ボルネオ植林紀行7 サバル植林ボルネオ植林紀行9 ポンティアナへ

2010年01月25日

ボルネオ植林紀行8 クチン

ボルネオ植林紀行7の続きです。

ツアー三日目にして、子どもたちとの共同植林と昼食会を終え、
一行はサラワク州の州都、クチンに戻ります。













341f8efa.jpg
クチンへの帰り道。
この道路、設計・測量までは旧日本軍が行ったそうで、途中に旧軍の飛行場跡にできた村もあり、
その名も、「飛行場村」とゆーそうです・・・まるで「府庁山」みたいなネーミング・・・困った












途中、リアンとゆー町で、市場に立ち寄り・・・
25a87129.jpg
ちょうど旬のドリアンを試食・・・
大きさにより一個、5ルンギから10ルンギ、やはり大きくて熟れているほうが美味しいそうです。
ちなみに1ルンギは約27円でした。
この時は、たまたまクチンに帰るサラワク州森林局の人たちと市場で再会し、
彼らからも、ここのドリアンをプレゼントしていただきました。













で、さっそく・・・
d56a4825.jpg
ぱっくり割ってもらうと、皮を剥いたイチジクのような状態で、カマンベールチーズのような、
匂いと食感の果肉が、大きな種を囲むようにして8個ほど入っています。

完全に好みの分かれる果物で、一口食べただけで「おえっ」となる人、わたくしのように、
やみつきになってしまう人(ほぼ一個分食べたのは、わたくしだけでしたが・・・)

ともかく、他の果物とはまったく異なる味と食感、まさに果物の女王であります。
6年前にサバ州で食べたやつとは種類が異なるようで、今回の方がはるかにおいしかったです。

ちなみにバスに戻ると、ドライバーから「ドリアンは、種の持ち込みも困る。」と苦情が・・・

持ち込んだのではなく、路上に捨てた種を踏んでしまった隊員がいて、その匂いと判明しましたが、
ホテルでも一切持ち込みは厳禁、やはり独特の匂いは強烈で、ずっと残るそうであります。












7a8695d7.jpg
で、こちらがランブータン、ひと束1kgで1リンギ、なんと27円で数十個あります。



これ以外にも、様々な果物や、とんでもない動物や魚や鳥、見たこともない野菜や香辛料など、
混み合う市場の中にあふれてましたが、イスラム教徒も多い雑踏では、さすがに、
カメラを向けるのは遠慮しました。













4677667d.jpg
我々が食べたドリアンの屋台は市場のはずれにあり、その外には食堂が並びます。
ご覧のとおり、マレーシアでは中国語を併記している華僑系の店も多かったですが、
翌日からのインドネシアでは、華僑系の店でもほとんど中国語併記はなく、
やはり華僑系国民の地位の違いや貧富の差の問題があるようです。

ちなみにマレーシアでは、小学校からマレー語と英語と自分の民族語を学ぶそうで、
マハティールさんの時代は、理科と算数も英語で教えていたのですが、
英語が不得意なら理科と算数も不得意になるとゆーことで最近廃止され、
そのせいで英語力が落ちてきており問題になっている、とのことでした。

さらにちなみに、インドネシアでは小学校では自国語のみ、英語は中学校からだそうで、
こちらは日本と同じですね。どちらも英語が苦手なのも同じなのか・・・
実際、マレーシア・ボルネオでは英国統治の影響もあり、けっこう英語が通じ、
中国語併記か英語併記の店が多かったですが、インドネシアでは殆ど通じず、
英語併記も殆どありませんでした。










4cc44189.jpg
クチンに戻ったのは夕方、ボルネオ関係の博物館群には閉館ぎりぎりで間に合ったのですが、
残念ながら、中は撮影禁止でした・・・

見えている建物は別の博物館で、入ったのは、反対側にあるサラワクの自然・民族博物館であります。

ボルネオは生物種の宝庫であるとともに、様々な種族の民族文化の宝庫でもあります。
閉館までの時間がほとんどなく、駆け足となったのがとても残念でした・・・










いったんホテルに戻ってシャワーを浴び、夕食に向かったのは・・・
b022d143.jpg


eb7dedaf.jpg


2d338aca.jpg
屋上ビアガーデンならぬ、屋上シーフードレストラン・・・



みなさんビールを注文してから、あるベテラン隊員が思い出したように・・・

「ドリアン食べてアルコール飲むと、大変なことになるらしいですよ・・・」

「あっ、そういえば聞いたことがある。死に至ることもあるって・・・」

「わたしは匂いを嗅いだだけで気分が悪くなって食べてません。よかったよかった」

「うーん、やはりここは控えておくか・・・」







「わははは、では、わたくしにすべてお任せを・・・」








じゃーん
15d379ed.jpg



「わははは、しあわせじゃあびっくり


「しあわせじゃあ、って98kさん、あんた一番たくさんドリアン食べてたやないか・・・ショック

「ええ、わたくしがドリアンとビールの食べ合わせの実験台になります。きっぱりと・・・」

んぐんぐんぐ・・・がつがつむしゃむしゃ・・・んぐんぐ・・・

「あっ、そちらの料理も早く廻してくださいね・・・もぐもぐ・・・」

443e208d.jpg


14ab1525.jpg



わははは、しあわせじゃあ・・・




ちなみに、アイスクリーム屋さんもありました。
903af647.jpg














ホテルの自室に戻ってからは、市場で買って冷蔵庫に冷やしておいたランブータンをば・・・
e807cf8d.jpg

6b69548f.jpg


わははは、やはりしあわせじゃあ・・・


(次号に無事続く・・・のかっ)






注意書きP.S.

ドリアンとアルコールの食べ合わせ、あちこちで書かれているようですね。
わたくしの場合、ある程度時間が経過してたからなのか、それとも体質的なものなのか、
ともかく、まったく異常はありませんでした。部屋でもワイルドターキー飲んだし・・・
ドリアンを食べた他の隊員も何人かはビールを飲んでましたが同様でした。
ま、あくまで自己責任で、とゆーことなんでしょーね・・・にっこり

ちなみにランブータン、ご覧のとおりライチのような味と食感でしたが、
大好きなライチほどの風味はなく、半分ほどは、翌日に持ち越してしまいました・・・げふっ











at 21:21│Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック 沙漠緑化・熱帯雨林再生 | その他アウトドア

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ボルネオ植林紀行7 サバル植林ボルネオ植林紀行9 ポンティアナへ