出雲紀行その4ダイナミックレンジダブルショット

2010年03月26日

出雲紀行その5

わたくしの出雲紀行も五回目、いよいよ最終回であります。

初日は出雲大社(と夕食)を中心に、二日目は松江の堀川とお城を中心に紹介してきましたが、
二日目に松江市を出て、安来市にある
足立美術館へ足を伸ばしました。

わたくしはすでに何度か訪れているのですが、家族は今回がはじめて、
ともかく一度は家族にも見せておきたかった美術館だったのであります。

上記リンクのHPにもあるとおり、庭園と一体となった美術館で、借景にしても枯山水にしても、
「誰にでもわかりやすい庭園」が、館内のあちこちから楽しめるとゆー趣向の美術館であります。


たとえば・・・


エントランスホールからの眺め・・・
RIMG1554














渡り廊下からの眺め・・・
RIMG1571














RIMG1572













いろんな趣向のお庭があちこちに配置されています。
RIMG1580













RIMG1585















RIMG1561

とてもすべては紹介できませんが・・・








けっこう有名になった「生掛け軸」・・・
RIMG1581

「ダイナミックレンジダブルショットモード」にするのを忘れたため、
肝心の掛け軸部分が白とびしてますが・・・




RIMG1582

ま、こんな感じの生掛け軸になっているわけで・・・








外に廻れば、こんな仕掛けになってます・・・
RIMG1588

正面窓の、左の小さい仕切りが生掛け軸、右の大きい仕切りが隣の部屋の生衝立になっています。










反対側の待合には生額縁、とゆーのもありました。
RIMG1584









ほんとに素人にもわかりやすい気分のいい庭園で・・・
RIMG1559

海外の日本庭園専門誌で、7年連続日本一になっているとか・・・












室内の展示品は撮影禁止でしたが、屋外展示は撮影できました。
RIMG1589



コレクションの数々についてはリンク先のHPをご覧いただきたいのですが、
庭園同様、わかりやすい作品中心のコレクションで、現在、陶芸作品専用の新館が建設中でした。






んで、のんびりと美術館散歩を楽しんだ後の昼食は、お約束の出雲そば・・・
RIMG1597





RIMG1598

一人前標準は三枚なんですが、息子たちは四枚、お父さんは五枚注文しました。

で、わたくしの母親が二枚でギブアップ、あまった一枚の争奪戦には・・・長男が勝利しました・・・ううっ




き、きみには家長を大事にするとゆー気持ちはないのかっ・・・ぐすん





んで、涙にかすむ帰りの米子道からは、雪の大山が見えました。

RIMG1602













蒜山高原に着く頃には、春霞(黄砂)も消え、すっかりピーカンに・・・
RIMG1603








とまあ、結局いつもの家族一泊旅行だったわけですが、年度末で多忙な中、
なんとか家族の都合をやりくりして、出雲路を楽しんできたとゆー次第であります。

ぎりぎりまでわたくしの参加が危なかったんですが、バタバタしてる時はむしろ、
お休みに自宅でぐったりしてるより、思い切って出かけた方がいいのかも知れませんね。

ま、たまのお休みなんかには、ライトなんぞを「ちまちまいぢる」ほうが、
むしろ肩こりがほぐれてすっきりする方もおられるようですが・・・








m98k at 00:30│Comments(7)TrackBack(0)mixiチェック その他アウトドア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 川端   2010年03月26日 12:35
良い旅だったみたいですね(^^)


>>年度末

忙しくて、気持ちも身体も疲れていて。みたいなトキは、休日日がなぐったりするのも悪くないっちゃあ悪くないんですが、なんか、こう、一晩というか一眠りでいいんですよね。早く寝てゆっくり起きて回復するみたいなことって。

午後になってくると、なんかヒマになって退屈するというか、空虚な時間のような気がするというか、どうも時間が勿体無い気がするというか、しまいには、ああもう夜じゃねーかせっかくの貴重な休日になにをやってるんだ俺は?みたいなことを思ったりしてね(^^;


そんなワケで、リフレッシュおめでとうございま、、、した?m(_ _)m
2. Posted by リオ   2010年03月26日 16:35
はい。お休みにはライトをちまちまいぢっていたい
ですねぇ。最近は生活がガテン系なので特に(苦笑)。
誕生日には、奥様から半田鏝を戴きましたし(笑)。

あ~でもたまには98kさんのような家族旅行も
してみたい・・・ウチでは奥様の好みでまぁ間違い
なくキャンプなので(いや私もキャンプ好きですが)。
3. Posted by 川端   2010年03月26日 21:34
ああ。忘れてた(^^;

オフの射撃勝負、BBのハンドガンでお願いしますm(_ _)m


的は、A4サイズのターゲットマークに中心100・その外50・大外10の三種類の点数振って、距離20m・10m・5mで方向の違うものが三つ。

装弾数の制限にもよりますが、持ち弾は30。各的制限10。

それを約2mの円内(円の外縁からの距離が的の距離。円内移動自由)から撃って、制限時間30秒での総得点で勝負。

時間は真っ暗になって気が向いたらで、ハンデでもあるのでライトは自前限定。ちなみに新規購入品は不可( ̄ー ̄)

更に、この程度のハンデだと、どー考えても98kさん有利なので、

自己申告サバゲ等の本格エアガン射撃一回でも経験者がハンデ+10秒。

本格射撃未経験者がハンデ30秒。ちなみに私はここ(^^)


優勝者には、私が独断と偏見で選んだ粗品限定優勝商品(未確定)を進呈。ちなみに商品費用は参加者の頭数でワリカンでよろしく。

んで、雨天中止。

中止になったら商品はただ単に私が買っただけのものと化します(^^ゞ


また、的及び、どーせ拾えないので有機物?だかなんだか、生分解されるらしいBB弾は川端が用意させて頂きます。


こんなんでどうでしょう?


現在参加予定の方は、恐らくこちらを見ないハズが無いと思われるので、場をお借りして恐縮ですが、このまま数日どちら様からも異論が無ければ上記の方法と予定で準備を進めたいと思いますm(_ _)m
4. Posted by 98k   2010年03月26日 21:45
川端さん
そーなんですよ、「明日はお休みっ!!!」で、「特に予定はないっ!!!」つーときは、
どうしても夜更かししてしまい、昼前にゆっくり起きだす・・・まではいいのですが、
結局午後からは、100均やホムセン、安売り店などを廻るぐらい・・・
で、買ってきた安物をかぱかぱ飲み食いすると・・・
まあ、それで記事が成り立ってるのが、このサイトなんですが・・・


リオたん、おひさしぶりです。
うちも家族旅行といえばずっとキャンプでした。
はじめて旅館に泊まった夏休みの長男の作文に、
「屋根のある、ご飯の出てくる、おふとんを敷いてくれるキャンプに行った。」
といった表現があり、おおいにウケたものでした。
最近は、なかなか下宿から帰ってこない息子たちを誘うエサとして、
「おいしい料理と露天風呂のある旅館」が必須なのであります。

そーですか、お誕生日に半田鏝ですか・・・そーですか・・・

5. Posted by 98k   2010年03月26日 22:02
再度川端さん、投稿がカブってしまいました。
まあ、以前持参したガスブローバックのマルイM1911A1を一応持って行きます。
ただ、夜の気温がちと心配ですので、10℃以下の場合も中止とゆーことで・・・
それと雨天の場合でも、ほんとにキャンプでいいのでしょうか?
そのあたりもコメントまたはメールでお知らせください。
6. Posted by 川端   2010年03月27日 08:21
あらら(^^;

ガスガンって気温も関係あったんですね。思い至りませんでした、、、

まあ、イマんトコ私が勝手に「やりませんか?」って提案してるだけのことですからね。
雨天、10℃以下、あと、もしもどなたかが乗り気でなければ即ヤメにしましょうm(_ _)m


>>雨天キャンプ

了解です。予定の方々に確認してからメールします(^^ゞ

長くなるようならパソコンのメールにしますので、そちらもチェックして下さいm(_ _)m
7. Posted by 98k   2010年03月27日 19:11
川端さん
まあ、気温が下がっても、ハンドコッキングガンやスリングショットで、
遊べることは遊べますが・・・持って行きましょうか?
あるいはナイフ投げでもマチェット投げでも・・・

悪天候が確実な場合は、近くでロッジとか借りたほうがいいですかね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
出雲紀行その4ダイナミックレンジダブルショット