京都・亀岡散策その1京都・亀岡散策その3

2009年05月26日

京都・亀岡散策その2

四月末に行った亀岡散策、前回記事からの続きであります。

楽々荘「チンギアーレ」での昼食後、亀岡城跡の植物園を見終える頃には、雨も小降りになり、
次は「丹山酒造」とゆー、古くからの醸造元の見学へ・・・

亀岡は、丹波の米と名水に恵まれた日本酒の里でもあり、何軒かの醸造元は、
製造工程なんぞを拝見することができるのであります。





cca318c7.jpg
丹山酒造であります。



で、玄関先のポスターをよく見てみると・・・
ce0fd78b.jpg
うーむ、一週間後なら、さぞや賑やかだったことでしょうが・・・落ち込み

この日は雨、しかも昼食後に植物園へいったため、すでに三時を過ぎており、
醸造作業は終了しており、受付にも誰もおられませんでした。

中で片づけている方に事情を話すと、「作業は終わってますが、よかったらどうぞ中へ・・・」
と、わざわざ我々だけのために案内して下さいました。



3fca4b7c.jpg
で、醸造所の中を巡って・・・





1259b592.jpg
裏庭へ出ると・・・





0e5899e8.jpg
古いトロッコなんかがあったりして・・・
で、右手に見えてる離れとゆーか、土蔵とゆーか・・・






3f873d59.jpg
こちらのほうに入っていくと・・・





06068445.jpg
中が展示室のようになっており、醸造工程のビデオを見せていただきました。



ちなみに画面右端に写っているのが・・・



4fac330e.jpg
ハクヨー完全壜詰機・・・であります・・・にっこり




で、この醸造元の美人姉妹の妹さんのほうが、なんと杜氏の修行中で・・・
e6e317a3.jpg

ようやく納得のいく作品が完成したとかで、その名も「渚の大吟醸」びっくり

じつはこの「渚の大吟醸」を含めて、GWの熊野キャンプで、wingさんらに飲んでいただこうと、
ここのお酒を各種購入していたのですが・・・


キャンプに持参したのは、なぜか安物ワインでしたが・・・

ここのお酒は、なぜか一本も残ってましぇん、きっぱりと。

とゆー次第で、変な期待はしないでね、そこのwin○さんとかTOM○さんとかニャん○さんとか・・・あかんべー





で、ビデオ鑑賞が終わるのを見計らったように、持ってきていただいたのは・・・



じゃーん
c28f5757.jpg
試飲用のお酒が次々と・・・汗
しかも、利き酒用の大振りな蛇の目猪口が、お酒の種類×人数分、ずらりと・・・

「いやあ、時間外に案内してもらった上に、なんか悪いですね、かぱかぱ・・・
わたくし、どちらかといえば日本酒は苦手なほうでして・・・かぱかぱ・・・
でもこちらのはおいしいですねえ、かぱかぱ・・・
あっ、そちらはわたくしの長男、運転しますので注がなくて結構です。かぱかぱ」

そう、わたくし昼食時にもイタリアワインを飲んでおり、それ以降は、
昼間は飲まない長男に運転させてたのであります。
ま、そのために連れてきたとゆーか・・・にっこり

で、わたくしと奥様の二人だけで、

「やはり、これが美味しいかな・・・」

「いや、三番目に飲んだこっちのほうが・・・」

「どれどれ、もう一度猪口を変えて、端から順番に・・・」

などと、かぱかぱ飲んでると、また別の種類を追加で持ってきて下さったり、

すべてを数回ずつ試飲して、また美味しかったのを数杯ずつ・・・
で、わたくしと奥様はけっこう出来上がってしまったのですが、
この後、さらにもう一か所を散策します。


大丈夫なのか、98k夫婦はてなはてなはてな


(次号に続く)






at 01:17│Comments(6)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 川端   2009年05月26日 07:46
きょほとぉ~ にぃ ひぃいるとひゃあぁ~♪
しのぉぶぅ~ と よほばはぁ~あれたのほぉ~♪
なんちゅーか、「造り酒屋」とか、「老舗」とか、なんかそういう言葉の響きが似合う町っぽいですね。京都m(_ _)m
2. Posted by 98k   2009年05月26日 20:23
川端さん
続き・・・
くまのぉ~ がわぁにぃ~
しずんだ そのひからぁ~
あなたが さがして くれるのまつわぁ
むぅかしぃの なまへえでぇ でてぇぇいぃまぁすぅ{幽霊}
って、あんたはビギナーズラックさんかっ{びっくり}←意味不明のツッコミ
3. Posted by TOMO   2009年05月26日 22:28
いやあ、良い小旅行ですねえ。
イタリアンフルコースに、庭園、蔵元で利き酒。
う、うらやましいぞ!
こちらにも、見学させてくれる小さな蔵元がたくさん
あるのですが、さすが京都は道具の古色、庭園の様子、
ひと味違いますね。
4. Posted by 98k   2009年05月26日 22:39
TOMOさん
わたくし基本的には、キャンプが一番{びっくり}なのですが、
たまには、こんな一泊小旅行もいいものでしたねえ。
そういえば、そちらも日本酒の蔵元が多い町なんですね。
新しいインターもできたようだし、次回遠征はいよいよ・・・{ラブ}
5. Posted by ニャん丸   2009年05月27日 07:18
98kさん、おはようございます♪
うひゃ~、おいしそう、たのしそう、おいしそう♪
利き酒は一種類ごとにちゃんと口をすすぎましたか?
もちろん、天然水が良いのですが、蔵元の仕込み水がお酒との相性バッチリですので、利き酒時に分けてもらえると助かります。
(極稀にただの天然水だとお酒と喧嘩することも)
な~んて、ウンチクはいらないですね!(笑
お水より、一口おつまみが欲しくなりそうです♪
6. Posted by 98k   2009年05月27日 20:17
ニャん丸さん、どーもです。
今回は、とゆーか、わたくしと奥様の場合は、利き酒ではなく、
あくまで試飲であります。店頭で小さな紙コップでやってるレベル・・・
ただ、本格的な蛇の目猪口をずらりと並べていただいたので、
やはり本格的に試さないと失礼かと思い、香りを味わい、舌を転がし、
くちゅくちゅしてから・・・ぺっ{びっくり}
ではもちろんなく、くちゅくちゅごっくんして、そのまま次の種類へ{にっこり}
たっぷりイタリアンを食べた後の試飲でしたので、
京漬物あたりが欲しかったですね。って、なんとゆーわがまま・・・{すいません}

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
京都・亀岡散策その1京都・亀岡散策その3