ペプシ1.5リッターと・・・G'zOne携帯その2

2005年07月21日

映画「スターウォーズ EP3」


STARWARS


EPISODE 3

REVENGE OF THE SITH



ええっと、遅ればせながら、やっと本日観てきました。
ただ、公開初日以来、今月はスターウォーズネタをさんざん使ってきたので、
もうアップするような画像もありましぇん。困った
という次第で、今回は画像なしということで・・・すいません


スターウォーズシリーズは、わたくしの社会人生活の期間と、ほぼ重なります。
全ての作品、公開と同時に映画館へ直行して、それなりに楽しませてもらいました。
それがいよいよ最終章というのですから・・・


わたくしの社会人生活もそろそろ最終章へ・・・
悲しい


という思いもあって、じっくり観たいと考えていたのですが、
本日、仕事がめずらしく定時に終了、あわてて映画館に駆け込み、
なんとかポップコーンとビールだけは確保して、慌ただしく観た次第であります。


ストーリーは、エピソード4、5、6への「つなぎ」で、これはまあ、当然であります。
ただ戦闘シーンが、あちこちに散りばめられてはいるものの、
大規模戦闘がメインの映画、というわけではありませんでした。ドクロ
わたくしにとっては、これがかなり残念でした。ドクロ
最新作だけあって、空中戦も地上戦も、映像は素晴らしいのですが、
「戦場中心の戦争映画」ではないんですね。

情報戦を含む戦闘準備、緊迫した戦闘前夜、そしていざ出陣!
華々しい、手に汗握る戦闘シーン、そして最後は戦いの後の虚しさと平和・・・
この一連のアップテンポのストーリーがないんですね、今回は・・・ドクロ

これがスターウォーズシリーズの最終章というのは・・・はっきりいってつらい。ドクロ
「STARWARS」なんだから、せめてクローン軍とドロイド軍の戦闘でも、
どこかひとつの惑星の戦闘だけでも、最初から最後まで、きちんと描いて欲しかった・・・悲しい

ま、赤ん坊のルークを抱いて、タトゥィーンの沙漠に沈むみっつの夕日を眺めるラストシーンでは、やはり目頭が熱くなってしまいましたが・・・拍手

今週末はエピソード4、5、6を観るんだろうなあ、レーザーディスクで・・・笑い


at 00:30│Comments(4)TrackBack(0)mixiチェック カメラ・映像・音楽 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by TOMO   2005年07月21日 11:29
同感です。
エピソード?で、「クローン大戦勃発!」と気を引いておいて、エピソード?では、それがあくまでも背景にしかならない。なんか平和ぼけ日本からイラク戦争を見ているような・・・・。
やはり、スター「ウォーズ」なんだから、戦闘シーンの高揚感は欲しかった。全体を「ダースベイダーの物語」としてまとめるためには、説明的なストーリーやシーンがたくさん必要だったのでしょうけれど。上映時間があと30分延びても良かったから、シリーズ中最高といえるような戦闘シーンがみたかったです。
しかし、ホントにワタクシどもの人生の歩みと一緒にあったような映画でした。
「2001年宇宙の旅」の宇宙船のシーンに圧倒されたのもつかの間、この映画は、冒頭でそれをはるかに上回るスターデストロイヤーが、画面の頭上からいきなり現れるんですから。ノックアウトでした。その後に見た、スタートレック劇場版第一作のエンタープライズ号がおもちゃっぽく見えましたよね。
シリーズは終わっても映画は残るわけですから、ワタクシどもも、まだまだしぶとく毒気を吐き続けましょう。長文失礼しました。
2. Posted by 98k   2005年07月21日 23:05
そうなんですよ、
2001スペースオデッセーから、宇宙大作戦、(さすがに「禁断の惑星」は封切では観てないけど・・・)、ときたあとに、アレなんですよね。
スターデストロイヤーの追跡シーンではじまって(これ、開戦前の情報戦ね)、反撃開始、ラストはデススター(第一作のメインターゲット、ある意味、エピソード?の敵の主役)の破壊と正義の勝利で終わる、ハリウッド版戦争映画の典型的ストーリーを、凄い特撮で宇宙版にした、アレがきたんですよね。
何度でも書きますが、このシリーズ、素晴らしいSF映画であると同時に、よくできた、極めてオーソドックスな戦争映画だから、これだけ受けたのだと確信しています。
この最終章以外では、戦争や戦闘が、最初から最後まできちんと描かれていますよね。
ほんと、おっしゃるとおり、30分延びてもいいから、ひとつの戦闘の起承転結を、オーソドックスに入れて欲しかった・・・ううっ
(このシリーズに関しては、確かにコメントが長くなるなあ。)
3. Posted by タナケンファン   2005年07月23日 16:36
いつも読んでいる↓に
http://www.t3.rim.or.jp/~mikih/newdiary.htm
スターウォーズがらみのネタが。
劇場のオープニングで度肝を抜かれたのも大昔になりました。
うちの姉はスターウォーズファンでアメリカ輸入物のビデオテープ
(字幕無し原語)をソフト皆無の時代に見てました。
4. Posted by 98k   2005年07月23日 23:45
そうかあ・・・
世代のちがいだけでは片付けられないショックですねえ・・・
(ちなみにこの記事の次の、「宮嶋茂樹氏インタビュー」、面白いですね。)
当時は世界同時公開なんてなく、たしかアメリカ公開から一年半ほど遅れたように思います。
その間にいろんな情報が入ってきて、ライトセーバーやダースベーダーマスクなど、いろんなグッズの方が先に来てましたが、あの頃のライトセーバー、暗かったですねえ。
当時、TOMOさん製作のようなやつがあったら、大ヒットしたでしょうに。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ペプシ1.5リッターと・・・G'zOne携帯その2