ボルネオ植林紀行11 ジャカルタへボルネオ植林紀行13 ジャカルタ2

2010年01月29日

ボルネオ植林紀行12 ジャカルタ1

この連載記事も12回目にして、やっとジャカルタまでやってきました・・・にっこり



前回記事の最後の航空写真、もとい俯瞰図は、

f8643966.jpg

ジャカルタに降り立って最初に行った、海洋博物館の展示物でありました。













この海洋博物館、じつは1652年に建てられた、オランダ東インド会社の役員宅なのであります。

157f474b.jpg

凛々しいオランダ総督の彫像・・・なのかっびっくり












c54b062a.jpg
いかにも、ハウステンボスみたいな建物であります。ちょっと傷んでるけど・・・にっこり












展示物もさることながら、やはり建物が素晴らしかったです。
0748020d.jpg

b6166f4a.jpg

木材の専門家である隊長から、「木の性質を理解してきちんと建てられた木造建築は、
コンクリート建築なんかよりはるかに長持ちする。この建物も450年以上経っているが、鉄木の一種をうまく組み合わせて、当時木造船の技術に優れていたオランダの最高技術で建造されており、びくともしていない。」との解説がありました。













ちなみに展示品の中には、けっこう明るいライトなんかもありました・・・にっこり

b77fb465.jpg




a7f5cbab.jpg

これなんか、けっこう遠射も効くんだろうなあ・・・にっこり










で、次はジャカルタで一番古い港へ・・・

964c7df1.jpg

もともとはオランダ海軍の軍港、その後、旧帝国海軍の軍港となり、
今はカリマンタン島との物資輸送の機帆船の積み下ろし港であります。











で、この港で見た・・・

a990ff38.jpg
客待ちする自転車タクシー・・・なかなか立派な客席シートであります。困った











以下、ジャカルタ市内のスナップが続きますが・・・
28f192bf.jpg

4d5f56ab.jpg
ジャカルタ中央駅周辺













344d25d3.jpg


dcc4aa8e.jpg

東京の秋葉原、大阪の日本橋に相当する電気街だそうです。
若者の姿が多かったです。やはり、みんなオタなのかな・・・









0ef611ec.jpg

5a241160.jpg
別の駅の周辺。鉄道敷きにも、人や家が溢れていました。








いかにも東南アジアらしい巨大都市ジャカルタ・・・
昭和30年代の大阪のような部分と、最先端都市の部分が同居してて、人や街に活気が溢れ、
なにやら怪しげなところもいっぱいありそうな・・・
わたくし、こんな雰囲気は大好きで、しばらくジャカルタとその周辺の記事を続けさせていただきます。




(次号に続く)









at 21:21│Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック 沙漠緑化・熱帯雨林再生 | その他アウトドア

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ボルネオ植林紀行11 ジャカルタへボルネオ植林紀行13 ジャカルタ2