'09・GW熊野キャンプその4ありがとうございます、40万アクセス!!!

2009年05月17日

'09・GW熊野キャンプその5

えーっ、熊野キャンプシリーズの最終回、五月五日編であります。

文字色も水色になってますが・・・汗

四日の夜から降りはじめた雨は、最終日である五日朝になっても降りつづけました。

わたくし、前夜一時半ごろに一度目が覚めて、ワンタッチキャノピータープの下で、
キャンプ最後の夜を一人で、がつがつもぐもぐまったりしてたのですが、
タープの幕体の縫い目から、水滴が少し生地裏にしみ込んできてました。
ま、もともと日よけ用で、「雨天には使用しないで下さい」と取り説にもあり、
シームシールもされてないタープですが、翌日の昼まで雨天の中で使用して、
生地裏にびっしり水滴は付いてましたが、大きくなったのが時々落ちてくる程度でしたので、
1日程度の雨なら何とか使えそうであります。シームシーラー塗るのも邪魔くさいし・・・


ちなみに・・・
699ac92e.jpg


870661d1.jpg
しっかりシームシールされ撥水も効いてる新しいテントは、
まったく浸水はありませんでした。

まあ、わたくしの友人夫婦の古いヨーレイカテントは、ボトムの下だけでなく、
中にもブルーシートをバスタブ方式で敷いてたらしいのですが、
ついに天井からも雨漏りがあったようで、早朝からテントの中のものを撤収してました。

ま、最後はクルマに逃げ込める、とゆーのがオートキャンプの心強いところですね。


で、朝食は雨の中、部隊鍋(プデチゲ)ベースのラーメンなんぞで温まり、
いつ撤収して出発するか、どのルートで帰るか、タープの下で議論してました。

「本日の阪和道渋滞ピークは11時で27km、ただ明朝4時まで渋滞は続くとゆー予想ですよ。」

「やはりR168で五條へ抜けるか、R311から山奥抜けて有田インターまで出るか、
いっそ犬鳴山まで、ずっと一般道だけで帰るか・・・」

「いやいや、すでに山奥では、あちこちで雨のために規制が・・・」

結局わたくしは、

どこまで走っても千円びっくりに勝てず、渋滞覚悟でR311から田辺へ・・・

結局、キャンプサイトを出たのは正午ごろ、自宅に着いたのは夜の8時前でしたから、
昼食や休憩を入れて、8時間かかったことになります。困った
来るときは、同じコースで、夕食や休憩を入れて4時間弱でしたから、
倍以上の時間を要したことになりますね。ううっ悲しい

みなさんはどのコースで帰られたんでしょうか・・・

それにしても、キャンプしてて最終日に降られるほど嫌なことはありません。
最終日以外なら雨宴会もまた楽しいのですが、最終日は飲めませんし、濡れた後始末が大変・・・

で、せっかくですので・・・


にっこりためになる、98k式雨天撤収のコツにっこり


先ずテント内のマットやシュラフ、小物類などを片付けておきます。
土砂降りの場合は、クルマをテントの出入口に近づけて中のものをクルマへ。

雨具や濡れもの用のごみ袋、道具類の収納袋、ペグ抜き、着替え、運転用の乾いた靴などを、
クルマの荷室に入れてある場合は、最初にタープの下とかに出しておかないと、
荷物の下敷きになってしまったら、あとで取り出すのが大変です。

次にクルマをタープに近づけて、できればクルマをタープに突っ込むようにしてから、
のんびりと椅子に座って、タープの下で道具類の片付け、撤収作業をします。
ここで急ぐと、帰ってからの道具類の整理が大変。乾いたタオルやティッシュで丁寧に・・・

昼食後に出発する場合は、その分と椅子、テーブルだけを残しておきます。
で、昼食後に、撤収に必要なものを除き、すべてクルマに収納してしまいます。

それから雨具を着て、(ずっと着こんで作業してるとムレて大変です。ここまでの作業は傘だけでも何とかなります。ま、わたくしの場合は、寒い季節でもTシャツ短バン、ビーサンにポンチョですから、あまりムレることはありませんが・・・にっこり)
テントの撤収作業にかかります。
この作業もテントのペグを抜いたら、グランドシート(フットプリント)ごと、
タープの下に持ち込んで、シートの上で畳むと、本体を濡らさずにすみます。

最後にタープを撤収し、濡れたシートやフライ、雨具などもゴミ袋に入れてから、
空にしたクーラーボックスに、とゆーのが理想的です。

水濡れは帰宅後に乾かせばいいのですが、厄介なのは泥汚れです。
今回は芝生だったので、あまり泥汚れはありませんでしたが、できる限り、ペグやポール、
椅子やテーブルの脚、クーラーボックスの底などの泥を落としておきましょう。
タープの下での作業なら、タープから滴る雨水を利用することもできます。

で、帰宅したら、すぐに全てを拡げて完全に乾かしておきましょう。
特にテントやタープは、畳んだままだとすぐに臭いがついてしまいます。
また、ポールや道具類は、汚れをふき取ってから乾かすと、あとがとても楽です。

以上、他人には言えるのですが、これがなかなかできずに、わたくし毎回ひどい目に・・・困った





(おまけ画像)

最終日の画像があまりありませんので、帰りに寄った道の駅での昼食なんぞをご紹介・・・
a83c01e5.jpg
奥様が頼んだ、「いなか丼」・・・





e7bcb8cb.jpg
わたくしが頼んだ、「いなかカレー」・・・の大盛り・・・

どこが「いなか」なのかとゆーと、どちらも県内産の地鶏を使っているそうであります。






6f285f6e.jpg
で、おまけで付いてきた、「梅寿司」試供品・・・

どれも、けっこうおいしかったです。




ちなみに、この食事処の窓から見えた、五月五日の富田川の様子・・・
9cc36601.jpg
ほぼ一日中、降り続いてたはずですが、増水や濁りがあまりありません。
なんだかんだいってもさすがに熊野、やはり緑の保水力はすごいものであります。
ちなみにこの富田川、清流なのですが浅瀬と水制が多く、川下りができないのが残念であります。





とまあ、五回にわたって紹介してきた今回のキャンプ番組も、これでおしまいであります。

自分は飲まないのに「柚子檸檬」のお酒を差し入れて下さった川端さん、
TOMOさんから「わらしべ」った大量のラーメンをみんなに分けていただいたwingさん、
他にもなんやかんやとお世話いただき、ありがとうございました。

このサイトは、本来モノ中心のサイトなんですが、今回もモノの紹介がほとんどなく、
食べ物画像や風景がメインになってしまいましたが、次回はモノ中心に紹介しますね。

そういや川端さん、焼き肉係のプラスワンくんのために、輪ゴム一本でスポットライトを、
器用にかんてきに向けてセットされてましたねえ・・・
あのライト、わたくしのワンタッチキャノピーに付いたまま・・・じゃなかったのかっ落ち込み
よさげなライトだったのに・・・次回は付けたままにしといてね・・・ラブ









at 01:20│Comments(7)TrackBack(0)mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 | フラッシュライト、ランタン

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 川端   2009年05月18日 08:31
>>雨天作業
とりあえず、昨晩やっとキャンプ用品の全てを片付け終わりました(^^;
自分は基本レインスーツ派だったんですが、結局ポンチョ最強っスね。ってー、まあ、レインコートでもいいですが。気分的なことも含めて(^^)
ただ、いずれにせよ足回りだけは気にしとかないと、やはりあとが難儀でした(^^;
>>よさげなライトだったのに・・・
あれは、川端的会心の1本。虎の子旧KL1-MODでした。
RUUさんのオリジナルコンバータを
MC-E+McR加工リフでwingさんに組み込んで頂いて
更にnobさんのご好意で入手したテールスリーブ装備
ってコトで、
たったいま名付けて"Trisula"(トリスラ)
ちなみにトリスラってのは、ヒンドゥーのシヴァが持ってる三叉の槍のことです(^^)
アタシ如きですが、趣味的結晶のひとつ。
そりゃあ「よさげ」でしょうとも。ええ( ̄ー ̄)フッフッフ・・・
ちなーみに、現行の使用電源はリチウム二次。
ライトそのものに思い入れがあることももちろんですが、どこかでまかり間違って、いわゆる「一般の方」の手に渡ると恐らく危険なので、
「そのまま忘れて帰る」は、まずありえません(--ゞ
2. Posted by なか   2009年05月18日 18:15
雨・自然は良くできてますなぁ。人を騙して炭を喰わそうとした、罰が当たったんですな{にこにこ}
撤収作業とアフターメンテナンス・私、あちこちのブログを見て回っていますが、こういった書き方は少ないです。実際の被害から、撤収作業の手順、その際のちょっとした工夫、アフターメンテナンス。このブログの人気の秘密なのかもしれません。以前の記事でも、泊日数ごとのキャンプ方法を載せてましたが、あれも初心者にとっては、ありがたい記事でした。
3. Posted by TOMO   2009年05月18日 21:43
雨中の撤収&長時間の帰宅ドライブ、お疲れ様でした。
ワタクシの方では、4日が一日中雨でした。
引っ越しの後片付けがまだ残っていたので、どこにも行けず、
というより、2日、3日と仕事が入ってしまったので、実質の連休は
4~6日の三日間だけ、その初日が雨で、片付けもはかどらず、
午後からは奥さんと近所の「スーパー銭湯」に行ってきました。
車だとほんの4~5分、歩いても行けるところにあるんですよ。
の~んびりとお湯につかって・・・・。
で、5日と6日は、奥さんの希望で水道の蛇口を取り替えたり、
棚をつったり、照明器具を取り付けたり、八面六臂の大活躍。
あ~、有意義な連休だった   {悲しい}
4. Posted by 98k   2009年05月18日 21:55
川端さん
>ポンチョ
レインスーツやレインコートに比べて、なにせ隙間がいっぱい{びっくり}
で、荷物も背負えるし、中で作業できるし、シートやシェルターにも・・・
暖かい時期の低山なら、まさに最強だと、今でも思ってます。
>足回り
山歩きでもオートキャンプでも、乾いた足回りはとても重要ですね。
濡れてもいいものと、濡らしてはいけないものは、きっぱりと区別して、
一足は絶対に濡らさないように確保しておきましょう。
それとセットで、乾いたソックスも、最低一足は残しておきましょうね。
ま、日帰りやキャンプ最終日の場合は、なんとかなりますが・・・{にっこり}
>よさげなライト
まあまあ、そうおっしゃらずに・・・へこへこ
昔から、「シバ神にも三つ子の魂」とゆー諺もあることだし・・・へこへこ
ま、「クイックキャノピーの上にも三年」とゆーことで・・・へっへっへ
なかさん
いやあ、そこまで読んでいただいているなんて、感激です。{悲しい}
こんないいかげんなサイトでも、少しはお役に立ってるのかと、
とてもうれしくなり・・・思わず・・・備長炭を齧らせたくなりました。{にっこり}
5. Posted by 98k   2009年05月18日 22:31
TOMOさん
いやどーも、コメント時期が重なったようですね・・・
で・・・なかなか有意義な連休でしたね・・・わははは{にっこり}
こちらは、近年掘削した温泉が、クルマで10~15分ほどのところに、
4ヶ所もできて、よく家族連れであちこち行ってたんですが、
息子たちが下宿するようになると、帰りも自分で運転しなければならず、温泉施設の食事処でのビールが飲めなくなったもので、
それ以来、一度も行っておりません。って、なんとゆー自分勝手・・・{困った}
6. Posted by 二日酔いの猫@携帯   2009年05月19日 00:06
またまた仕事ちうです。
最終日の雨は連休中どこにも行けなかった私の涙雨でしょう
ちなみに車には長靴を常備してます
仕事柄もあるんですが、良く行く高原は牧草地で朝露がすごいんです。
だから鎌と長靴は必需品(笑)
〉トリスラ
リストラって読んじゃったf(^_^;
7. Posted by 98k   2009年05月19日 00:22
二日酔いの猫さん、深夜のお仕事ご苦労さまです。
今から記事にアップしようと思ってたのですが、
こちらもインフルエンザ対応で大変です。
>長靴
この河原も芝生で、朝露がすごいです。
で、わたくしは短パンに安物ビーチサンダル、
奥様はエーグルの長靴を・・・ううっ
>鎌
わたくしもオンタリオ社のマチェットを持って行きますが、
さすがに芝生では出番がありませんでした。ううっ
>トリスラ・・・リストラ・・・ううっ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
'09・GW熊野キャンプその4ありがとうございます、40万アクセス!!!