災害避難について1災害避難について3

2011年03月15日

災害避難について2

(災害避難についての「まとめ記事」はこちらです。)

前回記事では一時的な避難のポイントを思いつくまま書きましたが、
今回はその際の持ち物について述べてみます。

大規模な余震の可能性もあるようですし、一時的な災害避難の際に必要なモノを、
今回も思いつくまま書きますので、引き続きの修正、追加コメントなどをお願いします。

ちなみに今、全国のホームセンターなどの店頭で、懐中電灯や電池などの防災用品が、
一時的に品薄になっているようですが、供給量は充分にあるそうなので、落ち着いて行動して下さい。


2 一時的な避難の際の持ち物

米海軍パイロットのサバイバルマニュアルによる優先順位、
①酸素、②シェルター、③水、④火、⑤食料、が一時的な避難のポイントと前回書きましたが、
持ち物についても、やはりこの要素が重要になると思います。


①の酸素というのは、災害時には、まず溺死、圧死、窒息死しないところまで、
一目散に逃げることですから、安全に避難(移動)するために必要なモノということになります。
まず、衣類、靴、手袋、ライトは必需品、どんな場合でも身につけるか持てるようにしておきましょう。

ライトについては、このサイトをご覧になっておられる方にはいわずもがなですが、
特に市街地の地下空間や窓のない室内では、昼間でも停電すれば真の闇になります。
非常灯が点灯する場合もありますが、自分の手元や足元までは見えませんから、
やはり安全な避難のためには絶対必要で、いつも身につけていること(EDC)が重要です。

一本なら明るさの切り替えができてランタイムも稼げ、SOSモードやストロボモードのあるもの、
二本ならシンプルで小型のものと、様々なモードで使える多機能なものかヘッドランプ、
常備用にはリチウム仕様なんでしょうが、その後の長期にわたる避難生活も考えると、
支援物資として配給されやすい、単三アルカリ電池仕様のやつもあったほうがいいでしょう。

これ以外で災害時の移動に必要なものとしてヘルメット(なければ帽子でもフードでも鞄でも)、
その他、脱出用にパラコードなどの細引きやツールナイフなども考えられますが、
自分の日常生活空間から安全な空間までの移動に必要なものはそれぞれ異なりますから、
最低限、何を身につけておればいいか、自分の周辺状況にあったものを選びましょう。

極端な話、安全な場所までの移動中に水没する可能性が高い状況であれば、
P.F.D(ライフジャケット)や防水パックした着替えを常備することも必要になるでしょうし、
超高層ビルを階段で移動するなら、ストックなど山歩き装備を常備することも必要でしょう。


次に②のシェルターの観点からは、まず保温と雨風を遮るのに必要なモノということになります。
理想的にはゴアテックスの上下を着て、テント・マット、着替え、シュラフを入れた大型リュックで・・・
となるんですが、一刻を争う一時的な避難は自宅からとはかぎりませんし、
重い荷物を用意していてはとても間に合いませんから、いつも身につけているものとしては、
薄いレスキューシートとマルチツールナイフ、それにライターぐらいが限度ではないでしょうか。


次に③の水ですが、外出時は軽くて薄いビニール袋と折りたたみ水筒かペットボトルを持参して、
安全な場所でシェルターを確保してから、落ち着いて探しに行くことにしましょう。

もちろん、自宅や職場で非常用持ち出し袋を用意しておく場合には、
常備薬やエナジーバーなどの僅かな食料とともに飲料水も必ず入れておきます。
一般的には500mlのペットボトル入り長期保存水が一本か二本というのが多いようです。
本日の報道でも、一人500mlの水と僅かなジャムだけで、三日半ご自宅の二階で孤立、
ようやく本日になって救助されたご夫婦がおられました。
ちなみに一時避難用には、総量でも小型のデイパック程度にし、両手は空けておくのが鉄則です。


④の火についてですが、これもEDCとしては防水マッチかライター、非常用持ち出し袋なら、
小型のアルコールバーナーか固形燃料セットを入れておくことになりますが、
メタなどのチューブ燃料なら、廃材などの焚きつけにもなります。


最後の⑤食料ですが、わたくしは日帰りハイキングのデイパックの中身と同じく、
ふだんの鞄の中にも、アメやチョコレートなんぞを常時いくつか携帯しています。

自宅や職場の非常用持ち出し袋なら、前述のエナジーバーなど、もし燃料系を入れるなら、
水を余計に入れておけば、カップ麺やコーヒーなど温かいものが口にできます。

わたくしが阪神淡路大震災で避難所のお世話をしていた時も、メインはずっと冷たい弁当でしたが、
ボランティアが作った温かい味噌汁が一番好評でしたし、温かい飲み物や食べ物は、
萎えかけた気持ちをふたたび元気にしてくれるものだと思います。


ここまでのモノをまとめると、いつも身につけている(EDC)、あるいはそばにあるものとして、
衣服、靴、手袋、ツールナイフ、鞄またはリュック、パラコード、ライト、レスキューシート
ライター、ジップロックのビニール袋(水筒)、アメ、ということになります。

あと、ハンケチ(バンダナ)、ポケットティッシュ、救急セットは当然ポケットや鞄に入ってますが、
バンダナやティッシュはいろいろと使えるので、やはり避難時でも必携です。
また、ワンセグ携帯電話や手帳などの情報ツールももちろん入ってますが、
これらが今回のような大規模災害時にどこまで役立つかは、電池残量とインフラ被害によります。

それと自宅と職場、仕事で常時使うならクルマにも用意する非常用持ち出し袋には、
これらに
プラスして水と食料と燃料程度、あとはヘルメットと雨具があれば、というところでしょうか。

3/15追記です。
自転車屋ダンさんからコメントをいただき、必需品にラジオを追加します。
「電波情報のない中での一時避難」というのは国内の市街地では、まずあり得ないわけで、
携帯の電話やネットやワンセグは、近くの中継局が破壊されれば一切使えませんが、
AMラジオは比較的遠くの電波も拾いますし、放送局も緊急情報は優先して流しますから、
携帯が使えなくなった場合の情報収集には不可欠で、最新の電波情報は生存を左右します。
イヤホン専用のカードラジオなら簡単にEDCできますし、非常用持ち出し袋に入れるなら、
ライトと共通の電池仕様にしておくと便利ですね。防滴仕様以外はジップロックしておきましょう。

さらに後日の追記です。持ち物については記事冒頭にリンクした「まとめ記事」をご覧ください。


避難するのに時間的、体力的な余裕があれば、バックパッキング装備を持てば完璧なんでしょうが、
これらについては過去の記事をご参照ください。


以下にわたくしの通勤鞄の中身のうち、一時的な避難に使えそうな「モノ」をご紹介・・・
(この中身は、山歩きやキャンプの際のリュックにも移動します。)
RIMG3564
右上から時計回りに、500mlペット、TOMOさんにいただいたジッポーライターと予備の永久マッチ
下に敷いてるのは使い切りマスク、下段中央のキーホルダーにセットしてるのは、
wingさんからいただいたオリジナルARC-AAA(単四1本の小型ライト)、TOMOさんからいただいた・・・
けど失くしてしまったので買い換えたクトリノックス・クラシック自宅のカギ
その左、真鍮色の棒は、中国製の耳かき、眼鏡ドライバー、リーマーなどの入った小型ツールセット
キーホルダーセットの左は旅館にあった裁縫セット、下に敷いているのは作業用の安物革手袋
(軍手より薄く収納できて、熱にも摩擦にも若干強い・・・はず・・・)

左下救急絆創膏(財布にも、小型ポーチにも薬や綿棒、ジップロック、ティッシュなどと入ってます。)
その上はアメ各種、その上はパラコード10m(芯には布ガムテープを巻きつけてあり、
さらに芯の中には単三・単四の予備電池が一本ずつ入ってます。)

左上のコードから右へ、米軍仕様のレスキューシートFENIX MC-10(単三1本のL型ライト)、
ビクトリノックスの新型ソルジャー(ツールナイフ)、やはりTOMOさんからいただいた、
コールマンのプライヤーつきマルチツール、以上の3点はred-bicycleさんからいただいた、
ultra-fireライト用の高級ケース入り・・・


って・・・


ずいぶんいただきものが多いですが・・・





ま、今回のようにマルチツールナイフを複数持つことはめったにありません。
通勤鞄にはコールマンのプライヤーつきマルチツール、山歩きやキャンプには、
ビクトリノックスの新ソルジャーだったんですが、本日はどーゆーわけかふたつとも鞄に入ってました。

ベルトポーチに小銭、携帯などと一緒に入れているキーホルダーセット以外は、
これらをA4サイズの皮製通勤鞄に入れて、職場では机の脇、自宅では枕もとに置いて、
通勤途中でも手放すことはまずありませんが、万一離れてもベルトポーチのキーホルダーセットと、
ポケットに入れているジッポーライター、ハンカチなどは手元に残ります。
鞄があれば、頭の上に(少し離して)かざせば、落下物の衝撃を緩和してくれるはずです。

前回記事へのTOMOさんのコメントにもありましたが、あれこれ持っていかないと、と悩む前に、
まず安全な場所に避難することが第一順位ですから、いつも手元に最小限のものを、
それをひっ掴んで、靴を履いて手袋をして(暗ければライトを照らして)、
冷静沈着に、その状況下で想定しうる最良の避難場所へ、ともかく早く到達することです。




m98k at 00:05│Comments(14)mixiチェック 災害避難とか | その他アウトドア

この記事へのコメント

1. Posted by Higu   2011年03月15日 01:15
今後の装備として参考にさせていただきます!!!

先週は地震の影響で電車が全て止まってしまった為
徒歩で帰宅することとなったのですが、20本の
ライト、予備の沢山の電池をEDCしていたため
カバンが重くて半分しか歩けませんでした。
道中は停電も無くライトは休憩時の公園で
ピカピカするぐらいしか使い道はありませんでした・・・

幸い足立区の避難所にお世話になることが出来
行き倒れは回避できました・・・
2. Posted by 98k   2011年03月15日 01:46
おおっ、Higuさん、ご無事でしたか!!! よかったよかった・・・って、
>20本のライト、予備の沢山の電池をEDCしていたため・・・
うーむ、ライトは避難の必需品だけど、その重さで目的地までたどり着けないヒトもいるのね・・・
で、照明のある道路を歩いて、休憩時の公園でピカピカしましたか・・・よかったよかった・・・
何にせよ、無事に避難所までは行けてよかったです。
ほんと、東京もなかなか大変な状況のようですね。
一時的な避難ではなく、帰宅困難者の装備についても考えないといけませんね。
ともかく、これからも余震にお気をつけて、頑張ってください!


3. Posted by ニャん丸   2011年03月15日 07:50
98kさん、おはようございます。

ご無沙汰しておりましたが、無事でおります。
いまだに例の事情により自宅にいたのですが、被害の少なかった東京23区内(かなりの埼玉寄り)とはいえ、人生で経験したことのない地震の揺れを経験しました。
正直な話、「さすがにコレはダメかも…」と思うほど(汗
昨年購入した液晶TVがたおれそうになり、必死で押さえていたのですが、途中からTVより自身の安全確保に走りました。
結局、本人、家族、友人・知人とも無事を確認できましたが、地震当日は大きな余震も続き、夜もほとんど眠れないほどでした。
自宅待機中のため、帰宅難民になることはありませんでしたが、計画停電のために現在、コンビニにカップ麺と電池が見当たりません。
ライトマニアの端くれのおかげで、停電になってもライトと電池で困ることはありませんが、長期化しそうな計画停電などという状況を考えるとエネループなどの充電池も充実させたいところではあります。
しかし、被災地の現状や原発の問題などを考えると、計画停電程度の不自由でコンビニを買い漁る東京人の浅ましさにも考えさせられます。
現在、一番困っていることは…今週予定していた仕事の面接の音沙汰がまったくなくなってしまったこと…あああ、ワタクシもちっちゃい人間だなぁ(汗
4. Posted by 自転車屋ダン   2011年03月15日 09:42
前回に続き2回目の災害避難の話、改めて参考にさせて頂きます!

ところで、エマージェンシーシートって15年前に購入してから使った事がないんですが、使用する際は結露に気を付けないといけないんですね。出来れば使わずに済むに超した事はないですけどね。

さて、1つ提案なんですが、もし鞄内に余裕が有るならば、小型のラジオを持つのも情報収集に役立ち良いのではと思います。私自身はSONYのSRF-M98をEDCしてます。これは同じく私のEDCの1つであるFENIX-ED01と使用バッテリーが同じ点からも選択しました。

今後も油断は出来ない状況が続きそうです。お互い気を付けましょう。

5. Posted by TOMO   2011年03月15日 18:26
私も、通勤バッグに入っているもの。
ライト、大小3本。予備電池1セット。
ライター。防水マッチを密閉ケースに入れたもの。
ハンカチ、バンダナ、ティッシュ、ウェットティッシュ。
救急絆創膏、防水絆創膏、ビニールテープを入れたジップロックケース。
細い銅の針金(柔らかいので、手で何でも縛り付けられます)3メートル分。
ペットボトル(水かお茶の500ml、飲んだら補充)
レスキューシート、100均のペラペラポンチョ。
あと、ナイフやツールナイフも入れておきたいのですが、関空での「テロリスト未遂事件」のトラウマで、日常の携帯はしておりませんです。
ラジオは今後追加しますね。

福島第1原発の4号機、消火活動に米軍が参加とのニュースがありますね。
敬礼!
6. Posted by 98k   2011年03月15日 18:39
ニャん丸さん、こちらこそご無沙汰してました。みなさんご無事でなによりでしたね。

東京でも相当な揺れだったようですね。大阪でも高層ビルは長周期振動とやらで揺れました。
>計画停電程度の不自由でコンビニを買い漁る・・・
まあまあ、我々にとってはライトや予備の電池は日常にに存在するものですが、
一般人にとっては、非日常の存在ですから、あわてて買い漁るのもわかるような・・・
でも食料などを必要以上に買い占めるのは、流通が混乱してる中では絶対やってはいけないことですね。
被災後、計画停電後でも、通常の必要量なら、充分な生産・供給能力はあるのですから。
>エネループなどの充電池
内蒙古の植林基地で停電が日常茶飯事だった頃、長期滞在してるボランティアの方に、
「通電してる間に充電しておいて、停電になったらライトに入れて使う。」ことを伝授しましたが、
まさに計画停電にはぴったりですね。みなさんに薦めてあげて下さい。
>例の事情により・・・って、最後の行でしっかりネタバレさせてるじゃないですかっ!


7. Posted by 98k   2011年03月15日 19:26
自転車屋ダンさん、ありがとうございます。

>エマージェンシーシート
そうですね、まったく通気性、透湿性はありませんが、なにせ一枚のシートなので、
ポンチョ同様、あちこちに隙間ができますので、結露はしますが服の上なら許容範囲だと思います。
ご存じとは思いますが、寒さ除けには銀色面を内側に、暑さ除けには銀色面を外側にします。
>小型のラジオ
このサバイバルマニュアルでは、敵地からの脱出方法や情報伝達方法は別項目でしたので、
こちらの記事でも、ついつい「情報のない中での生存」を前提としてました。
ご指摘のとおり、小型軽量で省電力のラジオは必需品ですね。さっそく記事本文に追加します。ありがとうございました。
携帯電話のワンセグやネットなんて、近くの中継局が破壊されたらお手上げですし、充電もまず不可能、
いっぽうラジオのAM電波なら遠くからでも拾えますし、電力消費もイヤホン使用なら僅かですね。
ライトと同じ電池仕様のラジオ、というのも重要なポイントだと思います。
ただまあ・・・20本もライトをEDCしてる人なら、どんなタイプの電池でも大丈夫でしょうが・・・
直接被災しなかった地域の我々にとっては、これからが本番です。できることから頑張りましょう。

8. Posted by 98k   2011年03月15日 19:44
TOMOさん

昨日、鞄をひっくり返してみて、いただきものの多さにあらためて満足・・・
それにしても・・・
ガムテープ→ビニールテープ、パラコード→細い銅の針金、以外はまったく同じでしたね!!!
>100均のペラペラポンチョ、というのも小型軽量でEDCにいいですね、タープにもシートにもなるし・・・
>関空でのトラウマ・・・わははは、無意識に機内に持ち込もうとした数十本のナイフのことですね。
まあ、20本のライトと大量の予備電池をEDCしてる方もおられるようですから、トラウマ無用で・・・
>自転車屋ダンさんご指摘のラジオ
市販のサバイパルセットにも必ず入ってる必需品ですね。
リチウムボタン電池仕様でイヤホン専用のカードラジオなんかだと、ライフタイムもランタイムも長く、
鞄の中でもEDC可能ですね。わたくしもあらためて物色してみます。
9. Posted by 二日酔いの猫   2011年03月15日 22:29
まぁ色々お持ちなんですね。
と言いつつ私の通勤リュックの中身もほとんど同じ(汗)。
違うのは百均で手に入るアルコールを含んだウェットティッシュ(消毒も兼ねて)とケミボタル(常夜灯代わり)くらいでしょうか。
いずれにしても職場で被災したら1ヶ月位は帰れないでしょうからあまり意味はなさそうです。
10. Posted by 98k   2011年03月15日 22:44
二日酔いの猫さん

先ほど22:31ごろ、大阪でも揺れを感じました。
大阪は震度1、震源の静岡東部では震度6強だそうです。

そちらの部署はインフラ復旧になると最前線ですから、メドがつくまでは帰れないでしょうね。

>アルコールを含んだウェットティッシュ(消毒も兼ねて)とケミボタル(常夜灯代わり)
これも飲み水が貴重な中での衛生処理と、寝てる間にも発見されるためには必要ですね。
11. Posted by alaris540   2011年03月16日 00:41
ただいまこちらでは深夜にもかかわらず自衛隊とおぼしきヘリが飛んでいます…バンダナに針金ですね、了解です。

>ラジオ
私は以前記事にしたSRF-M97Vです、もう98が出てたのですね。
もとは暇つぶしのために買ったものではありましたが、11日の地震速報・交通情報で大活躍しました。デジタルチューナー+プリセット登録による素早い選局は大きなアドヴァンテージで、ラジオ1つとっても安物買いは出来ません。自転車屋ダン様御指摘の通り小型軽量ながら電源にコンパチビリティがあるのも安心度大。

普段から新幹線のプラットフォームはAMの電波が入りにくいのが気になっていました。
12. Posted by 98k   2011年03月16日 00:52
alaris540さん
>バンダナに針金・・・って、そんなこといってて大丈夫・・・ならと、やや安心しました。
先ほどは震源の浅い直下型だったようで、少しでも離れてると被害は少なかったようですね。
ただまあ、富士宮市のあたりの被害はどうだったんでしょうね。
>ラジオ・・・やはり災害避難時には重要な情報源になるようですね。安物買いは心配ですが。
ともかく今回もご無事でなによりでした。
13. Posted by monozof   2011年03月17日 00:01
では私も遅ればせながらこちらでも生存報告を。
なるほど万全かつ無駄の無い装備品・・・ん?

おや、愛用のマチェットが写っていないような?




と言うのは冗談ですが・・被災地を自転車で捜索に回っている初老の男性が小さめの腰鉈を下げていたのをTVで見て「ああ、そう言えば鉈も切ったり割ったり掃ったり潰したりと結構万能だったなあ」ってのを思い出しました。(さすがに都会だとまずそうだけど)
14. Posted by 98k   2011年03月17日 00:15
monozofさん、お元気そうでなによりです。
そーいや、鉈やマチェットがあれば倒れた街路樹を切り開いて進むことが・・・
って、いちおー今回の記事は市街地でのEDCを前提としてますので、
さすがに・・・あっ、通勤鞄の底になにやら巨大な・・・
じっさいの道路復旧でも、まず倒れた街路樹や電柱などを切り分けて取り除きますし、
道のないところで移動する際の必需品ですから、ジャングル並みに散乱した被災地では、
移動や捜索での必需品になるのかも知れませんね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
災害避難について1災害避難について3