正しいニッポンのキャンプ!いただきもので・・・MOD?

2007年05月08日

正しいニッポンの川下り!

オーストラリアから留学中のじょしこーせいをキャンプにつれていったわたくし、
懐中電灯好きの仲間も紹介し、次々と正しいニッポンのキャンプ作法を教えてあげました。

「ドーシテ、チカチカスルイルミネーションヲ、タープニツケルノ?」

「トイレに行ったときや、夜到着する人のための道しるべ、ニッポンの常識ぢゃよ。」

「デモ、98kサンノタープダケダヨ」

「ううっ。」

とか、まあ、三日の夜は更けていったのでありました。

で、翌朝
85adcd44.jpg
ニッポンの伝統的な野外朝食である、「サンドウヰッチ」の調理法を伝授し、次々と試食するわたくし。
「うーむ、まだ何かが足りんな・・・もっと作ってみなさい。もぐもぐ」



で、朝食後は・・・
6a405334.jpg

33edc78f.jpg
ニッポンの主要産業である「竹とんぼ」の製造方法を伝授する川端さん。

「わははは、それを一日に二百個作れないと日本では就職できないんだぞ!」

「いくらなんでも、そりゃないですよ。それにだいいち、自分は作れるんですか?
この子はけっこう器用だけど、あんたはどうみても・・・」

「ううっ・・・」

だんだんキャンプサイトに居づらくなったわたくし、彼女を連れて川下りに出発しました。

例によって、せっかく来ていただいたwingさんと川端さんはほったらかしであります。あかんべー

じゃーん
bfcc4a37.jpg

彼女、本国ではカヤック、ラフト、チュ―ビングと、川下りは何でもやってたそうであります。

「今から正しいニッポンの川下りを教えてあげよう。
二人乗りの場合、前はエンジン、後は舵取りだから、前でしっかり漕ぐのだぞ。」

「ウン、ワカッテル」

で、出発してすぐに・・・

「ほほう、なかなかしっかり漕いでるじゃないか・・・
ではここらで一息入れてと・・・ぷしゅ・・・くはぁージョッキ

「アレ?シッカリコイデル?」

「わわっ、すぐに気づくのね!しっ、しっかり漕ぎます。ひいひい」

とまあ、完全にリードされて漕ぎ続けたのであります。ううっ

「アッ、アンナトコロニ、タワーガアル」

「おおっ、この辺りは、賽の河原というてな、ああやって石を積んでおくと、
デビルマンがやって来て、みんな踏み倒していくのだぞ。どうだ怖いだろう。げひげひ」

で、結局上陸して・・・
cd9dd60a.jpg
記念撮影して・・・

「ワタシモ、ツクッタヨ」
c6597faa.jpg
って、全然怖がらんな・・・


この川にも何箇所か、ちょっとした早瀬があります。
いわゆるホワイトウォーター区間であります。

「もうすぐホワイトウォーターだからな、覚悟しておけよ。」

「ワーイ」

やがて、バシャッ、バシャッと波しぶきがあがり、フネは矢のように早瀬を駆け抜けていきます。

「わははは、爽快爽快!やはり瀬を抜けると気持ちいいなあ!ぷしゅ、くはぁ」

「デ、ホワイトウォーターハ、ドコ?」

って・・・今、とおり過ぎたとこやないかいっ!

漕ぎ続けてへろへろになったわたくし、またまた上陸を願い出て休憩であります。

「ワタシ、オヨイデクル」

泳いでくるって、まさか・・・
わたくしが足を漬けただけでも、痛いぐらい冷たい水なのに・・・
わわっ、あんなところまで行ったぞ!そっちは深くて流れも速くて・・・
c8259145.jpg

どぶん

わわっ、潜ったぞ!
わわっ、今度は上流に向かって泳いでるぞ!ぶるぶる

ま、真冬の荒海でも、3mm厚のウェットスーツでサーフィンしてるそうですが・・・ショック

すっかり彼女にリードされ、めずらしく漕ぎ続けたわたくし、
いつになくハイペースでキャンプサイトに到着したのであります。ううっ

で・・・

奥様が、わたくしから召し上げたパワーショットG7で撮った画像であります。
9b0c6fe1.jpg

ea2676d8.jpg
奥様の手前、無理に笑顔を作っておりますが、
Vサインしてる右手は、すでにプルプル痙攣しておりました。ううっ



at 22:40│Comments(5)TrackBack(0)mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 | フラッシュライト、ランタン

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 川端   2007年05月09日 06:45
川からあがって来られて第一声、
「わ、ワシはもうダメじゃあっ!」
っていう裏返った声が印象的でした(^^;オツカレサマッス・・・
なんか、
留学生さんのお国じゃ、雪降ってる季節に川で泳ぐのが普通。
川にもサメがいて、主要産業はサメの一本釣り。
サメが釣れないと一人前では無いそうです。
あと、誕生日には立ち木に火をつけて、サメ料理に舌鼓を打ちながら、一晩中踊り狂うのが基本。
そんなカンジらしいっスよ(?ー?)
2. Posted by TOMO   2007年05月09日 13:26
う、留学生ちゃん、きゃっわいい。
(写真から伝わる雰囲気だけで、そんな感じ。
しかし、98kさんが振り回されるとは、さすがアウトドア先進国の
女の子であります。
98kさん、ワシはまいっておりました、ですね。
3. Posted by 98k   2007年05月09日 21:43
川端さん
ふーむ、こういうのを「相互理解」というのでしょうね。がははは
ところで、わたくし、声が裏返ってましたか・・・{困った}
TOMOさん
ええ、日本では、もはや希少種になってしまった、
「素直で、礼儀正しくて、無邪気な、」じょしこーせいです。
ほんと、目の中に入れても痛くない・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
黙ってないで、「なんで、そんなにちっちゃいねん!」とか、
「入るわけがないがな!」とか、すぐに突っ込まんかい!
と、現在、漫才の特訓中でありますが。{にっこり}
4. Posted by 森のプ~さん   2007年05月10日 00:03
うおっ!!
ビキニじゃ~~~~
それは置いておいても・・・
すんげ~楽しそうですね~
行けばよかった・・・orz
来年は絶対に参加しましまちゅ!!
美味しい食べ物に釣られて(爆笑
その時は宜しくお願い致します。
5. Posted by 98k   2007年05月10日 00:18
ふーむ、森のプ~さんが参加してくれてたら、
もっと正しいニッポンの伝統芸能を…
ま、火薬の電気発火とか、血糊の飛ばし方とか…{にっこり}
次回はぜひご一緒して、伝授してやって下さいね!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
正しいニッポンのキャンプ!いただきもので・・・MOD?