大人のUSJ 水辺編2Dioramania開設!!!

2008年10月24日

大人のUSJ やっと映画編

(期間限定のご案内)
アマゾン植林・苗木代公募ご案内記事はこちら。  11月「洞窟オフ会?」ご案内記事はこちら。



何回か連載してきた、大人のUSJシリーズですが・・・
最終回で、ようやく本題の映画編までやってきました。にっこり


わたくし、けっこう映画好きで、特にハリウッド製の派手な戦争映画、SF映画、アクション映画なんか、
だぁいすきなのであります。 しばし、つらい現実を忘れさせてくれるし・・・ううっ悲しい


今回行ったはじめてのUSJは、たまたま連休の最終日で、しかも絶好の行楽日和、

どのアトラクションも超満員!!!でした。 泣く

ただまあ有難いことに、連れて行ってもらった仲間の中に、

ガンマニアのUSJフリークにっこりが居てくれたおかげで、

フリークのみぞ知る、様々な裏ワザが使えたのであります。拍手

人気アトラクションはランチタイムに並ぶ、といった基本編から、
複数列の場合、どの列が一番早い、といった高等編までを駆使したおかげで、
混んでたわりには、効率よく廻ることができたのであります。ありがとね、ワインもおいしかったし・・・

んで、最初に向かったのが・・・
e0741916.jpg
そう、あの悪名高いサイバーダイン社であります。
この大企業が利益優先で、スカイネットとゆー巨大システムを作り上げたおかげで、
近未来に人類滅亡の危機を招くとゆー、ターミネーターシリーズのストーリー設定の中で、
いわば悪玉の本拠地なのであります。
並んでいる間にも、サイバーダイン社の輝かしい歴史や新製品の攻撃システムの宣伝をはじめ、
「家庭用ロボットから最強軍事システムまで、サイバーダイン社におまかせを・・・」とか、
「サイバーダイン社はいつでもどこでも、あなたのおそばに・・・」とか、
美辞麗句を並べ立てたコマーシャルが、そこらじゅうにあるモニターからガンガン流れ、
アトラクションも、観客は新製品の発表会場に招待された顧客、という設定で・・・
ま、内容は入ってみてのお楽しみ、とゆーことで・・・

映画のお話になりますが、1984年製作の第一作、ブレーク前のシュワちゃんを悪役として、
ジェームス・キャメロン監督が起用、そんなにお金をかけた映画でもなかったはずですが、
設定がSFとしてしっかりしており、倒しても倒しても、また蘇ってくるロボットとゆーのも面白く、
ガンアクションも当時としては凝ってて秀逸、わたくしの好きな作品でした。

で、ブレーク後のシュワちゃんと組んで、再び同監督が1991年に撮ったのが、
シリーズの中では最高傑作といわれる「T2」であります。
USJのアトラクションでも、この作品がメインになっているのですが、
ともかく、T-1000型の警官姿がかっこよかったですね。(ちなみにシュワちゃんはT-800型)
SF映画としても、ガンアクション映画としても、見ごたえのある大型作品でした。
この監督、ホンモノのガンマニアだと思いますね、これはきっぱりと。

んで、別の監督で2003年に製作されたのが「T3」で、こちらは美女の最新式T-X型が悪役であります。
(ちと調べてみたら、シュワちゃんはこの作品で、T-850型に進化してますね。にっこり)
まあ、この作品の評価には賛否両論あるようで、たしかに、???な感じがしないでもないですね。
まあ来年には、「T4」が公開予定だそうですから、それに期待しましょう。



んで、次に向かった建物が・・・
ae33df4e.jpg
シカゴ市消防局、第28分署・・・そう、あのバックドラフトの舞台であります。
こちらのアトラクションは、作品の火事撮影の舞台裏を見せるという趣向、
その意味では、いかにも映画スタジオらしいアトラクションであります。
まあ、川端さんは、本場のユニバーサルスタジオでご覧になったよーですが・・・落ち込み

わたくしこの映画や「タワリング・インフェルノ」も大好きで、
火災現場の消防士とゆーのは、まさに戦場の兵士そのもの・・・

「タワリング・インフェルノ」でも、冒頭部分、華麗なパーティとその裏で繰り広げられる罵り合いや、
欠陥建築の責任の押し付け合いとかで、さんざんごたごたして、もどかしいのですが、
消防への一報が入ってからは一転、全く無駄のない、訓練され尽くした、
きびきびとした出動シーンが、一切無言の中でずっと続き、
完全装備で現場に到着したスティーブ・マックイーンが、超高層ビルを見上げてひとことだけ、
「長い夜になりそうだ・・・」と、小さくつぶやくだけ・・・
いやあ、まさに男の美学ですねえ・・・
わたくし、このシーンを思い出す度に、今でも熱いものがこみあげてきます。悲しい

このバックドラフトも、典型的なハリウッド製戦争映画と、
全く同じストーリー展開、シーン構成、といってもいいでしょう。

新人が初めての現場(戦場)に向かうところから、数々の困難を乗り越えて成長し、
やがて殉職(戦死)した先輩の後を継いで、次の新人を連れて現場に向かうラストでは、
消防車の中で、最初に先輩に言われたアドバイスをそのまま新人にしてたりして、
走り去る消防車から、ゆっくりとカメラが引いてゆき、エンディングテーマが流れるとゆー・・・

いやあ、こちらも思い出すだけで熱いものが・・・にっこり

そういや戦争映画では、戦場に来た新兵への最初のアドバイスは、
「アタマを吹き飛ばされたくなかったら、ヘルメットのチンストラップは外しておけ・・・」でしたね。ラブ

閑話休題

話し出すと、まだまだ長くなりますので、次に行ったのが・・・
aad0bb41.jpg

5b7c6247.jpg
おなじみ、「ジョーズ」であります。

こちらは、このシリーズの記事でも、すでに紹介したとおり、
舞台となったアメリカ片田舎の港町、アミティ村を忠実に再現したエリアにあり、
シカゴエリアやサンフランシスコエリア同様、なかなか雰囲気がありました。

ひたすら大型タンクローリーに追いかけられる1971年作品「激突」で注目された、
スピルバーグ監督の1975年メガヒット作品で、ジョン・ウィリアムズのテーマ曲もあまりにも有名ですね。
新任の警察署長ロイ・シャイダーが、水が苦手で泳げない、とゆー設定もよかったですが、
なんといっても、最後まで全容を現さない巨大なホオジロザメが、一層恐怖を盛り上げるとゆー、
ホラーの真髄とゆーか、その後のこの手の作品のお手本になったとゆーか、
やはりすごい監督であります。



で、次もおなじみ、スピルバーグ監督の・・・
70bd80ed.jpg
1993年作品、ジュラシックパークのアトラクションであります。

マイケル・クライトンのSFの映画化ですが、ともかくCGによる恐竜のリアルさに感動しましたねえ。
世の中、ついにここまで来たか・・・と思ったものですが、あれから15年、
今や、パソコンのお絵かきソフトでも、かなりのCGができるようですね。
そういえば、CGでオリジナルライトを製作中の方もおられますね・・・にっこり


ちなみに・・・
7c42930e.jpg
ライドの通路にあった、ずぶ濡れ防止用のポンチョ販売機ですが・・・

やはり、恐竜迷彩とゆーべきか・・・ どこの国のテキスタイルや・・・




で、最後が・・・
e4cc2bdf.jpg
ウォーターワールドのショーだったのであります。
まあ、アトラクションは前回記事で紹介していますので、映画のほうを・・・

1995年の製作で、作品そのものは酷評されているようですが、
温暖化で海ばかりになった未来の地球の、様々な洋上のシチュエーションが面白かったですね。
冒頭、真水が貴重で、主人公のケビン・コスナーが自分のおしっこを簡易濾過して飲むシーンが、強く印象に残っています。
ショーのほうは映画よりかなり好評のようで、たしかに面白かったです。


結局、五つの作品のアトラクションを見ることができたのですが、
さすがに混んでて、見たかったE.Tやバックトゥザフューチャーなどは見れませんでした。

それと、オープン当時はあったとゆー、西部劇エリア「ウェスト・ワールド」
がなくなっていたのも残念でした。悲しい


ま、またいつか、とゆーことで、大人のUSJシリーズは今回でおしまいとなりますが、
記事の画像枚数に余裕がありますので、てきとーにスナップなんぞを・・・



49ca7102.jpg
ロイ・シャイダー演ずる、泳げない警察署長が、ジョーズ退治に使った船の模型





00102e6c.jpg
アミティ村の船着場風景、水底にガイドレールが見えてますね。にっこり





489c6221.jpg
ウォーターワールド、ヒーローはロケットランチャーで攻撃され、海に落ちるのですが・・・




3724712d.jpg
ヒロインは無事脱出・・・いやあ、このシーンは、かっこよかったなあ・・・ラブ




んで、陽が傾いてくると、雰囲気はますますハリウッドに・・・行ったことないけど・・・



60f733c4.jpg
このあたり、いかにもハリウッドのスタジオっぽいでしょ
ポップコーン屋さんがやたら多く、サマになってたけど、高かったなあ・・・困った





213c7676.jpg
モンマルトルとゆー建物もありました・・・




んで、今回、「わたくしをUSJに連れて行って」くれたみなさん・・・
2eaa5ec9.jpg
左端、一番若いのに、なかなかセンスのいいTシャツくんラブ
真ん中が、ハードバイカー、ハードカヤッカーのワンテンママさんラブ
右端モンベルフリースが、往年のガンマニア、サバゲマニアのUSJフリークさん



abc2a63b.jpg
右端の人物は・・・まあ、無視しておきましょう・・・



それにしても、やはりここには・・・

「第二次大戦エリア」が欲しかったなあ・・・チュー


史上最大の作戦、遠すぎた橋、空軍大戦略、眼下の敵、頭上の敵機、レマゲン鉄橋・・・
うわっ、みんな20世紀フォックスやないか・・・バルジ大作戦はワーナーやし・・・
わたくしの大好きな、砂漠の鬼将軍・・・ああっ、これも20世紀フォックスか・・・

そうそう、これを反対側からみた、ロンメル軍団を叩け、これはたしかユニバーサル製作・・・
でも、ドイツ・アフリカ軍団好きのわたくしとしては、ちと複雑な心境・・・
そうか、ミッドウェイがユニバーサル製作・・・うーむ、やはり複雑な心境になるな・・・








at 21:35│Comments(12)TrackBack(0)mixiチェック カメラ・映像・音楽 | その他アウトドア

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by G3   2008年10月24日 23:02
暴力的な背景が似合いますね。
2. Posted by 98k   2008年10月24日 23:07
ありがとうございます・・・って、素直に喜ぶべきなのかっ{ショック}
まあ、八王子あたりで、暴力的な光を発してた方々にもお似合いかと{にっこり}
3. Posted by 川端   2008年10月25日 07:05
いまのアタマの中身のままあの頃に、みたいな表現がありますが、
オトナばっかでこんな風に童心に返るアソビをすると、ある種そんなカンジなのかも知れないですね(^^)
4. Posted by ニャん丸   2008年10月25日 08:37
98kさん、おはようございます♪
サイバーダイン、行きた~い!
アミティ、行きた~い!
そういえば、ジョーズは親なしで初めて見に行った映画だったような…
T3はたしかにアレでしたが(笑)、ウォーターワールドは「海のマッドマックス」として楽しめたと思いますよ。
しかし、USJは楽しそうですねぇ、アトラクションも良し、撮影も良し…カメラを濡らさないように気をつければよいでしょうか?(笑
5. Posted by TOMO   2008年10月25日 19:32
あはは、98kさんが今回の記事で挙げられている
映画、全部ワタクシも見ました、しっかりと。
なんか、複雑・・・・。
6. Posted by 98k   2008年10月25日 20:21
川端さん
>オトナばっかでこんな風に童心に返るアソビ・・・
まあ、このトシになると、追憶だけで生きているようなもんで・・・{にっこり}
って、キャンプもライトも洞窟も、みんな童心に返れますね{ラブ}
ニャん丸さん、どーもです。
そういえば、マッドマックスの一作目もインパクトありましたねえ・・・
映画好き専門の有料ガイドもあるし、ぜひ一度、お越しください。
キャ○クラ豪遊分、はたまた上高地豪遊分で充分楽しめるかと・・・{にっこり}
高級カメラの場合、水濡れ対策は必須ですが・・・
TOMOさん
あはは、全部ご覧になりましたか・・・こっちも、ちと複雑な心境に・・・{にっこり}
ユニバーサル製作の戦争映画で、不朽の名作といえば、やはり、
「西部戦線異状なし」でしょうが、あれのアトラクションを考えると・・・{困った}
7. Posted by alaris540   2008年10月27日 14:22
>ジョーズ
土産に同僚が買ってきた「ジョーズせんべい」はちっちゃなおさかな{魚}でちっとも怖くない!蓋の縁は牙をイメージしたギザギザ型で、「引っかかるので閉めにくい」と不評でした。
先頃亡くなられたR.シャイダー氏は「ブルーサンダー」が最も印象に残っています…ってアレはコロムビアでした。
8. Posted by 98k   2008年10月27日 21:14
alaris540さん
これの前々回記事で紹介した「ジョーズゼリー」、
周囲の「海」は赤く染まってましたが、中のサメは真っ白でした。
まあ、ホオジロザメとゆーぐらいで、これはこれで・・・{笑顔}
そうでしたね、ブルーサンダー、ロイ・シャイダーでしたね。
TOMOさん同様、フライトジャケットの似合う男でした。合掌{天使}
9. Posted by 森のプ~さん   2008年10月28日 02:00
98kさま
最前線物語(THE BIG RED ONE)を忘れないでね{あかんべー}
リー・マービンがいい味出してた
あと荒鷲の要塞
クリキントン・イーストウッドがいいな~
あっ!最前線物語リコンストラクションDVDうちにあるよ~{にっこり}
10. Posted by 98k   2008年10月28日 21:48
森のプ~さん
最前線物語、いいですねえ・・・
公開当時、「マーク・ハミルの出てる戦争映画」として宣伝され、
ロードショーも短くて、二番館(こんなの知らない世代になったなぁ)
で見たような気がします。ともかくガランドライフルがよかった・・・
このビッグレッドワン=第1歩兵師団と、昨日もBSでやってた、
「ワンスアンドフォーエバー」の第1騎兵師団、それに、第82空挺、
第101空挺を足せば、ハリウッド製戦争映画の名作が勢ぞろい{ラブ}
荒鷲の要塞は、アクションよかったけど、敵と味方がややこしかった・・・
ダーティハリーだって、イタリア軍のダブルスパイだったりして・・・{にっこり}
11. Posted by 森のプ~さん   2008年10月28日 23:35
おおっマーク・ハミルをわかるとは・・・
マニアックですな~{ショック}
スターウォーズだもんな{ウインク}
リコンストラクションDVDは未公開映像が41分足されて
再編集された特別仕様です。{あかんべー}
観たいだろう{にっこり}
「ワンスアンドフォーエバー」もDVDあるよ{チュー}
12. Posted by 98k   2008年10月28日 23:55
げげっ、41分も追加されてるのかっ・・・いいなあ・・・
って、まさか、強制収容所のシーンが延々と追加され・・・{困った}
さっき調べてたら、サミュエルフラー監督、北アフリカ戦線とか、
ノルマンディー上陸作戦とかで、ほんとに最前線で、
戦ってる人なんですよね。なるほど、リアルでしたね。
んで、アクションシーンのスタートの合図には、
拳銃ぶっ放してたとか・・・{にっこり}

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
大人のUSJ 水辺編2Dioramania開設!!!