ボルネオ植林紀行13 ジャカルタ2ボルネオ植林紀行15 ジャカルタ4

2010年01月31日

ボルネオ植林紀行14 ジャカルタ3

前回記事のとおり、ジャカルタにある独立記念塔内のジオラマ撮影を楽しみにしていたわたくし、
入館直前にカメラのトラブルが再発し、暗い館内のジオラマ撮影に、レンズの小さい、
G'zケータイのおまけカメラというわけにもいきません。

すっかり困り果てて・・・しまう前にですね、

ま、ここはひとつ、わたくしの人生設計の基本方針である・・・


人さまの好意に甘える、とゆーことで・・・げひげひにっこり


と、ツアコンのU女史に、

「あっ、これも撮っておいてくださいね、感度あげて・・・」とかいってると、

「カメラをしばらく貸してあげますから、自分で撮ってくださいね。
わたしは、とゆーか他の隊員も、誰もこんなの撮りませんから・・・」

と、あきれてやさしくカメラを渡してくれて・・・
帰国後すぐに、他の画像も併せてメールで送って下さった、とゆー次第。すいません



ま、自分のカメラではないので、詳細設定はわからず、とりあえず夜景モードにしただけ、
(自分のカメラでもそうなんですがにっこり)、粗い画像になってますが、何枚かご紹介・・・








394910bc.jpg




a9e65a4f.jpg




41d3790f.jpg




f8beb4ba.jpg




f108801c.jpg

ジオラマの手前と奥とでフィギュアのサイズを変えたりして、奥行き感を出してました。

だいたい年代順に撮ったはずですが、会議のシーンは第一回アジア・アフリカ会議だったはず。

自分のカメラなら、それぞれの解説も撮っておいて記事の参考にするのですが、
さすがに人さまのカメラでは、その余裕もありませんでした。ううっ

もちろん、これ以外にもジオラマはいっぱいありましたが、今回は撮影枚数自体が少ないので、
いずれきちんと撮って・・・(って、また行く気になってますね、わたくしにっこり)




で・・・

地下で独立戦争の歴史を学んだあとは、一台しかないエレベーターに長時間並んで、
塔の屋上からジャカルタ市内を一望、ケータイで画像も撮りましたが、古い街並みと
高層ビル群が入り混じる様子は、規模は大きいですが大阪と変わりませんでした。

その後ホテルにチェックインして、一時間ほどのフリータイムのあと夕食へ。
わたくしはシャワーを浴びつつ洗濯しつつ、寸暇を惜しんでバッテリーの充電・・・






んで、
ジャカルタでの第一夜の夕食は、なんと・・・
9664fb00.jpg
市内中心部にある日本料理店であります。瓦葺の小屋根が懐かしい・・・











店内の座敷は掘り炬燵形式・・・
bbb6f35f.jpg
大阪・北新地の某割烹にて・・・
といってもいいような画像ですが、まぎれもなくジャカルタ市内であります。











まずは、本格的に先附けとお造り盛り合わせ・・・なんですが・・・
dba78bd7.jpg
コーヒーカップの中味はスパゲティの甘味噌のせ、その味噌が・・・
これまでボルネオでずっと食べてきた・・・まさしく東南アジアの甘辛魚醤味・・・
ちなみにマグロにのっているツマは、食べてみると生のニラでした。
ううっ、お造りにニラとゆーのは・・・











天ぷらの盛り合わせ、海老はさすがに養殖の本場でプリプリ、天つゆも大根おろしも本物で、
d185c18b.jpg
白身魚もナスもカボチャもおいしく揚がってました・・・が・・・












1d3cba9a.jpg
なんかカボチャの色が、びみょーに異なるような気も・・・












で、さらにこちら・・・
e2470585.jpg
茹でたモヤシ中心の温野菜のうえに、例の甘辛味噌をどばっとかけて、そのうえに、
ムニエル風のサケにサンドイッチに入ってるタマゴマヨネーズを載せて炙ったもの・・・
が積んであります。
さあて、こうなると日本料理とゆーか、なんとゆーか・・・












こちら、揚げだし豆腐のあんかけ・・・
d9d6cd5c.jpg
と思いきや、あんは白菜キムチの激辛あんでした・・・





まあ、サケのムニエルもタマゴマヨネーズも白菜キムチも、日本中で食べられてますが、
それらのコラボとなると、やはり合う、合わないとゆーこともですね・・・にっこり






で、仕上げはご飯ではなく、たっぷりのにゅうめん。
9d9d095f.jpg
食べかけ画像ですが、こちらは麺も出汁も本物、とてもおいしかったです。




ま、日本でいえば、無国籍料理とか創作料理の類もありましたが、仕入れも大変なのでしょう。
それにジャカルタ在住の日本人は2万人以上といわれてますから、需要も多いのでしょうね。


ちなみにビールは35,000ルピア、日本の居酒屋よりは安いですが、この店のブランドの日本酒は
超甘口で、お銚子一本で60,000ルピア、こちらの物価にすっかり慣れたわたくし、
どちらも一本ずつで我慢しました。




8ff86bf7.jpg
外に出るとこんな看板もあり、我々がホテルに戻る時刻には、日本のビジネスマンが、
数人連れでスーツ姿でやってきました。残業終わって飲みに来てるのね・・・にっこり












で、ホテルに戻ると・・・
6f23fab6.jpg
キモノ姿の従業員さんがロビーでお出迎え・・・ラブ


残念ながら、日本語も英語もほとんど通じませんでしたが、
最近の日本娘には見かけない、おしとやかな身のこなしでした・・・ドキドキ大




(まだ次号に続きます)







at 21:21│Comments(2)TrackBack(0) mixiチェック 沙漠緑化・熱帯雨林再生 | その他アウトドア

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ニャん丸   2010年02月03日 09:34
98kさん、おはようございます♪
ご指名、ありがとうございます…って、実は私もここの日本料理が気になっていたのですが、なんてコメントすれば(爆
まあ、7枚目のお写真もフィギュアかと思ったとか、そんな話じゃないですね…
で、11枚目のお写真ですが、宮崎名物シャケ南蛮じゃあないですかぁ?98kさん、ご存知なかったの?
アレ?アレレ?シャケでしたっけ…宮崎名物???(笑
2. Posted by 98k   2010年02月03日 22:09
ニャん丸さん、どーもです。
>11枚目のお写真ですが、宮崎名物シャケ南蛮じゃあないですかぁ
やっ、やはり、そうでしたか・・・{ショック}
TOMOさんが九州に持ち込んだ、北海道のチャンチャン焼き文化と、
黒潮に乗って流れついたニョクマム甘辛味噌文化を合体させたとゆー、
あの熊本名物のシャケ南蛮でしたかっ{ダメ}
こりゃあ是非、二日酔いの猫さんあたりに検証してもらわねば・・・{にっこり}

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ボルネオ植林紀行13 ジャカルタ2ボルネオ植林紀行15 ジャカルタ4