アサヒ新生オカモト インフレータブルカヤック

2005年05月09日

アキレス インフレータブルカヤック

引き続き、ドリコムさんの調子がイマイチでエラーばっかりだったんですが、
なんとかエラーを繰り返して記事やコメントが送れるようになったみたいです。
連休中に見に来てくれたり、コメントを書き込もうとされたみなさま、わたくし98kが、

ドリコム社長になりかわり、深くお詫びを・・・といいつつ・・・

ぜんぜんお詫びらしくない、えらそうな自画像であります。笑顔
73ca5a65.jpg


重いお尻の犠牲になっているのは、アキレスの二人乗りインフレータブルカヤック、
いわゆるダッキーというやつで、これは背もたれとニーストラップの位置を変えることにより、一人艇としても使えるものであります。
アキレスの2005年のラインアップを見ると、ダッキー自体が見当たりませんでしたが・・・
クルクル広げて空気を入れるだけ、クルマのシガーソケットから電動ポンプで入れてやれば数分で終了。
ちっちゃくなってハイパロンゴムで軽くて丈夫、日本の川下り事情には最適だと思うのですが・・・

型番とかは思い出せないので書けませんが、もう一艇の、オカモトのとの最大のちがいは、セルフベイラーシステム(自動排水装置)が装備されていることであります。
装置といっても、早い話、ボトムに穴があいてるだけなんですが・・・
これにより、どんな激流で水をかぶっても、水面以上に浸水することはありません。
激流で浸水して、コントロール不能になり、何度もひどい目にあってましたが、
これを買ってからは、どんな激流でも平気で行けるようになった・・・はずなんですが・・・
購入以後、激流には一度もいってましぇん。悲しい

おだやかな川で使うとなると、ただの穴のあいたフネですので、

いつも下半身を濡らした状態になってしまいます。うふふ

今回の川下りは、ここ数年では珍しいぐらいの好天気でしたが、やはりまだまだ水は冷たいので、

下半身ぐっしょり濡れ濡れが続くというのはつらいものです。うふふ

確か、数年前のアキレスのカタログには、これのセルフベイラーにキャップのついた高級モデルが、
あったはずなんですが・・・キャップがわりにガムテープという手もありますね。

それにしても、誰もいない広い河原で、のーんびりするのはいいものですねえ。

IMG_0198クロップ

今回の川下りメンバー(はじめてのクロップ画像であります。)
あとの半数は、キャンプサイトで朝から宴会!で、に、肉を全部平らげやがって!怒り



at 20:17│Comments(4)TrackBack(0)mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by iigyogyo   2005年05月10日 07:32
おお!モンゴル以来の98kさんの写真だ。サングラスがデフォなんですね。よく似合ってます
空気で膨らます「ダッキー」ですか。収納も場所を取らず持ち運びも楽そうでイイかもダッチー。
コメント一つ付けるのに6時間くらい要します。カンバレ!ドリコム。(じゃなくて、規制だったりして?)
2. Posted by 98k   2005年05月10日 19:56
この記事、アップするのに二日かかってます。あのナース画像以来ずっと・・・
そちらも思い切って「空気で膨らませる」シリーズはいかがでしょう?うふっ
3. Posted by リオ   2005年05月11日 12:57
真ん中が原液・・・もとい現役ナース
さんですね? 色白ぃぃ~!・・・・って、ドコ見てるんだか。。。
ウチからだと、ページが開きさえすれば(爆)、サクサク書けますよ?
4. Posted by 98k   2005年05月11日 23:00
リオさん、ブブーッ、ハズレです。
彼女は減益ナースではありません。
今回の参加者12名中、めずらしく女性が7名でした。しかも、20代が4名、30代が3名!
有難いことであります。年寄りには、いい冥土のみやげができました。げほげほ。
残念ながら、カヌーが足りず、川下りには、女性は1名だけの参加でしたが・・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アサヒ新生オカモト インフレータブルカヤック