2012年09月

2012年09月30日

駐屯地キャンプ???駐屯地編

2012秋・熊野キャンプへのお誘い記事はこちらです。

さて、前回記事からの続きであります。

大阪南部、和泉市の信太山でキャンプ宴会した御一行ですが、誰かさんの「雨乞い」のせいなのか、はたまた涙雨か、
天気予報に反して夕方から降りはじめた雨は、翌朝になっても止みませんでした。

仕方がないので、まったりとモーニングコーヒーの後は、前夜の鍋の残りとご飯の残りで、恒例のゲ○雑炊・・・
(特に今回は、どろどろになった豆乳鍋の残滓がベースでしたので、そりゃもう、とても画像には・・・)

当初の計画では、朝食後にサイトを全て撤収して、お隣の陸上自衛隊信太山駐屯地へ向かう予定でしたが、
ようやく雨が止みそうな気配になったので、テントはそのままで駐屯地へ行き、その後ふたたびキャンプサイトに戻って、
みんなで昼食後に、その頃には乾いているはずのテントなんぞを撤収することにしました。





さて、いよいよ信太山駐屯地の見学であります。

正門前で、「ここの駐屯地の見学は6回目。」とゆー、ミリタリー好きのYさんファミリーと合流して駐屯地内へ・・・

前回も書きましたが、ここは大正8年に旧軍が大阪城から移駐して以来の歴史ある駐屯地であります。

ちなみに「駐屯地」と「キャンプ」は、じつはまったくの同義語・・・

これも何回か書きましたが、古代都市国家アテナイ(アテネ)の、唯一外部に通ずる平地がキャンプという地方、
で、このキャンプ地方から、何度も他の都市国家の侵攻があり、そこに軍の精鋭を常駐させたことから、
軍の駐屯地、あるいはテントを張ったりして駐屯すること自体を「キャンプ」と呼ぶようになり、
その仲間や組織をキャンパニー(カンパニー)、その中でも特に武芸に秀でた者がキャンピオン(チャンピオン)、
など、キャンプ地方から派生した単語はいっぱいある・・・と、昔のキャンプ仲間から教えてもらいました。




閑話休題




まずは信太山駐屯地の全景から・・・

IMGP3196

どーゆーわけか、いきなり冬景色、しかもモノクロ画像になってますが・・・











で、我々の閲兵を受けるために整列した精鋭部隊・・・

IMGP3195

装備がやや旧式ではありますが・・・







って、ここの前身は西南の役以来の勇名を馳せた「野砲兵第四連隊」の駐屯地・・・

じつはその当時の資料画像だったのであります。


BlogPaint

左端のコマンド隊員は無視して・・・野砲兵第四連隊の記念碑であります。












IMGP3238

いかにも砲兵連隊跡らしく、「馬魂碑」も残っています。








もちろん、現在の駐屯地には・・・

IMGP3233


IMGP3234

いろんな部隊が配置されてますが、やはりメインは第37普通科連隊、大阪を守る唯一の戦闘部隊であります。
ちなみに旧軍の第37連隊も大阪の部隊で、それにちなんで命名されたとか。
さらにちなみに、楠正成ゆかりの「菊水」が旧軍第37連隊の愛称でしたから、これも継承して、
部隊の愛称もマークも菊水になっているということであります。 (10月9日、一部加筆修正しました。)










で、連隊本部の玄関前には・・・

IMGP3232


IMGP3235

災害などに即応できるよう、24時間365日、ずっと緊急連絡用の車両が停めてあるそうです。




駐屯地のみなさんに感謝しつつ、以下さくさくっと、画像を中心に紹介させていただきます・・・





まずは正面にあった「さざれ石」

IMGP3171












駐車スペースに停めてあった、先ほどと同型のミツビシ製四輪駆動車・・・

IMGP3173

ちなみに左後ろに見える建物は最新の倉庫で、流通センター同様に資機材をすばやく出し入れできる構造だとか。




で、我々の希望で最初に案内していただいたのは、食堂などがある厚生棟・・・にある・・・トイレでした。

いや、なにせ子どもたちがいたもので・・・





で、厚生棟にはとーぜん厚生売店、いわゆるPXもあり・・・

IMGP3176


「おっ、おおっ」










IMGP3174

「やっ、ややややっ」










IMGP3177


「わっ、わわわわっ」




で、今回ご案内いただいた隊員の方から、

「みなさん、もうトイレはお済でしょうか、そろそろ移動したいのですが・・・」といわれたのですが、

「いっ、いや、大人約数名が売店に貼りついたまま動きません。もうしばらくお待ちを・・・」

って、今回は案内付きの団体行動なんですからね、もっと節度ある大人としてですね・・・

結局、自衛隊迷彩の巨大ボストンをいっぱいにした大人約数名が出てきたのは20分後でした・・・



で、PXでの買い物、もとい、トイレ休憩後は、リタイアした車両などが並ぶ展示コーナーへ・・・

IMGP3190






IMGP3180




IMGP3185





IMGP3181




BlogPaint

お目当ての61式戦車に・・・





IMGP3183

74式戦車・・・どちらも自由に砲塔まで上がれましたが、ハッチは施錠されてました・・・





さすがに90式や10式の展示はなく・・・って、もともと関西には配備されてませんが・・・





でも、かわりにこんなものが・・・

IMG_1280




IMG_1282

うーむ、やはりターゲット用の戦車はハッチが開いてるのか・・・

って、じつはこちらは2006年7月、モンゴル陸軍の演習場での画像であります・・・いやあ懐かしいなあ・・・










ま、せっかくなので、74式の前で・・・

BlogPaint

ワンテンママさん、ワンテン娘と三人、恒例の「にせ家族」で記念撮影・・・

残念ながら今回も、ワンテンパパさんは休日出勤でした・・・熊野では一緒に飲もうね!



で、展示コーナー見学の後は・・・



昔でいえば将校クラブ、幹部集会所を兼ねた資料館に案内していただきました。


IMGP3193

こちらも、なかなか歴史のある建物であります。





資料館展示品の一部をご紹介・・・

IMGP3197


IMGP3205



IMGP3213



IMGP3203




IMGP3204

装備品の実物だけでなく・・・








IMGP3208


IMGP3207


IMGP3214

スケールモデルや・・・










IMGP3201






IMGP3199


いろんな戦場絵画・・・












IMGP3222

いろんな戦場ジオラマなんぞも展示されてました。









IMGP3215

いやあ、優勝してしまいました・・・って、こんな競技会もあるんですね・・・






まあ、わたくしが一番興味を持ったのは・・・

IMGP3212

戦闘糧食Ⅰ型のフルセット・・・いつか、これだけでキャンプ宴会したいなあ・・・









で、資料館を出たところには・・・

IMGP3225

銃剣刺突の訓練場が・・・って、ここに設置したのは、まあ、見学者へのサービスでしょうか・・・









帰り路には、現用の軽装甲機動車(ライト・アーマー・ビークルLAV)がさりげに・・・

IMGP3227



IMGP3226

これ、キャンピングカーにしたいなあ・・・お持ち帰りできないかなあ・・・じゅるじゅる







で・・・

IMGP3230

医務棟の横から正門前に戻り、全員にお土産までいただいて、1時間20分(20分は大人のお買いものタイム)
ほどで、この日の見学会は無事終了しました。



この後、ふたたびテントサイトに戻り、サンドイッチなんぞで軽い昼食後、乾きかけたテントなんぞを撤収、
2時過ぎにキャンプ場の駐車場で熊野での再会を誓い、全員解散したとゆー次第であります。







感謝のP.S.

休日にもかかわらず丁寧にご案内いただいた駐屯地広報室のSさん、見学申請方法のご相談をはじめ、
最初から最後まで親身にお世話いただき、ほんとにありがとうございました。

さらに今回もまた、wingさんとred-bicycle(赤チャリ)さんから、素敵なモノをいただいてしまいました。
ほんと、いつもありがとね、いずれまた何かの折にはお返しをですね・・・むにゃむにゃむにゃ・・・







m98k at 01:20|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ミリタリーグッズ | 川下り、キャンプ宴会

2012年09月27日

駐屯地キャンプ???キャンプ編

2012秋・熊野キャンプへのお誘い記事はこちらです。

先週の土日、駐屯地でキャンプ・・・
ではなく、正確には、駐屯地の隣でキャンプして、翌日、駐屯地を見学してきました。

メンバーは、いつものキャンプ仲間とゆーかライト仲間とゆーか川下り仲間とゆーか宴会仲間とゆーか・・・
に、その仕事仲間とゆーか飲み仲間とゆーかPTA仲間とゆーかミリヲタ仲間とゆーか・・・がてきとーに加わって・・・
総勢20名ほどのにぎやかなキャンプ宴会と見学会になりました。


場所は大阪南部、和泉の信太山・・・そう・・・

「恋しくば、尋ね来て見よ和泉なる、信太の森のうらみ葛の葉」の歌で知られ、

人形浄瑠璃や歌舞伎、落語でも演じられるあの「葛の葉」、安倍清明の母とされる白狐の棲む森であります。

ここに大正8年、西南の役や日清・日露の戦いで勇名を馳せた旧陸軍野砲兵第四連隊(菊水連隊)が大阪城から移駐、
それ以来の伝統のある陸上自衛隊の駐屯地と、青少年野外活動センターのキャンプ場などがあるのであります。


土曜日のちょうど正午に、飲み仲間なんぞを引き連れてクルマ2台でやってきたwingさんとわたくし、
それに、やはり単身でやってくるred-bicycle(赤チャリ)さんとが合流・・・
の予定だったのですが、赤いホンダ・エイプで余裕をみて早朝に出発したはずの赤チャリさんから、
「道を失って、まだ大阪市内をグルグル廻ってます。ひい」と連絡が入ったので、みんなで気長に待つことに・・・
なるわけもなく、きっぱりと赤チャリさんは見捨てて、まずはwingさんらと楽しく昼食宴会であります。


IMGP3141

って、いつもながら、食べる前に撮ればいいものを・・・ううっ





IMGP3142

この時点でドライバー以外は、すでに完璧な宴会モードであります。じゅるじゅる







で、昼食宴会後に赤チャリさんらと合流して、みんなでスーパーで買い出し、その後10分ほどでキャンプ場へ・・・

管理棟で受付を済ませ、駐車場から100mほどの山道を、えっちらおっちら荷物を担いで下りていくと、
青少年野外活動センターの、レイクサイドエリアとゆーキャンプサイトに到着であります。
ま、レイクサイドエリアといっても、干上がった小さな池の畔なんですが・・・

60人ほどが一度に食事できる大きな食事棟もあり、このエリアはひとつのグループ単位の予約ですから、
我々20人ほどで、この食事棟やエリア内のテントサイトなどが使い放題なのであります。


で、荷物を下ろすと、とりあえずは・・・

IMGP3145

「まあまあまあ、こぽこぽこぽ」 

「いやいや、これはこれは・・・まだ何の準備もしてましぇんが・・・ま、いいか・・・」

ごきゅごきゅごきゅ、ぷはぁ・・・しあわせじゃあ!!!

って、なんでわたくしだけが「北海道プレミアム」で、ほかは「エビス」やねんっ!!!

ま、マグライトTシャツでキメてる赤チャリさんは、いつもの葡萄ジュースでしたが・・・

じつは今回、食材は共同購入にしたのですが、飲み物は個人差があるので各自払い、とゆーことに、



IMGP3146

わたくしはいつものビールもどきと、内モンゴル土産、ボルネオ土産なんぞの怪しいお酒、
右端のジャックダニエルとかゆー高級な(バーベキューソース!!!)はwingさんのアメリカ土産・・・などと・・・



今回は歩くので、重い炭火焼セットはなしに、と提案したのに、「炭火がなくてどこがキャンプじゃ、がるるる」
と、wingさん以下、複数のみなさんが苦労して運び込んだ・・・


IMGP3147



BlogPaint


珪藻土切り出しカンテキ(七輪)なんぞで肉やシーフードを次々と・・・って、もう空き缶が並んでますが・・・




とりあえず、全員が揃ったところで、いつものwingスパークリングワインで乾杯!!!



BlogPaint



BlogPaint


って、赤チャリさん、そんなの飲んで大丈夫なの・・・





で、もちろん焼き物以外にも・・・


IMGP3155

おなじみのおいしい芋煮や・・・って、あっとゆー間に、ここまで食べ尽くしたのは誰だっ!!!






IMGP3159

おなじみの98k鍋なんぞが・・・(今回は胡麻豆乳鍋のキムチ添えでした・・・)








やがて夜は更け・・・天気予報に反して雨も降り出したのですが・・・

IMGP3160


そんなことは関係なしに、ひたすらキャンプ宴会を続けるメンバー・・・さすがにハードな巨大タープはありがたい・・・



で、この頃までにはわたくし、酔った勢いで今回デビューのTNFマイカ1とゆーテントを設営してたはずなんですが、

ええ、まったく記憶も画像もございません。きっぱりと・・・ひっく




で、すっかり日付が変わる頃になっても・・・

IMGP3163

子どもたちは空き缶積みの記録更新に挑戦するし・・・







BlogPaint

ワンテンママさんは、わたくしのヘリノックスチェアをすっかり占領して、高級wingワインをかぱかぱ飲んでるし・・・



以前、余呉湖キャンプにも参加してくれたボルトアクションくんは、今回はトレーサー、ドットサイト付きの電動M-16を、
みんなに撃たせてくれるし・・・(今回はホップの調整とドットサイトがぴったりと合ってました・・・)



さらに深夜になってからは、

IMGP3158

こんなかっこいい再帰反射Tシャツを着た赤チャリさんとwingさんが・・・









IMGP3167

次々とこんなおもちゃを出してくるし・・・
(この後、60人用のテーブルがフラッシュライトで埋め尽くされ・・・って、いったいどうやって運んだの???)




とまあ、いつもながらの風景で、信太山の夜は更けていったのでありました・・・



(後篇に続きます。)


m98k at 00:27|PermalinkComments(8)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 | ミリタリーグッズ

2012年09月22日

セラミックコートの・・・

2012秋・熊野キャンプへのお誘い記事はこちらです。



セラミックコート・・・

そう・・・

「セラミックは高圧下でも液相化しないため、衝撃で破砕されることはあっても内側金属への貫通効果が損なわれ・・・」

って、こっちは「セラミック装甲」で検索した結果の一部でした・・・








ええ、今回は「セラミックコート」のですね・・・









じゃーん

RIMG14144

焼き網であります。きっぱりと・・・(左にあるのは大きさ比較用のFENIX MC-10で、高さは約10cm・・・)










そう、セラミックコートを施すことによって・・・

内側金属への貫通効果が損なわれる・・・かどーかは別として・・・

RIMG14145

遠赤外線効果で、中までじっくり、美味しく焼ける・・・らしいのであります。

ええ、搭乗員も中までじっくりと・・・って、なんちゅうことを・・・
でも、HEAT弾とか貫通したら、内部も高温になるから・・・って、もうやめましょうね、こっちの話は・・・






この製品、以前に近所の高級アウトドアショップダ○ソーで見かけたことがあったのですが、すぐに売り切れ、
最近になってやっと別の高級アウトドアショップダ○ソーで見つけたとゆー次第・・・よかったよかった・・・

と、さっそく重さを量ってみると、ちょうど140gでした。

担いで行く少人数やソロのキャンプで、おいしい焼き物が食べたい時には、ま、許せる範囲ですね・・・
ふだんは予備としてキャンプ宴会セットに入れておけばいいし・・・


ただまあ・・・

いくらセラミックコートとはいっても、アウトドア用の高出力バーナーでいきなり肉なんぞを炙ると、
どんな物質が付着するやも知れず、せいぜい中火以下での手持ち使用でしょうし、少なくとも・・・

RIMG14146

こんなものを焼いたりしてはいけません・・・そりゃあ、こちらからは遠赤外線ではなく可視光線が出ますが・・・

そう、ふつーの焼き網や鉄板、ランタンのマントルと同じく、まずは使用前のカラ焼きが大事なんですね・・・







m98k at 00:36|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 | その他アウトドア

2012年09月19日

ルコック・スポルティフ・マルチパスケース・・・

2012秋・熊野キャンプへのお誘い記事はこちらです。


ぬははは、またまたとーとつではありますが・・・

今回はスポーツウェアで有名な、おフランスの「ルコック・スポルティフ」のマルチパスケースであります。




じゃーん

RIMG14110


RIMG14112


RIMG14113


なんでも、フランスのトリコロールカラーをイメージした色使いだとか・・・


とーぜん、わたくし好みの色合いではありませんが・・・ぶつぶつ・・・








ま、こんな雑誌がおまけに付いていたもので、ついつい・・・

RIMG14114

笠倉出版社刊、サクラムック09、フィールダーvol5とゆー雑誌でありますが・・・

特集が、「必要なのは手軽さと少しのこだわり MINIMAL BBQ」・・・

で、「誰かに自慢したくなるポータブルキッチンギア案内」なんてゆー惹句を見ると、ついつい・・・






例によって目次だけですが・・・

RIMG14115

特集以外にも、なかなか面白そうな記事がならんでます・・・







特に気に入った記事のトップページだけ、ちらっとご紹介・・・

RIMG14117

でしょ、でしょ、けっこうハマりそうでしょ・・・
ま、このカタログ記事はファイアスタンド、ストーブ、クックウェアと、計6ページだけでしたが・・・





つーことで、これからそろそろ秋のキャンプシーズン、ううっ、またまた物欲が・・・






m98k at 00:44|PermalinkComments(8)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック その他アウトドア | 書斎

2012年09月16日

ケシュアのタープ!!!

2012秋・熊野キャンプへのお誘い記事はこちらです。


今回はポップアップテントで有名なケシュア・・・のタープであります。

サイズ290cm×285cm、ほぼ正方形の一枚のシートで、スクエア・タープとゆータイプですね。

ポリエステルにウレタンコーティングした本体、使用寸法180cm、仕舞寸法36cmのスチールポール2本、
自在付きライン(張り綱)7本にスチールペグ8本、それぞれの収納袋が付いたセットで4.98kでした。

わたくしキャンプでは、様々なタイプのタープを使ってきましたが、やはりスクエアとかレクタとかといわれる、
四角形のタープは基本中の基本・・・なんですが、長年愛用していたやつはさすがに防水性がなくなり、
最近では、クルマで行くキャンプにはワンタッチ式のいわゆるイベントタープを持参し、悪天候になると、
人さまのタープに避難して宴会を続行、で、ミニマムのソロキャンプ用にはポンチョを工夫しておりました。

で、ひさしぶりに大型スクエアタープの購入も検討したのですが、大人数の場合は誰かさんのでいいし・・・
(ワンタッチ式は素早く設営・撤収できるので、天候さえよければ、誰よりも早く、そして最後まで、
宴会を続行できるのですが、なにせ仕舞寸法がでかく、重量もあまりにも重くて・・・)

で、担いで行く少人数のキャンプ宴会や、ゆったりしたいソロキャンプの一人宴会には専用ポールなしで、
またクルマで行くキャンプ宴会には、6本のポールを使った一般的なスクエアタープとしても使えるような、
手ごろなサイズでマルチユースなタープを探していたのであります。







ええ、こんな色合いを条件に・・・

RIMG14133
(上に載せてるのは大きさ比較用のFENIX MC-10で、長さは約10cmであります。)




RIMG14135

そう、わたくしが探した限り、ケシュアぐらいだったのでありますね・・・




この色合いの、お手頃なタープは・・・















で・・・

RIMG14132

収納袋にあるとおり本体重量は1kg、スチールポールは2本で1.5kgにもなり、さすがに担ぐにはちと重いので、
(10/13、おおまかに量ってみましたので追記しておきます。
・本体プラス長さ4mの3mm径ライン(自在付き)7本で750g
・180cmの5本継ぎスチールポール2本で1220g
・スチールペグ8本で240g
・クッション付きのポール袋50g
・収納袋50g
・ペグ袋20g
で、総重量2.33kg、自在付きラインは1本20g強でしたから、750g-140gで本体だけなら約600g、
カタログスペックよりかなり軽いとゆー、うれしい誤算でした。)

付属ポールはやはりクルマかバイク用ですね。仕舞寸法が36cmと短いですから、バイクにはぴったりかも・・・

担いで行く場合は、やはり収納袋にあるようにトレッキングポールで代用したり、軽いアルミポールに替えたり、
場合によっては木なども利用することになるでしょう。

ソロテントなら下にすっぽりと入るサイズですから、このタープを持って行くかわりにフライシートは置いていく、
といった使い方も、一人宴会にはいいかも・・・あるいは思い切って、このタープだけにするとか・・・













RIMG14137

グロメットではなく、このようなスリット入りのテープが6ヶ所に縫いつけてあり、いろんな使い方ができそうです。

しっかしテープの縫製は見るからに不安ですね・・・まあ、お値段相応とゆーところなんでしょうか・・・
この6ヶ所(もっとも荷重のかかる部分)については、画像のとおり三角形の補強布で二重になってるので、
荒くったい使い方が前提なら、このテープの縫いつけ自体も自分で補強しておいたほうがよさそうですね・・・









とはいいつつ、なにせスリット入りのテープ仕様ですから・・・

RIMG14139

こんなふうに直接トレッキングポールを通したり・・・









RIMG14140

ラインを通してからポールを立てたり・・・










RIMG14141

直接ペグを打ち込むといった方法も・・・やはり縫いつけ強度が不安ですが・・・

ま、6本以上のラインが欲しい場合は、こんなやつを持参すればいいし・・・げひひひ














ちなみに、タープ中央の外側にも・・・

RIMG14138

ラインがとれるようになっており、木の枝などから吊り下げるのに便利そうですね。ええ、強度はちと心配ですが・・・








さらにちなみに・・・

RIMG14143

生地の継ぎ目部分にはシームテープ加工が施されてました。(周囲の縫い目などにはなし。)






シンプルで軽量なタープとしては、ヒルバーグのタープが有名ですが、なにせお値段が・・・色合いは許せるけど・・・

ほかに、こんなのにも触手が動いてたのですが、なにせ色合いが・・・シルバーコーティングは魅力だけど・・・

とゆー次第で、ポール付きでお安いこちらのやつを選択した次第であります。

ま、付属のスチールポールは担ぐ場合にはかなり負担になりますので、あまり使うことはないでしょうが、
本体だけなら1kg(実測では約600g、ライン7本とスチールペグ8本を合わせて約1kg)ですから、
なんとか担げる範囲内、やはり少人数やソロのキャンプに宴会タープとして持って行きたいですし、
モノポールシェルターとは異なり、いろんなシーンに対応できるはずです。

ええ、なにせ・・・



ただの正方形のシートですから・・・






m98k at 00:26|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 | その他アウトドア