豊かな泡のプレミアム地獄キャンプOFF報告2

2010年12月14日

地獄キャンプOFF報告1

むひゃひゃひゃ


行ってきました、地獄キャンプOFF会へ!!!


まあ地獄キャンプとはいっても、TOMOさんからいただいた五島うどんの「地獄だき」を食べるとゆーだけで、
べつに、地獄のような思いをするキャンプではなく、場所も天の川伝説で名高い奈良県の天川村で、
地獄とゆーより、むしろ天国に近い・・・








はず・・・だったんですが・・・ 









今回は、はるか東方から、ライトマニアのHiguさんが初参加されるとゆーことで、
ライト界では「関西まむしの四兄弟」として知られる???、red-bicycle(赤チャリ)さん、wingさん、
川端さん、98kの四人と合わせて、五人での冬季キャンプOFF会となった次第であります。

赤チャリさんのクルマが、wingさん、当日の始発で関西に来られたHiguさん、98kと次々とピックアップ、
大和下市あたりのスーパーで川端さんと合流したのは、12月11日の昼前でした。

で、さっそく食糧の買い出しとなったのですが、あれもこれも、きな粉餅も、おおっ、こんな電池も売ってるぞ・・・
とか言ってるうちに一時前になってしまい、昼食は洞川鍾乳洞群へ着いてから、つーことになりました。

まあ、このあたりの事情は、一足先に川端さんが記事にされておられます・・・



で、さらに30分ほどで洞川に到着、近くの駐車場にいったんクルマを置いて、
先ほど購入したお弁当を持って、ここからは徒歩で出発することになったのですが・・・

「ええっ、このまま洞窟へ行くんですかぁ???」

「困ったなぁ、メインのライト類は荷物の下敷きになってるしぃ・・・」

「わたくしも、すぐに出るのはちっちゃいのだけです。」


とかいいつつも・・・

RIMG3268

鍾乳洞群への遊歩道の入り口となる、冬季閉鎖中の洞川エコミュージアムセンターへ・・・

先行する川端さんの持つお弁当の袋には、なにやら筒状のものが・・・

はたまた、後に続くwingさんの腰のホルスターには、やはり黒い筒状のものが・・・

ちなみにセンター玄関階段の両端に白く残ってるのは・・・残雪であります・・・




で、洞窟前に到着して昼食となったのですが・・・

BlogPaint

テーブルの上には、いつの間にかマグ三本と、お弁当の上にも怪しげな筒状のもの、
右側のHiguさんの腰にも、いくつも怪しいホルスターが付いてるし・・・

ちなみに画像右端に見えているのが「蝙蝠の窟」(こうもりのいわや)の入り口であります。










RIMG3272

とまあ、結局はライト談義しながらの楽しい昼食となった次第・・・

ちなみに飲まない川端さんは、二日酔いの猫さん製のアルコールバーナーで沸かしたコーヒー、
同じく飲まない赤チャリさんは、たしか飲み物なし!!!だったはず・・・
で、飲む三人は、サントリー京都限定醸造の「琥珀の贅沢」であります・・・

いやあ、クルマのお二人が飲まないとゆーのは、残念とゆーか、これ幸いとゆーか・・・げひげひ



で、昼食後、先に上流側の「蟷螂の窟」(とうろうのいわや)の偵察に行ってくれた川端さんが、

「やはり冬季で閉鎖されてましたね。もっと上流に管理人さんがおられるそうですから、
わたくしが開けてもらってきます。みなさんは先にこちらの蝙蝠の窟へ入ってて下さい。」とてきぱきと・・・

そう、いつもここへ来て瞑想に耽っているとゆー川端さんにとっては、
まさに「川端さん家の鍾乳洞」だったのであります。




このふたつの洞窟の詳細については、二年前の記事で詳しく紹介してますので、
今回は内部の画像をかなり省略させていただきますが・・・

まあ・・・
RIMG3273

蝙蝠の窟には、きっぱりとコウモリさんが寝てました。










でも、ここのコウモリさんたち・・・

RIMG3276

MC-E化されたマグ3灯で照らされたことなんて、今までなかったんでしょうねえ・・・











で、出口に至る最後の難所、善人しか通れないとゆー、「役行者の潜り洞」・・・

RIMG3280

まずは、わたくしとよく似た体型のHiguさんから・・・












RIMG3281

こちらは、邪心がないとゆーのか、まだ関西ダークサイドに慣れていないのか、
奇跡的にするすると通過されました。

で、もちろん、善人の代名詞といわれるわたくしも、(あちこちぶつけながらも)無事通過・・・









RIMG3282

邪念とゆーか、改造欲のかたまりであるwingさんは、とーぜん頭が抜けず・・・












RIMG3284

頭の改造欲に加えて、胴体で石の改造までするとゆー赤チャリさんは、手足と凸レンズマグ以外は抜けず・・・



ふたりとも、そのまま見捨てることになったのですが・・・



(以下、次号に続きます。)



m98k at 00:33│Comments(11)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック フラッシュライト、ランタン | 川下り、キャンプ宴会

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 二日酔いの猫   2010年12月14日 01:22
またまた怪しさ全開っ

こうなるともはや予定調和ですね
2. Posted by リオ   2010年12月14日 08:00
いーなー既に楽しそうですよねぇ。。。
ううう・・・遊べる時間と財力のバランスが・・・
いつも奥様に「もっと働け!」と叱咤され・・・

ともあれ。あれ? Higuさんが厚着してますね。
いつもワタシと同様の軽装な記憶が(笑)。
3. Posted by きたきつね   2010年12月14日 11:28
いや、楽しそう。
いいな~。
こちらは明日の天気予報、最高気温-4℃、最低気温-6℃。
日がな一日氷点下ですよ。
そちらへ行ってキャンプしたいです。

PS
仕方ないので雪中行軍装備を充実中ですが・・・。
4. Posted by 川端   2010年12月14日 12:57
お疲れ様でした+ありがとうございました+楽しかったですね(^^)


ちなみに私は今回Higuさんに強奪されたwing氏謹製キーライトのみでの入洞でしたので、おベント袋で筒状に見えるのはメスティンに掛かってる百均ベルトですねっ♪

しかし、こーしてみると、、、

蝙蝠のほうも入りゃよかったかなあ(^^;
5. Posted by cinq   2010年12月14日 20:44
なんとなく聞いては居ましたが、やっぱりヂゴクキャンプだったんですね~
ところで98kさんと一緒に行った人達は一人も生還していないという噂は本当でしょうか?
6. Posted by TOMO   2010年12月14日 22:20
いや、楽しそう。そして寒そう。ぶるぶる。
寒がりの私だったら、洞窟の中で遭難していたかも。
ところで、皆さんの生還率は.....、やっぱり。

>蝙蝠
ウチの猫が時々おみやげに持ち帰ってきます。どこで、
どうやって捕まえているのかは謎です。
7. Posted by Higu   2010年12月14日 23:51
5 お世話になりました!!!お疲れ様でした!
いやぁ凄く楽しかったです!
あ、もちろんあの穴を通れたのは邪心が
無いからですよ・・・

あと、リオさん。自分が厚着なのは川端さんが、
自分が薄着だったのを見かねて「何か着たほうが
いいです」と心配してくださったので・・・
98kさんも汗かいてましたね!
8. Posted by 98k   2010年12月15日 00:00
先週から平日は毎晩忘年会、で土日はキャンプ忘年会、で今週も毎晩忘年会で今帰宅した98kです。げふっ

二日酔いの猫さん
>予定調和・・・ま、そーいやそうですねえ
「怪しくて楽しくて、やがて哀しきOFF会かな・・・」98k


リオたん
>遊べる時間と財力のバランス・・・たとえ財力なんぞなくとも、遊べる時間はいくらでも・・・
わわっ、ごめんなさい、今週からまじめに働きます・・・ひいっ、びしっ、ばしっ
>Higuさんが厚着・・・本人の名誉のために解説しますが、決してHiguさんの本意ではありません。
クルマから降りたHiguさん、なんと薄いトレーナー一枚で、しかも袖まくりまでしてたので、
残る4人で説得した結果であります。「べつに寒さは感じないんですが、郷に入れば従います。」と・・・


きたきつねさん
さっ、最高気温が・・・マイナス4℃ですかっ!!!ぶるぶるぶる
>雪中行軍装備を充実中・・・
どんな装備を充実されたか、ぜひご教示ください。
まさか、ビキニの水着とかレオタードとか・・・ぶるぶるぶる


川端さん
あれっ、たしか洞川に置いてきたはずなのに・・・無事生環してたのねっ!!!
そーでしたか、あれはメスティンのキットでしたか・・・
あたしゃてっきり、リチウム仕様のマグ2Dだとばかり・・・



9. Posted by 98k   2010年12月15日 00:34
cinqさん
>一緒に行った人達は一人も生還していないという・・・
ええ、たしかにおいしかったですよ、特にHiguさんなんか、脂がのってて・・・シーハー
まあ、川端さんは小骨が多くて、wingさんは肉の中までライトが詰まってて、
赤チャリさんはやたら石が歯にあたって、どれもちと食べにくかったのですが・・・

って、わしは食人鬼かっ!!!
まあ、たしかにわたくしの場合、「人を喰った人生」といわれておりますが・・・




TOMOさん
まあ、洞窟の中は暖かいですし、TOMOさんの場合はアルコールが100%、熱エネルギーに変換・・・

コウモリ料理は各地にあるようですね。ちなみにわたくしも、ときどきコウモリを咥えて帰宅しますが。



Higuさん
いやあ、ご無事でなによりでしたねえ・・・
こちらのOFF会での初参加者の生還率は、ふつー10%以下なんですが・・・
最初に潜り洞に入られたのは正解でしたね。
きっと今までになかった強力な邪念だったので、思わず通過させてしまったのでしょう。
ちなみにわたくしも、洞窟の中に入ったら、たちまち汗まみれになりましたが、
この季節で薄いトレーナー1枚とゆーのは、やはり日ごろの食生活の賜物ですねえ・・・
いずれまた、食べて飲んでのキャンプでお会いしましょう!!!


10. Posted by red-bicycle   2010年12月15日 13:28
お疲れさまでした。

蝙蝠の窟では「メインでない」ライトを持ち込んだせいかどうか、凸レンズの保護に気を取られて難儀するとは・・・

で、皆さんの「メインのライト」ってどれなんでしょう?


( 私、自宅PCを破壊されてしまい、地獄レポートが進まぬ状況で御座います(ノ_-。)
11. Posted by 98k   2010年12月15日 22:44
赤チャリさん
そーいや、あなたのメインは、DOP-11MGでしたねえ。
まあ、どのDOP-11MGがメインなのかは、誰にもわかりませんが・・・

>皆さんの「メインのライト」って・・・
わははは、これは次回OFF会への課題とゆーことにしましょうね。
まあ、メインだけで、20本や30本ではとても収まらないとは思いますが・・・

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
豊かな泡のプレミアム地獄キャンプOFF報告2