GERBER LX1.0・・・なのかっ!9月キャンプ、まだいただきものが・・・

2007年10月12日

FULTON MX-991/U・・・なのだっ!

でへへへ、引き続き9月キャンプの戦利品いただきもののご紹介であります。

熊野キャンプ一日目も暮れるころ、関西が世界に誇るモダーであるwingさんが、

「そうそう、今回は98kさんが特に喜びそうなものを持ってきましたよ。」

と、大きなバッグをごそごそと・・・
ちなみにこのバッグ、参加者全員の要望に応じて、いくらでもMODライトがでてくるという、
不思議な四次元バッグなのであります。にっこり

「ほうら、いかがです。こんなのお好きでしょ。」

「わわっ、米軍のL型フラッシュライトびっくり しっ、しかもこれは・・・」


FULTON社製のほんまもんびっくり


「こりゃさっそく、わたくしの0.68kのミニチュアレプリカとすり替えねば・・・げひげひ」


ラブ


ラブ


ラブ



じゃーん
b5116faf.jpg
うーむ、これを気づかれないようにすり替えるのはちと無理じゃな・・・困った


じつは左のミニチュアレプリカにも、以前wingさんからいただいた、
LEDフランジ電球を入れてあるのですが・・・


「ふーむ、やはりほんまもんボディに入れると明るくなりますね。」

「いやいや、本物ボディだから明るいというわけでは・・・」

「おおっ、じゃリフレクタがでかいから・・・」

「そりゃ、照射範囲は広くなってますが・・・」

「ああ、やっぱり単三電池と単一電池のちがいですね、
それにわたくしの電池は全部古いですからね、がははは。」

「いや、ま、98kさんに説明するのもなんなんですが・・・ぶつぶつ・・・
以前差し上げて、今ミニチュアレプリカに入れておられるのは、
500CSというタマを使ったやつで、
今度のは、500GSというタマを入れてあるので明るいんですよ。」

「わははは、そうだったんですか。(ぜんぜん理解していない)
こりゃあ、けっこうなものを・・・げひげひ」

「あっ、差し上げると決まったわけでは・・・」

「まあまあ、森のプ~さんの麦焼酎をどうぞ、こぽこぽ」

「んぐんぐ、ぷはぁ。」

「ワンテンママさんの高級焼き肉もどっちゃりどうぞ、どさどさ」

「もぐもぐ、はぐはぐ、いやあ、こりゃうまい」


ジョッキ熱燗にっこり流れ星寝る日の出


で、どーゆーわけか、翌朝からずっとわたくしの手元にある、
FULTON社製L型フラッシュライトwingスペシャルであります。チュー
f5518632.jpg


燦然と輝くMADE IN USAのレリーフびっくり
5388112f.jpg
88b2a8a1.jpg


いっぽうミニチュアレプリカのほうは・・・
5a6f0913.jpg
ee749510.jpg
あは困った



もう少し近づいて見てみましょう。
e01395c6.jpg
こちらが新型の500GSとやら・・・


f5dc4d07.jpg
で、こちらが500CSとやら・・・

ほぼ同じ距離からの撮影なので、500GSとやらが少し大きいのでしょうか。

ま、わたくしには違いはわかりませんので、さっそく照射比較VSであります。
46604e1a.jpg
左が以前いただいてミニチュアレプリカに入れている500CSを使ったwingスペシャル、
右が今回いただいた、FULTON社製L型フラッシュライトに入った500GSを使ったwingスペシャルであります。

わたくしのミニチュアレプリカは当然使い古し電池、
FULTON社製のほうもキャンプでほぼ一晩中、点灯してた電池であります。
ちなみにこれ、充分テーブルランタンの代わりになりました。

うーむ、それにしてもずいぶん違うもんなんですね。明るいです。

もちろん、蓄光処理もたっぷりと・・・
381ec7a7.jpg


いやあwingさん、またまたいいものをいただいてしまい、お礼のしようも・・・

えっ、これがどうなったか記憶がないって・・・びくっ

まま、ヨットマンが持ってこられた浦霞もおひとつ・・・とくとくとく・・・




さらに厚かましいP.S.
えーっ、キャンプでwingさんが、ボディーや電池は関係ないので、中味を取り替えるとミニチュアレプリカのほうが明るくなりますよ、とおっしゃってたのですが、FULTONのヘッドから取り出す方法がわかりません。
wingさん、よろしければ解説かたがた、ご教示願います。ぺこぺこすいません




at 22:58│Comments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック フラッシュライト、ランタン | ミリタリーグッズ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by TOMO   2007年10月13日 19:01
いや~、良いものを 巻き上げ いただかれて、
良かったですねえ。
なんたって FULTON、やっぱりホンモノの雰囲気は
すばらしい。
それに wing さんの改造が入って、明るく実用的に
なって・・・・、言うこと無しじゃないですか。
オリジナルのフィラの FULTON の明るさだと、ちょっと
ジャングルをさまよう気分にはなれないと思います。
2. Posted by 98k   2007年10月13日 20:32
オリジナルのほうは、わたくしも持っていた時期があります。
(昔、何かと交換したんですが、忘れてしまいました・・・)
まあ、50年以上使われている、ただの2Dフィラですから、
明るさはナショナルのブリキ製とあまり変わらないですね。
その点、wingスペシャルは明るくて超長寿命{びっくり}
本文にも書いたように、テーブルランタンとしても最適です。
それにしても500CSと500GS、画像以上に差があります。
3. Posted by wing   2007年10月14日 01:04
紹介ありがとうございます。
ま、旬な500GS話のねたに・・・^^;
あと、レンズもスペシャルです。表面硬化処理されたアクリルで、傷つきにくく透過率も高いです。
分解はミニチュアレプリカと同じはず・・・
ベゼルを回して、リフ後ろのプラパーツを回して、フランジバルブを外すだけ・・・(汗)
4. Posted by 98k   2007年10月14日 20:11
wingさん、どーもありがとうございました。げひげひ
レンズもスペシャルだったんですか{びっくり}
ますます大事に使わせていただきます。{すいません}
で、分解ですが、わたくしリフごと、ぐりぐりと廻しておりました。{にっこり}
プラパーツだけ廻すと、簡単に分解できましたので、
中味を次回記事でアップさせていただきますね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
GERBER LX1.0・・・なのかっ!9月キャンプ、まだいただきものが・・・