもの)にして、冷と燗で提供していました。



さて、そろそろ寒くなってきたので、とりあえず温めた温泉水で割るか、先割りしてから温めるか・・・じゅるじゅる




m98k at 16:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 糧食、飲料 

2011年12月08日

2011機種更新・・・

記事のアップが遅くなりましたが、10月のはじめ、まだ5年しか乗っていないクルマを機種更新しました。

5年前まで乗っていたニッサン・テラノには15年、それ以前のワーゲン・ビートルには14年、それぞれ乗ったのですが、
今回はひょんなことから、わずか5年で乗り換えることになったのであります・・・






今回も機種選定では幾分悩みましたが、結局、同じナカジマスバルの、しかも同じフォレスターの新型にしただけ・・・

まあ、あれから5年間、わたくしの使い勝手に合う、お気に入りの新車が出なかった、とゆーことですが、
次回十数年後の乗り換えの際には、おそらくガソリン車とゆー選択はなくなっているのでしょうねえ・・・
あっ、その前にわたくし自身が、高齢者向け認知テストで免許証更新ができなくなってるか・・・ううっ



RIMG6038

車幅、車長、車高とも、前モデルより丸く肥満しており、まあそのぶん、内部もいくらかはゆったりと・・・



スペックなんぞはネットカタログを見ていただくとして、この塗装色なんですが・・・

こちらの画像からはふつーのグレーメタリックに見えますね・・・

以前のクルマは「ジャーマンアーバングレー」とゆー目立たない灰色でしたが、今回のは「セージグリーン」とゆー・・・



より目立たない色合いにしてみました。



なんとも不思議な塗装色で、光の加減や周辺の色彩によっては、日本海軍機の機体下部色である「明灰白色」に見えたり、
日本陸軍機の機体下部色である「明灰緑色」に見えたり、上の画像のようにドイツ国防軍のフィールドグレーに見えたりします。






で、別の日に撮った画像では・・・

RIMG6426

ホワイトバランスはいずれもオートですが、この日はこの画像よりさらにグリーンっぽく見えてました・・・


なんでも、スバルで最も売れないボディカラーだそうで、わたくしの買った販売店でも、今までにレガシィを含めて、
たった2台しか売れなかったとゆー、ある意味稀少なシロモノ・・・

メタリック塗装ですから周囲の色合いを映しますので、都会ではアスファルトグレーに、山奥ではグレーグリーンに、
海岸線や青空の下ではブルーグレーになって、周囲に溶け込むマルチ迷彩になる・・・かもしれません・・・










もともとセージグリーンとゆーのは、セージの葉っぱの色ですから、晴れた日の・・・

RIMG6430





モンゴルの大草原では捕捉されにくい色かと・・・





それにしてもこちらの画像を撮った日は、もっとずっとグリーンっぽく見えてました。
一枚目の画像は、ほぼその日見たままの感じで撮れており、光の状態で写り具合もかなり異なるようです。
どちらかといえばグリーン寄りのリコーCXシリーズでこれですから、じつに見た目どおりに撮りにくい色であります。

ちなみに納車まで一度も実車を見る機会がなく、ネット上で色合いについて調べてみたのですが、
「カタログ写真や色見本ではよくわからないのでご教示を・・・」といった同様の質問がいくつかあって、
ユーザーの回答は、

「砂浜に打ち上げられて、すっかり色褪せてしまったラムネ瓶の色。」とか、
「もとは水色だった、古いポリバケツの色。」とか、
「はじめて待ち合わせする人に「どんな色のクルマですか」と訊かれたら、答えに窮する色。」とか・・・

なかなか味のあるのが並んでました・・・



グレードは前車よりワンランク上ですが、前車に特別仕様で付いてた電動サンルーフや電動シートは軽量化のため?カット、
特に電動シートは便利だったのですが、今は助手席と運転席のセットのみのオプションで、これで60kgも重くなり、
さらに電動サンルーフも装着すると、90kg近い重量増となるのであります。
もちろん、その分お値段もお高くなって・・・って、ほんとはこちらが主なカット理由なんですが・・・

で、今回オプションで付けたのは、red-bicycleさんや川端さんのクルマに付いてて、わたくしもいつか欲しいと思ってた、
リアビューカメラ、ま、C-MOSの一番お安いやつですが、と、ナビの一番お安いのと定番のサイドバイザーなどでした・・・



まあ・・・下から二番目のお安いグレードとはいえ、さすがに5年間のあいだに・・・

RIMG6046

新たに、クルーズコントロールつーのが付いてたり・・・まだ使ったことないけど・・・











RIMG6045

アルミフォイル、もとい、アルミホイールになってたり・・・ちがいはよくわからないけど・・・












RIMG6043

昨年からノーマルの水平対向ボクサーエンジンは新型となり、ATでもリッター15km(10.15モード)の燃費になってたり、

ほかにも後輪のサスペンションがストラット式からダブルウィッシュボーン式になり、リアシートの乗り心地が良くなったり、
リアにルーフスポイラーが付いてたりと、いくつか変更点があるらしいのですが・・・



今回、わたくしが一番こだわった変更点は・・・











RIMG6041



プレートナンバーでありました・・・わははは







しかも先日・・・

RIMG6429

さりげにキラキラシール貼ったりして・・・




まあ、セージグリーンのフォレスター自体が少ないですし、ましてやこのナンバーとなると、日本でおそらくこれ一台・・・
もしどこかで見かけたら、けっして石を投げたりしないで、優しく声をかけてくださいねっ!!!






哀しみのP.S.

旧型フォレスターには、純正キャリアベースで、お安いルーフキャリアや、思い出のカヤックキャリアなんぞを、
装着していたのですが、こちらの新型とはルーフ幅や取り付け方法が異なり流用できませんでした。
しかも新型の純正キャリアベースはバーが楕円形で、これら古いキャリア類が装着できません。

わたくし他にも、古いスーリーのキャリアベースやスキーキャリアも持ってるので、スバル屋さんに持ち込んで、
アウトドア好きの整備担当の方にさんざん調べてもらったのですが、これらが装着できるキャリアベースで、
今回の新型に適合するのは、スーリーのスクエアバータイプしかないとのこと・・・

ううっ、またキャリアベースを買わないといけないのね・・・しかもスーリーの高級品を・・・

さらに・・・

旧型に比べて乗り心地がよくなったのはいいのですが、ちょっとしたカーブでも右に左にかなり沈み込みます。
もともと、フォレスターにした理由のひとつが、エクストレイルなんぞに較べて全体にカシッとした感じだったからで、
今回のは、どーもふつーの乗用車のようなフワフワな感じ・・・

ネットなんぞで見てみると、純正のフレキシブルタワーバーつーのを装着すると、かなり改善されるとあるのですが・・・

ま、当面は節約して様子を見ようと思っていますが、実際のところはどうなんでしょうねえ・・・

ちなみに、この2ヶ月で走行距離はちょうど800kmですが、殆どは次男が淡路島や京都方面に行った分で、
わたくしが乗ったのはわずかに100km程度・・・・ううっ、どっか遠くへ行きたいよう・・・ぐすん





m98k at 00:50|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 | その他アウトドア

2011年12月03日

大阪城の鳥たちと・・・

本日12月3日の土曜日、大阪城公園で開催された野鳥観察会に参加してきました。

大阪城公園は都心にある公園なのですが、お濠や市民の森があったりして、100種類以上の野鳥が観察されており、
今回は日本野鳥の会大阪支部の方々の案内による、初心者向けの観察会でした。






曇り時々雨とゆー、あいにくの天候でしたが二十数名が集合、まずは主催者側の説明・・・

RIMG6372

・・・が、はじまった直後に、頭上でオオタカとハトがバトルを展開、すぐにその実況中継に変わったのですが、




バトル画像はまったくありません・・・





そう、さすがにリコーCX-1ではいかんともしがたく、これ以降もトリさんの個別画像はほとんどないのですが・・・
まあ、「2011秋の大阪城公園散策」とゆーことでですね、さくさくっと・・・ぐすん










で、アップで撮れた、唯一のトリさん・・・

RIMG6373

わははは、じつはこれ、野鳥の会の方が用意してくれた実物大のシルエットであります。

手前がハシボソガラス、奥がハシブトガラスだそうで、カラスやハトなど身近なトリさんとの大きさの比較から、
見つけたトリさんの種類を特定していくのも野鳥観察の基本なのだそうであります。ふむふむ・・・







で、小雨に煙る大阪城天守閣・・・

RIMG6374











と、大阪城の北外濠・・・

RIMG6377


じつはこの画像の中央に、二羽のヨシガモがいるのですが・・・画像をクリックして拡大しても、まず見えません・・・











さすがに他の参加者のみなさんは・・・

RIMG6379

高級な一眼レフに高倍率の望遠レンズ、はたまた本格的なフィールドスコープなんぞを・・・

うーむ、せめて600mmまでの超解像ズームが付いてお安くなってるCX-5に買い換えるか・・・
いやいや、やはりトリさんを撮るなら、ズームアシストモニターが付いたCX-6のほうが便利・・・
でも新製品なのでまだまだお高いし・・・どーせ新製品ならパワーショットのS100か・・・あっちはもっと高いぞ・・・
それに、かなりお安くなってきたS95のほうがCCDで低感度ではきれいだとかゆーウワサも・・・
って、わたくしちっちゃい簡単カメラから離れられなくなったなぁ・・・やはりトシかなぁ・・・





とまあ、いろいろと煩悩を抱えつつ歩いていくと・・・






RIMG6381

おおっ、これだけ近くにいっぱいいれば、わたくしのCX-1でも、なんとか撮れそう・・・













RIMG6386

本日、北外濠で泳いでるのは鴨さんだけと思っていると、左端で悠然と泳いでるのは・・・














RIMG6384

ヌートリアくんであります。こんなところまで進出してるのね・・・




ちなみに今回、カメラはCX-1でしたが、ビノキュラー(双眼鏡)は奥様のアペックスプロを借りていきました。
さすがにこちらは、トリさんの細部までくっきりと観察できて、完全防水なので雨でも安心でした。






RIMG6392

この日はお濠の鴨だけでも8種類が観察できたのですが、もちろん個体を識別できるだけの画像は撮れず、
トリさんの個別画像はきっぱりとあきらめてビノキュラーによる観察に専念、周辺スナップなんぞをですね・・・








RIMG6393




RIMG6407



RIMG6422


石垣の紅葉・・・って、これらはトリさんの糞に混じった種が繁殖したもの、大きくなると石垣が崩壊するそうです。










RIMG6415





RIMG6419


天守閣と紅葉・・・









ちなみにわたくし、こちらの角度から天守閣を見たのははじめて・・・

RIMG6420

なんか「武者ロボ」みたいに見えません?     あるいは大魔神とか・・・(古!)









RIMG6404

大阪砲兵工廠の化学技術研究所跡・・・














と・・・

RIMG6405





RIMG6406

砲兵工廠の門衛所跡・・・

大阪城内には、明治以降の軍事遺構もいくつか残っているのであります。








RIMG6413



RIMG6414

大阪早稲田之森とか・・・












RIMG6416

ばけもの屋敷跡とか・・・











最後は公園内の紅葉なんぞを・・・

RIMG6424



RIMG6425


とゆー次第で、雨模様で人出の少ない土曜日の午後、ひさしぶりの大阪城散策でした・・・

って、そうか、本来は野鳥観察だったか・・・




m98k at 23:23|PermalinkComments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック その他アウトドア 

2011年12月01日

イタリアンと・・・

一昨年、我が家に一ヶ月ほどホームステイしていたイタリア・トスカーナの青年から・・・






RIMG6366

イタリアン・チョコレートとトスカーナのゴーフルを送ってきてくれました。

わたくしが甘いモノ好きなのを覚えてくれてて、ときどき送ってくれるのであります。

けっこう義理がたいとゆーか、トスカーナ気質とゆーか、よくわかりませんが、ともかくありがたいことであります。











で、せっかくなので・・・

RIMG6368

ニッチン食堂のイタリアンなんかを買ってきて、豪華イタリアン宴会でもやろうかと・・・














しかもたっぷりと・・・

RIMG6369













おっと、一番下に見えてるのは・・・

RIMG6370


まあ、ニッポンパスタの代表、中華そばもついでにですね・・・じゅるじゅる

(ちなみに、このお店は知らないけど・・・)





m98k at 22:45|PermalinkComments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 糧食、飲料