2010年06月19日

無人島オフ会報告その4

さて、誰もいないキャンプ場に戻って、フルフラップのスクリーンタープを設営した御一行、
いよいよキャンプ宴会に突入であります。むひひひ

風があって、雨も予想されるときは、よほどの強風でもないかぎり、
フルフラップのタープが有効なのであります。 装備が横からの雨で濡れることも、
風でバーナーの火が消えることもなく、空の食器が飛ぶこともありません。






で、中ではさっそく・・・

RIMG2277

本日のメイン、カレー鍋風の関東煮(おでん)

さあて、これから香辛料を次々と・・・ぼかっ、べきっ、ぐしゃ




関東煮(おでん)は、煮込んでからいったん火を止め、じっくり冷まして味をしみ込ませるのですが、
歩き廻ってお腹の空いている四人組、ともかく煮立った段階でばくばくと・・・

桟橋前で買ったビールもあっとゆーまになくなり、残ったwingさんのモルツをわたくしが狙っていると、

「わたしは飲まないんですが、ラベルが気に入って、こんなの買ってきました。」と赤チャリさん


RIMG2274


おおっ、自転車ラベルの赤ワインで、「赤チャリ」ですねっ!!!

いやあ、なんでもマニアックでありますねえ・・・

で、これがなかなか飲みやすいワインでした。ありがとね、赤チャリさん!!!

今、画像を見てみると、カベルネ・ソービニヨン種のチリワインだったんですね。

で、あらたなおでんの具を追加して煮込み、今度こそ冷ましてじっくりと味をしみ込ませるために、

とゆー名目で・・・


照射大会にお出かけした4人組なのでありました。




目的地は、とりあえず島最大の第三砲台跡、さすがに夜に山中を歩きまわる人はなく、
道すがらは、まったくの野生動物の世界で、まさに無人島そのものでした。

トモガシカはあちこちで、我々の気配で逃げて行きましたし、猿もいるのでしょうか、
夜行性の鳥の鳴き声もあちこちで聞こえ、樹上や草むらでガサガサ、ばさばさと賑やかなこと・・・

路上にもヘビさんやムカデさんが、明るいライトに照らされてウロウロしてましたが、
一番感動したのはホタルさんでした。

山の中腹、水辺のないところなので、おそらくヒメボタルなんでしょうが、数匹ずつのオスが、
あっちにゆらゆら、こっちにゆらゆらと光り、そりゃあ、風情のある光景でした。


ただし、ライト消灯時しか、確認できませんでしたが・・・


ったく、明るいライトばっかりなんだから・・・









で、きわめて貴重な、TOMOヶ島の山腹を飛翔するヒメボタルの画像・・・






じゃーん

RIMG2287




ええ、まあ、じつは・・・




RIMG2286






BlogPaint




ヒメボタルの、正体見たり、ライトマニア・・・


そう、三年前と同じ、将校宿舎跡での記念撮影だったのであります。

あっ、もちろんホンモノのヒメボタルもいたのですが、さすがに画像に撮ることはできませんでした。





まあ、せっかくなので、今回も第三砲台跡の夜間探索画像なんぞをいくつか・・・






RIMG2292

ストロボオン・・・






RIMG2291

ストロボオフ・・・って、光源がいっぱいありますね・・・わははは












RIMG2295

地下構造物内部の夜間探索・・・って、昼間でも真っ暗なんですが・・・わははは











RIMG2297

地表にある砲塔撤去跡の円形プールで、水棲昆虫や両生類を照射する赤チャリさん











RIMG2299

同じくwingさん・・・

そーいや、もう一人居たような気もするけど、地下でやたら元気に走り回ってたし・・・放置しておこう・・・



で、第三砲台をでて、大展望台のある標高120mのコウノ巣山へ・・・





RIMG2306

山頂付近にあった巨大アンテナ・・・

これ、みなさんの手持ちライトだけで、全容が浮かび上がっております。










RIMG2305

山頂展望台のベンチで永遠の眠りにつこうとする川端さんと、その最期を記録する赤チャリさん。



この展望台、淡路島でも四国でも紀伊半島でも、好きなところを照らせますので、みなさんあちこちを・・・

この夜、紀淡海峡を航行していた船舶の見張り員なんぞは、

「山頂に灯台を増設したのかっ? それにしても数が多いな・・・う、動いてるぞ・・・ひ、ひょっとして、セントエルモの火??」

とか、びくびくしてたかも知れませんね。げひひひ



とまあ、さんざん遊んで、日付が変わる直前に、ようやくタープに戻り、
足に這い上がってくるムカデなんぞを投入して、すっかりまろやかになったカレーおでん鍋にうどんを投入、
赤(チャリ)ワインをちびちびといただきつつ、延々とライト談義は続いたのでありますが、
当日持参のライトやお話の内容は、参加メンバーのサイトをご覧くださいね。
わたくし、すっかり出来上がっておりましたので、まったく覚えておりましぇん。



たしか就寝は3時過ぎぐらい、雨音で目覚めたのが6時前ぐらいでしたから、睡眠時間は三時間弱でしょうか。
わたくしとwingさんは個人用テントを設営して、赤チャリさんはタープ内のイスを利用して仮眠、
川端さんは、展望台のベンチで固く冷たくなって・・・もとい、タープ内でマット敷いてごろ寝してました・・

んで、翌朝7時前には、ハムサンドとコーヒー(赤チャリさんは紅茶)の朝食でまったりとしつつ、
雨中の撤収もてきぱき?と済ませて、ちょうど雨が小降りになったところで桟橋まで移動、
朝一番の連絡船に乗船、来る時同様、赤チャリさんのクルマに全員乗せていただき、
巨大ショッピングモールでの、反省会と精算処理を兼ねた「ミルフィーユとんかつ」の昼食のあとは、
一人、また一人と、自宅前まで送っていただいたとゆー次第。


いやあ、今回も、ほんと楽しかったです。

送迎を担当いただいた赤チャリさん、今回も総合プロデュースしていただいた川端さん、
また、バーナーはじめ、いろんな役立つ装備(チリトリはイマイチでしたが)を持参いただいたwingさん、
ほんとうに楽しいひとときをありがとうございました。

例によって深夜のイタ電でご迷惑をおかけしたみなさん、わたくしがよく言い聞かせておきますので・・・


で、次はいよいよ九州遠征ですねっ!!! 
って、そーいや、その相談、今回はまったくしてなかったな・・・

まあ、その前の鍾乳洞OFF、あるいはその前の水遊びOFFとかで、
じっくりと念入りに打ち合わせできますもんね・・・

たぶん・・・



(今回の連載はこれでおしまい、以下、秋の九州遠征記事に続く・・・のかっ???)



m98k at 13:10│Comments(10)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック フラッシュライト、ランタン | 川下り、キャンプ宴会

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 川端   2010年06月19日 18:38
ご報告お疲れ様でしたぁ~(^^)

いやあ、終わってみるとなんやかんやで楽しいオフでしたよね。体がすげー疲れはしましたが(^^;ゞ


また行きましょう。つか、九州、日程変更含め皆でマジメに相談しましょうね。ホントに(^^;;
2. Posted by 二日酔いの猫   2010年06月19日 21:08
あ~ぁ赤チャリさんは最後まで運転手でコキ使われたんですね。
でも事前に「重いのでライトは少なめに持って行く」みたいな記事をどこかで見たような気がしたんですが・・・?
そうか!「少なめ」の基準が違うんですね。

九州遠征は日程を変えるんですか??
3. Posted by wing   2010年06月19日 23:17
カレー鍋風の関東煮(おでん)
食べるまでは・・ちょっとなぁ~ カレーもおでんも好きなのだけど・・
なんて思ってましたが、
食べてみると意外と口に合いました(^_^;)
不思議です。
またご馳走してくださいね
4. Posted by 98k   2010年06月20日 01:15
川端さん
いやあ、楽しかったですね。
>皆でマジメに相談しましょうね・・・
まあまあ、マジメに相談なんて、我々にはふさわしくないので・・・ま、てきとーに
先ほど、ケータイにメール送りましたので、よろしくね!


二日酔いの猫さん
>「少なめ」の基準が違う・・・
そう、まさにそのとおりでございましたよ。
今回は最低限に、といってたのに、でるわでるわ・・・
おそらく総重量のかなりの部分を占めていたのでは・・・
>日程変更
まあ、予定日に用事が入った方に、川端さんが気を使っておられるのですが、
どちらが楽しいかで、ご本人が決めるでしょう・・・ま、てきとーに


wingさん
>カレー鍋風の関東煮(おでん)
わたくしもはじめてだったので、ほんとは、どうなることかと心配してましたが、けっこういけましたね。
ただ、今回のカレー鍋の素がちと甘過ぎて、とろみも強かったので、
最後のほうは、せっかく味が馴染んだのに、かなりひつこくなってしまいましたね。
次回はサラサラ系の超辛口ベースに、香辛料をどどんと追加しましょう。


5. Posted by cinq   2010年06月20日 18:39
ああ…
やっぱり楽しそうだぁ~
地図で見ると関空から近いんですよね。
次回こそ!
6. Posted by 98k   2010年06月20日 22:42
cinqさん
そう、関西空港からなら、泳いでもすぐですよ!!!
まあ、次回があるかどうかはわかりませんが・・・
それより日本海側の無人島はどうでしょう?
7. Posted by red-bicycle   2010年06月21日 19:37
カレー鍋風の関東煮(おでん)
初めて頂きましたがけっこうどころかかなりいけてました。

>最後のほうは、せっかく味が馴染んだのに・・・
それも良いなと思ったのは私だけでしょうか(・・∂) アレ?


8. Posted by 98k   2010年06月21日 22:02
red-bicycle(赤チャリ)さん
そーいや、最初の頃はあまり食べてなかったのに、夜間探索から帰ってからは、
さんざん煮込んでドロドロになったやつを、ばくばくと食べてましたね。
やはりエネルギー消費とエネルギー摂取の仕組みが地球生命体とは異なるのか・・・
9. Posted by G3   2010年06月22日 22:58
ピチピチビーチの女子テントサイトを照射できるのですね!
遠いよ~
10. Posted by 98k   2010年06月23日 23:51
G3さん

島で張ってた女子テントのみなさんは、二十数名の集団でした・・・
んで、リーダーっぽい、おじさん以外の男子はわずか数名・・・
いったい、何の集まりだったのか・・・ひょっとして、カルト集団???

次回はぜひ・・・ちと遠いけど・・・

コメントする

名前
URL
 
  絵文字