モンゴルに行ってきます!2011モンゴル紀行その2

2011年06月11日

2011モンゴル紀行その1

わたくし、6月5日から昨日10日まで、モンゴルでの植林をメインにしたツアーに参加してきました。

まあ、わたくしにとっては「ショクリン」がメインなんだか、「ショクヨク」がメインなんだか、よくわからないツアーになったんですが、
ともかくこちらでは、食べ物画像を中心にさくさくっと報告させていただきますね。



わたくし、中国の内蒙古自治区には1990年代から何度か植林ツアーに行っているのですが、モンゴルは今回で二回目であります。

モンゴルでも最近になって、(地球温暖化が原因なのか、カシミヤ山羊などの過放牧が原因なのかは議論のあるところですが、)
年々、草原の草が短くなってきており、沙漠化も進んでいるのは間違いなさそうであります。

今まで放牧していたふつーの羊さんとは異なり、カシミヤ山羊は草の根元まで食べてしまうため草原の再生は困難、
でも、羊毛の四倍以上の値段で取引されるカシミヤはやはり魅力で、一番の輸出先は日本だそうであります。

もともと木や農作物を植えたり、土葬や火葬にしたりといった「土を掘り返すこと」自体がタブーだったモンゴル人にとっては、
植林という習慣もなじみがないようで、地下資源の利用や農業の発展とあわせて、よほどうまく植林していかないと、
沙漠化防止と豊かさ確保の両立はできないと思うのですが・・・

もともと寒冷少雨で木の少ない草原の国ですから、もとは森林だった内蒙古の沙漠や、寒冷でも雨量(積雪量)の多いロシア側とは異なり、
公園や街路以外に木を植えること自体、ほとんど実施されていないようで、植林自体が試行錯誤の段階のようであります。

日本の4倍以上の国土でその7割以上が大草原、そこに270万人が暮らしており、その半数近くが今やウランバートルや近郊に定住、
しかもその数が増えて、経済も発展しているが環境も悪化している、というのがモンゴルの現状のようであります。

で今回は、日本モンゴル親善協会主催のイベントの一環、というかたちで、地元の子どもたちと一緒に植林するのであります。



前口上がちと長くなりましたが、ま、いつものお気楽ツアーにはちがいないわけで・・・



今回は昼過ぎに大阪の関西空港を出発、韓国・ソウル近郊の仁川(インチョン)空港で四時間ほどのトランジット(乗り継ぎ)待ちの後、
モンゴル・ウランバートル近郊のチンギス・ハーン空港(ちょっと前まではボヤント・オハー空港)へと向かいます。

今回ツアーの空路は、すべて大韓航空(の共同運航便)だったんですが、わたくし大韓航空機に乗るのはおそらくはじめて、


RIMG4888





RIMG4889


大韓航空では、この韓国伝統の簪(かんざし)が客室乗務員さんのトレードマークだったんですね・・・

どの便でも素敵なおねいさんばかりだったので、帰路で立ち寄ったソウルの現地添乗員さんに訊いたところ、

「ええ、大韓航空はいまでも容姿中心の採用ですし、最近はみんなプチ整形してるし・・・ぶつぶつ・・・」

と、主婦もやってる添乗員さん、昔、大韓航空入社を目指したことでもあるのか、幾分ぼやきも聞かされたましたが・・・
でも、みんなとても愛想もよくて優しくて、しかも動作はきびきびとしてて受け答えも正確、とても好感が持てました。








で、ついつい・・・

RIMG4883


RIMG4885

午後の軽食だけにもかかわらず、ビールをどんどん頼んだりして・・・

格安航空便などは機内サービスが一部有料になってるそうですが、こちらは酒類もすべて無料でした。ひっく













で・・・

RIMG4891

まだ梅雨入りしていない仁川(インチョン)空港に無事到着、なんとここでわたくし・・・


















じゃーん

RIMG4897


李王朝末裔直々のお出迎えを受けたのであります。ややきっぱりと

(ま、視線の先とわたくしの立ち位置とがちと異なりますが・・・)














ちなみに視線の先では・・・

RIMG4895

わたくしのために用意された歓迎の歌や踊りなんかも・・・ちょっと立ち位置が異なりますが・・・
















RIMG4898

「アンニョンハセヨー、ようこそ韓国へいらっしゃいました!!!」

「わははは、しあわせじゃあ・・・」

と、まあ・・・

いろんなイベントやショップのある広大なインチョン空港、やはりボルネオ植林で乗り継ぎ待ちしたクアラルンプール空港同様、
あちこち廻ってるうちに、四時間程度なら、まったく退屈せずに・・・













RIMG4892

缶入りの生マッコリを飲んだり・・・
















RIMG4900

韓国風ジャージャー麺を食べたり・・・


















RIMG4901

和風キムチうどんを食べたり・・・

















RIMG4902

って、たしかに出汁は和風でしたが、こちらのほうが辛かったような・・・
















とかいってるうちに、あっとゆーまに出来上がり時間も過ぎ・・・

RIMG4907

夕闇迫るインチョン空港ともお別れ・・・














RIMG4909

機は黄海をまたいで、一路ウランバートルへ向けて進んだのであります。
















その機内でも・・・

RIMG4910

RIMG4911

ちなみに右側の赤ワインを何杯おかわりしたのかは・・・まったく覚えておりません・・・

















RIMG4912


自宅では観れないナショ・ジオなんぞをぼんやり眺めてると、やがてウランバートルのチンギス・ハーン空港に到着しました。

空港から市内中心部のホテルまではバスで一時間ちょい、モンゴルでは日本時間より一時間戻るのでありますが・・・












RIMG4913




RIMG4914


ホテルに着いたのは、日本時間では午前一時過ぎ、画像中央のモンゴル時間でも、午前零時は過ぎていたのであります。






仕方がないので自室でシャワーを浴び、一度すっきりしてから・・・









RIMG4915

冷蔵庫にあったモンゴルビールなんぞをですね・・・















RIMG4916

この「ゴールデン・ゴビ」とゆーモンゴルビール、わたくしははじめてでしたが、なかなかおいしかったです。ひっく



(次回に続きます。)








反省と言い訳のP.S.

またしても一日目から飲み続けの食べ続け・・・となってしまいましたが、
ま、翌日からは・・・画像を撮る暇もなく、食べ続けの飲み続け・・・でしたので、
次回記事からは、あまり食べ物画像や飲み物画像は出てきませんので、どうかご安心を・・・

って、やっぱり今回も鯨飲馬食ツアーだったのね・・・あは、あははは






m98k at 18:30│Comments(6)TrackBack(0)mixiチェック 沙漠緑化・熱帯雨林再生 | その他アウトドア

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by TOMO   2011年06月11日 19:20
え~え~、数えちゃいましたよ、悔しくって。
半日の間に
機内食2回、韓国風ジャージャー麺、キムチうどん、
ビール4本、生マッコリ1本。
あれ、数えてみると意外と少ない!こんな量で98kさんが半日行動できるはずがない。う~む、画像以外にも相当量の....。

私も明日はお休みなので、昼間っからビール(もどき)を楽しみにしています。でも、天気予報は大雨。雨見酒になるかな。
2. Posted by 98k   2011年06月11日 19:39
TOMOさん、さっそくのコメントありがとうございました。
今、懐かしい日本の味、ソーセージ入りペペロンチーノスパで麦とホップ飲みつつ、
記事本文の修正なんぞをしておりました。ひっく
金曜日に帰国とゆーのは、休暇は無駄になりますが、二日間のんびりと、荷物の整理なんぞができるのがいいですね。

わたくしTOMOさんのような大酒のみではありませんから、あとは赤ワインを少々とビールの追加を少々だけ、
食べ物だって、周辺の高齢隊員の食べ残しのパンや肉やバターを数人前もらった程度・・・
ええ、たったこれだけでございますよ・・・覚えているのは・・・

じつは帰りのソウルでも怪しいお天気だったのですが、関西空港は大雨で上空でもかなり揺れました。
で、昨夜は嵐になって今日もまた降ってますねえ・・・
ま、モンゴルでは、来客があって雨になると、その人が雨(すなわち幸せ)を運んできてくれたと、
大歓迎されるそうですから、わたくしが帰国して大雨になったら、日本国民も感謝すべき・・・
ま、大きな被害が出ないことを祈りつつ、雨見酒を楽しみましょう。ひっく
3. Posted by きたきつね   2011年06月11日 22:22
おーおかえりなさい。

で、おみやげの受け渡しはどうやりましょうか・・・。
4. Posted by 98k   2011年06月11日 23:07
きたきつねさん、どーもです。
わははは、しかし悪いですねえ・・・安物のTシャツと高級なペトロマックス新品との交換とは・・・

で、新しいそちらのブログサイト、こちらでさっそくリンクさせていただきますので、よろしくお願いします。
5. Posted by cinq   2011年06月12日 10:49
えーと・・・
こちらで紹介されてるのは"何人"で飲み食いしたん量でしょうか?
6. Posted by 98k   2011年06月12日 14:30
cinqさん、どーもです。
>何人で、といわれてもですね・・・
おつまみ程度の機内食と麺類だけですから、これではモンゴル相撲は戦えません。
やはりモンゴル航路の機内食は、ちゃんこ鍋食べ放題とかに切り替えるべきでしょう。
ああ、ちゃんこ鍋は日本の相撲だったか・・・でもこれからは日本モンゴル親善のためにもですね・・・ぶつぶつ・・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
モンゴルに行ってきます!2011モンゴル紀行その2