うそつきっ!はぁとまぁくヌーヴォー2006?

2006年11月19日

ファミリーキャンプ入門6 クーラーボックス

このカテゴリの六回目は、季節外れのクーラーボックスであります。

文字色も、冷たく水色になっております。拍手


二回目のテント編で、ファミリーキャンプ入門に必要な七つ道具として、

1テント、マット
2タープ
3イスとテーブル
4バーナー
5クーラーボックス
6水タンク
7そして、ランタンと懐中電灯ぅぅぅ!

以上の七つ道具をあげておきました。

もちろんこれ以外にも、調理具や寝具、救急用品など、最低必要なものはありますが、
ファミリーキャンプ専用に揃えるのは、とりあえずこの七つ道具だけで、
あとはわざわざ専用に購入する必要はないというのが、わたくしの思いであります。

季節はかなり寒くなってきましたが、クルマを使ってキャンプするなら、
寒い季節でもクーラーボックスは必要であります。

クーラーボックスは最初から思い切って、大きいものを用意しましょう。
四人家族で二泊三日なら、最低でも40リッター以上が必要です。

クーラーボックスにはソフトタイプとハードタイプがあります。
ま、一日目に使う飲み物や肉などを別のソフトタイプに入れておくと、
折りたためるので、帰りの荷物が少なくなりますが、やはりメインは、
ソフトよりハード、ちっちゃいのより大きい方が保冷力は高いです。

容量さえあれば、釣り用でも、発泡スチロールのトロ箱でもいいのですが・・・

baa4c8ad.jpg

こちらは、わたくしが長年愛用している、コールマンのスチールベルト54であります。
容量は54クォートですから、51リッターぐらいで、容量のわりにちっちゃい、
つまりポリライトシリーズなんかにくらべて薄い、ということですが、
これだけ容量があると、よく冷やしたものと保冷剤を入れる限り、二泊三日程度なら、
なんとか最終日の朝までは保ってくれます。
さすがに真夏の炎天下では、氷の補充も必要になりますが・・・
かなり傷だらけになってますが、ともかく丈夫で信頼できる逸品であります。
最近は、これのステンレスぴかぴか版がでているようですね。


で、
6c31c2cb.jpg

上に積んでるのが、同じくコールマンの、ポリライト28であります。
外形はごらんのとおり、ひと回りちっちゃくなるだけなのですが、
容量は半分程度になります。
ファミリーキャンプでも、三泊ぐらいになると、
このふたつに、さらにソフトタイプをいくつか持って行ってました。

ま、お父さんのビールが大部分でしたが・・・

ちなみに帰りは、こんなふうにぴったりスタッキングできます。
f0b04f8d.jpg


さらにポリライト28の中にも、
8e8028a8.jpg

こちらはタッパーウェアの密閉ボックスで、保冷機能はありませんが、
川下りのランチボックスなんかに使ってました。
これも中身を断熱シートで包み、保冷剤を入れて、濡れタオルをかけておけば、
クーラーボックスとして使えました。やはり密閉性が大事なんですね。

帰りに、このようにきれいにスタッキングするためには、

食べ尽くし、飲み尽くすこと!

が、わたくしのキャンプの基本となるのであります。きっぱりとショック


クーラーボックスの保冷剤は、懐中電灯の電池と同じく、必要不可欠と考えましょう。
保冷剤は、容量の1/4から半分程度は必要、といわれてますが、それは氷と水を入れた場合で、
冷凍するタイプの保冷剤で、あらかじめよく冷やした飲料食糧を入れる場合は、
そんなにたくさん入れる必要はありません。
わたくしスチールベルト54には、コールマンの1リッターサイズの保冷剤をふたつ入れるだけであります。
保冷剤は何日も前からカチカチに凍らせておいて、二日目の飲料などもできるだけ凍らせて、
保冷剤がわりにすることがポイントですね。

ま、それでもケースごと持って行った予備のビールを、急いで冷やすこともありますが、
その時は大量の氷を仕入れてきて、水を入れて一気に冷やすしかありません。
そんな使い方をする場合は、底部にドレンプラグが付いてないと、凄い重さで傾けて排水することもできず、
一人で持ち運ぶことも困難になりますのでご注意を!

イワタニのモビールクールなど、カセットガスで冷やすクーラーボックスもあり、
製氷までできるという保冷力はたしかに魅力なんですが・・・
三泊以上の長期滞在とか、氷の入手も不可能、という状況でもない限り、
あえてファミリーキャンプ用に購入する必要もないでしょう。

(ほんとは、欲しいと思っているのですが、お値段と大きさが・・・ううっ)


at 01:01│Comments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ファミリーキャンプ入門 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 川端   2006年11月20日 08:29
アレ、20Lだったかなぁ・・・
もらったクーラー使ってたんですが、諸事情により破壊してしまいまして、、、(--)
来年のシーズンまでには新調しようかと。
スチールベルト、深くて良さそう。ウチの場合はこれひとつで充分そうですね(^^)
2. Posted by 98k   2006年11月20日 21:08
川端さんは、微細な工作も得意ですが、破壊も得意みたいですね。
20リッターは、さすがにファミリーキャンプにはちと・・・
最新のスチールベルト54、きっと川端さんなら虜になるはず・・・{ラブ}
だれかさんは、チタンベルトにMODされるとか、されないとか・・・{にっこり}
3. Posted by TOMO   2006年11月20日 22:10
ふ、二つあわせて70リッター余り!
我が家なら、一週間分であります・・・・んなわけないか。
そうですね、小さいのをいくつも持っていくより、どーんと
大きいのを持っていくほうが、保冷も長く効きますよね。
でも、でかいのは結局おとーさんが運ぶので、自分の体力と
相談しないと・・・・・。駐車場とキャンプサイトが離れていたりすると
悲惨ですね。
ちなみに、「モビール・クール」、もう製造中止になっている
ような・・・・。
4. Posted by 98k   2006年11月20日 22:45
そうですね、70リッターといえば、缶ビール200本かぁ・・・
って、缶ビールだけじゃないですよぅ!ま、それにちかいけど・・・{チュー}
スチールベルト54に、めいっぱい入れたときは、
さすがに腰を痛めないように、注意してます。
わたくし最近、クルマのすぐそばでしかキャンプしないので、
どうしても地上最低高のあるクルマがないと・・・
モビールクール、今あわてて探してみたら、まだこちらには・・・
http://www.rakuten.co.jp/hab/672708/673669/
でも、イワタニではもう扱ってないのかしら・・・ううっ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
うそつきっ!はぁとまぁくヌーヴォー2006?