アキレス インフレータブルカヤックオリンパスペン D3

2005年05月10日

オカモト インフレータブルカヤック

ee2fd58f.jpg


こちらはオカモト(旧岡本理研ゴム)のインフレータブルカヤックであります。
わたくしのダッキーはこのオカモトのと、前回記事のアキレスのと、二艇だけであります。
ダッキーの世界でも、リンクスとかグラブナーとかいう高級品があるようですが、
わたくし、こちらの世界でも安物派ですので、買ったことも乗ったこともありましぇん。笑顔

ずいぶん以前に買ったもので、アキレスの記事にも書いたように、こちらにはセルフベイラーが
ありませんので、京都の保津川や四国の吉野川の瀬で波をアタマからかぶって水ブネになり、
布バケツで汲み出すヒマもなく次の瀬に突入、とうとうコントロールできなくなって岩に激突。
というようなハードなことを何度かやってましたが、けっして破れませんでした。
それ以来・・・

オカモトはウスくて安くても安心!と信頼しております。うふふ

今では年に数回使うだけ、あとはクルクル巻いてガレージに放り込んだままですが、
まだひどい劣化はしていないようです。

アキレスのに較べて、バウとスターンがハネ上がってるので、大波は切りやすいですが、
その分、喫水線が短くて直進性が悪く、よく曲がります。
その点では急流向きなんでしょうが、急流では布バケツは必需品。
一方、おだやかな川なら、お尻は濡れないけど、風の影響は受けやすいし、直進性悪いし・・

ダッキーの選択もなかなか難しいものであります。
ま、泥酔してくると、川もおフネもグルグル回って、どうでもよくなるんですが・・・アウト


一般向けP.S
泥酔するまで川下りで酒を飲むなど、良い子のみなさんは決してマネしないで下さいね。
自然の中で水遊びする時には、必ずP.F.D(救命胴衣、ライフジャケット)を着けましょう。
川下りにP.F.Dと水着、サバゲにゴーグルと水着、ライトに電池と水着は必需品です。
忘れた時には****を中止する勇気を持ちましょう!って・・・一体何やってんだ!?


at 00:32│Comments(4)TrackBack(0)mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by G3   2005年05月10日 21:39
オカモトって、コンドームだけじゃないんだ。
 今日一番の知的収穫。
2. Posted by 98k   2005年05月11日 22:42
G3さん
「薄くても朝まで安心」は別のブランド、
ライトちゃんとこの世界ですよう
3. Posted by iigyogyo   2005年05月12日 01:03
ライトちゃんとこの世界・・・・って、なんでやねん
と言うか、そこまでディテールにはこだわってないぞぅ
ゴムじゃないゴムボートとか、超吸収カヤックって・・・なんでやねん
4. Posted by 98k   2005年05月12日 20:41
見えないところまで、ディティールにこだわるのが、
ジオラマの世界でしょうがぁ。
って、あの画像、ひょっとしてGIジョーを使ったジオラマ!?
超吸収カヤックか・・・なんか考えよう・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アキレス インフレータブルカヤックオリンパスペン D3