ぎょにそ・・・出雲紀行その1

2010年03月11日

ふか・・・

えーっ、いつもながらとーとつですが、







ふか・・・であります。








不可・・・付加・・・負荷・・・孵化・・・賦課・・・府下・・・なかなか出てこないな・・・




おっ、出てきた出てきた・・・




そう、今回は、なのであります。きっぱりと



前回からのシーフードシリーズの続きといいましょうか、なんといいましょうか・・・

フカ、ま、共通語でいえばサメ、いわゆるシャークですね。

なんと四億年前から、ほとんど変わっていないとゆー、進化の最先端まで行ってしまった生き物なんですね。

ちなみに、同じ頃から変わっていない生き物といえば、ゴキブリとワニだそうです・・・

最近では絶滅危惧種もあるようですが、どーもクジラほど話題にのぼりませんねえ・・・

海の食物連鎖では頂点にいるため、個体数も少なく、子どもの数も少ないため、
いったん数が減りはじめると、加速度的に滅んでいくのに、ヒレの需要が増え続けているので、
ヒレ目当てだけで捕獲され、最近はどんどん数が減っているとか・・・

ま、横浜・中華街の巨大フカヒレ画像を撮られた方もおられますが、
今回はフカの保護問題についてですね・・・


ではなく・・・



肉の食べ方についてであります。これもきっぱりと・・・


どーゆーわけか、サメもヒレだけは、全国的に「フカヒレ」とよばれますが、
西日本ではだいたい「フカ」、山陰地方では「ワニ」とよばれ、出雲神話だったか、
ワニをならべてその上を歩くお話があったような気がしますが、わたくしずっと、爬虫類のワニかと・・・



で、ちと調べてみると、サメはすり身にしてカマボコなどにする以外にも、全国各地でいろんな食べ方があるようですね。

干物にしたり、なますにしたり、刺身で食べたり・・・

低カロリー、低脂質、高たんぱくのきわめてヘルシーな食品だそうであります。

ただし、フカは体液の浸透圧調整に尿素を使っているそうで、鮮度が落ちるとアンモニア臭くなります。

でも、そのアンモニアが腐敗を防いでくれるため、冷蔵輸送手段のなかった昔、
山間部では新鮮な海の幸として、ずいぶん珍重されたとか。





で、わたくしが子どもの頃、母親の実家のある泉州の山間部で、
お祭りなどハレの日のご馳走として食べていた・・・





RIMG1349


フカの湯引きであります。


これ、大阪では泉州地方の山間部の一部でのみ、

食べられているのであります。


いやあ、子どもの頃からフカの刺身として馴染んでましたが、
大阪でもディープサウスのごく一部だけだったんですねえ・・・




フカの湯引き、全国的には、九州や愛媛、山陰地方でも食べられているそうですが、
こちらでは、からし酢味噌をつけていただきます。

RIMG1352



これは泉州の山間部に住む親せきが、地元のスーパーで買ってきてくれたもの、
やはり大阪市内では、あまりスーパーでお目にかかることはありません。

ちなみにフカはすべて軟骨ですから、骨までおいしくいただけるのであります。



まあ、今ではフカヒレを採ったあとの副産物とゆーことなんでしょうが、
せっかく獲ったんだから、やはり余さずおいしくいただきたいものであります。

淡白でクセのないお味、食べたことのない方は、ぜひ一度お試しを・・・

ただ、食べ残して翌日になったりすると、やはりアンモニア臭を強く感じますのでご注意を・・・







m98k at 22:33│Comments(4)TrackBack(0)mixiチェック 糧食、飲料 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 川端   2010年03月12日 18:42
へぇ・・・
私の知らないディープサウス食文化ですね。

うまいのかしら?(^^)
2. Posted by 98k   2010年03月12日 23:15
ディープサウス湾岸部にお住まいの川端さん

そーなんです、同じディープサウスでも海沿いの地域では、
めったにフカなんかは食べないようですね。
いつでも新鮮なお魚とタマネギが手に入るので、
生きたままのお魚とタマネギを口に咥えて、
だんじりに乗って、街中を駆け回っているとか・・・
3. Posted by ニャん丸   2010年03月13日 10:26
98kさん、おはようございます♪

記事を読み進むうちに、「ヤベッ…最近、フカヒレの写真を…」と思っていたら…(汗・笑
そうそう、98kさんのおっしゃる通り、捕ってしまったものなら、最後まで食べてあげましょう。
で、フカそのものなのですが、食べたことも、食べれる状態で売っているところも見たことがありません。
江戸前などと粋がっている東京地方ですので、さすがにフカを食べる習慣はなかったのだろうと思うのですが、輸送手段、冷蔵(冷凍)手段の乏しかった頃の山間部の知恵には敬服いたします。
一度、食べてみたいものですね♪
4. Posted by 98k   2010年03月14日 21:13
ニャん丸さん、返信が遅くなりました。
ひさしぶりに一泊旅行に出かけまして、先ほど帰宅しました。
>フカ
ま、牛串かつで呉春まで楽しまれたのですから、
今度は、関西ディープサウスも、どっぷりといっちゃいましょう!!!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ぎょにそ・・・出雲紀行その1