洞窟キャンプその4サークルの同窓会(後編)

2008年12月08日

サークルの同窓会(前編)

懐かしさのあまり、文字色も褪せた色にしてと・・・


じつは、11月22日の土曜日、二泊三日洞窟キャンプの一日目をあきらめてまで、
ん十年ぶりに、学生時代のサークルの同窓会に行ってきたのであります。きっぱりと


まあ、秋の京都、とゆーことで、いちおーのご紹介であります。すいません





一次会の場所は、学生会館のあったところ、と聞いてたので行ってみると・・・
f6d19a3b.jpg

こじゃれた建物に変わってるやないかっショック



正面には、クリスマスツリーなんかあったりして・・・ショック
33907d07.jpg


わたくしの学生時代には、ここに殺風景な学生会館があり、そこの二階ラウンジが、
当時結成したばかりでまだBOX(部室)のなかったSF研究会のたまり場でした・・・

で、今回同窓会のあったサークルは、京都を中心に寺社仏閣を研究するサークルでした。

そう、わたくし学生時代には、いくつかのサークルやクラブに入っており、
これら以外にも、山岳同好会をはじめ、落語研究会や写真部にも籍を置いてました。

まあ、それらの活動とバイトばっかしで、授業に出た記憶は殆どないのですが・・・にっこり





んで、おそるおそる建物の中に入ってみると・・・
8bcc6a02.jpg

ずいぶん、いろんなものが入ってるのね・・・フィットネスルームまであるぞ・・・



で、会場はこの最上階七階の「SECOND HOUSE "will"」とゆーところ・・・
これがなんと、高級イタリアンレストランだったのであります。ショック

学生会館(ガッカンと略してましたが)の頃は、一階がお安い学生食堂で、
二階には、いちおーレストランらしきものもありましたが、レベルがまったく違います。

ここは雰囲気も本格的、ランチもフルコースで、ワインも数ある中から選べました・・・困った

土曜日のせいか、さすがに学生は少なかったですが、
今の学生は、こんなところで昼飯を喰ってるのかっ・・・怒る

自分の学生時代のエサと比べたくないので、あえて料理の紹介はしません。ええきっぱりと悲しい

と、まあ、複雑な思いとともに、楽しくおいしい昼食だったのですが、
さすがに最上階(といっても七階ですが、周りに高い建物がないので)、眺めは最高でした。




東山三十六峰には・・・
8d60cf91.jpg





はるかに大文字山が・・・
bda63ff9.jpg





北に目を転ずると、北山連山の手前に・・・
aab422fc.jpg

3985878e.jpg

2c1a5a34.jpg
「妙法」の文字がくっきりと・・・




んで、もちろん都の西北には・・・
c65afd23.jpg

da861148.jpg
左大文字があざやかに・・・

ううっ、交通課長さんは、あの麓あたりに棲息していたのね・・・ラブ




とゆー次第で、京都市街を眼下に眺めつつ、ビールやワインをかぱかぱ飲み、
その後、ほろ酔い気分のおっちゃん、おばちゃんたちは・・・

学生時代にはあまり行かなかった相国寺を拝観したあと、

懐かしいキャンパスをふらふらしたり・・・
c0f08cdb.jpg





5cb46c76.jpg

00f51e3c.jpg
あちこちで記念撮影したりして・・・
(あまり教室には思い出はなかったですが・・・にっこり)




キャンパスの向かいにある、懐かしい喫茶店へ・・・
cb4883d8.jpg



この喫茶店、ぎしぎし軋む階段を昇った二階が、薄暗くて隠れ家的だったんですが、
fdb5ba2e.jpg
今は二階は、白く明るく改装されたようであります。ううっ悲しい


そういや、中島みゆきの唄に、そんなのがあったなあ・・・店の名はルージュ・・・だっけラブ


まあ、もともとこの喫茶店よりも、もう少し南にあった「東天紅」とゆー、
中華料理店と同一経営の喫茶店がお安くて、
コーヒーと五目ラーメンのお値段が、そんなに変わりませんでした。
ですから、わたくしよく「五目ラーメン一杯で」一日中ダベってたものでしたが・・・にっこり
さすがに、そちらの店はなくなってました。ううっ悲しい



で、この後、すごいお店での二次会に行くことになるのですが・・・
年寄りの思い出話に、もう一回だけお付き合いくださいね。げほげほ

(後篇に続く)








at 01:01│Comments(11)TrackBack(0)mixiチェック ブログ日誌 | その他アウトドア

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 川端   2008年12月08日 08:12
12枚目、どーみても「現地ガイド」(^^;
場所がガッコだと思えば、民俗学かなんかの教授みたいですね(^^)
改めて、ホントどこであろうが変わんない。なんちゅーか、完成されてますね~
2. Posted by TOMO   2008年12月08日 19:43
ほんと、「フィールドワークから帰ってきたばかりの教授」
という感じですね。
しかし、最近の大学は豪華ですなあ。ワタクシの母校も
別世界のようになってるようですし。(もう20年以上行って
ませんが・・・・。)
ウチの近くの医学部にも、1学年90名の規模に、立派な
野球用のグラウンドとラグビーの練習場がついてます。
ま、土地は余ってると言えば余ってるんですが、こちら。
3. Posted by 森のプ~さん   2008年12月08日 23:54
わたしにはこれから恐喝しに行く右翼ナイス親父OBにみえます{にっこり}
それにしてもいい景色ですね~
毎日こんな景色見ながら勉学に励んで
フルコースを頂ける学生さんが羨ましい{ショック}
4. Posted by 98k   2008年12月08日 23:59
川端さん
>12枚目、どーみても「現地ガイド」
「シャチョサン、ココガニジョージョーカッスルネ、エンペラースンデルネ」
と、正確に案内しましたが、なにか・・・
ちなみにわたくし、ロンドンではモリアティ教授と呼ばれてましたが・・・{にっこり}
TOMOさん
先ほど、クリスタルスカルをアークに収めてきたところです。ふう
ちなみにわたくし、スミソニアンではインディアナ・ジョーンズと・・・{にっこり}
>野球場とラグビー場でありますか・・・{ショック}
二回生まで体育やったとしても、90×2=180人のうち、
いったい何人が、野球とラグビーやるんでしょうね。
ましてや、クラブ活動としてやるとなると・・・
やはり土地が広いんですねえ・・・わははは{にっこり}
5. Posted by 98k   2008年12月09日 00:11
森のプ~さん
わわっ、コメントの投稿がダブりましたね。
学生時代、ここのキャンパスに殴り込んで来た右翼青年集団は、
全員、學ランに木刀でした。それを迎え撃つ革命的反戦青年集団は、
ジーンズにM-65フィールドジャケット、そして竹竿でした・・・
わたくし、当時のオリーブドラブが、フレックカモになっただけで・・・{にっこり}
6. Posted by alaris540   2008年12月09日 00:32
{音符}みっせぇ~のなぁ~わらぁ~いふぅ
  さぁ~んかいわぁ~やぁ~ねぇうらぁ
  あ~やっしげぇ~なぁうんめいろんのぉ
  いきぃ~どぉ~まりぃ~
コギレイになっているとはいえあの歌の世界がちょっと覗けたような気がしました。
7. Posted by 98k   2008年12月09日 00:42
alaris540さん
そうそう、ルージュではなくライフでしたね。ルージュは伝言だったわね・・・
{譜面}むすめによくにてぇ、みごとなむねぇ・・・のフレーズは覚えてます。{にっこり}
この喫茶店も、一階は当時の雰囲気がまだ残ってました。
薄暗くて古くて・・・二次会のお店にも、ご期待{はてな}下さいませ{ラブ}
8. Posted by sinn   2008年12月10日 23:46
きゃははは!
小奇麗志向はいずこの大学も同じですねぇ!
9. Posted by 98k   2008年12月11日 01:33
sinnさん、こちらでははじめまして
いやあ、そちらのサイトも拝見しましたが、奇遇ですね、
ほぼ同時期に、同窓会に行かれたんですね・・・
そっちはこっちより、もっともっとボロかったような・・・わははは
10. Posted by sinn   2008年12月12日 00:03
そういえば、在学当時そちらの学園祭にお邪魔をして、98kさんのリング姿を拝見したような記憶が、、、むにゃむにゃむにゃ、、、
11. Posted by 98k   2008年12月12日 00:22
げげっ、わたくしのリング姿…{ショック}
そういや、SF研究会の学園祭での出し物は、
わたくしが四回生の頃から、プロレスショーになって…
これが多分、本邦初のアマチュアプロレスショー…
んで、それがものすごい人気になって、
わたくしもゲスト出演したような記憶が…むにゃむにゃ…{ラブ}

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
洞窟キャンプその4サークルの同窓会(後編)