京都・亀岡散策その2京都・亀岡散策その4

2009年05月28日

京都・亀岡散策その3

前回、前々回とうってかわって、文字色もほんのり桜色に・・・

丹山酒造での試飲をかぱかぱと楽しみ、お土産に酒粕までどっちゃりいただいてしまった一行、

「おとん、次はどこ行くのん。」と運転席の長男。

「おう、次は、あ・な・お・じ、とナビに入力してくれい。穴に太い寺やぞ。ひっく」
と、助手席でふんぞりかえって指示するわたくし・・・寝る



そう、次の散策先は、西国第二十一番、天台宗の名刹、穴太寺であります。

このお寺、自分の治癒してほしい部分を、一生懸命お願いしながら撫でると、
その願いがかなうとゆー、お布団に入った鎌倉時代の涅槃像が有名なんですが、
じつは庭園もなかなかの名園、と聞いてたのであります。





で、拝観終了ぎりぎりに来て、ふらふらと山門を入ろうとする、あやしいおっちゃん・・・
64192a59.jpg

お寺の入り口には、よく「酒池肉林」、もっ、もとい、「不許葷酒入山門」とか書かれ、
酒気を帯びての拝観などとゆーのは本当はいけないことのはず・・・
しかも昼食のイタリアンにも、けっこうにんにく入ってたし・・・

って、すでに耳が真っ赤になってるな・・・しかもずいぶんでかくなってるし・・・
わたくし、日本酒飲むと、急激に赤くなって膨張するもんな・・・

って、うちの奥様、いつの間にか、わたくしのカメラ取り上げてたのね・・・困った

ちなみに着てるのは、モンベルのリッジウォーカージャケットであります。にっこり




とか、いってる場合ではなかったのでありますが・・・




ま、
6c508e74.jpg

baa52be4.jpg
お迎えの方々も赤い顔で膨張してるし・・・試飲程度だし、今回は許してもらおうっとにっこり











で、山門を入って左手にある多宝塔・・・
0261806b.jpg
どっしりとした、落ち着きのある多宝塔であります・・・
ちなみに四方の欄間には、それぞれ青龍、白虎、朱雀、玄武の見事な彫刻がある・・・
のだそうであります。寝る






で、本堂の釈迦涅槃像、「撫で仏」様を撫で撫でさせていただいてから・・・
(わたくしは頭の前交通神経部分とお腹の皮下脂肪部分でしたが・・・にっこり)
fe0ac76d.jpg
渡り廊下を渡って方丈へ・・・







dd053994.jpg
名園を愛でつつ、瞑想する98k師・・・寝る

って、ここでやっと、わたくしのIXY910ISを奥様から奪還しました・・・




efd23d4a.jpg

44c92a02.jpg
特に護岸の石組みの石と配置が気に入りました。





42097493.jpg
ちょうど多宝塔が背景になるとゆー、絶妙の築山と石組み・・・






とまあ、けっして壮大な造作ではありませんが、わたくしの好きな、
すべてが調和した、中を散策してみたくなるような庭園でした。







で、お寺をあとにし、駐車場からみた丹波の山並み・・・
3b5defc0.jpg





で、この頃には、ほとんど雨も止んできたのでありますが・・・




(以下次号)






at 23:44│Comments(3)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 川端   2009年05月30日 10:31
いースね。家族仲良くて(^^)
古都って呼ばれるようなところは、なんとなく異空間的ですよね。たぶん、そこにいる時より、あとから写真なんかで振り返るほうが。
みたいなことを思いましたm(_ _)m
2. Posted by TOMO   2009年05月30日 13:36
ありゃま、98kさん、こんなに真っ赤になって!
と思ったら仁王様でしたね。
良いなあ、庭園。
こちらの庭園は、ツツジやシャクナゲ、秋は紅葉など
を売りにしたところが多く、こういう池や石組みはあまり
みかけないような。
そういえば、当地は隠れた「石工の里」でして、石橋が
やたら多く、神社の鳥居っちゅう鳥居が石造りなので
あります。石は加工してしまうという勤勉な県民性なの
でしょうか。
3. Posted by 98k   2009年05月30日 14:35
川端さん
>家族仲良く・・・あは、あははは・・・(虚笑)
>古都・・・
たしかに異空間を感じさせるものがありますね。
また、古い港町や漁村、鉱山で栄えた山村なんかにも・・・
宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」で家族が迷い込む食堂街、
あれは台湾島に実在する古い街がモデルだそうですが、
そういや、地底空間も異空間そのものですね。{にっこり}
TOMOさん
わははは、これ、わたくしとTOMOさんの先祖がモデルだそうで、
「あ・うん」のセットになっております。{怒る}{VS}{怒る}
自然石をそのまま、配置の妙で魅せるのも、見事な加工で魅せるのも、
どちらも石の魅力ですねえ。
とくに、そちらの地域に多い、古い石橋なんかは、古都や里山と同じで、
まさに人の手が入ることによって、調和した自然空間になっていると、
わたくしは感じますが、いかがでしょう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
京都・亀岡散策その2京都・亀岡散策その4