2018年06月

2018年06月30日

別冊新評「筒井康隆の世界」


「晴耕雨読」ならぬ「晴漕雨ネト」(晴天なら自転車漕いでから暴飲暴食、雨ならずっとネットで暴飲暴食)

・・・と、明るく健康的な日々を過ごしている98kさん・・・なんですが・・・

今年の梅雨シーズンは珍しく「晴漕雨読」(もちろん暴飲暴食付きですが)もしてました。

で、そのうちの一冊・・・


別冊新評「筒井康隆の世界」・・・であります。

DSCN7758

昭和51年7月10日・新評社発行・・・そう、42年前の雑誌です。



例によって目次だけ・・・

DSCN7760

って、広告が懐かしいですね・・・暖かく響き合うお中元・・・かぁ・・・




せっかくなので、折り込みの目次を開く前に・・・

DSCN7761

住友銀行とか三和銀行とかも・・・いざというとき、やっぱり信用・・・かぁ・・・





で、折り込み見開きの目次であります・・・

DSCN7763


DSCN7764


DSCN7765


DSCN7762

そして目次裏の三井銀行とか・・・明日をたしかに・・・かぁ・・・




で、上記「素顔の筒井康隆」グラビア特集の中の一枚だけご紹介・・・

DSCN7766

前年に神戸で開催された、SHINCON・第14回日本SF大会での山下洋輔氏との共演!!!




ちなみにこちらが・・・

DSCN5555

当日のオフィシャル・プログラム・ブック・・・こちらは43年前ですね・・・うるうる・・・


この別冊新評は刊行当時にも購入してるはずなので、実家の書棚を探せば出てくるんでしょうが、
過日、古本屋さんにお安く並んでたので、ついつい衝動買いして一気に読んでしまった次第。

ま、どの記事もいっこうに思い出せませんでしたが・・・

わたくし、古本屋さんでぺらぺらと立ち読みして「これはまだ読んでなかったな・・・」と買って帰り、
読み進むうちに以前買ったものと気づくことはよくあるのですが、こちらは最後まで新鮮なままでした。
ちなみに最近はテレビ番組(再放送)の録画でも同じようなことが増えてます・・・あははは



で、それぞれの記事の紹介や感想なんぞを書き出せばキリがありませんが・・・

二月の京都の街を筒井康隆氏、山下洋輔氏と三人で夜明けまで飲み歩いた時の様子を綴った、
浅川マキさんのエッセイが、いかにも彼女らしく気だるげで印象的でした。

また、いくつかの記事の中で「最近タモリという面白い若者に会った」とゆー話が出てましたが、
まだ当時は福岡と東京でのライブから、各地でのライブを始めたばかりだったはず・・・

わたくしもSF研の仲間に誘ってもらい、吉本終演後の旧なんば花月での一夜だけのライブを
初めて見て、その毒に満ちたギャグとセンスに驚愕し、延々と笑い続けて苦しくなったのですが、
あまりにマニアックで毒が強すぎるので、彼がテレビに出ることなんか絶対にないよね、とか、
帰りがけに話し合ってたことを思い出しました。時代の流れつーか、まさに感慨無量ですね・・・

さらに目次にあるとおり、当時活躍中の方はもちろん、当時は新進気鋭だった方も執筆されてて、
その若手の中でも何人かの方が、ここ数年の間に物故者になられてるので、楽しく読んでる際に
そのことをふと思い出したりすると、こちらも感慨無量になりました・・・

もちろん筒井康隆氏ご本人をはじめ、現在さらに活躍されてる方も多くおられますし、今はネットで、
比較的容易に楽しむこともできるのですが、やはり当時の雑誌を手にすると新鮮に感じますね。

これを機会に実家にあるSFマガジンのバックナンバー(ただし200号まで)なんぞも読み返そうかな・・・

そう、清く正しい「晴漕雨読」の日々を過ごすためにもですね・・・
って・・・どっちにしても「暴飲暴食付き」の日々は同じか・・・あははは



m98k at 00:30|PermalinkComments(9) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 書斎 

2018年06月27日

北の譽と高清水とビストロ・・・

えー、前回記事の「知多」つーのが蒸留酒でしたので・・・
今回は「北の譽」と「高清水」と「ビストロ」・・・そう、醸造酒のご紹介であります・・・



まずは「北の譽」から・・・

DSCN9451





DSCN9452






DSCN9453

北海道・旭川市で作られた純米生酒・・・
生酒なので早めにご賞味・・・と書いてあるのに製造から3ヶ月が経過・・・ごめんね放置してて・・・

かなり長期間、冷蔵庫にあったのを奥様と二人でかぱかぱ・・・
ええ、とても飲みやすく、あっとゆー間にカラに・・・そりゃあ300mlしか入ってませんからね。


で、引き続きこちらの「高清水」へ・・・

DSCN9446



DSCN9448





DSCN9450

秋田市で作られた「氷温生貯蔵酒」で、こちらもとても飲みやすかったので、あっとゆー間に・・・

ま、いずれもいただき物だったのですが・・・

そう、最近は自分で買う日本酒は高知県・安芸市の「四万十川」ばっかになってます。


で、たまたま冷えてる「四万十川」が切れてたので・・・

DSCN9454



DSCN9455

お安いメルシャン・ビストロ「白」1.5ℓペットへ・・・

ええ、こちらは(ご近所で安売りの際にまとめ買いして)毎日のように飲んでます。でへへへ

ずっと、これの「赤」を飲んでたのですが、さすがにちと飽きてきたので、最近は「白」にしてます。
ちなみに、これの「ロゼ」や「濃い赤」、さらに少しだけお高い「酸化防止剤無添加」つーのは、
あまり我が家の好みではありません。
ま、「赤」や「白」のほうが何となく飲みやすい、つーことぐらいしか説明できませんが・・・

こちらには紙パック入りもあるのですが、どーゆーわけか1cc当たり単価はペット入りの方が、
ご近所では僅かにお安いんですよね・・・じゅるじゅる
さらに、これの750ml入りペットの1cc当たり単価は、安売りの際には同じになります。じゅるじゅる

ま、ほぼ同価格の安物輸入ワインなんぞも、あれこれ試してみましたが、我が家ではこちらが、
現在のところ(お値段的にも)一番のお気に入りなのでありますね。じゅるじゅる

で、この後にハイボールなんぞを追加したりしても・・・
今はノ・ミカタやヘパフィットがあるから安心なのであります・・・へらへら



m98k at 00:27|PermalinkComments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 糧食、飲料 

2018年06月24日

知多、THE CHITA・・・

とーとつですが・・・

知多、THE CHITAであります。

DSCN9441



DSCN9442

そう、サントリー知多蒸溜所謹製のシングルグレーン・ウィスキーであります。

ウィスキーは製法と主原料の違いでグレーンとモルトに区別され、通常グレーンはモルトの
「強さ」を「軽やか」にするためブレンドされるそうで、シングルモルトつーのはよく見かけますが、
シングルグレーンつーのは珍しいですね・・・国産ではニッカのカフェグレーンぐらいか・・・

サントリーでは山崎と白州の蒸溜所は知ってましたが、グレーン・ウィスキー専門の蒸溜所が
1972年から知多にあったんですね。

ちと調べてみると、主原料であるトウモロコシを積んだアメリカからの船が知多にやってくること、
白州蒸留所とその貯蔵庫のある滋賀との中間点になることから、知多に作られたようです。



DSCN9443

原材料に「グレーン、モルト」とありますが、これはグレーンに大麦麦芽(モルト)を少量添加して
糖化・発酵させてるので表示されるそうです。(ウィキより)





DSCN9444

ラベルは和紙に墨字・・・
数年前までは地域限定品だったようで、最近のハイボール・ブームから全国発売になったものの、
今でも数量限定品だそうです。じゅるじゅる



DSCN9445

たしかに「明るい黄金色」です。じゅるじゅる
知多蒸溜所で作られた3種類のグレーン・ウィスキーをブレンドしてるとか。じゅるじゅる


ええ、ふだん1k未満のウィスキーしか買わないわたくしにとっては、かなりの高級ウィスキー・・・


そう・・・

DSCN9439

父の日に愛知に住む息子夫婦から届いたプレゼントだったのであります。

我が家は息子ばかりで、特に大きくなってからは父の日プレゼントなんて、もらった記憶がありません。
そーいや、わたくしも自分の父親になんて、何となく気恥ずかしくて長年したことなかったですね。
で、結婚してからは家内が双方の父親に、あれこれプレゼントしてくれるようになったので、
我が家では伝統的に似たパターンをたどっているようです・・・

子どもたちからプレゼントをもらうのは、親としては嬉しいもの・・・
特に娘(息子のヨメですが)からもらうのは、父親としてはじつに嬉しいものだったんですね!!!
そう、バレンタインデーにもチョコ届けてくれてたし・・・ありがとね・・・



m98k at 10:10|PermalinkComments(10) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 糧食、飲料 

2018年06月20日

ノ・ミカタとヘパフィット・・・

一昨日、大阪府北東部で強い地震がありました。
98k宅は大阪市内でもディープサウスなので大きな被害はありませんでしたが、余震の恐れもあり、
屋内では家具の固定と火の始末と水の確保、屋外では塀の倒壊や破片落下に注意しています。

万一避難する際は優先順位(酸素⇒シェルター⇒水⇒火⇒食糧)を常に意識しましょう!!!



と、今回は避難(先での宴会!!!)にも役立つ?、ノ・ミカタとヘパフィットのご紹介であります。

まずはノ・ミカタ・・・

DSCN9426

そう、しじみ160粒(相当分)のアミノ酸アラニンとかで!!!





DSCN9427

30分で速攻吸収されるアミノ酸含有食品!!!





DSCN9428

盛り上がる前でも、後でも、途中でも!!! 水なしでも飲めるのであります!!!

そう、過日の熊野キャンプでwingさんにいただくハメになり、ついに自分で用意しました。

そりゃあ、飲んだ後のしじみ汁は旨いですからねえ・・・ま、こちらはプラム風味なんですが・・・



いっぽうこちらは、ヘパフィット・・・

DSCN9429

肝臓水解物配合であります。

説明書によると、健康な哺乳動物の新鮮な肝臓に消化酵素を加えたもので、
肝臓の新陳代謝を活発にするそうです。


DSCN9430

他の成分も肝臓の働きを助けたり血液循環を促進するとか・・・



DSCN9431

こちらは第3類医薬品・・・

そりゃあ、飲んだ後の生レバーとか串焼きとかは・・・あまり食べる気がしませんし、
肝臓水解物といわれると極めて苦そうですが、こちらは糖衣錠ですから・・・


ま、こんだけあれば(次回のキャンプ宴会でも万一の緊急避難宴会でも)きっと乗り切れるはず・・・




m98k at 00:20|PermalinkComments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 糧食、飲料 

2018年06月13日

IMRとやらを・・・


とーとつですが、IMR18650リチウムイオン電池が届きました・・・

DSCN9432


DSCN9433


DSCN9435




DSCN9436

とまあ、これでもかっ!!!、つーぐらい注意書きがありましたが・・・



KEEPPOWERのIMR18650リチウムイオン電池、3120mAhモデルであります。

DSCN9434

2本セットだと少しお安くなってたので2本セットで・・・





DSCN9438

KEEPPOWERでの型番はNH1831になってますね。

ええ、自慢ではないけど、わたくしにはわかりません・・・

箱には「電子タバコ用」と書いてあったけど、わたくし電池交換できるような高級品は持ってないし・・・

そう、過日wingさんから、とーとつにメールがあり、

「とーとつですが、IMRが要りますよ。」

「なんじゃ、そりゃ??? MRIの検査なら毎年受けてましゅが・・・」

「ともかくMRI、もといIMRを買っておいて下さい。」

「きっぱりとわからんけど、とりあえずオススメを教えて。」

と、いくつかのオススメの中から一番上にあったのを、ユタカさんのアマゾンサイトで購入した次第。

ま、とりあえず買ってはみたものの、引き続き何のことやらわからないのですが・・・
どうやら保護回路の付いていないリチウムマンガン系18650電池のようですね。

で、保護回路がないので2.5V以下まで放電すると高確率で駄目になるし、それを再充電すると、
発火・破裂の恐れがあると・・・

さらに輸送時の安全のためフル充電していないので使用前に充電を・・・とか書いてあるけど、
フル充電したまま放置しておくのもよくないよ・・・って書いてあるし・・・

ううっ、次回wingさんにお会いするまで、わたくしはどうすればいいのでしょう???

(追記です。)
その後に入手した、この電池を使うフラッシュライトの記事はこちらです。



m98k at 18:55|PermalinkComments(11) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック フラッシュライト、ランタン