09秋・熊野キャンプその209秋・熊野キャンプその4

2009年09月26日

09秋・熊野キャンプその3

(期間限定のお知らせ)
熱帯雨林の講演会と、ボルネオ植林ツアーのご案内記事はこちらです。にっこり




前々回記事からの続きであります。

19日の夜は、参加予定者全員が揃い、総勢17名、うち子どもが4名とゆー状況になりました。

今回はほんとうに人出が少なく、我々以外には、ほぼ同規模のグループが二組ほど居ただけ、
広い河原ですが、あまりトイレから離れたくないので、仲良く並んでました。
まあ、五連休でしたから、前半と後半に割れたのかも、と推測してました。

案の定、我々の撤収日である21日の朝には、我々と同規模の川下り組がやってきて、
朝から下流にクルマをポーテージしてました。

ファンカヤックからファルトにダッキー、シーカヤックまで、色とりどりでしたが、
全員、ネオプレンスーツにヘルメットと、けっこう完全装備でしたねえ。
急な瀬もなく、水温も高く、昼の気温は30℃を超えていたのですが・・・

まあ、ミクシィのアウトドアコミュニティへの最近のコメントに、
「軽装備で遭難すればニュースになるが、重装備で無事帰宅してもニュースにはならない。」
という、素晴らしいコメントがありましたが、確かにそのとおりであります。
なにせ自然相手の遊びですから、万一の場合、重装備なほど生存確率は高くなるのは事実です。

ちなみに川の水温変化は、気温変化より一カ月程度遅れますので、今の時期は、
水温は真夏並み、気温も昼は晴れれば真夏並み、夜はけっこう涼しくなってしのぎやすい、
とゆー、まさに川下りキャンプには理想的なシーズンなのであります。
ただし、まだまだアユ釣り客も多いので、もう少し寒くなってからでもいいのですが・・・


閑話休題


で、お約束の焼き肉やシーフードバーベキューでの大宴会になったんですが、
wingさんの炊いたご飯が大好評、一瞬で3合がなくなってしまい、その後、

wingさんは、ひたすら飯炊きを担当。

「やはり5合炊きのクッカーにしておけばよかった。ううっ」と・・・

誰でしょうね、お酒飲みながら、ご飯に群がる子どもたちを蹴散らして、
ウニのせご飯や卵かけご飯を何杯もおかわりしてたのは・・・にっこり



ちなみに鍋料理とちがって、焼き肉はがつがつ食べますから、食事宴会はあまり長続きしません。
一気に焼いて一気に食べ終わると、みんな三々五々、好きなことをはじめます。


そこで、人が居なくなったのを見計らって撮ったのが・・・
4629915f.jpg

EX-777XPランタン4灯によるタープ内照明拍手

タープ裏側のシルバーコーティングが、ちゃんとリフレクターになってるでしょ拍手


このランタンの、わたくし流の使用計画については、こちらの記事に詳しく紹介しましたが、
今回いよいよ、4灯合わせての実戦投入びっくりとなったわけであります。

カメラのホワイトバランスがオートのため、白っぽく見えますが、実際は暖かな電球色で、
左右のが、新しい電池を入れたやつ、前後の2灯は、春のキャンプでほぼ三晩使った電池のやつ。

画像ではわかりませんが、双方を近くで比べると、明るさのちがいはわたくしにもわかります。
4灯とも、今回もほぼ三晩、点けっぱなしでしたが、まだまだ使えそうであります。

そう、わたくし2灯ずつ、電池の交換時期をずらせて使用するために、4灯としたのであります。
こうすれば、古い電池の2灯がとことん暗くなるまで、電池を無駄なく使えると考えたのであります。
まあ、2灯でやってもよかったのですが、やはり片方が暗いのはみじめですから、
4灯で対角線の2灯ずつ電池を交換、とゆー使用方法を編み出したのであります。
って、べつに編み出した、とゆーよーな話でもありませんが・・・にっこり






で、この夜の「宴のあと」の全景・・・
bb61daca.jpg
ノンストロボ、手持ち泥酔撮影のため、かなりブレてますが・・・

七輪の手前はユニフレームのカセットガスランタン、その奥はコールマンのガソリンランタンであります。

わたくしのタープの下は、EX-777XP4灯で充分な明るさ、テーブルランタンは不要でした。





ついでに・・・「宴のあと」その2
bd1e575b.jpg







その3・・・
34c2f997.jpg


「しっかし、よく飲みましたねえ、wingさん・・・」よくまあ一人でこれだけ・・・













「とっ、ところで、wingさん、さっきから一人で何してるんですか???」
1ac4af44.jpg




「夜なべ仕事です。きっぱりと」



「きっぱりと、って、あなた・・・いったいそれは・・・ショック

「いやあ、100均で3色変化するキーライトがあって、面白いのでまとめ買いしたのですが、
このままでは、ほぼ実用性はゼロ、そこで500GSとゆーLEDに換装しようと、
今回のキャンプに持ってきたんですよ。どうです、フォトンみたいでしょ。うふっドキドキ大

「うふっドキドキ大、って、あなた・・・ショック
そりゃあ、リチウムコイン電池2枚で、500GSとなると、明るくて実用性は充分でしょうが・・・
何もわざわざキャンプに持ってこなくても・・・しかも大量に・・・ショック



「いやいや、仕事や家庭を離れたアウトドアで、ちまちまとこんな作業してる時が、

一番のんびりするんですよ、わたくし。肩こりもほぐれるし・・・」



「そうですか、細かい作業をしてると肩こりがほぐれますか・・・困った
まあ、あまり近寄らないようにしますが・・・あっ、それひとつちょーだい。」

と、さっそくMOD完成品を強奪したいただいたのですが、
ほんと明るくてちっちゃくて、さっそくクルマのキーライトにしました。

これ以外にも、いろんなMOD作品を持参されてて、今回も参加メンバーにプレゼントされてました。

で、わたくしもお礼に・・・
dfd919d2.jpg

豪辛カレーラーメンなんぞを、お夜食に召し上がっていただきました。

ま、大部分はわたくしが食べてしまったのですが・・・




結局金曜日の朝から、二時間の仮眠をはさんで40時間以上起きつづけ、
しかも土曜日の午前二時にキャンプサイトに到着してからは、
ずっと飲みつづけ、食べつづけ、漕ぎつづけ、また食べては飲んでいたわたくし、
さすがに土曜日の夜は、日付が変わる前に就寝してしまいました。



で、その後、wingさんがいつまで「夜なべ仕事」をされてたのかはわかりませんが、
翌朝、まるで貝塚のように積み上げられた、3色LEDの山を見た者がいたとか・・・ショック




(以下次号)







at 23:18│Comments(2)TrackBack(0)mixiチェック 川下り、キャンプ宴会 | フラッシュライト、ランタン

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 森のプ~さん   2009年09月26日 23:50
相変わらずwingさんは廃人してますね{にっこり}
実態顕微鏡が無くてもいいから屋外で!
なのかな???
それにしても、食べる飲む買う・・・買う?{ショック}EX-777XP4個って凄すぎ
2. Posted by 98k   2009年09月27日 00:07
いつも素早いコメント、ありがとうございます。
こーゆー作業してるとストレスが発散して、肩こりまで解消する、
とゆー種族が存在することは、以前そちらにお邪魔した時に、
すでに見聞していたのですが、やはりわたくしには異星人にしか・・・
ビールもどきを「のむ」、エアガンを「うつ」、EX-777XP4灯を「かう」のは、
昔から「男の甲斐性」の代表格とされております。
これにカヌーを「こぐ」、焼き肉を大量に「たべる」、テントを張って「ねる」
を足すと、男の道楽のすべてでございますよ。
まあ、それに、ちまちまと「いぢる」、をプラスする男も存在しましたが・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
09秋・熊野キャンプその209秋・熊野キャンプその4