ニッポンの照射宴会その2ザ・ホテル仕様!!!

2009年12月08日

世界で使える星座盤!!!

えと、わたくしの知らないあいだに、ライト仲間で・・・




星見会をやろうとゆー話もあるようなので、さっそく、


「世界で使える画期的星座早見」のご紹介であります。にっこり


じゃーん
c625162f.jpg
ちなみに箱絵宇宙に反射している影は、ブロッケンの怪物・・・ちゃんとワキ締めてるでしょ・・・にっこり





563511c6.jpg
なにせ、北半球でクルクル、南半球でクルクル、なのであります。





84af5ce8.jpg
1つの盤で、世界全域をほぼカバーした星座早見は、おそらく世界唯一・・・だそうです。







0d74fefa.jpg

11ea58a6.jpg
群を抜く「多機能+高機能」で、いろんな表示や目盛があり、937個もの星が収録されてて・・







f4be327b.jpg
ちなみにこれが、9月の熊野キャンプで夜半にみた星空・・・わははは・・・







6d410986.jpg
で、裏返せば、たしかに南半球で使える星座盤に・・・







209c8125.jpg
着脱式高度方位角シート4枚とか、日付ポインターとかも付いてます。






こりゃあ、なかなか素晴らしいものを発見・・・って・・・







こっ、こんなの、知らないぞ!!!ショック


わたくし愛用の星座盤は、長男が小学生のときの学習教材を取り上げたやつ・・・


こんな高級で複雑なやつ、買った覚えもないし、使えそうにもないし・・・


だいいち、誰が南半球まで、わざわざ星を見に行くねんっ怒る




「あのう、わたくしのキャンプ用品の中から、こんなん出てきましたが・・・」

「ああ、わたしが買って入れといたよ、すっかり忘れてたけど・・・」

「忘れてたけど、って、どーしてまた、こんな高級なやつを・・・」

「なんとなく便利そうでしょ、世界中で使えるなんて。」

「いや、そーゆー問題かっ・・・で、わたくしが使ってた学習教材用のやつは?」

「ああ、あんなの使えないから捨てたよ。きっぱりと」

「きっぱりと、って・・・あっ、あんた、
あれが使えないのに、これが使えるのかっ。がるるるっ」

「だから使い方をちゃんと覚えておくよーに。今度使い方を訊くからね。」

「あっ、はいはい。
緯度と経度と方位は、わたくしの携帯で正確にわかりますので・・・」



わははは、電子方位計とGPSつき携帯は、世界中で使えるからよかったよかった。


って、ほんとによかったのかっショック



でもまあ、これさえあれば・・・
次回の星見OFF会が、たとえ南半球で開催されたとしても大丈夫・・・


川端さん、wingさん、次回OFF会は、ニュージーランドかオーストラリアで決まりですねっラブ







at 20:50│Comments(5)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by alaris540   2009年12月08日 23:13
やたら敷居が高いかのように見せかけるノーガキに思わず「ケケケ」と笑ってしまいました。各緯度に対応するスケールの交換が少々ややこしく感じられますが、15°程度の差であれば脳内補正の範囲内なのが実感です。
私の場合、星座早見盤は目標天体が地面の上に出ているか下に沈んでいるかを予め確認する必要があるときだけ…エ~ッと、どこに置いてあったっけ?大抵は頭の中に入っていますのでよほどのことが無ければ回さなくなってしまいました。次の出番はそれこそ南半球へ行ったとき?
2. Posted by 川端   2009年12月09日 12:25
確か、こういうヤツの望遠鏡型みたいのもありますよね?
見た目かわいいので、奥様のクリスマスとかにどスか?
まあ、操作方法なんか皆目見当もつきませんけれど(^^;
そーかー、、、
98kさん南半球に引っ越しちゃうのかぁ。。。
寂しくなります(^^)
3. Posted by 98k   2009年12月09日 20:18
alaris540さん
そう、自分が買ったものではないので、あえて書きませんでしたが、
「ご利用の手引」も、素人にはきわめて敷居が高いです。きっぱりと{怒る}
解説にも、「すでに天文学についてある程度の知識を持っている人が、仕様を手早く知ることを優先した。」とは一応書いてあるのですが・・・
最初に「最も基本的な使い方として、特定の日時にどのような星空が見えるか調べる方法を説明する。」とあるのですが、どこにも北がどっちか知る方法や、日時場所を合わせたら、星座盤の北と実際の北を合わせなさい、といったことは、まったく書かれていないのであります。
15°以内なら脳内補正できるような人は別として、{にっこり}
「星座の名前を知りたい。」と、はじめて買った人の大部分は、
小学校で習っただけの星座盤の使い方なんて覚えてないし、
たぶんコンパスさえ持っていないのですから・・・
川端さん
だれが南半球に国外追放やねん{怒る} ムシロ、シテホシイケド・・・
望遠鏡型とゆーのは知りませんでしたねえ。
万華鏡のように星座がくるくる変わるのかな・・・
ぜひ欲しいものです・・・じゅるじゅる
4. Posted by alaris540   2009年12月10日 12:19
>望遠鏡型
エ~、コレのことでしょうか。私も存在は初めて知りました。どうも側面の目盛りで日時を合わせて覗くとそのとき出ている星が判るようです。
LEDも付いていることですし、是非改造を(違)
5. Posted by 98k   2009年12月10日 18:39
alaris540さん
ふーむ、これ、おフランスのデザイン、発明品なんですね。
星図、方位磁石、ライトの三点セットが一つになってる、
つーのは、便利なのか、不便なのか・・・
きっと某川端さんなんかは、ライトに星図と磁石が付いてる、
と思ってるんでしょうねえ・・・{困った}

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ニッポンの照射宴会その2ザ・ホテル仕様!!!