BW 山岳リュックサックGREGORY Breeze35

2005年10月02日

米軍フィールドパック

e7a8c3ff.jpg

「My Pack's Stories」第三弾は、米軍のフィールドパック、通称「ハヴァザック」であります。

あまりにも有名なこのパック、やはり第二次大戦中からあったもので、
あらゆる戦争映画に登場しますね。
容量は第一弾のデイパックのさらに半分程度、せいぜい10?ぐらいでしょうか。
米軍の昔の個人携行装備は、現用に較べてかなり少なかったようです。

第二次大戦中の画像をみると

cbc63781.jpg

このショルダーストラップをそのまま使って、背中の上の方にちっちゃく乗っかっており、
ショベルやポンチョ、毛布なんかがまわりに巻きついているスタイルが多いですね。

先月テレビで放映された、メルギブソンが第一騎兵師団第七連隊第一大隊長を演じた、
「ワンスアンドフォーエバー」は、1965年当時のベトナム戦初期の戦闘を描いた映画でしたが、
メルギブソンは、サスペンダー併用でこのパックを腰のあたりに装着してましたね。
やはりあの頃から、個人装備する弾薬量が急激に増えたんでしょうねえ。
ただし、彼の装備はすべてコットン製でした。ところが、わたくしのはナイロン製・・・
1970年代に入ると、ハヴァザックはなくなりフレームパックなどの新型装備になってますので・・・
(10月3日追記です。下線の部分ですが、米軍では70年代初頭に姿を消したこのパック、ボーイスカウトでは今でも現役で、なんと備品で購入できると、hrykさんよりコメントをいただきました。hrykさん、ありがとうございました。)
そう、わたくしのは1960年代後半、旧型のままベトナムの風土に合うようナイロン製にしたという、

きわめてレアなパックなのであります!きっぱりと

わたくし、これを購入したのは1970年代で、本体はナイロンですがストラップなどはコットン、バックルやホックは真鍮製であります。




これ以外にも、当時払い下げられていた、第二次大戦以来の旧型現用装備は、ナイロンとコットン、
真鍮のバックルとニフコ製のクイックリリースが混在しており、
わたくしの、このパックに装着する他の装備も、どちらもが混在しています。

68b57ddc.jpg


画像のY字サスペンダーはナイロン製で、ただしバックルなんかは真鍮製ですし、
ビストルベルトと救急キットケースはコットン製で第二次大戦、朝鮮戦争当時と色以外は同じです。
また、右下に見えるM8A2スカバード(バヨネット)用のシースは、本体プラ、ベルトはコットンであります。
(ちなみにこれの本体、レプリカでなければTOMOさん所有のM9の直前モデルであります!)
これ以外に、水筒も、カバーがコットンで本体がアルミのものから、カバーがナイロンで本体がプラのものまで、いろんな組み合わせがありました。
そういえばガバ用のマグポーチも、同じOD色で、やはりコットンとナイロンがありました。

ううっ、今となっては全部置いておけばよかった・・・すごいコレクションになってたのに・・・悲しい

P.S
明るいアウトドアの、バックパックシリーズのつもりが・・・山
ついついミリタリーな方向へ・・・困った
次回第四弾からは正統派バックパックシリーズに戻しますので、すいません
明るいアウトドアのみなさん、見捨てないで下さいね!ラブでもそんなやつ、このサイト見てるのかな・・・ドクロ

at 22:33│Comments(8)TrackBack(0)mixiチェック ミリタリーグッズ | その他アウトドア

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Yasshi(ぐりぐり)   2005年10月03日 03:15
 ボーイスカウト時代を懐かしく思い出しました。
 キャンプ訓練に行くときは、リュック以外にこの「ハバザック」を持っていきました。
野営地での周辺探索訓練や、追跡訓練等で撤収を伴わない訓練のときに、必要な
ものだけを小分けして持っていくのに使っていました。
 岡山県の日本原ってとこで開かれたジャンボリーのときは一週間でしたので、これ
がともて役に立ちました。そういえば、当時は岡山までの移動は全て各駅停車でした
ので、行きも帰りも一日半かかり、大変な思いをしたように記憶しています。いや、一
週間、うんちしなかった方が大変だったかも(^^ゞ トイレが汚すぎて、デリケートな私
は我慢したのです。帰りの汽車(蒸気機関車ですぜ)のトイレで思いっきり出した覚え
があります。泣きそうになるくらい固いのが...あれっ、話の内容が変わってる(^_^;)
2. Posted by TOMO   2005年10月03日 12:54
うわあ、98Kさんとこも、「おもちゃ箱」状態ですね。う、うらやましい・・・・。
ワタクシのバッグ類は、エディバウアーとか、ザ・ノースフェイスとか
グレゴリーとか、アウトドアっぽい雰囲気だけを楽しむまがい物・・・・。
やはり、ホンモノの魅力にはかなわないなあ。
ちなみに、上記の「ブランドもの」は、独身貴族時代の遺品で、現在は
ユニクロバッグをもっぱら愛用してろいます・・・・。
3. Posted by hryk   2005年10月03日 20:51
Yasshiさん、ボーイスカウトだったんですねお仲間を発見できて、嬉しいっス。もしかしたら、ボーイスカウトのOBって常連さんにも多いかもしれませんね。
私は現在もリーダーとして参加していますが、中学生になるときに買った、ハバザックをまだ愛用しています。あちこちぼろが出てきましたが,愛着のある一品です。
多少の変更点はありますが、現在も備品として販売されています。
最近のジャンボリーはトイレも結構綺麗ですよ。シャワーなんてモノも完備されていますし、、、やはり、女の子が入るようになって、連盟側も考え方を変えたようです
4. Posted by 98k   2005年10月03日 21:53
わわっ、こんなところでつながり、もとい、ボーイスカウトつながりが!
Yasshiさん、ボーイスカウトやってたんですねえ、知りませんでした。イメージがちがうなあ・・・
わたくし、ボーイスカウト(の装備に)憧れてたんですが、戦争ごっこばかりやってたので、親が許してくれませんでした。
そうか、これって、ボーイスカウトでは今でも現役なんですね。ま、わたくしのは、サバゲ引退とともに引退してますが・・・
エディバウアーに・・・ザ・ノースフェイスに・・・ぐっ、ぐれごりぃ!
なんと優雅な独身生活を・・・
今の米軍のパックやテント、ザ・ノースフェイス製やグレゴリ―製ですもんねえ・・・
でも払い下げ品は、民生用の新品より高いし・・・ううっ
5. Posted by リオ   2005年10月04日 00:33
懐かし~!>ハバーザック。高校の通学に使って
ました(笑)。・・・確か、猫にオシッコされて
どうにも匂いが抜けなくて捨てたような?
いや、もしかしたらサバゲ用品箱の中に??
最近は背負うのが嫌で、もっぱらショルダーや
メッセンジャー、ヒップバッグです。主力は
HG(ハロルズギア)なんですが、もう10年以上
昔だぁ~・・・
ボーイスカウトといえば、保育園の入園式に、
ベレー+エポレット付きセーター+ワイシャツ
+ネクタイ+チノで行って、「あのお父さんは
ボーイスカウト関係者」という噂がたちました(笑)。
ただのミリオタおやぢなんですけどね~(笑)
6. Posted by 98k   2005年10月04日 00:42
リオさん
そこはチノパンじゃなくって、やはりスコットランド風にしないと・・・
イギリス軍のエポレットとパッチ付きのセーター、史上最大の作戦以来、憧れてたんですが、
今となっては、体型的に無理が生じております。ううっ
7. Posted by Yasshi(ぐりぐり)   2005年10月04日 02:36
hrykさん、どもです。東北の福島3団です。
 私が入ったときは、3団にはまだカブスカウトが無かったもので、
小学校4年からボーイに入れられて、カブなら舎営ですけど、いき
なり野営でこき使われました。高校3年のときに副長になるところで
退団しました。
 私の体力は(もう使い切ってますが)、このボーイスカウト時代と、
平行してやっていた空手で作られたと思ってます。
 ボーイスカウトの備品で欲しいものはいっぱいありましたが、家が
貧乏で買えなかったですねぇ。その反動もあってか、アウトドア系の
店に行くと楽しくて楽しくて、観ているだけで楽しいですね。なかなか
買えない。トラウマか(^_^;) そうそう、沖縄で寄った米軍備品放出の
お店も楽しかった。衛生兵バッグを買ったな確か。
 98kさんはいっぱい買って、しかもちゃんと使っているのでえらい
なぁ~と、いつも感心しています。てか、羨ましいぞこのヤロ!
8. Posted by hryk   2005年10月04日 22:03
私は岡山の県南のとある団に所属しています
私も大学時代に一時ボーイスカウトから離れていたのですが、たまたま実家に帰っているときに他のリーダーに会ってしまい、そのままずるずると引き込まれてしまいました
私もライトやナイフといったアウトドアグッズに目覚めるきっかけになったのは、間違いなくこのボーイスカウトに入っていたことが影響しています。
改めて見直してみると、手持ちにボーイスカウトの純正の備品って少ないです。
マークが入ってないだけで、市販価格より数割増で販売されていますし、、、

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
BW 山岳リュックサックGREGORY Breeze35