キャンプレシピ・・・08・GW熊野キャンプその1

2008年04月30日

愛車、ということ



(期間限定 G.W.熊野キャンプ宴会のお知らせ記事はこちら)

(こちらも期間限定 6月モンゴル植林ツアーのご案内記事はこちら)



えーっ、大阪では4月25日夜に放映された「探偵ナイトスクープ」とゆー番組で、
20年以上、50万キロ以上乗った、愛車のランドクルーザーを廃車するご夫婦からの、
何か最後の思い出になることを、という依頼をやっておりました。

わたくし番組を見てて不覚にも、おいおいと泣いてしまいました。

たしか40代のご夫婦で、娘さんが今年16歳でしたから、結婚前からの愛車で、
古い記念写真も紹介してましたが、結婚前のデートにはじまり、
家族での旅行にもずっと使い続け、あちこちドライブされてたようであります。
修理も部品交換もできなくなって、廃車せざるを得なくなったとか・・・

わたくし、モノに対する愛着というのは、そんなにないほうなのですが、
家族の思い出の詰まったクルマを手放す、ということで、家族全員が泣いてる、
という気持ちが痛いほど伝わってきて、思わずホロリとなった次第であります。

じつはわたくしにも、結婚前から十数年、乗っていた愛車がありました。

こちらの記事の後半と追記に書いておりますが、、ワーゲンビートル1976年製1200LEであります。

結婚前の奥様とのドライブ、結婚後は長男の出産や実家への送迎、次男誕生時もまた・・・
そして、家族でのドライブ、キャンプ、川下り・・・
楽しかったこと、ひどい目に遭ったことが次々と走馬灯のように・・・

次男が生まれる以前に、はじめて家族三人で行った十津川温泉郷・・・
長男にとっては最初で最後のクルマ酔いが、その時の金剛山越えでした。

やがて次男が生まれ、まだおしめをしたまま、あちこちのキャンプや川下りに・・・
リンク記事の奈良でのキャンプが、家族四人とビートルのお別れキャンプともなり、
記事にある記念写真を撮ってもらったのですが・・・

フジタの二人艇やプリヨンのインベーダーをカートップして、家族四人、
ほんとに、このビートルにはお世話になりました。

で、じつはわたくし、結婚前にビートルを購入してから、子どもができるまで、
ちまちまとビートルのミニカーを買い集めておりました。
その後、長男や次男のおもちゃになり、大半は破壊されてしまったのですが、
今回は感傷に浸って、一部実家に残ってた、ビートルミニカーの画像であります。

f09e2f89.jpg
こうして傷つきながらも生き残ったのは、半分以下でしょうか・・・ううっ悲しい



たかがクルマ、しょせんクルマ、

でも愛車との思い出とゆーのは、

わたくしにとっては、家族との思い出とともに、

ずっと生き続けるのであります。
たぶんきっぱりと





さらに感傷的なP.S.にっこり

奥様から聞いた、長男が初めて話した「文章」が、わたくしのワーゲンビートルを指さしての、
「と、ぼぼぼ、げん」(お父さんの、ぼぼぼ(と音のする)、ワーゲン)だったとか・・・

さすがに次男には、ワーゲンビートルの記憶はあまりなく、四歳から十八歳まで共に過ごした、
ニッサンテラノの思い出がほとんどのようですが、長男は水色のワーゲンをはっきりと覚えているようです。

ま、ふだんの生活ではクルマはほとんど使わず、キャンプや家族での遠出の時だけ、
クルマでおでかけ、というパターンでしたので、
よりいっそう、家族の思い出と結びついているのでしょうか・・・

特に子どもたちが小さい頃の家族の思い出が詰まった愛車が、このワーゲンビートルでした。
一昨年から乗ってるスバルフォレスターでは、今後、老夫婦二人の思い出か・・・ううっ悲しい

そういえば独身時代も、このビートルであちこちいったはずなのに、
あまり鮮明な記憶は残ってませんねえ・・・
やはり、思い出したくない悲しい記憶ばかりだったのね、独身の頃は・・・ショック





at 21:38│Comments(4)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 川端   2008年05月01日 17:34
ビートルかぁ、名車ですね(^^)
私は、TYPE?に乗りたくてしょーがなかったですが、結局縁が無く、いちばん長く乗ったのがジムニーだったと思います。
クルマ、行動範囲も広がるし、ひとを乗せられちゃったりもするので、いろーんな思い出が詰まりますよね(^^)
2. Posted by 98k   2008年05月01日 22:08
ふーむ、TYPE?っちゃあ、クーペみたいなノーズで・・・
たしか、日本自動車博物館にありました。
あーゆーのが、川端さん好みだったのか・・・
ま、ジムニーも、マニアックっちゃあマニアックですな・・・
六月には、いろんなひとを乗せて{困った}、いろんな思い出を・・・{困った}
3. Posted by TOMO   2008年05月01日 23:30
ワタクシ、結婚してからも単車に乗っていたのですが、子供ができて、奥さんに「あなた一人の体じゃないのよ。」と言われ、SR400とスクーターを処分したことがあります。
バイク屋に引き取ってもらうときは、思わずウルウルと・・・・。
その後は、四輪車を乗り継いでいるのですが、買い換えの時には
やはりじ~んとしながら、前車を見送りますね。
4. Posted by 98k   2008年05月01日 23:52
TOMOさん
なかなかいい話じゃないですか。
単車の場合は、また思い出の質が違うんでしょうね!
わたくしの場合はハスラー50とロードパルで、{可愛く泣いてる人}
しかもほとんど通勤の足でしたので、
愛車を手放す、といった感慨はあまりなかったですねえ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
キャンプレシピ・・・08・GW熊野キャンプその1