3AAなライトたちこれぞ携行糧食のカガミ!?

2005年03月06日

冷陰極蛍光管付き2ウェイライト


IMG_0053

OHMの冷陰極蛍光管付き2ウェイライト、CF-181であります。
単三電池6本、6AAのハロゲン球懐中電灯に、20cm近い冷陰極蛍光管(CCFL)が付いています。
手前のパトリオプロGT-10AAと較べてみて下さい。ううっ・・・でかい困った
こうなるとフラッシュライトとかハンドトーチとかかっこよくいうより、
懐中電灯というのがふさわしいですね。ま、懐中には絶対入りませんが。

このCCFL、いままで暗いというイメージがあったのですが、これだけ長くなるとけっこう明るいです。
ただランタイムは、スペックでも2.5時間となっており(ハロゲン球なら3時間)キャンプではちょっと使えそうもありませんが、AC/DCアダプター付きですので、室内ではわりと使えます。
蛍光灯より寿命が長く、CCFL部分がカチカチと回転しますので、本体を立ててみますと・・・

なんということでしょう。懐中電灯型蛍光灯スタンドの完成ですびっくり


IMG_0049


at 18:41│Comments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック フラッシュライト、ランタン 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by iigyogyo   2005年03月07日 17:43
ホントだ。これは蛍光灯スタンドですね!
でも枕元に置いておけば、いざという時に
懐中電灯として使えるってのは便利かも。
デザインもスペイシーでgood
2. Posted by 98k   2005年03月08日 19:35
iigyogyoさん
ごらんのように、枕元には、ほかの懐中電灯もありますので、
いざという時、困る事はありません。
ただ、どれを使うかで悩むかも知れませんね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
3AAなライトたちこれぞ携行糧食のカガミ!?