2011年06月22日

2011モンゴル紀行その6

さて、モンゴルの歌や踊りを堪能した3日目の夕食は、ウランバートル市内の韓国系のバイキングレストラン・・・

5年前にはじめて来た時には、市内一日観光を抜け出して、陸軍の射撃場でAKMなどを撃ちまくってたので、
その日の昼食会場だったこのレストランには行けず、今回楽しみにしていたのですが・・・

まあ、おいしい白菜キムチとわかめスープとご飯があったぐらいで、あとはふつーの洋食バイキングでした・・・

で、10時前にはホテルに戻り、外国では珍しいホテル内の「サウナ付き大浴場」で入浴しました。





この日のホテルの部屋割、空き部屋の都合からでしょうか、わたくしはなんと・・・

RIMG5165

3室続きの部屋に一人、とゆー、なんともぶるじょわな状況に・・・

手前が書斎、真ん中がリビング、奥がツインのベッドルーム・・・

めったにこんな部屋を独占できることはないので、キャンプ宴会で残ったカティサークとミックスナッツをだしてきて、
あっちの部屋で一杯、こっちの部屋でまた一杯と、ご機嫌でやってたのですが、ちょうど11時ごろに・・・








とーとつに全館停電!!





非常用照明もなく、いきなり真っ暗になり、手探りで窓のカーテンをあけると、向かいのアパートも全館停電のようで、
ウランバートルでも停電は珍しいのでしょうか、何人かの住民が、強力ライト型の懐中電灯を片手に、
不安そうに外に出てきてましたが、道路を隔てた反対側のアパートは点灯しており、極めて一部地域の停電のようでした。








「仕方がないなあ・・・へっへっへ」



と・・・なんとなく、うれしくなったりして・・・






まずは貴重品とともにいつも手元に置いている、wingさんからいただいた高輝度LED換装済キーホルダーライトを点灯、
ほんとはこれだけでも、身の回りを整理して脱出などに備えるには充分なのですが・・・

FENIXのMC-10を首からかけ、Higuさんからいただいた電球色CREE換装済LD-10特製ディフューザーキャップ付き!
を、居間のテーブルにどんと立てて、引き続き一人宴会を楽しむことにしました。

「わははは、風情があるなあ・・・これ一つで居間は充分明るいし・・・おっと、冷蔵庫のビールもぬるくならないうちに・・・」

とかやってると、廊下を隔てた向かいの部屋から大声の会話が聞こえ、しばらくしてドアを開く音が・・・

で、こちらもドアを開けてみると、モンゴルのご夫婦のようで、ちゃんと服をきて出て行こうとされてたようです。

「サイバンノー・・・あっ、あーゆー、おっけい???」と、あとのモンゴル語が続かなかったのですが・・・

階段方向をディフューザーレンズを跳ね上げてハイにしたMC-10で照らしてあげると、おおっ、と一瞬驚いて笑顔になり、
たぶん「バイルラー(ありがとう)」といわれたと思うのですが、よく聞き取れませんでした。

で、ふたたび居間に戻り、「ま、これ以上は飲まずに寝た方がいいな・・・」と、いつでも外に出られるように荷物をまとめ、
枕もとにライトをならべて、ようやく横になったところで・・・一斉に灯りが点きました・・・・

この間、一時間もないくらいでしたが・・・テレビも再びついたし、仕方がないので・・・一人宴会を再開したとゆー次第・・・




で、翌朝はとーぜん二日酔い、ウランバートルでも高度は1300m以上ありますから、けっこう廻るのであります・・・

といいつつ、朝食バイキングはしっかりと食べ、この日の午前中は日本人墓地に参拝であります。


ウランバール近郊で立ち入り可能な日本人墓地は2箇所あるそうですが、そのうちのダンバダルジャー墓地に向かいます。

RIMG5166

ちょうど朝の通勤・通学時間で、市内中心部に向かう反対車線では、あちこちでバス待ち客が見られましたが、
特にバス停の表示のないところもあったのですが、これは一体、何を待っているのか・・・

ちなみにウランバートルでは、正規のタクシーより白タクのほうがはるかに多いそうです。














RIMG5169

で、こちらがダンバダルジャー墓地、三角の明かり取りのある建物は博物館であります。












博物館内の様子・・・

RIMG5177


RIMG5178


RIMG5179


















博物館を過ぎ、この広場をさらに登ったところが慰霊碑であります。

RIMG5182





















RIMG5183

みんなで線香を捧げ、合掌します。
ほぼ全員が数珠を持参、様々な宗派の読経の声が一斉に聞こえてきたのはさすがでした。


モンゴルでは約2万人の日本人将兵が戦後、ソ連軍によって強制労働に従事させられ、うち約2000名が、
再び生きて日本に帰ることなく、モンゴルの土になったといわれています。

日本の方向を指し示すプレートを見ていると、わたくし、不覚にも涙がこみ上げてきました。










RIMG5188


RIMG5186


RIMG5187


RIMG5195


RIMG5194






諸士よ、祖国日本は、

見事に復興しました。

モンゴルに安らかに眠って下さい。

昭和41年8月20日の日付が入った、このような碑文もありました・・・














RIMG5197

ゲートの横には、花りんごが咲いていました。

ちなみに、日本モンゴル親善協会では、ここに桜を植林する計画があるそうで、今回のイベントに合わせて、
桜ご専門の樹木医さんも日本から来られてました。








さて、この日の午後がいよいよ子どもたちとの植林イベントの本番、空港道路の植林地へ向かうのですが、
ウランバートル市内に戻ってレストランで昼食をとる余裕はなく、テレルジから流れる川の河原で日本食のお弁当であります。

RIMG5202




RIMG5201




RIMG5203












で、反対側(上流側)を見ると・・・







RIMG5198



RIMG5199


おおっ、やってる、やってる!

わたくし、モンゴルで川下りとゆーかダッキーとゆーかカヤックとゆーか、そもそもフネ自体を見たのはこれがはじめて・・・




いそいでお弁当をかき込んで、様子を見に行ったのですが・・・






RIMG5207




RIMG5205


訊けばインターナショナルスクールで集まった世界の若者たち、日本人もいて(阪神タイガースキャップの青年ではなく反対側)
テレルジから4日間かけてウランバートルまで下ってきたそうで、どこまで行くのか、と訊いたら、あと3日間で行けるとこまで、
とのことでした。この川はバイカル湖に注ぐのですが、無事に河口まで下れたのでしょうか・・・







RIMG5206

彼らも昼食を終え、出発であります。いいなあ・・・ダッキーもわたくしのより、いいのに乗ってるし・・・














RIMG5212



RIMG5213



RIMG5214

「ボン・ボヤージュ! 良い川下りを! 良いキャンプを!  HAVE A NICE TRIP!!!」と、あらん限りの声で見送りました。







さて、昼食後には空港道路まで行って、いよいよ子どもたちとの植林イベントであります。





(次号に続きます。)



m98k at 00:22│Comments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 沙漠緑化・熱帯雨林再生 | その他アウトドア

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by TOMO   2011年06月22日 23:01
停電して嬉しくなる人って、珍しいんでしょうね。
かくいう私も嬉しくなる一人ですが。
2. Posted by 98k   2011年06月22日 23:46
TOMOさん
そうなんですよね…
ずっと停電が続いていた被災地や、停電が日常茶飯事の国の方には申し訳ないのですが、
我々が子どもの頃は台風などによる停電が結構ありましたから、学校も休校になったりして、
蝋燭や暗い懐中電灯の明かりの中で、なんとなくワクワクしたものですよね。
台風クラブとゆー映画作品が、その雰囲気をよく出してましたが、
ま、台風一過の真っ青な空と、復旧した明るい街の記憶との セットなんでしょうね…
それでライトやアウトドアから離れられないのかも知れませんが、
ずっと停電生活が続くと、とてもそれどころじゃないでしょうね。
いずれにせよ今回は、備えが万全であわてずにすみました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字