イタリアン?ルネサンスその2寒くなったので季節商品を・・・

2009年12月22日

イタリアン?ルネサンスその3

引き続き、イタリアンルネサンス光のルネサンス探訪記事、今回が最終回であります。








天満橋にある、八軒家浜船着場(熊野街道起点)に巨大アヒルは泳いでました。
00ada3f4.jpg
ここから水上バスに乗り、中之島の西端にちかい、ほたるまち船着場まで行くつもりでしたが、
今回のイベントのため、通常の水上バスは運行中止、やむなくここでUターンであります。



「水上バスに乗せてあげたかったのにぃ、どーしてくれるのよ、がるるるるう。」

「そんなこといっても、運行中止なんだから・・・途中まで戻れば、クルーズ船は出てるけど・・・」

「それに乗りたい、乗る、今すぐ乗る。」

「はいはい、でも吹きさらしで、めっちゃ寒いと思うよ。落ち込み

と、中之島のバラ園にあるローズポート船着場まで戻ることになりました。

最近、大阪ではあちこちの川に船着場が整備され、舟運も盛んになってきて、
八軒家浜なんかは「道の駅」ならぬ「川の駅」として指定されています。
川好きのわたくしにとってはうれしい限り、ただ、この季節の川遊びとゆーのは・・・困った




引き返す途中、中之島公園以外にも、あちこちに光のオブジェがありました。
a922037b.jpg
キリンの赤ちゃん・・・かな・・・














b26925f2.jpg
こちらはオトナのキリンさん・・・













ゾウさんの頭にはワシさんでしょうか・・・
30df882d.jpg
でも、ちょっとカメラの保持姿勢を油断すると・・・














d3f44d1d.jpg
こんな風に、ゲージュツ写真になってしまいます。にっこり














こちらが公園内にあるローズポート船着場であります。
5a995fa1.jpg
木のイルミネーションの中で、垂れ下っている作品は、光の雫が次々と落ちるように、
見える仕掛けになってました。動画で撮ればよかったな・・・














で、こちらが臨時運行の観光クルーズ船であります。
509282b2.jpg
ま、砂利運搬船に床を貼ってベンチを並べただけ、毛布はありましたが川風が寒いのなんの・・・













エンジンルームに飾ってあるオブジェも・・・
2604538a.jpg

7213f36f.jpg
いかにも涼しげな題材と色調であります・・・落ち込み  まるで氷の彫刻やがな・・・













で、クルーズ船から見た噴水・・・
5207cff4.jpg







川面から眺める夜景とゆーのは、わたくし大好きで、この後もけっこう画像を撮ったのですが、
船の動きと寒さによる手の震えで、どれもブレブレでした・・・悲しい












このシリーズの一回目で紹介した中央公会堂のあたりでUターンしたのですが・・・
547478bc.jpg




とっ、ともかく寒かったです。









帰り道には、庵治石で有名な牟礼町の石あかりロードのコンテストなんかもありました。
01e85e1e.jpg


71d66c99.jpg
石あかり、つまり石を使った照明器具なんですが、さすがにトーチャ(懐中電灯)はなかったな・・・落ち込み



とまあ、川風の吹きさらしクルーズで、すっかり冷え切ったため、
淀屋橋にある「がんこ」に飛び込み、まずは熱燗、といきたかったのですが、
考えることは皆同じなんですね、日本酒はすべて売り切れになってました。ドクロ
やむなく、わたくしと奥様は焼酎のお湯割りなんぞをかぱかぱ、
イタリア青年には、日本の伝統料理が小鉢で十数種類入った和定食を注文、
ほとんど食べられないのは承知の上で、大部分はわたくしの「酒の肴」になったのであります。
お造りも炊き込みご飯もてっちり一人鍋も、ぜーんぶわたくしがかわりに・・・げひげひ




「ところで、待ち合わせ前に連れて行ってもらった科学館はどうだったはてな


「プラネタリウムノCGムービー、トテモヨカッタ、オミヤゲカッタヨ」








44cdb628.jpg

3f0f1eea.jpg



そうだった、今また科学館のプラネタリウムで「銀河鉄道の夜」をやってるんだった・・・

これ、昨年の公開時にもタイのメートーヘンちゃんを連れて行って、満席で見られなかったやつ
今回も一日一回だけの上映で、休日はたぶん満席で見られないはず・・・ううっ、いいなあ・・・


「コノDVD、パソコンデミテモイイケド、プラネタリウムデミルホウガスゴイヨ」

「ううっ、わかってるわい、いつかかならず全天周スクリーンで見てやるわいっ、ぐすん。」

「すごい迫力だったよ、でかいプラネタリウムで見ると・・・げひひひ」

と奥様までもが・・・

結局、帰国までにパソコンで見ることもできず、これは未開封のままイタリアへ・・・ううっ悲しい


まあ、自分から積極的に動かない彼を、科学館に連れて行かせたのは正解だったわけですが・・・


光の作品といえば、製作に三年の歳月をかけたとゆーこのCGムービーを、
プラネタリウムの全天周スクリーンで見るのがきわめつき、とゆーことになりますね。ううっ


とゆー次第で、イタリアン・ルネサンスならぬ、光のルネサンス記事は今回でおしまいであります。




いやあ、それにしても・・・



今回記事の投稿時刻、うまく並んだなあ・・・拍手











at 22:22│Comments(2)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 川端   2009年12月24日 12:27
>>観光クルーズ船
ね。寒いのってツラいでしょ?(^^)
イルミネーションは、やはり家族で見に行ったりしますが、素直に綺麗だなと思う反面、どこかで「いいのかな?」みたいなことがどうしてもアタマをよぎることがあります。謳歌できないっちゅーか、要はツマんない人種ですね(^^;
>>うまく並んだ
時計を見て「お、ゾロ目がよく揃う」みたいに感じるのは、それが時計を見るという日常的な作業の中で印象に残る出来事だからなのではないか?と考えられるらしいですが、
たぶん、投稿時刻はホントに偶然。
良いことあるかも知れませんね(^ー^)
2. Posted by 98k   2009年12月24日 22:22
川端さん
川風が頬に心地よく・・・やがて顔の感覚がなくなってきました。
強い川風を受け、自分はじっとしてるだけ、つーのは、さすがに
わたくしの体温すらも奪っていきましたねえ。
ま、風さえ避ければ、冬のアウトドアも楽しいのですが・・・
>イルミネーション
ま、夜の都会なんて光の洪水ですから、どーせなら、
楽しむところは楽しんで、他のところで節約しましょう。
>ゾロ目
うーむ、アナログ時計では感じなかった感覚ですな。
今度は2222年の22月22日の22時22分に投稿します。
おっ、そろそろちょうどのころあい・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
イタリアン?ルネサンスその2寒くなったので季節商品を・・・