九州OFF会報告その3九州OFF会報告その5

2010年10月17日

九州OFF会報告その4

げふっ、つい先ほど、大阪の北新地にある、バーノンズ・バーとゆー、
テーブルマジックを楽しめるお店から帰宅したばかりの98kであります。うぃーっ

マジック好きの川端さんからお誘いがあり、九州OFFの報告を兼ねて、wingさんと行ってきました。
川端さんのマジック仲間がお二人、こちらのライト仲間がwingさんと二人、とゆーことで計五人、
なかなかマニアックな集いになり、ずいぶん盛り上がってました。ひっく

川端さん、素晴らしいひと時をありがとね、お土産の九州ラーメンはわたくしから・・・
もとい、二日酔いの猫さんからですからね!!!
ちなみにTOMOさんから奪ったお土産は、いずれどこかのキャンプOFFで・・・げひげひ

とゆー次第で・・・すっかり日付が変わってしまいましたが・・・

九州ライトOFF会キャンプ報告の4回目であります。



キャンプ一日目の夜は遠征の疲れもあり、さすがに「朝まで宴会!!!」とゆーわけにも行かず、
日付が変わる頃には、一斉に各自のテントに戻って就寝しました。

まあ、夜中じゅう、ウシガエルのモノマネをしていた輩もいたようでつが・・・

で、翌朝はわたくしの持参したアーミーグリーンコーヒー(red-bicycleさんは自分の紅茶)で、
まったりと目を覚まして、まったりとライト談義なんぞをして過ごし、
朝食は、誰かさんが作ってしまった「パエリア雑炊」と、TOMOさんのナスビとホウレンソウのおひたしなど・・・

たっぷりと朝食を食べて、その日の行動予定を相談した結果、

「せっかくですから、本日は唐津あたりをご案内しましょうか、海産物が新鮮ですし。」

とのTOMOさんのお言葉に甘えることになりました。

五人ですから、ゆったりと二台のクルマに分乗して、とゆー意見もあったのですが、

「まあまあ、やはりここは、仲良く五人一緒に、わたくしのクルマで行くことにしましょう、きっぱりと・・・」

と、わたくしが提案、結局、後部座席の方には、狭い思いをさせることになるのですが、
じつはこの提案には、わたくしの深慮遠望がありましてですね・・・むひひひ










で・・・

RIMG2808


RIMG2813

東松浦半島の北端、壱岐水道に面した波戸岬であります。

玄界灘の荒波あらう絶景、一枚目画像に見えるのは海中展望塔で、玄海海中公園であります。
また、二枚目画像の水平線右側には、うっすらと壱岐の島々が浮かんでおります。
(画面をクリックすると確認できます。ま、1Mの画像ですが・・・)

前々日の大阪からの往路は大雨、前日から九州北部中部の天候は回復に向かい、
この日、10月10日は、まさに秋晴れとなったのであります。

「いやあ、やはり雨男は、大阪に置き去りにしてきた川端さんだったのですねえ、
もともと、わたくし自身は晴れ男ですからね、むひひひ」と、自分の手柄にするwingさん・・・

「ところで、そろそろお腹が・・・」と、いっぱい朝食を食べたばかりの98kさん・・・

「はいはい、ここの名物がこちらなんですよ。」と、ガイド役のTOMOさん・・・













じゃじゃーん

RIMG2807

延々と一列に伸びる、ロングハウス式のサザエの壷焼き屋さん!!!

いったい、いくつの焼き網が並んでいるのでしょう、しかもメニューはすべてサザエとイカだけ・・・

「サザエくださいっ、それとビール!!!」

と、運転しているわたくし、なんのためらいもなく注文したのであります。ええきっぱりと

じつはサザエが苦手で、周辺の撮影に向かうred-bicycle(赤チャリ)さんに、

「あとのことはまかせるからね、わたくしはもう、この匂いに負けてしまったからね。」

と、店に入る前に頼んでおいたのであります。

ふっふっふ、なんとゆー用意周到ぶりでありましょう。

そう、もし二台で来てたなら、飲まない赤チャリさんには一台しか任せられませんから、
誰かがビールを我慢しなければならず、そうなると遠慮なくビールを飲むわたくしが、
みなさんの恨みを買うことになりますから、あえて一台で行くことを提案してたのであります。

ちなみにわたくしに続いて、TOMOさん、wingさんからも、ビールの追加注文がありましたが、
これもとーぜん、わたくしの想定どおりの展開だったのであります。むひひひ




で、午前中からサザエの壷焼きとビールで、すっかり上機嫌となった御一行、

TOMO「さて、昼食までの腹ごなしに、名護屋城跡へ登りましょうかね。」

98k「おおっ、あの金の鯱鉾が逆立ちしてるとゆー・・・」

赤チャリ「うーむ、あと、ざっと1000キロはありますねえ・・・」

wing「いやいや、900キロほどでしょう、でもお昼までにはちときついかなあ・・・」

TOMO「それは愛知県の名古屋城、こちらは秀吉の朝鮮出兵時の基地となった名護屋城の跡です。」







じゃじゃーん

RIMG2840

TOMOさんは城跡ってゆーけど、こーして立派な天守閣が現存してるじゃないか・・・

って、いったい、どっから眺めてるねんっ!!!

そう、じつはこちらは、城跡の博物館にあった復元ジオラマなのであります・・・







実際の天守台跡はこちらであります。

RIMG2826













で、城跡からの眺め・・・
RIMG2821

なんか、先ほどのジオラマの街並みと変わらないような、古き良き日本の風景でした・・・













RIMG2835

東郷平八郎元帥の書になる城跡の石碑・・・












RIMG2818

島原の乱以降、再利用されないように一部破壊された石垣と、現在の城主さま・・・



うーむ、ここでキャンプしたらよかったな・・・でもやはりキャンプ禁止なんだろな・・・



とか、わいわいいいつつ、他の大名の陣屋跡も各所にあって、やたら広大な敷地内にある博物館へ・・・











で、博物館の入り口には・・・

RIMG2848

済州島の守護神トルハルバンと、もう一体の怪しい守護神・・・や・・・












RIMG2846

韓半島全土の守護神、天下大将軍と地下女将軍と・・・やはり怪しい守護神・・・


なんぞが出迎えてくれるのであります。


この博物館、九州と韓半島との関係を中心に、わりとこぢんまりと展示されており、
先ほどのジオラマのように、一部に撮影可能な展示もあったのですが、
どーゆーわけか、武器類のコレクションは撮影禁止となっており、あまり画像は撮りませんでした。





「さて、腹ごなしもしたし、少し遅くなりましたが、イカの活け造りで昼食と行きましょうか。」

と、全員ヨダレを垂らしつつ、TOMOさんオススメのお店へ・・・

ところが、連休のさなかでしかも行楽日和とあって、最初に行ったお店は満席で、さらに団体客のバスが・・・

「がるるる、お腹へったよう、早くイカが食べたいよう。」
と駄々をこねるわたくしたちに、ではここならばと、次に案内していただいたのが・・・







RIMG2852

こちらのお店なのですが、ご覧のとおり、こちらも待ち客が外に溢れておりました。

「ま、30分ほどの待ち時間とゆーことなので、せっかくですので待ちましょう。」とTOMOさん。

で、ライトマニアのみなさんは、どのように待ち時間を過ごしたかとゆーとですね・・・


(イカ、もとい、以下、ライトマニアの核心に迫る次号に続く。)



m98k at 01:37│Comments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック フラッシュライト、ランタン | 川下り、キャンプ宴会

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 二日酔いの猫   2010年10月17日 15:40
ややっ名護屋城に眼鏡大師がw
この日はwingさんが「日頃の私の行いが良いので晴天に」って何回もおっしゃってるのが印象的でしたね。
サザエを目の前にして三人ともさっさとビールを注文するし。
2. Posted by 98k   2010年10月17日 23:37
そうなんですよ、晴れたら自分の善行のせい、雨なら川端さんかわたくしの悪行のせい、
とゆーのが、いつものwingさんの口癖なんですよ・・・ぶつぶつ・・・
サザエにビールは予定どおりでしたが、イカの活け造りにお酒なし、とゆーのは想定外でした。

今回記事の前書きのとおり、いただいたお土産はきちんと渡しましたので・・・
wingさんと川端さんとその友人へきちんと分配・・・
ただし、わたくしが食べ残した分だけですが・・・げひげひ
3. Posted by 川端   2010年10月18日 08:52
バーノンズバー、お付き合いいただきありがとうございましたm(_ _)m

私は手品好きなのでプロの演技を観ているだけでけっこう楽しかったですが、店内食べ物なんかほぼ一切ありませんでしたからね。。。

ご納得いただけたアソびだったでしょうか?(^^;
4. Posted by 98k   2010年10月18日 21:06
わたくし、マジックの世界はまったく知らないので、かえって、素直に楽しめましたよ。
お酒も飲み放題で、僅かな時間でいっぱい飲めましたし・・・
しかし、マジック・バーとゆー類のお店、北新地だけでも数軒あるんですねえ・・・
やはりマニアックな世界なのでしょうが、ライトと異なり、エンターテイメントとして、
専門店でも一般客が集まる、とゆーのが魅力なんでしょうね。
いかがです、おそらく世界初になるであろう、ライトとマジックのお店をオープンされては?
美女の胴体切りとかなら、いつでも手伝いますよ、マチェット持参で・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
九州OFF会報告その3九州OFF会報告その5