ボルネオ植林紀行10 ポンティアナボルネオ植林紀行12 ジャカルタ1

2010年01月28日

ボルネオ植林紀行11 ジャカルタへ

ボルネオ植林紀行その10からの続きであります。




1月12日朝、西カリマンタン州ポンティアナでの朝食であります。にっこり
e6903305.jpg
こちらが、このあたりの伝統的な食事内容。
葉っぱでくるんで作った蒸し米と蒸し鳥と蒸し卵、それに卵焼きと焼き鳥・・・
鳥と卵と米を蒸すか焼く、とゆー、シンプルな組み合わせであります。














2c038869.jpg

e4937887.jpg
もちろんホテルですから、他の料理やフルーツなどもいっぱい・・・

中国北西部と違って、地方都市でもおいしいコーヒーが飲めるのがありがたかったです。
そういえば、トラジャ・コーヒーはインドネシアの名産品でしたね。










市内中心部にあった、宿泊したホテルの玄関前、平日の朝の様子・・・
1f183da7.jpg
観光名所といえば赤道記念碑だけの、観光客の少ない地方中核都市であります。












空港へ向かう時間帯は、ちょうど朝の通勤時間帯でした。
2252d3ac.jpg
圧倒的にバイク通勤が多かったです。












この通りは官庁街で・・・
a5d1da8b.jpg
入母屋破風みたいなインドネシアの伝統的な建築様式を模したビルが並んでました。













ポンティアナ空港の売店で売ってた、ボルネオ島(カリマンタン島)の昆虫標本の一部
7a497386.jpg
左上の反射で隠れてるやつなんか、ニャん○さんへのお土産にぴったりかと・・・にっこり



ちなみにボルネオ島の昆虫は、毎年発見され特定される新種より、
未特定のまま絶滅していく種の方が、はるかに多いそうです。
以前も書きましたが、熱帯雨林には全生物種の50%から90%が生息するといわれており、
キニーネなど熱帯雨林で発見される有用な物質も数知れず、まだまだ未知な世界なのに・・・
生物の多様性は、人類が生き延びる上でも大切なことだと思うのですが・・・










で、話変わって、ポンティアナ空港の滑走路・・・
f6b7c67e.jpg
いかにも南国のローカル空港、とゆー感じであります。











ジャカルタ行きの国内線、ガルーダ航空のボーイング737-300型機に搭乗します。
18935e50.jpg














で、機内での軽食は・・・
efb633cb.jpg
例によってナシゴレンと鳥肉とフルーツ、おいしいのですが、朝食をたっぷり食べたので・・・げふっ落ち込み

とかいいつつ、もちろん全部食べましたが・・・にっこり













で、ポンティアナとジャカルタの中間あたりの海上上空で見た・・・
ccd821f4.jpg


竜の巣・・・あの中にラピュタが・・・ショックりゅしぃたぁぁぁドキドキ大






とかいってると、機体はゆっくり下降をはじめ・・・

人口一千数百万人といわれるメガロポリス、ジャカルタの街が見えてきたのであります。











じゃーん
5b3f78b8.jpg



って、なんでモノクロやねん・・・帆船とか浮かんでるし・・・




(次号に続く)








at 21:51│Comments(2)TrackBack(0)mixiチェック 沙漠緑化・熱帯雨林再生 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ニャん丸   2010年01月30日 10:42
98kさん、おはようございます♪
美味しそうなホテルの朝食のあと…
昆虫標本でビクッ…この時点では蜘○はまだワタクシの目には映っていなかったのですが、サソリでビクビクッ…
わざと○蛛を探さないようにして、記事へ進んだのですが、結局見る羽目になっちゃったじゃないですかぁ(汗
ワタクシのためにワザワザ反射で隠してくださってありがとうございます(笑
2. Posted by 98k   2010年01月30日 20:29
ニャん丸さん、記事を詳細にご覧いただきありがとうございます。{にっこり}
ポンティアナ空港、土産物店とゆーか売店はこの標本屋さんだけで、
あとは喫煙室兼用の喫茶店があるだけでした。
ほんと、観光客なんてめったに来ないところなんでしょうね・・・{落ち込み}

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ボルネオ植林紀行10 ポンティアナボルネオ植林紀行12 ジャカルタ1