ついに一眼レフを???ニッポンのアウトドア作法と・・・

2010年11月11日

某SF研究会・創立40周年!!!

ええ、まあ・・・わたくし・・・先週末にですね・・・




某SF研究会・創立40周年記念行事!!!


とゆーのに参加してきたのであります。ややきっぱりと



40周年といえば、創立されたのは1970年、大阪万博の年であります。

こんにちわぁ、こんにちわぁ、せかいのぉ、くにからぁ、
1970円のぉ、背広着てぇぇぇ・・・って、知らないだろうなあ・・・



つーことで、話はとーとつに変わりますが・・・



以前のコメント欄でもちらっと紹介した映画で、「踊る大捜査線」や「少林少女」、「UDON」などの、
本広克行監督の作品に、「サマータイムマシンブルース」とゆーのがあります。

舞台は大学のSF研究会とカメラ部が共同で使っている部室、そこに突然タイムマシンが現れて・・・
とゆー、ま、青春ラブコメSFなんですが、面白いタイムパラドックスもあって、好きな作品であります。

この作品、時代設定は現在(2005年作品)なんですが、カメラ部とSF研究会にも所属していたわたくし、
「昔と雰囲気が変わってないなあ・・・」と懐かしく見てたのであります。

SF研とゆーと、文化系サークルの中でも比較的マイナーとゆーかマニアックとゆーか、
はたまたネクラとゆーかヲタ系とゆーか・・・そんな伝統が今でも受け継がれているよーな気もして、
なんか今回参加するのがちと気恥かしいような、はたまた・・・

うれしいような・・・こわいような・・・どきどきしちゃう、私の胸・・・
かわゆかったなあ、山本リンダ・・・そーいや「リンダリンダリンダ」のじょしこーせーもよかったな・・・あれは別の監督作品やったな・・・


えーっ今週はちと、家庭でバタバタしてまして、わたくしかなりハイになっておりますね・・・




閑話休題・・・




わたくし、創立まもない頃に入会したメンバーで、さすがにあれから40年ちかく経過してますし、
特に最近のわが母校は、まじめでスマートなやつが多いと聞いてましたので、
もうあんな雰囲気は残ってないかも、でも逆に、現役じょしだいせーがいっぱいいるかもと、
期待と不安を胸にしつつ会場に向かったのであります。



RIMG2963

古い家並みの残る京都の街中を一人でとぼとぼ歩いて行くと・・・











記念行事の会場・・・

RIMG2964







RIMG2967



は、この旅館の北側にある、教職員会館を改装した立派なホテルでした・・・ほっ













で、地下にある大ホールに入れば、すでに百数十名の卒業生たちでいっぱい・・・

BlogPaint


40年といえば、ほぼ三世代が集まっているのですが、やはり圧倒的に男性が多かったですねえ・・・

みなさん、そこそこフォーマルな感じで、いかにも創立記念行事らしい雰囲気であります。






で、現会長の「開会の辞」で、いよいよ多彩なイベントのはじまり・・・

のはずだったのですが・・・

現会長、舞台に上がった途端、頭の中が真っ白になったとかで、長時間の沈黙が続き、

「うっ、うぐぐぐ、とっ、ともかく、はっ、はじめますっ・・・はぁはぁ、ううっ」といったきり、舞台袖でばったり・・・












BlogPaint

さすがにこれには、参加者全員が唖然とするやら、昔の自分を思いだして苦笑いするやら、
たちまち、場の雰囲気がなごやかになりました。

もし計算ずくの演出だったとしたら大したものなのですが、その後の現役スタッフの自己紹介も・・・

「ふっ、ふだんの活動は、今も読書会でありますっ、でっ、でも、誰も読んでこないんですう!!
たっ、たまには、まじめに読んできてくれいっ、ひぃーっ」

「わっ、わたくし、また留年が確定しましたっ、秋からどーなるかわかりましぇん、えーん」

「ご、ご覧のとおり、現役じょしはほとんどいましぇん、もちろんわたくし、彼女いましぇん。
娘さんでも、お孫さんでもいいですう。だっ、だれか紹介してくださいっ、うううっ」

とか・・・みんな悲痛な叫びばかり・・・

って、この状況・・・



昔とちっとも変ってないやないかいっ!!



それでも、それ以外の出し物は、さすがにSF研究会、最先端の映像技術や音響効果を駆使して・・・











RIMG2972


RIMG2969




RIMG2987




RIMG3006



RIMG3003


古い機関誌(同人誌)やその付録などを展示してあるだけ・・・




これ以外には、顧問の先生や歴代会長などの一言コメントだけとゆー、
いたってシンプルな構成とゆーか、手抜きとゆーか・・・

まあ、ここらあたりのいい加減さも、「サマータイムマシンブルース」の世界と一緒で、
かえってほっとした次第なのであります。あは


それでも、食べ物と飲み物の量だけは、たっぷりと用意されており、みんながつがつと貪り喰ってました。
ま、このあたりは見事に客層を分析把握しており、わたくしもうれしい限りでありました。




で最後は、ずっと後輩にあたる、エンタープライズ号「カーク船長」とのツーショットでお別れ・・・

BlogPaint




「Live long and prosper! 長寿と繁栄を!」









で、記念行事終了後は、五年から十年ぐらいずつの世代グループに別れ、
分散しての二次会となったのですが、一回生のときの四回生、四回生のときの一回生と、
人間関係は途切れずに続いているわけですから、創設当時のメンバー以外は、
「ううっ、ぼっ、ぼくたちはどっちに行ったらいいんでしょう・・・おろおろ・・・」
と、先輩に聞いてくるやつがいたり、中にはあちこちハシゴしたやつもいたようで、
ま、このあたりの優柔不断さとゆーか、いい加減さとゆーのも、しっかりと受け継がれておりました。







で今回は、わたくしの参加した創立世代グループの、会場にあった古い記念写真を特別公開・・・






じゃーん

BlogPaint


ま、三十何年か前の写真ですから、当時の美少年、美少女の面影は、
いまやカケラも残ってないとは思われますが、いちおーモザイクなんぞをかけてみました・・・

これ、わたくしの学年の「追い出しコンパ」の時の記念写真なんですよね・・・

わたくし、学生時代のアルバムが、引っ越しのどさくさ以来、ずっと行方不明のままなので、
ほんとうに懐かしかったです。



で、この夜はおおいに盛り上がり、携帯電話を失くす者、記念品のペーパーウェイトを置き忘れる者、
靴を履き間違える者、はたまた三次会以降、行方不明になる者などが続出・・・




って、きみたちねえ・・・




まったく進歩とゆーものがないんかいっ!!!



感謝と期待と気遣いのP.S.
今回、わざわざ名簿を調べて連絡いただいたS本さん、現役生をそそのかした創設者のK山さん、
そして、そそのかされて記念行事をやらされた現役生のみなさん、ありがとうございました。とても楽しかったです。
次の50周年から100周年までは参加するつもりですので、お世話(介護)をよろしくお願いします。
ところで、携帯電話を失くしたK原さん、結局見つかったの? えっ、二次会以降の記憶がないって???

5年後の追記です。
性懲りもなく創立45周年記念行事にも行ってきました。あははは


m98k at 23:33│Comments(5)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ブログ日誌 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by みぶ真也   2010年11月12日 07:43
お疲れさまでした。
昔と変わらず、若々しく進歩のない先輩を見て嬉しかったです。
あの記念品はぶんちんだったんですね。
ルーペだと思って使ってました。
2. Posted by Yasshi   2010年11月12日 09:01
ばかたれ、「Live long and prosper」だろが。
3. Posted by 98k   2010年11月12日 20:33
こっ、これは・・・個性派俳優のみぶ真也さん!!
こんな辺境サイトへお越しいただき、ありがとうございます!!
わがSF研の出身者で、プロの俳優がいるとは知りませんでした。
ま、著名なモデラーとか、AV関係者とか、怪しい懐中電灯マニアなら知ってますが・・・
ちなみに帰りの三条から四条への道すがら、大和と武蔵の艦橋構造の違いを、
延々と語り続けてたのは、O笠原くんとゆー後輩でしたが。
>ルーペだと思って使ってました。
って、あんたの某SNSの記事には「記念品のコンタクトレンズ」って書いてたでしょうがぁ!


Yasshiさん
わわっ、ほんまやっ! 「Be」ではなく「Live」でしたね、バルカン式の挨拶。
元トレッキーで元スターフリートベース京都のメンバーとしては恥ずかしいかぎり・・・
先ほど、さりげに記事本文を修正しておきました、ありがとうございました。ぺこぺこ
んで・・・
そちらの記念行事には、わたくしを「来賓」として無料招待、もちろん食べ放題とゆーことでですね・・・
4. Posted by TOMO   2010年11月13日 18:25
>まったく進歩とゆーものが....
と言うか、「回帰するところがある」ってことではないでしょうか。原点の(いくつかあるうちの)ひとつということで。
私も大学校友会の地区の例会に出るときは、蛮声はりあげて校歌を歌ったりしますし。
>古い記念写真
皆さんの髪型が時代を物語っていますね。で、どれが98kさん?
5. Posted by 98k   2010年11月13日 23:55
わははは、TOMOさんは高下駄・マントの世界でしたからねえ・・・

>「回帰するところがある」
うーむ、確かに、ある時期を一緒に過ごした連中と久しぶりに会うと、その頃に回帰するのかも・・・
って、ここの連中の暮らしぶりを聞いてると、わたくしも含め、基本的に変わってないとゆーか、
みなさん、マイナーでマニアックでヲタっぽい生活を捨てていないようでしたが。

>で、どれが98kさん・・・
記事本文にあるとおり、わたくしの学年の「追いコン」での記念写真でしたから、
前列に座ってる四人が四回生で、一人だけ就職が決まってなかったので、
そいつだけは意地を張ってネクタイを締めてますね・・・あははは
ちなみに今回は、スーツやブレザー姿が多かったのですが、わたくしの世代は、
先月のOFF会キャンプのわたくしと、よく似たファッションが多かったです・・・

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ついに一眼レフを???ニッポンのアウトドア作法と・・・